知って納得、ケータイ業界の"なぜ"

なぜ国内版「Xpeira 1」のストレージは半分になってしまったのか

知って納得、ケータイ業界の"なぜ" 第39回

なぜ国内版「Xpeira 1」のストレージは半分になってしまったのか

2019.05.27

待望のXperia 1国内投入に、なぜか落胆の声?

原因はストレージのスペックダウン、その背景

価格とスペックの狭間でゆれる国内市場の現状

携帯電話大手3社から夏のスマートフォン新モデルが次々と発表されたが、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 1」に、ファンから落胆の声が上がっているようだ。それはストレージ容量が海外版の最大128GBではなく、64GBに抑えられてしまったため。そこには販売価格を巡る、メーカーや携帯電話会社の苦悩があるといえそうだ。

値引きが難しい状況下で価格を下げる苦肉の策

大型連休が終わると、携帯電話業界は夏商戦に向けたスマートフォン新製品が次々と発表されるシーズンに入る。今年もその例にもれず、大手メーカーを中心として各社からスマートフォン新製品が次々と発表されている。

だが各社の新製品発表直後、ちょっとした話題となったのが、ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia 1」に関してである。Xperia 1は映画が見やすい21:9比率の4K有機ELディスプレイを搭載した同社のフラッグシップモデルで、携帯キャリア大手3社から発売される予定だが、話題となった理由はストレージ容量にある。

Xperia 1のストレージ容量は、グローバルで見ると最上位モデルで128GBだ。だが国内に投入されたXperia 1は、ストレージ容量がその半分となる64GBのモデルのみであった。それゆえ最上位モデルの登場を期待していたファンから、落胆の声が多く上がったのである。

大幅なリニューアルをはかったことで注目されていた「Xperia 1」だが、海外版と比べストレージ容量が減らされていたことに落胆の声を上げるファンが多かったようだ

ではなぜ、Xperia 1のストレージ容量は減ってしまったのだろうか。その理由は国内市場向けの販売価格にあると考えられる。例としてNTTドコモ版のXperia 1の価格を見ると、ドコモオンラインショップで10万3,032円となっている。かなりの高額であるというだけでなく、それより高い機種は、東京五輪限定機種モデルの「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」(11万4,696円)しかない状況のようだ。もしXpeira 1をグローバル版そのままのスペックで投入した場合、もっと高額な販売価格になってしまったはずだ。

しかもこの夏は、NTTドコモが通信料金と端末代を分離した新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」の投入を発表するなど、携帯電話会社が従来のように、通信料金を原資としてスマートフォンの価格を大幅に値引くことが困難になっている。そうした状況下で端末価格が高騰し過ぎると、販売が大きく落ち込んでしまうことから、スペックを下げたモデルを投入して価格を下げるという判断に至ったのだろう。

なぜストレージ容量の少ないモデルを選んだのかというと、ユーザーに与える影響が最も少ないためと考えられる。チップセットやRAMのスペックを下げるとパフォーマンスに大きな影響が出てしまうが、Xperia 1はmicroSDスロットを備えており、最大で512GBのストレージを追加できることから、そちらでカバーできると判断したのだろう。

海外より安い「P30 Pro」の狙い

もっとも、市場動向や企業戦略などによって端末価格を下げたり、スペックを落とした割安なモデルを投入したりするケースはこれまでにもよく見られたものだ。今回の夏モデルでいうと、ある意味NTTドコモが販売予定のファーウェイ製フラッグシップモデル「P30 Pro」も、そうした戦略を感じさせる内容となっている。

NTTドコモから販売予定の「P30 Pro」。海外版にはないFeliCaにも対応させながら、9万円以下というコストパフォーマンスの高さで話題となった

P30 ProはRAMとストレージの容量によって価格が異なり、最上位モデルはRAMが8GB、ストレージが512GBで、海外での価格は1249ユーロ(約15.3万円)とかなりの高額だ。だが日本に投入されたのは、RAMが6GB、ストレージが128GBの最も安価なモデルであり、価格もドコモオンラインショップで8万9,424円。SIMフリー版として発表された下位モデルの「P30」が7万7,880円であることを考えると、日本でのP30 Proがいかにお得な価格設定となっているかが分かる。

2019年3月にパリで実施されたP30シリーズの発表会より。P30 Proは国内向けよりスペックが高いRAMが8GBのモデルを中心にアピールしており、その価格も999ユーロ(約12.2万円)からと高額だ

ファーウェイがP30 Proをスペック重視ではなく、安価重視で投入してきたのには、やはりP30 Proの販売数を拡大したい狙いが強いといえる。ファーウェイはSIMフリー市場ではトップシェアを誇るが、それより規模が大きいキャリア大手3社向けの市場に関しては、2018年に再進出を果たしたばかりのため、認知度が低く存在感がまだ薄い。そこで新機種を割安に設定することで、携帯大手からの販売を一気に拡大し、市場での存在感を高めたかったのだろう。

もっともファーウェイは今、日本でのP30 Proの発表直後に米国からの制裁を受けたことで、P30 Proの予約が中止されるなど今後の販売が不透明になるという、別の問題を抱えてしまっている。だがそうした制裁の影響がなければ、コストパフォーマンスの高さによって、NTTドコモでの販売を大きく伸ばしていた可能性も十分考えられただろう。

国内では、スペックよりも価格を重視する消費者が多いという現状があるだけに、今後も各社の戦略によって、スペック重視のユーザーが不満を抱くケースが出てくる可能性は高い。だがあまりにも価格重視でスペックを下げ過ぎてしまうと、今度はスペック重視の消費者から多くの批判を集めて、製品そのものの評判が落ち、それが売り上げに響いてしまう可能性も出てきてしまう。メーカーやキャリア会社にとって今は、そのさじ加減が非常に悩ましい所なのかもしれない。

お知らせ
連載「知って納得、ケータイ業界の"なぜ"」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

苦手のズームも克服、なぜスマートフォンカメラの進化に力が入れられるのか

知って納得、ケータイ業界の"なぜ" 第38回

苦手のズームも克服、なぜスマートフォンカメラの進化に力が入れられるのか

2019.05.08

スマホのカメラ機能、急速な進化の背景に何が?

販売低迷のなか、差別化しやすい要素としてメーカーが注力

今後はゲーミングスマホが潮流になる可能性も

ここ最近、スマートフォンのカメラは目覚ましい進化を遂げている。最新機種では画像が崩れることなく10倍ズームを実現するなど、最大の弱点だったズームを克服する製品も出てきている。なぜ、スマートフォンメーカーはそこまでしてカメラに力を注ぐのだろうか。

デジカメ不要と感じさせる程の機能進化

カメラはスマートフォンの中でも人気機能の1つであり、現在は、スマートフォンで写真を撮り、SNSなどにアップするのは日常的なこととなっている。スマートフォンメーカーが以前よりもカメラ機能に力を注ぐようになった要因の1つだ。

中でも大きく進化してきたのが、暗い場所での撮影だ。スマートフォンはあまり明るいとはいえない室内で撮影することも多く、被写体が暗く写ってしまったり、ブレてしまったりすることが多かった。そうしたことからスマートフォンメーカーは、明るく撮影できるレンズを搭載し、さらに、素子が大きく光を多く取り込めるイメージセンサーを採用するなど、明るく撮影するための技術を次々と投入して弱点を克服してきたのである。

2018年発売の「Xperia XZ2 Premium」を使って暗い場所で動画撮影している所。2つのカメラを活用することで、静止画だけでなく動画撮影時も明るく撮影できるのが特徴だ

そしてもう1つ、大きな進化となったのがカメラの複眼化だ。特に2016年頃から、2つのカメラを搭載した「2眼化」が急速に進行した。2つのうち一方のカメラに被写体との距離を測る役割を担当させることで、一眼レフのようなボケ味のある写真を撮影できるようにするなど、カメラの表現力を大幅にアップすることに成功したのだ。

ボケ味のある写真の撮影ができる2眼カメラは、今やiPhoneをはじめ多くの機種に採用されている

さらに2018年半ば頃から増えつつあるのが、3つのカメラを活用した「3眼化」である。画角などが異なる3つのカメラを切り替えることで、等倍、0.5~0.6倍の超広角撮影、2~3倍の望遠撮影と、幅広いシーンでの撮影を可能にしている訳だ。

2019年に登場したファーウェイの「HUAWEI P30 Pro」や、OPPOの「Reno」などは、3眼カメラの1つに潜望鏡のような「ペリスコープ構造」のカメラを採用し、光学5倍相当の望遠カメラを実現している。それに加えて画素数の高いイメージセンサーを搭載し、撮影した写真の一部を切り取る「ハイブリッドズーム」によって、実質的に画質が落ちることなく10倍相当のズーム撮影もできるようになっている。

ペリスコープ構造で薄型ボディに光学5倍相当のカメラを搭載した、「HUAWEI P30 Pro」3つのカメラに、さらに深度測定用のカメラも搭載した4眼カメラを搭載している

スマートフォンのカメラがここまで来れば、もはやデジタルカメラは必要ないと感じる人も多いことだろう。だが人気の機能とはいえ、スマートフォンメーカーのカメラ強化へのこだわり具合は、ただ「人気の機能だから」というだけでは説明しきれない部分がある。

厳しい市況で高付加価値を重視した結果

スマートフォンメーカーのカメラ強化へこだわる理由として、これまで拡大一辺倒だったスマートフォンの販売が、落ち込みつつある背景があると見る。実際、ここ最近主要スマートフォンメーカーの業績を見ると、スマートフォン出荷台数の減少による業績の落ち込みが目立つ。

例えばアップルは2019年4月30日に発表した2019年第1四半期の決算で、iPhoneの売上高が前年同期比17%減となった。また同日に発表されたサムスン電子の2019年第1四半期決算でも、モバイル関連事業の営業利益は40%減となっている。ソニーやLGエレクトロニクスなどより下位のメーカーは一層厳しい状況となっており、市場縮小と競争激化で苦しんでいる会社が多い様子を見て取ることができる。

そのため既存の有力スマートフォンメーカーは、数を売らなければ利益が出ない低価格モデルよりも、付加価値を高め、高価格で利益が見込みやすいハイエンドモデルに力を入れる傾向にある。2018年の新機種の価格が全て10万円を上回ったアップルの施策などが、そうした動きを象徴しているといえよう。

そしてスマートフォンの付加価値を高める上で、多くの企業が目を付けているのがカメラだ。コモディティ化によって工夫できる余地がなく差異化が難しくなってきたスマートフォンだが、カメラ機能は人気が高いというだけでなく、複眼化などでまだ差別化できる余地がある。そうしたことから多くのスマートフォンメーカーは、カメラ機能の強化に活路を見出している訳だ。

もっとも、高付加価値化の追求はカメラだけに限らない。最近注目された、ディスプレイを直接折り曲げられる折り畳みスマートフォンもそうした施策の1つといえるが、より増えているのが「ゲーミングスマートフォン」。大幅に向上したスマートフォンの性能を生かし、カメラ同様に人気のゲームをプレイしやすい機種だ。

実際2018年には、エイスーステック・コンピューターがゲーミングスマートフォン「ROG Phone」を日本国内に投入して注目を集めた。また2019年に入ってからも、自動翻訳機などを手掛けるTAKUMI JAPANが、中国シャオミが出資しているBlack Sharkのゲーミングスマートフォン「Black Shark2」の国内販売を発表。日本でも徐々にその数が増え、認知が高まっているようだ。

TAKUMI JAPANが国内で販売する、シャオミ系企業が開発したゲーミングスマートフォン「Black Shark2」。高性能のチップセットの搭載だけでなく、タッチ操作時の反応速度なども強化されている

スマートフォンメーカーを取り巻く状況は今後も一層厳しさを増すことが予想されるだけに、高付加価値を追求する流れは今後も続くだろう。そうした中から新たな変革をもたらし、再びスマートフォン市場を活性化させる端末が登場することに、期待したい所だ。

NTTドコモの新料金プランはなぜ「分かりにくい」と感じるのか

知って納得、ケータイ業界の"なぜ" 第37回

NTTドコモの新料金プランはなぜ「分かりにくい」と感じるのか

2019.05.05

NTTドコモの新料金プランが分かりにくい?

従来プランから仕組みを大きく変えたことで混乱

端末購入代の補助が不透明なことも一因

NTTドコモは2019年4月15日、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を発表した。通信料と端末代を分離する「分離プラン」を採用して料金を引き下げ、なおかつ基本料やデータ通信料などをひとまとめにして2つのプランに絞るなど、分かりやすさを重視した内容となっているのだが、発表直後から「分かりにくい」という声が相次いだ。一体なぜだろうか。

複雑な要素をなくした「ギガホ」と「ギガライト」

2018年より、通信料と端末代を分離する「分離プラン」を軸としとした、利用スタイルによって2~4割程度の料金値下げを実現する新料金プランの投入を明らかにしていたNTTドコモ。その新料金プランの内容が、2019年4月15日についに明らかにされた。

NTTドコモが2019年4月15日に発表した新料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」。いずれも2019年6月1日より提供開始される

その内容を簡単に振り返ると、新しい料金プランの1つは大容量通信を利用する人向けの「ギガホ」(2年定期契約ありで月額6,980円)で、毎月30GBの高速通信が利用できるが、それを使い切った場合も最大1Mbpsと、多くのネットサービスを実用的に利用できる速度が維持されるというのが大きなポイントとなる。

そしてもう1つは「ギガライト」で、こちらは毎月使用したデータ通信量に応じて、1~7GBまでの4段階に料金が変化する段階制のプラン。2年定期契約ありの場合、月当り1GBまでの「ステップ1」で月額2,980円、7GBまでの「ステップ4」で5,980円となることから、主としてライトユーザー向けに位置付けられるものだ。

これらはいずれも、従来バラバラに選ぶ仕組みとなっていた、音声通話をするための「基本プラン」と、インターネットを利用するための「サービスプロバイダー料金」(NTTドコモの場合は「spモード」)、そしてデータ通信をしやすくするための「パケット定額サービス」の3つをセットにしている。通話定額、あるいは5分間の通話定額が必要な場合は別途オプションを追加する必要があるものの、基本的にはギガホとギガライトのどちらかを選べばよく、以前よりもシンプルに選びやすくなったことは確かだろう。

「ギガホ」はヘビーユーザー向け、「ギガライト」はライトユーザー向けのプランとなるが、どちらも基本料やデータ通信料をセットにし、分かりやすい仕組みとなっている

だがそれにもかかわらず、新料金プランが発表された後、SNSなどでは「安くならないのでは」「分かりにくい」という声が多く見られた。NTTドコモ代表取締役社長の吉澤和弘氏も、2019年4月26日に実施した決算説明会で「PRをもっとやらないといけない」と話すなど、消費者への説明対応に追われている様子がうかがえる。

分かりにくさは変化の大きさと端末代の不透明感にあり

なぜ、新料金プランが分かりにくく見えてしまったのだろうか。先の決算における吉澤氏の説明によると、理由の1つは新料金プランの仕組みを大きく変えたことにあるようだ。消費者は基本プランとspモード、パケット定額サービスを組み合わせて選ぶことに馴染んでいるため、ギガホやギガライトがパケット定額サービスの1つに見え、「別途基本料が必要なのではないか」と勘違いしている人が多くいたようだ。

2つ目は、新料金プランに係る新しい割引サービス「みんなドコモ割」と「ドコモ光セット割」の存在だ。これらの割引は、3親等以内の契約者同士であれば組むことができる「ファミリー割引」のグループに入っている人に対して適用されるもので、全て適用されれば最大で月額2,000円の値引きが受けられるのだが、この仕組みを伝わりにくいものにしているのが「シェア」の存在である。

というのも、NTTドコモが現在提供している料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」では、基本的に家族の代表者1人が「シェアパック」と呼ばれる家族全員分のデータ通信容量を契約し、それを家族でシェアする仕組みを採っている。だがデータ通信量をシェアできるグループは、必ずしもファミリー割引グループの契約回線全員という訳ではない。

新料金プラン向けの「みんなドコモ割」「ドコモ光セット割」は、「ファミリー割引」のグループ内回線全員に適用され、従来のシェアパックとは仕組みが大きく異なる

それゆえ現在はファミリー割引グループの存在自体がやや希薄になっており、それが「パケットをシェアしている人達同士でしか割引が適用されない」という誤解を生んでしまったといえる。こうした点は吉澤氏も認めており、改めてファミリー割引グループ自体の認知を高める活動をしていきたいとしている。

だがもう1つ、筆者が新料金プランを分かりにくく感じさせている要因と見ているのが、端末料金に関する施策がまだ明らかにされていないことだ。新料金が採用している分離プランでは、従来の「月々サポート」「端末購入サポート」のように、毎月の通信料を原資として端末価格を値引くことができなくなり、基本的にはスマートフォンを値引きなしで購入する必要がある。高額なスマートフォンを購入する人は、かえって割高になる可能性があるのだ。

しかしそれでは、最近増えつつある10万円を超えるようなハイエンドモデルの販売が難しくなることから、従来とは異なる形で何らかの値引き施策も求められている。NTTドコモも新しい形での端末購入補助を提供する考えは示しているのだが、新料金プラン発表時点ではその内容が明らかにされなかった。

それゆえ現時点では非常に中途半端な状態にあり、通信料と端末代を合計した場合、従来のプランと比べて毎月の料金が本当に安くなるのかどうかが判断できないのである。新たな端末購入補助の仕組みは夏商戦の新端末発表時点で公表されると見られているが、同時に発表した方が消費者には内容がが伝わりやすかったのではないかと、筆者は考えている。

NTTドコモが提示する事例では多くの人が2~4割安くなるとされているが、端末料金に対する施策が公表されておらず、価格を含めた場合の比較は現時点ではできない状況だ