米津玄師『Lemon』の「ウェッ」に寄せて

藤田朋宏の必殺仕分け人 第5回

米津玄師『Lemon』の「ウェッ」に寄せて

2019.04.26

米津玄師「Lemon」の大ヒットに見た、時代の転換点

「自己表現」できるのは、芸術や音楽には限らない

仕事にも、自分なりの「ウェッ」がぜったいに必要

今更、一年以上前にリリースされたヒット曲の話で恐縮なのだが、平成が終わり令和が始まる今だからこそどうしても書いておきたい話がある。

この10年ほど国民的ヒット曲が生まれてこなかった中で、2018年の3月にリリースされた米津玄師さんのLemonは、久しぶりに年代を問わず「この曲なんか良いね」と受け入れられ、多くの人が口ずさんだ曲だった。

この曲、聴けば聴くほど(プロはすぐにわかるのでしょうが)、ありとあらゆる側面から考え抜かれた曲であることがわかる。こんな音楽理論を手玉に取るような技工を凝らしたとんでもない曲を、なんだか耳馴染みのよい大ヒット曲にまとめ上げる米津氏の才能は本当に凄まじい。

――などと小難しい感想を述べたが、当記事で言及したいのは、曲中にさし込まれている「ウェッ」についてである。

日本国民が考えた「ウェッ」の必要性

私だけでなく多くの人が、最初は「なんだこれ?」「このウェッはいらねーだろ」と感じると思うのだが、Lemonを聴けば聴くほど、この曲と歌詞には「ウェッ」が必須であり、すべての「ウェッ」が不規則に、でも、考えつくされたポイントにだけ入っていることがわかる。

ググってみると音楽理論からこの「ウェッ」の必然性を解説してくれている人もいて、なるほど、そういう理屈なのかと感心させてもらえるのだが、米津氏当人はこの「ウェッ」に関しては、「頭の中で鳴っていたのだからしょうがない」と語っていたらしい。

この「ウェッ」が、理屈で考え抜いた上での「ウェッ」なのか、天才であるがゆえの「ウェッ」なのかなんてことを議論してはいけないと思うし、もし「ウェッ」がなかったらLemonはこんなにヒットしたのかという議論にも意味はないだろう。

ただ、来る日も来る日も作曲で頭がいっぱいの天才が、Lemonという曲には「ウェッ」が必要だと思った。それで十分なのだ。

その結果、凡人が、あとからあらゆる角度でこうして「ウェッ」について想いを馳せる機会を与えてもらったのだから、ただそれだけで幸せな話だと私は考えている。ウェッ。

芸術も音楽も仕事も、どれもが「自己表現」だ

ところで、このLemonという曲「ウェッ」だけでなく、和音のとり方からいろいろなところで、一般的な音楽理論から外れているらしい。予定調和のコード進行から意図的に外したコード進行が、この曲の不安感や情緒感、何度も聴きたくなるスピード感を生んでいるのは、音楽理論がよくわからない素人でもなんとなくわかる。

作曲に限らず、あらゆるハイレベルな芸術作品とは、中世から組み立てられた理論体系を踏まえた上で、その理論体系をどう超え、そこに一味加えるかを楽しむものなのだと私は思っている。

まれに何も知らない天才が現れて、素晴らしい作品を遺す場合もあるが、論理体系を学ばない天才は、数多くの作品は残せない。本物の天才とは、過去から現在、そして未来へと続く文脈を踏まえた上で、「今、生きている自分をどう表現するか」を考え、かつ生活の何もかもを捨てるほどに執着して、作品を遺す人たちなのだと思う。

だが、はたしてこれは芸術作品だけの話だろうか。きっと読者のみなさんがしている日々の仕事にも、どこかに自分自身を表現する余地は残っているはずだ。

私がいつも考えているのは、実は多くの仕事には芸術作品的要素があり、仕事を通じて自分を表現する方法はたくさんあるということだ。ましてや私が日々携わっている、スタートアップ・ベンチャーの立ち上げなんて、「個人の存在の証明」という動機なしでは成功し得ないものだと確信している。

がんじがらめの社会を作り出した「平成」

平成の30年間は、さまざまな分野で組み上げられてきた理論体系を踏まえた上で、そこからはみ出し、自己表現しようとする人間を排除することが「正義」とされてきた時代だったように感じる。

他人が作った「モノサシ」に自分を合わせ、その意味を考えることなく自分を枠にはめることで、立派な会社に就職でき、出世し、家族を養い、幸せな人生を送れる――。そんな人をせっせと増やしてきたのが平成という時代だったのではないだろうか。また、そういった価値観で過ごしてきた人たちからすると、一般的な理論体系から少しでも外れて自己表現しようとする人の努力は「絶対悪」として認識されてしまう。

もし、そういったタイプの上司を持ち、自分の作品に良かれと思って「ウェッ」を足そうものなら、作品だけでなく、人格まで否定されて組織から排除される。読者の方にも心当たりのある話だと思う。

自分の人生を形作ってきた価値観を脅かすような輩がいたら、徹底的に排除する。そうすることになんの躊躇いもないのは、誰かが作ったモノサシに自分を合わせ続けてきた彼らの自我を保つために仕方のないことなのだろう。

社会を円滑に回すには、そんな真面目で立派な人も一定の割合で必要だろう。また、その多くの人がいい人なのだとも思う。しかし、そんな人ばかりに社会の実権を握らせるだけでなく、「その価値観こそが正義である」という社会すら形成してしまったのが、平成という時代だったように感じるのだ。

令和は「ウェッ」を入れることが許される時代になるか

私自身はそういったタイプの人の存在も認めている。たとえ経済的に落ち目であっても、平和で安全で素敵な国を作ってきた仲間としてリスペクトもしている。

しかし、スタートアップ企業の立ち上げを通じて、日本だけでなく世界に新しい価値観を展開することに人生を捧げている立場からすると、通り一辺倒の理論体系に判断のすべてを押し込めようとする価値観を一方的に強要されたり、「どちらのモノサシが正しいか」といった議論することは、時間の無駄でしかない。

理論から外れることを良しとしない価値観の延長線上には「ウェッ」というアイデアは決して生まれないのだ。

私は、自分の仕事にも自分なりの「ウェッ」を織り込んでいきたいと日々努力・奮闘しているが、表面上の理論体系に外れているというだけの理由で「ウェッ」を取り去ろうとする価値観の人に、「ウェッ」の必要性を論理的に説明するのは自分の美学に反する。そもそも、そんな時間は人生の無駄遣いだとさえ思う。

平成という時代は、社会全体が効率化を求める時代であり、常に単一のモノサシだけで測られる感覚が窮屈で仕方なかった。この時代の最後に、多くの人が「不必要なのでは?」と感じる「ウェッ」が入った曲が大ヒットしたという事実は、間もなく始まる「令和」の時代が、より自己表現をしやすくなる時代になる兆しなのではないかなどと期待している。

私も社会の中で徐々に年長者の立場になってきている。令和の時代は、一人ひとりの「ウェッ」を、社会の中で表現しようと奮闘している人達の努力が、ポジティブに受け止められる時代になるように、少しでも貢献したい。

米津玄師『Lemon』の「ウェッ」に寄せて

(文・イラスト=藤田朋宏:ちとせグループ 創業者 兼 最高経営責任者)

連載バックナンバーはコチラ

関連記事
新感覚宿泊施設を得意とする企業がクラシカルなホテルを開業

新感覚宿泊施設を得意とする企業がクラシカルなホテルを開業

2019.04.26

インバウンドの取り込みをねらって小樽で開業

築90年以上の建築物をホテルにリノベーション

北海道の北西にある街、小樽に新しいホテル「アンワインド ホテル&バー小樽」がオープンした。このホテルをプロデュースしたのは、「未来が見える宿泊体験」というメッセージを掲げたホテル「The Millennials(ザ・ミレニアルズ)」などを運営するグローバルエージェンツという企業だ。

アンワインド ホテル&バー小樽

同社はこれまで、京都・渋谷でホテル事業を展開してきた。そんな中、あえて小樽でホテルをオープンした狙いはどこにあるのだろうか。

ホテルオープンの背景に、インバウンド需要の変化

2018年、訪日外客数は3,000万人を突破した。この数字は今後もさらなる伸長が見込まれており、政府はオリンピックを迎える2020年には訪日外客数を4,000万人にまで増加させる考えだ。インバウンド市場はかつてない程の盛り上がりを見せている。

訪日外客が急増したことで、ここ数年では新たな傾向が強まっている。それは、東京や大阪、京都といったメジャーな観光スポットを巡るルート(いわゆる「ゴールデンルート」)から外れた地におけるインバウンド需要の増加である。

しかし、ここに観光業の悩みが生まれている。宿泊施設の不足だ。特に地方都市に訪日外客が散り始めてからはこの問題が顕著になっているという。グローバルエージェンツはそこに目を付けた。

今回、同社が新たにオープンしたホテルのある小樽も、外国人が押し寄せている観光地の1つだ。小樽は札幌や函館のように、宿泊施設が潤沢ではないものの、北海道で屈指の古い街並みが魅力で、訪日外客が集まり始めている。新千歳空港から直通のJR快速エアポートに乗車すれば1時間半ほどで到着するという気軽さも、人気を集める理由と言えるだろう。

築90年以上の建築物は外から眺めるだけでも圧巻

先述した、同社が運営する「ザ・ミレニアルズ」というホテルは、「スマートポッド」と呼ばれる小分けにしたベッドに宿泊する新感覚のホテル。渋谷・京都にあるこのホテルの特徴は、キッチンをほかの宿泊者と共有でき、かつオープンスペースも用意されているため、宿泊者の交流が生まれること。基本的にオープンスペースで過ごし、夜はスマートポッドに就寝するという、若い層を狙ったホテルだ。

小分けにしたベッドに宿泊できる「スマートポッド」

一方、小樽にオープンしたアンワインド ホテル&バー小樽は、ザ・ミレニアルズとは趣を異にする。築90年以上の洋館をリノベーションしてできたこのホテルは、もともと洋館だったこともあり、格式を感じる外観だ。そしてロビーに入ると、レッドカーペットが敷かれた階段が目に入ってくる。ザ・ミレニアルズとは正反対のクラシカルな雰囲気であった。

赤いカーペットもさることながら、手すりも風格がある
広さ15平方メートルのダブルルーム
各部屋に用意してある端末。フロントへの問い合わせや電話が可能だ
グローバルエージェンツの山崎社長

この外観を残した理由について、グローバルエージェンツの山崎剛 代表取締役社長は「小樽という歴史的な景観に馴染ませたかった」と話す。馴染むも何も、90年以上前からある建築物だ。もう街の一部といってもいいくらいだろう。小樽市からも「景観を崩さないでほしい」という要請があったそうだ。

筆者が試泊したのはダブルだったが、15平方メートルとビジネスホテルよりも広くくつろげるという印象を持った。

そして何より「おもしろい」と思ったのは、テレビが用意されていなかったことだ。各部屋にはプロジェクターが設置され、それで思い思いのコンテンツを再生できるようになっている。

たとえば、日中に小樽の街を散策してビデオに収め、それを部屋のプロジェクターで再生という使い方もできる。仮にテレビを置いてしまったら、番組に夢中になり、小樽の夜が東京の夜と変わらなくなってしまう。幻想的な夜の小樽を散策する時間もなくなってしまうことだろう。

「ガラスの街 小樽」の魅力を損なわない宿泊体験

さて、チェックアウトしたら昼間にも小樽散策をしてほしい。

小樽の街は、昼と夜とで異なった表情を見せる。聞くと小樽は「ガラスの街」であるそうで、あちこちにガラス工房があった。考えてみればホテルの食堂の窓もステンドガラスだった。

昼と夜でまったく異なる様相の小樽
ホテル食堂のステンドガラス(左)。ツタの絡まった建物は大正硝子館本店(右)

小樽はまだ、札幌や函館ほどにインバウンドに対する知名度はないが、早晩、外国人観光客が押し寄せてくることだろう。前出の山崎社長も、そうした需要を見越して、この地にホテルを開業したという。実際、このホテルのオープン当初には予約が殺到したそうだ。訪日客数が増加していく中、あえて小樽の観光を選択するような“目の肥えた”人にとっては、観光地の風土に則したこのようなホテルは魅力的に映ることだろう。

関連記事
LINEと比較されがちな「+メッセージ」は独自の価値を打ち出せる?

LINEと比較されがちな「+メッセージ」は独自の価値を打ち出せる?

2019.04.25

携帯3社が「+メッセージ」の機能拡充を発表

LINEと比較した強みは「信頼性」

金融サービスと連携し、住所変更手続きが容易に

NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクの携帯大手3キャリアが「+メッセージ」(プラスメッセージ)の機能拡充を発表した。

国内大手3キャリアが「+メッセージ」の機能拡充を発表

サービス開始から1年が経過した「+メッセージ」だが、広く普及した印象はない。「メッセージならLINEで十分」との声も多い中で、普及する可能性はあるのだろうか。

「LINE」とは異なる可能性を秘めた「+メッセージ」

2018年5月に大手3キャリアがサービスを開始した「+メッセージ」は、2019年4月までに利用者が800万人を突破したという。だが「使ったことがない」とか、そもそも「名前を知らなかった」という人もいるのではないだろうか。

+メッセージの利用者は800万人に

「+メッセージ」とは、国際規格のRCSに準拠したメッセージサービスだ。従来のSMSを置き換えるサービスとして、短いテキストだけでなく長文や画像、スタンプを送れるのが特徴だ。

「+メッセージ」はSMSを置き換える上位サービス

一方、日本国内ではLINEが普及しており、月間利用者数は7900万人、そのうち毎日使うユーザーは6600万人もいるという。日本のほとんどのスマホにLINEは入っており、日常的なメッセージ需要はLINEが十分に満たしている状態だ。

だが、どんなにLINEが普及してもSMSがなくなることはない。サービスのID登録やログイン時など、本人確認を必要とする多くの場面でSMSは使われている。SMSは契約時に身分証明書で本人確認を済ませており、信頼性が高いのが特徴だ。

一般に「+メッセージ」は大手キャリアのLINE対抗策と認識される傾向にあるものの、その性質はやや異なる。「+メッセージ」がSMSの延長にあるという特性を活かせば、SMS認証のような本人確認はもちろん、企業と個人の間でのさまざまな手続きに活用できるはずだ。

こうした背景を踏まえて3キャリアが発表したのが、新サービスの「公式アカウント」や、金融各社と連携する「共通手続きプラットフォーム」だ。

仕組みの共通化やMVNO対応など、課題は山積

2019年5月以降に始まる「+メッセージ」の公式アカウントは、企業向けのアカウント機能だ。利用例としては銀行やレストラン、携帯会社を挙げ、登録住所の変更やレストランの予約、問い合わせといったサービスを実現できることを示した。

「+メッセージ」の「公式アカウント」機能

こうした機能はアプリでも提供されているが、スマホにアプリを入れていないユーザーも多く、パスワードを入れてログインするのは煩雑だ。だが「+メッセージ」なら電話番号だけでユーザー本人とつながり、チャットで手続きができるので便利というわけだ。

銀行やレストラン、携帯会社による利用例

だが、サービス提供に向けた課題は多い。公式アカウントの開設は、大手3キャリアが個別に営業をかけ、各社の基準で審査する方式となっている。一見すると無駄な仕組みだが、独占禁止法への抵触を避けるため、3社が競争している建前になっているという。

3キャリア以外への対応として、ワイモバイルなどのサブブランドやMVNOでは利用できない状況が続いている。サービス開始時から指摘されていた問題だが、1年が経過して何の進展もないのは理解に苦しむところだ。

iPhone対応にも課題がある。アプリを入れることで「+メッセージ」は使えるものの、SMSを送受信する標準のメッセージアプリを置き換えるものではない。ここに手を加えるのはiPhoneの基本的なユーザー体験に影響するため、アップルの判断次第になりそうだ。

また、今後の構想として、金融5社を横断した「共通手続きプラットフォーム」も打ち出された。住所変更手続きなど、各社の競争に直接関係しない事務手続きを共通化し、顧客の利便性向上を図るのが狙いだ。

金融5社と「共通手続きプラットフォーム」に向けた検討を開始

最近、フィンテックやキャッシュレスの新サービスが増え、新たに住所や電話番号を登録して口座を作る機会は多くなった。しかし、それに伴い変更の手間も増している。そこで+メッセージを利用したオープンな事務手続きプラットフォームが実現すれば、1回の手続きで全社に情報が伝播するというわけだ。

「+メッセージ」は、携帯市場で競合する大手3キャリアが共通サービスの整備を進めなければならない。その中で「電話番号でつながる」強みを活かした独自の活用法が、ようやく見えてきたといえそうだ。

関連記事