LINE(ライン)基本の使い方ガイド LINE(ライン)基本の使い方ガイド

LINEのアカウント、実は固定電話やガラケーでも作れる

LINE(ライン)基本の使い方ガイド 第9回

LINEのアカウント、実は固定電話やガラケーでも作れる

2019.05.15

固定電話やガラケーでLINEアカウントが作る方法

重要なのは「電話番号」、でもIP電話は注意

LINEのアカウントを新規登録する時、一般的には自動でスマートフォンの持っている電話番号が入力され、SMSを受け取ってから認証という流れになる。しかし何らかの事情でスマートフォンの電話番号を使いたくない場合や、スマートフォンに電話番号がないこともあるだろう。

そんな時に使えるのが固定電話やガラケーだ。LINEが欲しがっているのはスマートフォンに入っている番号ではなく、利用者を認証できる番号。だから固定電話でも、別に持っているガラケーの番号でも、何でも構わない。ただし1番号につき1アカウントだから、家族がすでに固定電話の番号を使ってしまっていないかだけは先に確認しておこう。

LINEアカウントを固定電話やガラケーで作る方法

作業は簡単だ。最初に出てくる「この端末の電話番号を入力」という画面で、利用したい電話番号を入力する。次画面へ進む時「SMSで認証番号を送ります」と出てくるが、気にせず「OK」を押してしまっていい。

番号入力時に、利用したい固定電話やガラケーの電話番号を入力
固定電話等にSMSを受け取る機能がなくても「OK」で進めてしまう

SMSが受信できなくとも、何事もなく次の画面が表示されるはずだ。ここで下部にある「通話による認証」をタップしよう。すると指定した電話番号に機械音声で電話がかかってくる。ゆっくりと繰り返される認証番号を画面に入力すれば、認証は完了されるから、そのまま使い始めよう。

「通話による認証」を選んで音声通話を利用すればOKだ

「050」のIP電話はNG

このように音声通話を利用して認証が可能だが、「050」で始まるIP電話の電話番号は残念ながら対象外だ。登録を試してみても、「無効な電話番号」としてはじかれてしまう。

例えば格安SIM等でデータ通信のみの契約をしつつ、普段のコミュニケーションには「050」番号を利用しているという場合などでは、この方法が利用できない。注意しておこう。

「LINE(ライン)基本の使い方ガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/line

LINEのトーク履歴を引き継ぐ方法

LINE(ライン)基本の使い方ガイド 第8回

LINEのトーク履歴を引き継ぐ方法

2019.03.27

機種変更時、一手間かければトーク履歴も引き継げる

引き継ぎ作業には各OS用のクラウドストレージが必要

機種変更にともなうLINEの各種引き継ぎ処理では、友だちリスト等は引き継げても「トーク」画面はまっさらになってしまう。トーク履歴を引き継ぎたい時には、通常の引き継ぎ処理とは別の作業が必要だ。

トーク履歴の引き継ぎでは、iPhoneの場合はiCloudに、Androidの場合はGoogleドライブに、という形で旧端末からクラウドストレージへ履歴を保存し、新端末でダウンロードする必要がある。そのため、新旧両端末のOSが同じでないと利用できない。また、トーク内でやりとりした写真などの画像ファイルは、古いものになるとうまく引き継げないことがあるので、別途バックアップしておくのがオススメだ。

旧端末でクラウドにトーク履歴を保存する

今回はAndroid端末でGoogleドライブを利用した場合で説明する。iPhoneでも手順は変わらないので、ほぼ同じ感覚で作業できるはずだ。

まず旧端末側でLINEの設定画面を開き「トーク」を選択する。さらに「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップしよう。

進んだ先で「Googleアカウント」という項目がある。タップすると端末に保存されているGoogleアカウントを設定できるはずだ。複数のアカウントを登録している場合、リストからバックアップ用に利用したいものを選べばいい。

設定の「トーク」を開き「トーク履歴のバックアップ・復元」をタップ
「Googleアカウント」をタップして、登録を進める

元の画面に戻ったら、設定したアカウントがバックアップ用に使いたいものであることを確認してから、「Googleドライブにバックアップする」をタップしよう。利用状態によって処理にかかる時間は変わるが、進行状況が表示されるので完了まで待とう。

「Googleドライブにバックアップする」をタップ
進行状況を示すバーが表示される

新端末でダウンロード&復元

続いては新端末側の作業だ。新端末では旧端末で作業した時と同じく、まず設定画面で「トーク」を開き「トーク履歴のバックアップ・復元」を選択後、今度は一番下にある「復元する」をタップする。もしGoogleアカウントとの連携ができていなければ、ここでアカウントを設定する画面が出現するので、済ませてから「トーク履歴を復元」をタップしよう。

Googleアカウントの設定が事前に済んでいた場合は、「復元する」をタップするとすぐに復元処理がはじまる。無事に復元されれば完了画面が表示されるはずだ。

「復元する」をタップ
この画面が表示されたらGoogleアカウントの設定をしよう
復元が開始されると進行状況が表示される
「完了しました」の画面が表示されれば無事終了だ

「LINE(ライン)基本の使い方ガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/line

LINEアカウントを引き継ぐ方法

LINE(ライン)基本の使い方ガイド 第7回

LINEアカウントを引き継ぐ方法

2019.03.26

絶対に失敗したくない人のための「引き継ぎ」方法

トーク履歴の引き継ぎだけは別の作業が必要

機種変更時に電話番号が変わるか否かで作業が違う

スマートフォンの機種変更をする時には、LINEの引き継ぎ処理をしよう。これをきちんとやっておけば、新しい端末でも従来どおりにLINEを使い続けられる。ただし、一部の作業では注意が必要だ。

ただし、トーク履歴の引き継ぎは別作業

LINEでは、友だちリストやスタンプといった大半のデータの引継ぎが可能だ。友だちリストは引き継いだ時点で表示されるし、スタンプは新端末で同じスタンプを利用しようとすれば、簡単に取得できる。

しかしトークの引き継ぎには別途作業が必要となる。その作業方法は改めて解説するが、Android同士、iPhone同士でしか引き継げないことに注意しよう。また、LINEコインの残高等は、OSが変わると引き継げない。もし履歴等を重視するなら、新機種選びの段階で意識しておきたいところだ。

機種変更前に確認しておきたい引き継ぎの準備

機種変更時に、LINEのトーク履歴の引継ぎに失敗したという話をよく聞く。電話番号が変わらない機種変更での失敗は少ないようだが、特に電話番号の変更を伴う機種変更の場合は、少し注意する必要がある。

まず、電話番号がLINEで使えるかを確認しよう。「050」で始まるIP電話番号や、データ専用プランで発行される電話番号では、LINEを利用できないからだ。もしそういう形で乗り換える場合には、固定電話や通話用の別端末などの電話番号を利用するといいだろう。

電話番号が変わった場合には、「旧電話番号」もしくは「メールアドレス+パスワード」がログインに必要だ。事前に自分の電話番号やメールアドレス等を再確認しておこう。注意したいのは、メールアドレスが旧端末のキャリアメールのため既に利用できなくなっている場合や、パスワードがうろ覚えの場合だ。旧端末のLINEを操作してそれぞれ確認しておこう。

LINEの設定で「アカウント」を選択
「メールアドレス」をタップしてメールアドレスを確認。し継続利用できないキャリアメールだった場合には、Gmail等に変更しておくといいだろう
「パスワード」をタップした画面でできるのは再設定だけだ。2度同じ文字列を入力すれば新パスワードとして設定される

電話番号が変わる機種変更で最初にやるのは旧端末の操作

電話番号が変わる機種変更の場合は、旧端末での操作も必要だ。旧端末側で「アカウント引き継ぎ」を選択し、ここで「アカウントを引き継ぐ」のスイッチをオンにしよう。スイッチの有効期限は36時間で、間に合わなくてもLINEが使えなくなってしまうわけではない。ただしセキュリティ面での問題が出てくるので、できるだけ引き継ぎ作業をする瞬間にスイッチを入れるくらいのつもりでいよう。

設定で「アカウント引き継ぎ」を選択し、スイッチをオンにする
警告画面の内容を読んだら「OK」を押す
スイッチがオンになると有効期限のカウントダウンがはじまる

電話番号変更時はメールアドレス+パスワードで引き継ぎ

電話番号が変わる機種変更の場合は、旧端末の操作ができてから新端末を操作しよう。引き継ぎには、新端末側で新番号を使って初期登録作業を進める中で出てくる、「アカウントを引き継ぐ」というボタンを利用する。次の画面では「以前の電話番号でログイン」または「メールアドレスでログイン」のどちらかを選んで、入力しよう。

「アカウントを引き継ぎますか?」の画面で「アカウントを引き継ぐ」を選択
以前の「電話番号」もしくは「メールアドレス+パスワード」のどちらかでログインしよう

滅多にないことではあるが、もし初期登録作業中、新しい電話番号を入力しているのに「おかえりなさい、●●!」と知らない名前が出てきたら「いいえ、違います」を選ばないといけない。電話番号は一定の休眠期間をおいてリサイクルされるのだが、以前の利用者が適切なアカウント引き継ぎや削除作業をせず放置していた場合に出てくる画面だ。必ず「いいえ」を選択しよう。

電話番号が変わらない機種変更でのアカウント引き継ぎ方法

電話番号が変わらない機種変更の場合は超簡単だ。以前の電話番号を新端末でも使い続けられるなら、新端末側で普通にLINEアプリの初期登録作業をすれば問題ない。電話番号を入力し、SMSや音声通話で認証ができれば「おかえりなさい、●●!」と名前が表示されるはずだ。表示された電話番号と名前が自分のものなら「はい、私のアカウントです」ボタンをタップすれば完了となる。

電話番号が変わらない場合は、初期登録作業だけで引き継ぎが完了する

「LINE(ライン)基本の使い方ガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/line