活字・写植・フォントのデザインの歴史 – 書体設計士・橋本和夫に聞く 活字・写植・フォントのデザインの歴史 – 書体設計士・橋本和夫に聞く

これまでの記事一覧ページはこちら

現代的な美しさをもつ宋朝体

写研での橋本さんの最初の仕事は、石井宋朝体の原字制作だった。

諸橋大漢和辞典用書体の原字が完成する前年、1959年(昭和34)のこと。名古屋の活字鋳造会社・津田三省堂(*1)の津田太郎氏から、石井茂吉氏に、同社「宋朝体」復刻のための原字制作の依頼が入った。茂吉氏は、見本帳の単なる復元ではなく、自身の構想によるあたらしい宋朝体の制作であれば、という条件つきで引き受けた。

津田三省堂の宋朝体(*2)

というのも、茂吉氏はそれまで宋朝体として世に出ている書体に、不満をもっていたのだ。

〈それは中国から持ち込まれた原字がそのまま複刻され、しかもその複刻の過程で徐々にではあるが、字体がくずれてしまっており、文字としては新鮮味のない、ただ横線の右上りのくせだけが目立つ、美しさの欠けたものであったからである〉(*3)

実は、茂吉氏はかなり前から宋朝体の構想をあたためていた。さかのぼること約20年、1936年(昭和11)3月発行の『書窓』第2巻第5号(アオイ書房)に寄稿した「写真植字機 ―光線のタイプライター―」のなかで〈目下宋朝体の文字盤を製作中で、現在の宋朝活字とは趣きの違う、更に高雅な宋朝印刷が遠からず『書窓』を通じて諸君に御目通りする事になろう〉と書いていることからも、うかがえる。

茂吉氏は、いつのまにかゆがんでしまった宋朝体のイメージを一新し、〈日本の風土にマッチした高い品位と暖か味と現代的な美しさをもったもの〉〈本文用にもディスプレー用にも使える、可読性のすぐれた、かつグレーのスペースにならない新宋朝〉(*4)をつくりたいと考えていた。

道具はそのまま使わない

橋本さんが写研に入社したのは、前回紹介した大修館書店の『大漢和辞典』と並行して、茂吉氏がこの宋朝体(後の石井宋朝体)の原字制作を進めていたときだった。橋本さんは、漢字の原字制作を中心に行った。

「宋朝体には正方形の方宋と、縦長の長宋の2種類があり、石井宋朝体はこのうち長宋でした。字幅が70%ぐらいで右上がりが少しきつく、シャキッとした形の宋朝体なんです。宋朝体の特徴を出しつつ、格調の高い書体にしなくちゃいけないということで、起筆部分をかなり強くするスタイルになりました」

石井宋朝体は起筆の強いスタイル

それまで、石井明朝体や石井ゴシック体、大漢和用書体などの原字はすべて字面15mm(仮想ボディは17.55mm)のサイズで描かれていたが、石井宋朝体の原字サイズは2インチ(約50.8mm)だった。というのも、津田三省堂の宋朝体はもともと金属活字だったため、その原字は、ベントン彫刻機のパターン用原字として一般的な2インチのサイズで描かれていたからだ。

写研に以前からいた先輩たちは、小さなサイズの原字しか描いたことがなかった。しかし橋本さんは、モトヤでベントン彫刻機用の原字を描いていたため、2インチ原字を描くことに慣れていた。石井宋朝体の担当になったのは、それが理由のひとつだった。

「原字は印画紙(バライタ紙)に描きました。というのも、文字盤にする際、原字を撮影するのではなく、原字を密着させて原寸でフィルムに反転させる“密着”という方法をとっていたからです」

「表面がツルツルとした印画紙を使っていたので、修整はホワイトで消すのではなく、修整刀という、いまでいうデザインナイフのような小さなカッターを使っていたのですが、これの扱いに慣れるまで少し苦労しました。紙の表面を削って修整するので、少しならよいのですが、回を重ねすぎるとツルツルした表面が削れて素の紙が出てきてしまう。そうすると毛羽立ってしまうので、原字のアウトラインがガタガタになるんです。かといって、印画紙は当時まだ貴重品だったので、ちょっと間違えたらすぐあたらしいものに替えるというわけにもいきませんでした」

大漢和用書体のように15mmの原字であれば、削る修整量は少ない。ただし微細な部分があり、拡大鏡を通しての作業となった。一方、橋本さんが手がけた2インチ原字は、拡大鏡は必要ないが、ときに大きく削って修整する必要があったことが、作業をむずかしくした。

修整刀の刃は、オイルストーンで研いで、ひとりひとりが自分にあった形に調整していた。

「刀の持ち方の角度がひとによって違うので、自分の持ち方に合うように、刃の角度も調整が必要だったんです。昔は、市販の道具を買ってきてそのまま使うというわけにはいかなくて、自分の使いやすいよう調整していましたね」

(つづく)

(注)
*1:津田三省堂:名古屋の活字鋳造会社。1909年(明治42)、津田伊三郎によって創業された。
*2:『本邦活版開拓者の苦心』(ナプス、1997年/津田伊三郎 編集、津田三省堂 発行、1934年の復刻版)より
*3:『石井茂吉と写真植字機』(写真植字機研究所石井茂吉伝記編纂委員会/1969年)より
*4:『追想 石井茂吉』(写真植字機研究所石井茂吉追想録編集委員会/1965年)より

関連リンク

大修館書店

話し手 プロフィール

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

これまでの記事一覧ページはこちら

東京で寮生活

1959年(昭和34)6月6日、24歳で橋本さんは写真植字機研究所(以下、写研)に入社した。当初は写研で4、5年勉強したら帰阪するつもりで、大阪から単身上京し、西武池袋線富士見台駅のそばにあった同社の寮に入った。会社は丸ノ内線新大塚駅の近く。現在の写研本社と同じ場所だ。

「当時の社屋は木造建ての町工場風で、原字を描く部署には、ぼくのほかに3人の男性がおられました」

写研の先輩たちについて、橋本さんはこう振り返る。

「みなさんおそらく60代、定年を終えた年配の方ばかりでした。3人のうち1人は、写研入社前には地図の文字を書いていた方。かつては地図も手書きで、町名などのこまかい文字を書き入れていたんです。もう1人の方は、小学校の先生を退任した後、手書きの名刺を書く仕事をしていた方でした。名刺のあの小さい面積のなかに住所、氏名を活字のように書く。すぐに仕上げてくれるので、名刺が急に必要になった人には重宝したものです。文字のうまい人で、書道の話をしたり、作品の評価を受けたりしました。3人目の方は前職を失念しましたが、なにしろ自分との年齢差のある職場にはびっくりしました」

「なぜあいだの世代がいないのかはわかりませんが、そこに24歳のぼくがポンと入ったわけです。石井裕子専務もどう思っていらしたのか、『使いものになれば』ぐらいのことで採用されたのかもしれません。ラッキーといえばラッキーでした。社長の石井茂吉さんのことは、みんな『先生』と呼んでいました。当時、先生は73歳。写植機の発明者にして、石井書体を描いた方です。24歳の若年のぼくから見たら、神様のような存在でした」

初任給は1万2000円だった。

「アパートの家賃が1畳1000円の時代でした。ぼくは会社の寮に入っていたけれど、入出時間が決められていて、書道などの塾通いに制限を感じるようになり、2年後には写研近くのアパートに移りました。最初の部屋は3畳で、家賃が3000円。給料の4分の1です。少し広い4.5畳の部屋には入れませんでしたが、それでもなんとかなったものでした」

「諸橋大漢和辞典」の原字制作

石井茂吉氏をはじめ、橋本さんの3人の先輩たちは、諸橋轍次著『大漢和辞典』(大修館書店/全15巻)用細明朝体の漢字の原字制作に取り組んでいた。

『大漢和辞典』は最初、金属活字組版による活版印刷で制作が進められていた。1943年(昭和18)9月には第1巻が刊行されたが、1945年(昭和20)2月の空襲によって、大修館書店の工場と、組み終えていた第2巻の活字のすべてが焼けてしまった。戦後、再出版を計画するも、6ポイントから3号まで全6種類のサイズの金属活字、それも1サイズにつき5万本を要する活字を、その母型からあらたにつくり直すのは不可能だった。

そんななか、活字がなくても組版・印刷できる「写真植字」の存在を知った大修館書店は、写研の石井茂吉氏のもとを訪ねた。すでにあった石井細明朝体の4385字はそのまま使うとはいえ、わずか4年間で約4万5000の原字を新たに描くという大事業の依頼に(しかも最終的には既存の文字も描き直した)、石井茂吉氏はなかなか首をたてに振らなかったが、1952年(昭和27)10月、1年半による交渉に折れ、ついに大漢和用細明朝体の原字制作を引き受けたのだった。

以降、石井茂吉氏は1960年(昭和35)までかけて、心血を注ぎ大漢和用の書体を完成させた(1960年、石井氏はこの業績によって第8回菊池寛賞を受賞した)。橋本さんが写研に入社した1959年は、まさにその終盤の時期だった。

1975年(昭和50)に写研が発行した『文字に生きる〈写研五〇年の歩み〉』には、当時の石井茂吉氏の様子が記されている。

〈大漢和辞典の原字制作が始まってからの石井には、日曜もなければ正月もなかった。終日、玄関脇の六畳の間で筆を手にしていた。石井のもとを訪れる人も多かったが、石井はいつもこの六畳で応接した。しかも話の最中も手を休めることがなかった。〉
〈作業は毎日朝八時から夜十時までと決められていたが、十一時、十二時に及ぶこともしばしばだった。〉

大漢和用の原字は、仮想ボディ(*1)17.55mm、字面15mmという小さいサイズで描かれた。「バライタ紙」と呼ばれる印画紙に、鉛筆で下書きした後、烏口と筆で墨入れして原字を描く。先輩たちが描いた原字を石井茂吉氏がチェックし、修整していく。修整は、ホワイトで消すのではなく「修整刀」という刃先の小さなカッターで墨を削って行われた。

仮想ボディと字面

一方、橋本さんは先輩の助手としてではなく、先輩たちと同じく、石井茂吉氏の助手として採用された。モトヤでの原字制作経験があったので、いわば即戦力としての採用であり、研修や先輩たちの手伝いのようなものではなく、入社した日からすぐに仕事が割り振られた。

「初めての仕事は、『石井宋朝体』の原字制作でした」

石井宋朝体。
それは、石井茂吉氏最後の書体だった。

(つづく)

(注)
*1:仮想ボディとは、金属活字でいうところの活字そのものの大きさ=ボディにあたるもの。写植やデジタルフォントにはボディとしての実体がないので、「仮想ボディ」と呼ぶ。和文書体は、この正方形の枠内にデザインされている。

関連リンク

大修館書店
大漢和辞典(大修館書店)

話し手 プロフィール

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

写研からの手紙

活字製造販売会社モトヤで写真製版を手がけるようになっていた橋本さんが出会った「写真植字(写植)」という言葉。写植とは、写真技術を用いて植字(文字を並べ、組む作業)する方法のことで、これを行う邦文写真植字機(写植機)は1924年(大正13)、星製薬で出会った石井茂吉氏と森澤信夫氏(*1)により特許が出願された(*2)。

写真植字機 試作第1号機(1925年)(*3)

写植機は文字盤と暗箱部から構成される。文字盤とは、黒地に文字を白く抜いたネガ状のガラス板で、これを下から光で照らしている。印字したい文字を指定位置に合わせてキーを押すとシャッターが開き、レンズを通して暗箱の中の写真印画紙に文字が1字ずつ焼きつけられ、印字されていくという機械だ。

文字間や行間を細かく設定できること、なにより、1種類の文字盤から文字をレンズで拡大縮小・変形できるということが画期的だった。金属活字であれば、使用する全文字・全サイズの活字=鉛のかたまりを用意しなくてはならなかったが、写植では約270字収録された1枚の文字盤から、選択した文字を拡大縮小することができたのだ。

写植の文字盤(一部を拡大)。黒地に文字が白抜きされたネガ状のガラス板。写植機には、文字が裏向きになるようにセットされる

橋本さんが「写植」という言葉を知ったのは、石井茂吉氏が設立した写真植字機研究所(後の写研)で、石井明朝体やゴシック体、丸ゴシック体、教科書体といった主要な基本書体が完成し、広告やチラシなどペラもの(端物)印刷物を中心に写植機の普及が進み始めた時期だった。

「ぼくがモトヤで原字を描いているということを、写研の大阪営業所にいた兄の友人が東京本社に話したところ、写研の石井裕子専務(当時。現・写研社長)(*4)からお手紙をいただいたんです。よかったら書道作品を送ってちょうだい、と」

「文字と写真」の魅力

橋本さんは、すぐに漢字とかなの書道作品を送った。すると石井専務が「大阪の展示会に行くから会いたい」という。一度会うと、次は東京に呼ばれた。

「面接をしたいので、来てもらえませんか」

さっそく橋本さんは、1泊で東京へ。そこでまた、石井専務と面接をした。

「もしあなたにその気があるなら、写研に入社しませんか?」
「入ります!」

即答だった。1959年(昭和34)5月、橋本さん24歳のときのことだ。

そこからは大忙しだった。なにしろ橋本さんは、転職を考えていることなど、モトヤにはまったく伝えていなかったのだ。

「大阪のモトヤを1959年5月20日付けで退社し、同年6月6日には東京の写真植字機研究所(以下、写研/*5)に入社していました。わずか2週間ほどで会社を移ってしまったんです。ぼくは5人兄弟の3番目で、比較的自由な身とはいえ、親には『どうして急に東京になんて行くんだ』と怒られましたが、そうした声を振り切ってでも行きたい魅力が、写植の仕事にはありました」

「文字と写真」。その組み合わせである写植は、橋本さんにとって、どうしてもやりたい仕事だった。

「金属活字というのは、描いた原字が活字になるまでの工程ごとに、少しずつ文字が変わっていく。でも写真植字は、描いた原字を写真で複製していくものだから、原字がそのまま印刷できるのだと解釈したんです。『これはいいものだ』と思いました。これからの時代、活字よりも将来性があると考えたのも、魅力のひとつでした」

(つづく)

(注) *1:石井茂吉(いしい・もきち/1887~1963)東京生まれ。森澤信夫氏とともに写真植字機を開発。写真植字機メーカー・写研の創業者。1912年、東京帝国大学工科大学機械工学科を卒業後、神戸製鋼を経て、1924年、星製薬に入社。1925年には写植機第1号機を完成発表し、1926年、東京に写真植字機研究所を設立(1972年、写研に改称)。機械の開発だけでなく、写植機で使用する書体のデザインも手がけた。

森澤信夫(もりさわ・のぶお/1901~2000)兵庫県生まれ。石井茂吉氏とともに写真植字機を開発。1948年、大阪市に写真植字機製作を設立。1954年、モリサワ写真植字機製作所に、さらに1971年にモリサワに改称。1975年まで社長を務めた後、会長を務めた。

*2:その後2人は星製薬を退社し、写真植字機研究所を設立。やがて森澤信夫氏は独立し、大阪で後のモリサワを立ち上げる。ちなみに当時の星製薬の社長・星一氏は、SF作家・星新一氏の父である。

*3:印刷製本機械百年史実行委員会 編集『印刷製本機械百年史』(全日本印刷製本機械工業会、1975年)より

*4:石井裕子(いしい・ひろこ/1926~)写研 代表取締役社長。創業者・石井茂吉氏の三女。1963年、父の死去に伴い、社長に就任。

*5:写真植字機研究所は1972年(昭和47)、写研に社名を変更。同年、東京・大塚に本社ビルが竣工した。

話し手 プロフィール

 

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

 

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

>次の記事

第9回 写真植字機研究所(写研)へ