海外勢上陸ラッシュで地位向上? 日本のハンバーガー業界に起こった歴史的な出来事

海外勢上陸ラッシュで地位向上? 日本のハンバーガー業界に起こった歴史的な出来事

2018.12.10

ターゲットを明確にしたカールスジュニアの出店戦略

グルメバーガーの地位向上を如実に示すブラザースの快挙

もはや「安物」ではない……ハンバーガーにパラダイムシフト

数年前、日本に相次いで上陸した外資系ハンバーガーレストラン。各店の“その後”を追跡中の“ハンバーガー探求家“松原好秀さんは、「カールスジュニア」(Carl's Jr.)の日本展開に「ローカライズ」の妙味を見出したそうだ。黒船バーガーが続々と来航したことで活気づいた本邦ハンバーガー業界では、日本勢による“歴史的な出来事”も起こったという。以下、松原さんからの報告だ。

あえて一等地を外した? カールスジュニアの独特な出店術

「シェイクシャック」(Shake Shack)と「ウマミバーガー」(UMAMI BURGER)の動向は前回の記事でお伝えしたとおりだが、今回は独特の奇妙な店舗展開を見せている米国カリフォルニア発のハンバーガーレストラン「カールスジュニア」に注目したい。

世界に194店のシェイクシャック、20店余のウマミバーガーとは桁違いの3,700店を展開する大手バーガーチェーン、それがカールスジュニアだ。日本上陸は2016年3月。その一風変わった出店場所が毎度話題を呼んでいる。

カールスジュニアは東京・秋葉原を日本上陸の地に選んだ。次いで神奈川県の「ららぽーと湘南平塚」に2号店、東京・自由が丘に3号店を続けてオープン。銀座、青山、六本木など、都内でも一等地の、ブランド力の高いエリアに1店目を出すのが海外企業の定石だが、カールスジュニアはそんな決まりごとなどお構いなしに、独自の打ち出し方をしてくる。まさに「我が道をゆく」ハンバーガーチェーンだ。

2016年3月4日にオープンしたカールスジュニア秋葉原店。中央通りに面した路面店で、AKB劇場まで徒歩1分。周囲にはフィギュアを売る店やメイドカフェなども多い

一見すると奇妙な1号店だが、しかし、近年の秋葉原はオタク文化の聖地にして、外国人観光客がこぞって訪ねる世界的な観光スポットでもある。銀座や青山などとはまた別種の情報・文化の発信地だ。そんな世界の“Akiba”への出店は狙い通りの成果を上げた。以降も「秋葉原は男性客」「平塚はファミリー」「自由が丘は女性客」と、それぞれ異なる層へ訴えかけて、いずれも確かな手ごたえをつかんでいる。「各店のターゲットは狙ったとおりになっている」とカールスジュニアジャパンのスーパーバイザー森一樹さんは自信をのぞかせる。

地域のイベントにも積極的に参加。オープン初年にはAKBグループのメンバー2名がカールスジュニアの「ブランド大使」に就任してPR活動をおこなった

そしてこの秋、カールスジュニアは立て続けに2店舗をオープンした。注目は神奈川県の横須賀市に出した4号店だ。都内に十分な店舗数がない中で、なぜまた神奈川なのか? そして横須賀だったのか?

横須賀店が日本攻略の海岸堡に?

横須賀は海上自衛隊と米海軍、2つの基地がある軍港の街である。米軍基地がある関係から「出店して欲しい」というリクエストは以前から多く、ゆえに「ずっと物件をチェックしていた」と森さん。2018年10月にオープンした横須賀中央店は「三笠ゲート」という米軍横須賀基地の通用口から徒歩3分の場所にある。オープン当初の客の実に9割以上が米国人だったそうだ。

看板メニュー「スーパースター」(税込み940円)。自慢の直火焼き100gパティを2枚重ねたダブルチーズバーガーだ

そして、横須賀市はここ10年、「ヨコスカネイビーバーガー」という観光事業に市を挙げて取り組んでいる。同事業は2008年11月、当時の在日米海軍司令官から横須賀市長へ、両者の「友好の象徴」としてハンバーガーの「レシピ」が贈呈されたことに始まる。以後10年、市内の飲食店、地元行政、米海軍が協力し合って活動を続け、今では首都圏において一定の知名度を得るブランドにまで成長した。カールスジュニアが出店したのは、そんな「ハンバーガーの街」なのである。ネイビーバーガーとカールスジュニアがどんな化学反応を引き起こすのか。今後が楽しみな出店だ。

ウマミバーガーやシェイクシャックと違い、カールスジュニアには日本限定の独自メニューは存在しないが、代わりに、店づくりに関する「ローカルな工夫」がさまざまに見られる。例えば、湘南平塚店は大型商業施設に入る店舗のため、施設側から「キッズスペースの確保」と「動線を大きくとって欲しい」という要望があり、それに対応している。

今度の横須賀中央店はドルでの支払いに対応している。しかし、いざフタを開けてみると、米国人客は現金よりも「クレジットカード」で支払うケースがほとんど。だから、レジには常に決済機が出してある状況だ。また、カウンター席には、さまざまな形状のソケットに対応可能なコンセントを設置している。

ドルが使える店は米海軍横須賀基地の周辺エリアに90店以上ある
カウンター席のコンセントは、さまざまな形状のソケットに対応している

横須賀店が日本展開のモデルケースに

さらに、この横須賀中央店そのものが、今後の国内展開を見越して「ローカライズ」された造りになっている点にも注目したい。

これまでの3店はどこも店舗面積40坪以上で、自由が丘店に至っては120席を誇る「大箱」だったが、今度の横須賀中央店は面積30坪、席数45席のコンパクトな造りだ。厨房機器も数を整理し、これまで米国製ばかりだった機器の調達を国内製に切り替えた。「この店舗のカタチを丸々そのまま増やしていける」という「ローカライズ」を、横須賀出店を機に実現した格好だ。

「さいか屋 横須賀店」となりにオープンしたカールスジュニア横須賀中央店。米軍基地のそばとあって、昼どきは米兵で大にぎわいだ

11月30日にはお台場に5号店がオープン。こちらは「ダイバーシティ東京 プラザ」内の800席からなる巨大フードコートの一角を占める店舗だ。ところ変われば客層も店構えも変わる。似たような店舗を重ねず、各店それぞれに異なる目標やターゲットを持たせた出店をカールスジュニアは心がけているように思われる。名より実をとった展開だ。

「ブラザーズ」がハンバーガー業界に起こした革命

最後に、米国からの上陸組ではなく、国内のハンバーガー専門店がこの秋に起こした、日本のハンバーガー史上における「大事件」について触れておこう。

日本橋人形町の「ブラザーズ」(BROZERS')のことを知っている人も多いだろう。まだ都内にハンバーガー専門店が数えるほどしかなかった2000年、グルメバーガーの草創期にオープンした店である。人形町にレストランとデリバリー店の計2店、銀座の新富町に1店、江東区の東雲に1店と、これまで計4店を展開。また、ハンバーガーの優秀な人材を多数輩出していることでも知られ、ブラザーズでの就業経験をいかして独立したハンバーガー店の例が全国に20以上もある。カールスジュニアジャパンの森さんも実はブラザーズの出身だ。

そんなブラザーズがさる9月25日、5店目となる店舗を「日本橋高島屋 S.C.」新館7階のレストラン街にオープンした。これはすごい事件だ。日本を代表する百貨店のレストランフロアに「ハンバーガー」の専門店が入ったのである。それも大企業の経営でなく、個人経営からスタートした町場の小さな店が、ついに一流百貨店に店を構えるまでになったのだ。

2018年9月25日、日本橋高島屋S.C.グランドオープンに合わせて、S.C.新館7階にブラザーズ日本橋店がオープンした
店内は人形町本店と同じ、高貴でビビッドな「赤」で統一。本店と同じ全35品のバーガーメニューが本店と同じ値段で食べられる

「人形町今半」「すきやばし次郎」「レ・カーヴ・ド・タイユヴァン」「帝国ホテル」など、そうそうたる店が名を連ねる中に「ハンバーガー」が並んでいることの意味。ついこの間まで1個100円の「おやつ」程度にしか思われていなかった「ハンバーガー」が、高級料理と肩を並べるに至ったこの事態は、まさに時代の変わり目、ものの価値観と既成概念が大きく変わった歴史的な瞬間である。

「高島屋」出店でハンバーガーは別次元に

高島屋ブラザーズの入り口にあるショーケースをのぞいてみると、「チーズバーガー」が1,300円(税抜き)、看板メニューの「ロットバーガー」は1,850円(同)とある。これは人形町の本店と全く同じ値段で、高島屋だからと言って特別高くしているワケではないのだが、いずれにせよ、こうした専門店のハンバーガーを一度も食べたことがない人からすると、ビックリするような値段に違いない。そこで、「高島屋」という名前が効いてくる……高島屋が選んだ店のハンバーガーなのだ、これぐらいの値段がするのはむしろ当たり前のことなのだ、と。

ショーケースにはブラザーズのハンバーガーを忠実に再現した食品サンプルが並ぶ

「高島屋」という名前が持つ信用と信頼が、その値付けの正しさを保証してくれる。1個千数百円するハンバーガーの存在を肯定してくれる。後押ししてくれる。そういうステージに、ハンバーガーとブラザーズはついに上がったのである。

フード、ドリンクを通じて唯一の日本橋店限定メニューである「バーガーサイド」(税抜き750円)はジンベースのオリジナルカクテルだ

今まで「高い」と思われていたものが、そう思われなくなる瞬間。今まで「安物」と思われていたものが、そうばかりではないと認識された瞬間。2018年の9月25日に起きたのは、そういう歴史的な出来事だった。これを機に、日本におけるハンバーガーの存在と位置は、今後ますます幅のあるものとなり、そして真の意味で、普段の生活や食事の中に浸み込んでいくだろう。日本のハンバーガーが、ブームから定着へと確実に向かっていることを示す出来事だと思う。

「XC40」でボルボが二連覇! 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員に要因を聞く

「XC40」でボルボが二連覇! 日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員に要因を聞く

2018.12.07

日本に丁度いいサイズ感、ボルボ「XC40」が大賞受賞

トヨタは「カローラ スポーツ」と「クラウン」がベスト10に

選考委員に聞く採点理由と「XC40」の評価

「第39回 2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー」はボルボのSUV「XC40」に決まった。前回の「XC60」に続き、ボルボが二連覇を成し遂げた。トヨタ自動車の「カローラ スポーツ」は2位と健闘したが、得点を「クラウン」と分け合うような格好となった分、あと一歩、XC40には及ばなかった。

ボルボ「XC40」とCOTY受賞を喜ぶボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長

受賞で日本向け増産!? 「XC40」は2,000人が納車待ち

XC40はボルボのSUVラインアップで最も小さいクルマだ。日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)の受賞理由にも、「日本の道路環境にちょうどいい扱いやすいサイズ」の一文が入っている。COTYを受賞したボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長は、「XC40は日本で約2,000人のお客様に納車を待ってもらっている申し訳ない状態。この受賞をCEOのホーカン・サミュエルソンに報告し、必ずや、日本向けに2,000台の増産を勝ち取りたい」と笑顔で語っていた。

「2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー」の最終結果

COTYでは選考委員(今回は60人)が各25点を持ち、「10ベストカー」(今回はスバルが10ベストカー受賞を辞退したので全9台)に各自の評価基準で配点していく。その際、必ず1台に10点(最高点)を付け、残りの点数をほかのクルマに割り振るのがルールだ。今回、その「10点」を最も多く獲得したのが、トヨタのカローラ スポーツだった。

クラウンと点数を分け合わなければ、カローラ スポーツでCOTY受賞を狙えたような感じもするトヨタだが、広報に聞くと、この結果は「想定通り」とのこと。選考委員に聞いた話によれば、トヨタは最後まで、カローラとクラウンのどちらを“推す”のか、態度を鮮明にしなかったそうだ。どちらも自社のクルマなので、ひいきしなかったということなのだろう。

10ベストカーを受賞する「カローラ スポーツ」の小西良樹チーフエンジニア(右)と日本カー・オブ・ザ・イヤー 実行委員会の荒川雅之実行委員長

COTY選考委員に聞く選考理由とボルボ二連覇の感想

COTY表彰式では、選考委員を務めた数人のモータージャーナリストから話を聞くことができた。

諸星陽一さんは、「いいクルマが多くて悩んだ年」だったと振り返る。カローラ スポーツに10点を入れた理由については、「10年後に今年を振り返ったとき、『カローラが若返った年だった』と分かるクルマだったから」とした。XC40については「すごくいいクルマだと思う。サイズ的には少し大きいけど、ボルボの中では日本に合うサイズのクルマだし、クルマそのもののできもすごくよかった。獲るべきクルマが獲ったという側面もあるのでは」と納得の表情だ。

「イノベーション部門賞」はホンダの「クラリティ PHEV」が受賞

御堀直嗣さんはボルボ・カー・ジャパンの広報活動を評価する。情報発信を担当する社員が商品のアピールポイントをよく理解している上、「10ベストカー」の試乗会にはわざわざ最も安いグレードのXC40を持ち込み、商品の“素”のよさを訴求していた姿勢に好感を抱いたそうだ。

御堀さんが10点を入れたのはクラウンだった。その理由は、「欧州車などと競争できる操縦性を持たせながら、国内専用車として培ってきたクラウン独特の乗り心地、しなやかさというか、優しさというか、そういうものを併せ持っていたので」とする。

「エモーショナル部門賞」はBMW「X2」が受賞

森口将之さんはボルボの二連覇に「驚いた」としつつも、「ボルボのブランドは、一言でいえば“のってる”という感じ。海外のカー・オブ・ザ・イヤーやデザインの賞も受賞しているし、『XC90』から始まった新世代ボルボの商品が確実に評価されているのでは」と分析する。

「スモールモビリティ部門賞」はダイハツ工業「ミラ トコット」が受賞

二連覇を成し遂げたボルボからは、ここ数年のマツダとの共通点を感じるというのが森口さんの感想だ。一時期、経営危機にあったマツダは、2012年にSUV「CX-5」を発売して以降、“新世代商品群”と称して次々に新商品を世に問い、評価を高めていった。実際のところ、新世代商品群からは「CX-5」「デミオ」「ロードスター」の3台がCOTYを獲得してもいる。

ボルボもCX90以来、新しいクルマの市場投入を続けており、今回、COTYで二連覇を達成した。経営危機にあったマツダと、一時期は伸び悩んでいたボルボ。その両社が、逆境にあっても守りに入らず、ものづくりをゼロから見つめなおした姿勢を評価したいと森口さんは話していた。

その日、ソフトバンクで何が起こったのか? スマホ通信障害の原因と不安

その日、ソフトバンクで何が起こったのか? スマホ通信障害の原因と不安

2018.12.07

ソフトバンクの携帯電話サービスに全国規模の通信障害が発生

原因はエリクソン製の交換機と発表、世界11カ国で同様の被害

同様の「重大事故」は他社でも起こる可能性、自衛も必要か

ソフトバンクの携帯電話サービスで全国規模の障害が発生した。12月6日13時39分頃発生した障害は全国に影響し、同日18時4分頃まで、4時間30分に及んだ。原因と、残された課題を探る。

交換機の不具合で通信障害が発生?

今回の障害は、LTEに関わる交換機の不具合によるものという。この不具合は、コアネットワーク(基幹通信網)内のSGSN-MME(Serving GPRS Support Node-Mobility Management Entity)という2つのノードで発生した。問題の交換機を製造したのはエリクソンで、現時点では「交換機のソフトウェア証明書のバージョン齟齬」が不具合の原因だったと発表されている。

スウェーデンに本拠を置くエリクソンは、グローバル市場にコアネットワーク向け製品を提供していたことから、イギリス大手のO2をはじめ、世界11カ国の携帯電話キャリアでソフトバンクと同様の障害が発生した。

音声・データ通信ともにつながらない状態が続いた

この交換機の不具合により、ソフトバンクの4G LTE網に障害が発生し、音声・データ通信ともにまったくつながらない(圏外になる)、またはつながりにくい状況になった。その影響で、3G網には通信が集中して輻輳が発生したため、スマートフォンでの通信がまったく行えない、というユーザーが全国で発生した。

同様に固定電話サービス「おうちのでんわ」、自宅用無線LANサービスの「SoftBank Air」もまったく使えない、または使いづらい状況に陥った。サブブランドのY!mobileも同様で、さらにはMVNOでソフトバンク回線を使うLINEモバイルなどにも影響した。

交換機のソフトウェアのバージョンを古いものに戻して復旧を図った結果、同日18時4分頃には障害が解消。当初は通信集中による輻輳も見られたが、翌7日の14時時点では、それも解消して通常通りの利用ができている、という。

「重大事故」に強い是正義務

電気通信事業法では、119番などの緊急通報を行う音声サービスの障害が1時間以上継続し、影響が3万人以上に及んだ場合に「重大事故」として、総務省への速やかな報告を求めている。現時点で、ソフトバンクは影響人数を「調査中」としているが、全国で発生した障害のため、重大事故に該当するのは間違いなく、今後30日以内に原因などを明確に報告する義務がある。

今のところ、これまで9カ月間にわたって使ってきたソフトウェアが、なぜこのタイミングで障害を起こしたのかは分かっていない。証明書の期限が切れたから、という可能性もあるが、現時点ではソフトバンクは「調査中」としている。

とにかく、コアネットワーク内の装置のソフトウェア的な問題による障害だった、ということは明らかになっている。キャリアは、災害時の通信をバックアップするために重要施設を分散化して二重化するなどの対策を取っているが、今回の障害では、ソフトバンクが東京・大阪に置くすべての重要な設備が障害を起こした結果、全国規模での障害となってしまった。

LTE化も影響拡大の背景、他社は他人事ではない

影響が大きくなった背景には、LTE網への移行が進んでいる点も挙げられる。有限の周波数を使っている関係上、キャリアはより効率的なLTEへの移行を推進してきた。3G網で利用する周波数を減らしてLTEに移行した結果、3Gで通信できる容量が限られてしまうため、LTEの障害で3Gしかつなげられなくなったときに、接続できないユーザーが大量に発生したのだ。

音声通話でもLTEを使ったVoLTEが一般化しており、4G LTEが全て影響を受けたため、音声通話にも影響が及び、問題が拡大した。

これに関してはドコモもKDDIも同様で、同じように障害が発生した場合に、「逃げ場」がなくなるという問題がある。とはいえ、3Gはもはや終了を前提としており、バックアップのためだけに残すには無駄が多すぎる。

昨今の通信網はネットワーク構成が複雑化し、どのような障害が発生して、どこまで通信に影響するか分かりづらくなっている。冗長化によってマルチベンダー化することも一つの手段だろうが、重要設備であるため、そのコストも馬鹿にならない。ユーザーの通信料削減のためのコスト削減が求められている現在のキャリアにその余力はないだろう。

もともと、これまでも各社は「重大事故」を起こして対策を整えてきており、災害における対策も重点的に取り組んできた。今回の詳細な原因が明らかになっていないため、キャリア側の対策と今後の取り組みはまだ判断がつけられないが、同じことが起きないような対策が望まれる。

対策の一つとなりうるキャリアの設置する公衆無線LANサービスは、回線に携帯網を使っている例もあり、こうした障害時に使えなくなる危険性もある。キャリアは固定回線化を進めることも必要だろう。

無線LANを使って音声通話を行うWi-Fi Callingという仕組みもあるが、日本のキャリアはサービス提供に及び腰だ。とはいえ、こうした場合の対策としては有効でもあるため、これもキャリアの対応を促したいところだ。

事業者の責任は重いが、ユーザーも自衛すべきか

これに対して、ユーザー側に取れる対策はあるだろうか。今回は、公衆電話を使ったというネットの声もあったが、これも一つの手ではある。とはいえ、急激に数を減らす公衆電話は、いざという時に見つけられるかは分からない。

前述のキャリアの公衆無線LANサービスも利用できる。LINEなどのSNSサービスでの音声通話なら無線LAN環境でも利用できる場合もあるため、ある程度の代替にはなる。キャリア以外の有料の公衆無線LANサービスもあるので、いざという時には一時的な契約もありだろう。サービス間のローミングの仕組みもあれば、追加料金を支払わずに済むので、サービス提供者同士の連携があっても良さそうだ。

筆者は複数キャリアの回線を所有しているが、こうしたバックアップは万人に勧められるものではない。とはいえ、最近のMVNOは、プリペイドカードからすぐに利用開始できるので、こうしたSIMカードを買っておくというのもいいかもしれない。

iPhone Xsのように、eSIMを採用した端末も有効だろう。無線LAN環境があれば、通信プランをインターネット経由で購入してすぐに利用開始できるため、一時的な障害時に購入して使うことができる。物理的なSIMカードのように事前に購入しておく必要がないというのもメリットだ。ただ、国内キャリアが提供していないと、いざという時のバックアップにならないので、各社の対応を期待したい。

障害時にキャリア間でローミングをする仕組みも考えられるが、現状の仕組みではさすがに難しいだろう。複雑化したネットワークは、安易な対策ではカバーしきれなくなっているため、完全に障害を発生させないことは難しい。

ソフトバンクとエリクソンのさらなる究明・対策の公表が待たれるところだが、他のキャリアも他山の石として、設備の検証や対策の検討は必要だろう。