モノのデザイン

バルミューダが“子どものデスクライト”を再定義した理由

モノのデザイン 第46回

バルミューダが“子どものデスクライト”を再定義した理由

2018.11.13

バルミューダ初の照明機器「BALMUDA The Light」

子供にターゲットを絞り、目の健康を追い求めた

デザイン家電ブームの火付け役が挑んだ新領域での苦労とは

バルミューダから10月26日に発売された「BALMUDA The Light」。これまで扇風機、スチームトースター、オーブンレンジなど、デザイン性と革新性を両立させた独自の製品を世に送り出してきた同社だが、照明器具の発売はこれが初めて。空調家電、調理家電に次ぐ“第三のカテゴリー”への市場参入を目論む第一弾のプロダクトだ。

“子どものため”と明確に謳ったこのLEDデスクライトは、これまでにはない思想で開発された。業界で異彩を放つ新製品の設計・機構から外観に至るまで、広義での"デザイン"について、開発チームのメンバーである同社マーケティング部プロダクトマネジメントチームの高荷隆文氏に聞いた。

バルミューダが新たに挑む製品カテゴリーである"照明"の第1弾として発売された「BALMUDA The Light」。"子どものため"のデスクライトとして、最新のテクノロジーのみならず、開発陣の思想や想いが想像以上に込められた商品だ

子どもウケデザインではない、子どものためのライト

冒頭で述べたとおり、本製品はデスクライトとして"子ども向け"を謳った商品。だが、その方向性は、見た目だけを子どもウケするようなデザインにしたものとは本質的に大きく異なる。

子ども向け="子どもの姿勢や視力への影響を配慮したもの"であり、製品の発表会では、「大人に比べて視界が狭い子どもは、机に向かっているうちにいつの間にか前のめりになってしまい、うつぶせのような姿勢になってしまう」と、寺尾玄社長自らがご子息と対峙して気づいたことが、開発の経緯になったことを明かしていた。

一般的なデスクライトの難点は、このように真上からの照明で、手元に影ができやすいことだ
光源が目に直接入ることも従来のデスクライトの問題点

高荷氏によると、初期の段階ではまったく異なるコンセプトで研究開発していたそうだ。しかし、「そのコンセプトでは商品化のめどが立たず、"集中"とか"目"が開発の方向性のキーワードになっていきました」と話す。

お話を伺った、バルミューダ マーケティング部プロダクトマネジメントチームの高荷隆文氏

BALMUDA The Lightは、同社が"フォワードビームテクノロジー"と呼ぶ、光をミラーで一度反射させてから手元に当てることで、光が瞳に直接入らない点が特長の1つである。反射板を使うことで机全体を照らすことができるという仕組みは、開発の初期段階から検討されており、デスクライトに応用することも考えていたそうだ。

バルミューダが考えた、デスクライトとしての理想的な光のイメージ。手元に影を作らず、光が直接目に入らない解決方法が検討された
BALMUDA The Lightの光源部分。ミラーによって光を反射させてから手元に当てることで、光が直接目に入らず、影もできない。光源には3灯の太陽光LEDが使われている

手術灯メーカーとの出会いで開発が加速

バルミューダがデスクライトの開発に着手したのは2014年ごろ。実は2015年に発売され大ヒットした「BALMUDA The Toaster」の発売前から構想自体はスタートしていたというが、商品化に向けて大きく動き出したのは2年ほど前とのこと。高荷氏は「でも、拍車がかかったのは、去年(2017年)の頭ぐらい。社長自らが山田医療照明の増田社長と出会ったところからなんです」と振り返る。

山田医療照明は、手術灯など医療用照明を手掛ける、業界では国内トップのメーカーだ。バルミューダが開発途中で考えていた照明の仕組みが手術灯に似ていることに気付いた寺尾社長が自らネットで検索し、探り当てたのが山田医療照明だった。これが、後の"フォワードビームテクノロジー"につながっていくことになる。

すぐさま寺尾社長はショールームへ乗り込んで行った。山田医療照明は手術灯でグッドデザイン賞を受賞するなど、デザインに対する意識も高く、製品開発の考え方にも近いものがあると感じたという。直接会いに行った同社の社長ともすぐさま意気投合したそうだ。

高荷氏は「実は山田医療照明の増田社長がバルミューダのファンで、弊社のほぼ全商品を持っていらっしゃったんです」と、共同開発にたどり着いたエピソードを笑いながら語った。

フォワードビームテクノロジーのヒントになった、山田医療照明の手術灯

2017年春からは、2社共同のプロジェクトとして再始動した、BALMUDA The Light。もう1つの技術的な特長として、光源に"太陽光LED"を採用していることも挙げられる。

太陽光LEDとは、太陽による自然光に近い波長(スペクトル)を持ったLED。一般的なLEDに比べてブルーの波長が低く、目にストレスを与えにくいといい、山田医療照明が手掛ける手術灯にも数年前から採用されている。

だが、目に優しい反面、太陽光LEDは価格が高いのが難点。一般的なLEDの10倍ほど高価なために、民生用の機器で採用されている例はほとんどないという。それをBALMUDA The Lightではなんと3個も搭載しているのだ。

BALMUDA The Light、一般的な白色LEDライト、太陽光の光の波長の違い。BALMUDA The Lightのブルーライトは、一般的な白色LEDライトに比べると太陽光に近い波長で、目が疲れにくい特性を持つ

太陽光LEDが民生用機器に採用されない理由は他にもある。「太陽光LEDは、光の質がよい代わりに発熱しやすく、放熱をいかに行うかがかなり大変なんです。放熱対策をせずに電流を流すと100℃を超えることもあり、そのままだとすぐに壊れてしまいます」と高荷氏。

そこで、BALMUDA The Lightではさまざまな放熱技術を検討していった。「フォワードビームの反射構造と放熱を両立させる設計を行い、1日中ライトをつけっぱなしにしていても、ほのかに温かいと感じる程度にまで抑え込みました。しかし、放熱のための解決策をやればやるほど本体が重くなっていき、倒れやすくなってしまったんです」と話す。

カサの部分に複数設けられた穴の部分は、放熱の機能も兼ねている

「形に合わせた開発」の苦労

以前、「BALMUDA The Range」の取材の際に、「バルミューダのデザインの神髄は、形はベーシックでありながら、オリジナリティーを追求することにある」と語られていたように、開発チームには、形を変えないままで中身を改良していくことが要求された。

「開発部門としては、あと5ミリ厚くできれば放熱と倒れにくさを両立できるのに……というせめぎ合いが何度かあったのですが、弊社の商品はデザイン性もブランドアイデンティティーの1つ。デザイン性は優先課題とされるため、"形ありきで、そこに技術をどうやってはめていくか?"という考え方で、光源部分の試作を毎週繰り返して、最終的にはコンマミリサイズで調整を続けました」と苦悩を明かす。

そのほかにも、暗くする際にチラつきが出やすく、それが目にストレスを与えてしまうという問題を電流の量で微調整する制御を行い、最小限に抑えたという。

一方、外観上のデザインに関しては、"パッと見はシンプル"というバルミューダ共通のデザイン意匠を踏襲しつつも、意識されたのは"テック感"だ。

「光源が見えない時、表側はシンプルでやさしい印象ですが、カサの内側の光源がある部分は複雑な造形にし、一部をクローム調にすることでシャープな印象に仕上げました。ポリゴン状の反射板も、光学的に有利かつテクノロジーを感じるデザインを意識したものです」と高荷氏。

それ以外にも、"子ども用"を謳う商品として、耐久性はもちろん、転倒しないように重さを調整した。"長くずっと机にいる相棒"として長年愛用できるように、デコレーション用に付属するシールが貼りやすい一方で傷や指紋が付きにくく、手入れをしやすいマット塗装やコーティングが施されている。

本製品のもう1つユニークな点は、"音"の仕掛けだ。BALMUDA The Rangeと同様に、デスクライトにもスイッチのダイヤルを回すと音を奏でるギミックが採用されている。前回のレンジはギターやドラムだったが、今回はアナログピアノの音が選ばれている。しかも、スタインウェイのグランドピアノを使って、スタジオでプロのミュージシャンが演奏した生音を音源にするというこだわりだ。

「いろいろ試した中で、光の明るさと諧調に親和性があったのがピアノの音でした。クラシカルなピアノの旋律はノスタルジックで、子どものイメージに合致しながらも、子どもっぽすぎるということもなく、長く愛用するのにふさわしい。ピッタリとハマりましたね。鍵盤の押し方とか、音の余韻までちゃんと表現されているんですよ」

製品に同梱されている取説。「子どものクリエイティビティや好奇心が掻き立てられるように」と、あえて設計図のようなデザインに仕立てたとのこと

コーポレイトアイデンティティーの1つとして"クリエイティビティ"を掲げるバルミューダ。今回の製品にも「クリエイティブであれ!」という子どもたちへのメッセージが込められている。そのために、デザインはあえて90%の完成度にし、残りの10%は使用する子ども自身の手で作り上げて欲しいという思いから、自由に組み合わせて貼れるステッカーが4シートも付属しており、本体の根本部分はペンスタンドにもなっている。

ダイヤル部分を回すと、ピアノの音階を奏でる。バルミューダらしい"遊び心"ある仕掛けに、子どもも大人も心が躍る

単に子どもたちの"目を守る"という使命だけでなく、自らの手で自分のものにした喜びや体験がモノへの愛着を生み、新たなクリエイティビティにつながっていく。いや、つなげてほしいという、同社の"意志"が大いに込められた商品だ。「デスクライトでどうやって体験を伝えるかはチャレンジングでした」と最後に語った高荷氏の言葉からも、その思いが伝わってきた。

“変身”する掃除機「ZUBAQ」に隠された三菱電機の挑戦(後編)

モノのデザイン 第45回

“変身”する掃除機「ZUBAQ」に隠された三菱電機の挑戦(後編)

2018.11.06

2WAYで使用可能な “変身”する掃除機「ZUBAQ」

「前モデルを踏襲しつつ、部屋になじむデザイン」に苦心

カラーを1色に定めた理由など、製品デザインの裏側に迫る

三菱電機から10月1日に発売された、コードレススティッククリーナー「ZUBAQ(ズバキュー)」。部屋に出しておいても違和感のないデザインで、思い立った時にすぐに使える“小掃除”の習慣を叶える商品だ。まさに、新たなライフスタイルを提供してくれると言ってもいいだろう。

製品化への背景や開発経緯を中心に紹介した前回に続き、後編では製品化に至るまでの具体的な苦労話や、課題に対する克服方法について聞いていく。

ZUBAQ誕生の秘話を伺った、三菱電機ホーム機器 営業部 家電営業課の丁子裕樹氏(右)と、三菱電機 デザイン研究所 ホームシステムデザイン部の志村嶺氏(左)

デザイナーに課せられた使命

前編で紹介したとおり、本製品は充電台からの取り出し方によって、ワンアクションでスティック型とハンディ型を切り替えられるという、これまでにはなかった形の掃除機だ。実際にそのスタイルを実現するには、同社の安全基準に加え、「倒れないけれど外しやすい」機構の実現など、思い描いていた以上に乗り越えるべきハードルがあったという。

10月1日発売の三菱電機の「ZUBAQ」。充電台からの取り出し方によって、スティッククリーナーとハンディクリーナーの2通りに変化するコードレスタイプの掃除機。およそ掃除機とは想像がつかない、生活感のないスタイリッシュなデザインで、部屋に出しておき、いつでもサッと使える機動力のよさも魅力だ

一方、デザイナー側に課せられた使命は、家具のように部屋に溶けこみ、かつ前機種であるiNSTICKらしさを踏襲したデザインを生み出すこと。志村氏はデザインプロセスについて次のように語った。

「iNSTICKに比べて、同じ円筒のスティック型でもモーターが小型なので、本体の径を小さくすることができました。一方、ファンがないため、デザインの要素が大きく変わっています。(iNSTICKでは搭載されていた)空清用のフィルターの性能を確保するためには一定の断面積が必要でしたが、今回の商品では(空清を搭載しないため)、まずは軽く見えて軽く使えるために、iNSTICKから何を受け継ぎ、何を変えるかからというところから検討してきました」

志村氏によると、ZUBAQをデザインするにあたって最大の難所は、"表裏"のデザインだった。というのも、ワンアクションでスティック、ハンディ用として取り出せる機構を採用した今回の充電台は、掃除機本体をセットすると、従来は裏側だった面が、収納時には表に出てくる。「使用上の注意など本体に表記しなければならない要素などもあり、それを満たしながらインテリアとして部屋に映えるものをデザインする必要がありました」とも語る。

スタンドにセットした状態だと、パッと見は掃除機とはわからないデザイン。正面から見ると細身で圧迫感がなく、さりげなく部屋に出しておける
スタンドは充電台を兼ねており、サイドにハンディ掃除機用の取り付けパーツもセットしておける設計に

さらに、掃除機として使いやすい“軽さ”を同時に満たす必要もある。本製品はハンドル部分がループ状になっているのも特徴だが、この構造を採用したことにより、ユーザーが自由に持ちやすい位置を握ることができ、ハンディとして使用する際も、スティック掃除機として使用する際も、快適に掃除ができるようになったという。

また、ブラウンとシャインブロンズのツートンカラーを基調にしたカラーリングは、ブラウンの部分が軽量のカーボン素材。「2パートに分けたことが、機能性とデザイン性の両面に生きた」と話す。

モーターやサイクロン部、ダストボックスといった掃除機の要となる部分が、表側に配置されているのがユニークな特長。それらは裏側に装備するのが一般的だが、充電スタンドにセットした際に表裏が逆転することからこの配置になった
本体の重心部が表側になったことにより、このようにヘッドブラシ+パイプを床面に這わせた状態でも掃除しやすくなり、図らずも機能強化となったという
ハンドル部分をラウンド形状にすることで、ハンディクリーナーとして使用する際も、ユーザーが持ちやすい場所を握って快適に掃除できる

カラー展開は1色のみだが、もちろん製品化前の段階ではさまざまな色が検討されたという。

「実際はもっといろんな色を検討したのですが、部屋に出しておくことが前提の商品なので、万能な色で高級感があり、ある程度の存在感もあるということで、この1色が選ばれました」と丁子氏。志村氏は「ベースとして意識したのは木目のブラウン。ほどほどに存在感があり、光の反射や部屋の明るさなどでも印象が変わるので、空間に調和しやすい色と質感を選びました」と明かす。

ラウンド形状のハンドル部分は、そのままスタンド設置時のデザイン意匠にも。アルファベットの「Q」をイメージさせる形状で、ZUBAQという商品名にもつながった

掃除機で「吹き付ける」機能も

本製品には、密かに“エアブロー”というユニークな機能も搭載されている。吸い込むのではなく、キレイな排気を利用してゴミを吹き飛ばす機能だ。同社のキャニスター型掃除機「風神」にも既に採用されているものだが、「コードレスであることによって活用できるシーンや領域がさらに大きく広がる」という理由から、ZUBAQにも採用されたとのこと。

しかし、通常時の排気口にアタッチメントを接続することでブローが可能になる従来の設計をハンディクリーナーに応用する上で、そのままだと排気がユーザーの身体に当たって不快だったり、掃除している周囲の床に当たって埃を舞い上げてしまったりする問題があり、排気口の配置に工夫が必要だった。「ZUBAQでは、そうしたデメリットを抑えながらも、ブローの操作性を両立できるように、排気口とブローの接続部の構造を見直しています」と丁子氏。

“エアブロー”機能。クリーンな排気を利用してゴミを吹き飛ばす機能で、キャニスター掃除機で採用された後、ZUBAQにも搭載された

また、“エアブロー”は特徴的な機能である一方で、多くの方にとってはまだ馴染みのない機能でもある。簡単に使えなければメリットや使いどころが伝わらず、“宝の持ち腐れ”と化してしまう。そこで、「隙間ブラシと同様に、アタッチメントをワンタッチの動作で装着できるようにデザインすることで、サッと利用できるように設計しました」と語る。

確かに、ZUBAQはこれまでになかったまったく新しい形の掃除機でありながら、部屋に置いてあるとパッと見は掃除機とはわからないくらいに"秘密兵器"的なデザインだ。その“奇想天外”さに、多くのユーザーが初めは戸惑い、「どう使っていいのかわからない」というジレンマを抱えている商品と言ってもいいかもしれない。

そのために、難所を隠しつつも、製品の使い方・接し方は"チラ見せ"しなければならないという、多くの意味でチャレンジを感じる商品と言えよう。

“変身”する掃除機「ZUBAQ」に隠された三菱電機の挑戦(前編)

モノのデザイン 第44回

“変身”する掃除機「ZUBAQ」に隠された三菱電機の挑戦(前編)

2018.11.05

2WAYに使える“変身”するスティック掃除機「ZUBAQ」

パーツ付け替えなしでスティック・ハンディの切り替えが可能

プロダクトデザインの観点から、開発秘話を聞いた

三菱電機から10月1日に発売された、コードレススティッククリーナーの新製品「ZUBAQ(ズバキュー)」。2015年に発売された「iNSTICK(インスティック)」と同じシリーズの1ラインアップという位置づけだが、見た目も機構も機能も、その様相は大きく異なる。

新製品「ZUBAQ」の開発・デザインを担当した、三菱電機ホーム機器 営業部 家電営業課の丁子裕樹氏(右)と三菱電機 デザイン研究所 ホームシステムデザイン部の志村嶺氏(左)

そこで今回は、開発・デザインを担当した、三菱電機ホーム機器 営業部 家電営業課の丁子裕樹氏と三菱電機 デザイン研究所 ホームシステムデザイン部の志村嶺氏に、プロダクトデザインを切り口として、知られざるエピソードや秘められたこだわりなど、製品化に至るまでの舞台裏を伺った。本稿は前・後編に分けてお届けする。

1台で“2つの掃除機”に

iNSTICKと言えば、スティッククリーナーに空気清浄機を一体型させた商品。いつでも気軽に使えるよう、部屋に出しっぱなしにしておけることをコンセプトとして、インテリアとしても違和感のないデザイン性にこだわった掃除機として注目を集めた。

部屋に常設しておくのだから、ついでに空気清浄機としても機能できれば“一石二鳥”になるという発想そのものにも斬新さを覚えた。

三菱電機が2015年から展開している「iNSTICK」シリーズ第一弾製品。スティック、ハンディ両用のクリーナーにプラスして空気清浄機としての機能も備えた商品だ

ところが今回、iNSTICKシリーズの新たなラインアップとして加わったZUBAQは、前例のようにカテゴリーをまたがって“一台で○役”となる多機能型の方向性とは異なり、機能はあくまで掃除機に絞られている。他にはない新規性というところでは、使い方の“スタイル”だ。

スティッククリーナーは、フロア掃除用の縦型掃除機としてもハンディ掃除機としても、2ウェイで使用できるのが一般的だ。それは通常、パーツの取り外しや付け替えによって実現する。

ZUBAQの場合、それがワンアクションで行える。スタンドに設置された状態から、本体を引き出す方向や方法で、それぞれのスタイルに変身するのだ。具体的には本体を手前に引くことでスティッククリーナーに、垂直方向に持ち上げることで、ヘッドが接続されているパイプ部分と分離して、ハンディクリーナーになる。

ZUBAQの訴求ポイントの1つが、スティッククリーナーとハンディクリーナーをワンアクションで切り替えられること。スティッククリーナーとして使用する際には、充電台からハンドルをそのまま手前に引いて取り出す
ハンディクリーナーとして使用する時には、ハンドルを垂直方向に真っ直ぐ引き上げる。パイプが根元から分離され、スティッククリーナー用のパーツがそのまま外れる仕組みだ

従来のiNSTICKとはまったく別物の新たなスタイルに行き当たった経緯や背景を、丁子氏は次のように語った。

「激戦区の市場の中で、単なるスティック型の形態ではお客様に選んでいただくのは難しいだろうと思っていました。iNSTICKは、“部屋に出しておける”が初代のコンセプト。そこで、一台で何通りにも使えるという方向性でなく、それを活かせる何か別の形を模索した結果、出しておける形態からすぐ掃除モードに入ることができるということをコンセプトに方向性を探りました」

シリーズ第一弾となったiNSTICKは、2015年に発売された。実はZUBAQの開発はその発売に先んじて、2014年ごろから始まっていた。ある程度の形になるまでに2年ほどを要し、第一弾のiNSTICKが世に出た後は、その市場評価のフィードバックを受けてブラッシュアップを繰り返した。

「(iNSTICKの)市場の反応は、空気清浄機付きというのがやはりキャッチ―で注目されましたが、イロモノ的な見方も多かったです。しかし、弊社としてはあくまで掃除機としての機能も追求し、吸引力という基本性能にも忠実でありたいと考えました。(ZUBAQでは)軽くてよく吸うという大きなコンセプトを掲げて、JCモーターという新しいモーターを採用するなど、軽さと吸引力というトレードオフの関係にある2つの要素を両立させるべく力を注ぎました」と丁子氏。

新開発のJCモーター(左)。従来のものに比べて性能を下げることなく、かなり小型化されている

正統派で終わらない外装デザイン

これと並行して行われていたのが外装デザインだ。デザイナーの志村氏によると、デザイン、エンジニア、営業の担当者が早い段階からプロジェクトに関わり、共同で検討が行われたという。

「どういうものを作ろうかという段階から、本体の中に新開発のモーターや最新のバッテリーを使うことで性能を向上させつつ、できる限り小型、軽量化するという制約のある中でのデザインだったので、想像以上に大変でした」と志村氏は振り返った。

部屋に常設しておけるインテリア性という点で、iNSTICKのコンセプトを受け継いでおり、外観のみならず、アクションも含めてとてもスタイリッシュに仕上げられている。前回とはまったく違ったアプローチの新商品の企画・開発の背景や経緯について、丁子氏は「使い勝手の部分は、スタンダードなコードレススティックにして“正統派”でいけば一定のパイが取れるとは思いますが、そこだけでは終わらない。取り出す際のモーションにもこだわることにしました」と語る。

家具のようにインテリアとしても映え、出しっぱなしにしておくことができ、いつでもサッと使えることをコンセプトに生まれた、三菱電機のコードレススティッククリーナー「iNSTICK」シリーズ。その第2弾商品として登場した新製品「ZUBAQ」について、前編では、充電台の取り出し方の違いによって、ワンアクションでスティッククリーナーとハンディクリーナーに切り替わるというユニークな機構に至った経緯やバックグランドについて伺った。

後編の次回は、その機構を実現するにあたって、行き当たった壁や苦悩したエピソードを中心に紹介したい。