安東弘樹のクルマ向上委員会!

ポルシェの次に買うクルマ? 安東弘樹、ルノー「メガーヌ R.S.」に乗る!

安東弘樹のクルマ向上委員会! 第18回

ポルシェの次に買うクルマ? 安東弘樹、ルノー「メガーヌ R.S.」に乗る!

2019.03.27

ルノーの5ドアハッチバック「メガーヌ R.S.」に試乗

やっぱりMT車が好き! 高性能モデルの登場に高まる期待

もしも(好きなように)クルマが買えたなら…安東さんの人生設計

安東弘樹さんに同行した日本自動車輸入組合(JAIA)試乗会も、いよいよ最後の1台となった。残すはルノーの「メガーヌ R.S.」だ。愛車のポルシェ「911 カレラ 4S」から乗り換える候補の1台として、「ある程度は本気で」購入を検討しているというこのクルマを、安東さんはどう評価するのか。

MT車の日本導入を待って購入を検討?

「メガーヌ R.S.」は5ドアハッチバック「メガーヌ」の高性能モデル。「R.S.」はルノーのモータースポーツ活動を担う「ルノー・スポール」の頭文字だ。このクルマについては以前、モータージャーナリストの塩見智さんに試乗してもらったので、詳しくはこちらの記事をご覧いただきたい。

「メガーヌ R.S.」に乗り込んだ安東さん

安東さん(以下、安):(乗り込んですぐ)ドアヒンジは多くの日本車と同じでプレスですね、開ける時に軽い感じがします()。(しばらく走って、高速道路に入りつつ)さすがはFF(前輪駆動車)、急加速すると暴れますね(笑)。

【編集部注】ドアヒンジとはドアとクルマをくっつけている部品のこと。ここの作りによってドア開閉時の重厚感、ひいてはクルマの上質感に差が出ると安東さんは語る。細かいポイントのようだが、ドアヒンジについてはマツダミニの取材でも話題になった。

編集部(以下、編):今回、メガーヌ R.S.に試乗してみたいと思ったのはなぜですか?

:すごく気になっていたクルマなのですが、まだ乗ったことがなかったので、どうしても今回、運転してみたかったんです。今回のクルマはDCT(デュアルクラッチトランスミッション)ですが、MT(マニュアルトランスミッション)車を今、待っている状態です。ただ、急加速した時の“暴れん坊感”を体験してみて、いくら電子的に制御しても、FFには限界があるなとも感じました。じゃじゃ馬を乗りこなす、というところにカタルシスを感じる人もいるとは思いますけど。

「メガーヌ R.S.」のボディサイズは全長4,410mm、全幅1,875mm、全高1,435mm。価格は440万円だ

:MTだったら欲しいクルマですか?

:はい。もうすぐ、MTが日本に導入されるらしいのですが、欲をいえば、「メガーヌ R.S. トロフィー」というグレードを待ちたいです。R.S.は279馬力ですが、トロフィーは300馬力なんで。

:「待ちたい」っていうのは、真剣に購入を検討していて、待ち構えているという感じですか?

:うーん、ある程度は本気で考えているっていう感じでしょうか(笑)。次もポルシェ「911 カレラ 4S」に乗るのが理想ではあるんですけど、それこそ、私の稼ぎ次第というか、買えない可能性もあるので……。今の911は、乗り始めてから10年になりますし、乗り換えたいタイミングではあります。

:その乗り換え候補の1つが、「メガーヌ R.S. トロフィー」だというわけですね。ただ、素人なので分からないんですけど、最近の安東さんの露出ぶりを見ている限り、次もポルシェで大丈夫なんじゃないですか?

:どうでしょうねー、想像もできません(笑)。今回の確定申告で、どのくらいの税金を払わなきゃいけないのかにもよりますし。フリーになって初めての確定申告なので、正直、怖いです。

:この間の「バラいろダンディ」(TOKYO MXで放送中のテレビ番組、安東さんは火曜レギュラー)で、「これから、税理士さんと話をする」っておっしゃってましたもんね(笑)

:いくらくらいの税金になるのか、それによっても変わってきます。ただ、フリーランスになってもうすぐ1年経ちますが、この収入では、新しい911には手が届きません(笑)

:本当ですか?

:今の911と同じように長期ローンを組めば、あるいは……。とは思いたいですが、新しい「911 カレラ 4S」を自分が乗りたい仕様で買うと、税金なども含めた乗り出し価格が2,200万円弱になってしまいます。日々忙しいのですが、薄利多売でやっているので、くどいようですが、本当に現状、購入は難しいです(苦笑)

1台はスポーツカーを所有しておきたいという安東さんだが、次に何を買うのかは将来の収入次第だそう。「メガーヌ R.S.」もMT車が気に入れば候補に入るようだ

:(メガーヌの走行モードを変更して)「レースモード」に設定すると、ESC(横滑り防止装置)がカットになるんだ……。自動ブレーキもオフになりますが、それは当然ですよね。サーキットを走っていて、前走車に近付くたびにブレーキが掛かったら、たまったものではないですから(笑)。このモードに入れても、そんなに乗り心地が硬くならないというか、不快感はないです。

法定速度で走っている限り、レースモードにする意味はあまりないでしょうけど、腕と環境が許せば、滑らせながら走ってみたいですね! MTだったら楽しいだろうなー。あと、パドルシフトは下まで伸びていて欲しいです。乗り始めてから、5~6回は空振りしてますから。

パドルシフトとは、指による操作でクルマのギアを上げ下げできる装置のこと。画像では分かりにくいかもしれないが、ステアリングの後ろに付いている
一般的にパドルシフトの操作部分は縦に長いが、「メガーヌ R.S.」のパドル(赤い十字マークが付いているところ)は上方向に長く、下方向に短い造形になっている。そのため、パドルの下の方を指で操作しようとして、何度か空振りしてしまったと安東さんは話しているのだ

:パドルシフトがステアリング連動式なので、コーナーを曲がっているときの操作も、少しやりにくいですね()。

【編集部注】パドルシフトには、ステアリングに連動して動くものと、ステアリングコラムに固定されているものがある。

:ステアリングと一緒にパドルシフトが動くのと、固定してあるのだと、どちらがいいんですか?

:メルセデスもそうですけど、ドイツ車はステアリングに連動して動く方が主流ですよね。ただ、ステアリングを切って(左右が)逆さまになっている時、パドルシフトの位置も逆になるので、どちらがプラス(ギアを上げる方)だか分からなくなることがあるんですよ。そこが難しいところで、だから「GT-R」(日産自動車)とかも固定式ですし、基本的にラリー用のクルマもコラム固定式ですね。

:ステアリングを切りまくるからですか?

:そうです。だけど、F1などのフォーミュラカーだと、ステアリングにシフトパドルが付いていて連動しますね。なぜなら、ステアリングを切っても最大で半回転ですから、左右の手を持ち替えないので、当然、その方が好都合です。

だから、このクルマ(試乗中のメガーヌ)は、ステアリングを大きく切っている時でも、シフト操作に迷わない事を優先させたんでしょうね。

:山道でヘアピンを抜ける時とかですか?

:そうですね。これ、好みは分かれると思います。

「メガーヌ R.S.」は1.8L直列4気筒16バルブ直噴ターボエンジンに電子制御6速ATのトランスミッションを組み合わせる

:このクルマ、小さいように見えて、幅が1,875mmもあるんですね。

:そう、結構あるんですよ。「Eクラス」(メルセデス・ベンツ)より幅が広い。

:メガーヌって、前のモデルまで3ドア(ハッチバック)が中心だったみたいですね。5ドアになって、見た目とかどうでしょう?

:このデザイン、僕は好きですね。先代よりも好きです。絶妙な“カタマリ感”があって、色もいい。シンプルなのに存在感があるという嬉しいデザインです。

:歴代のメガーヌ R.S.は、ニュルブルクリンクで素晴らしいタイムをたたき出してきたそうですが、そのあたりには惹かれますか?

:そこは、そんなに重視しません。ただ、メーカー同士が競い合ってくれる分にはいいんですけどね。ましてやFFですし、ちゃんと手なずけて走って、技術の革新というか、そういうところでメーカー同士が競い合ってくれているのは悪いことではないと思います。

:ただ、安東さんとしては、走りについては自分で確かめたい?

:そうですね。だから、こっちの方が数字が上だから買う、という感覚はありません。

:安東さんの頭の中にはクルマのスペックがたくさん入っていますけど、数字で比べて買おうというのではなく、ただ、好きだから頭に入っているだけなんですか?

:覚えようとしているんじゃなくて、スペック(諸元)表を見てると、自然に覚えちゃうんですよ。これ(試乗中のメガーヌ)だと、最大出力が279馬力ですよね?

:合ってます。

:それで、205kWじゃなかったでしたっけ?

:ごめんなさい、手元の資料にキロワットまでは書いてきてないです。

:206kWだと、280馬力になるんですけどね。

:……。

「メガーヌ R.S.」の最大出力は279ps(205kW)、最大トルクは390Nmだ。車両重量は1,480キロ

:数字的には見劣りしても、自分がいいと思えば買うというのが、安東さんのクルマ選びということですね。もし、次の911が何らかの理由で買えなかった場合は、メガーヌもアリだと思いましたか?

:MT車に乗ってみないと、何とも言えませんねー。急加速した時の暴れぶりを体験して、FFの限界は感じましたけど、MTなら、もう少し自分で制御できるかもしません。ただ、やっぱり楽しいクルマだなとは思いましたね!

:今回、たくさんの輸入車に乗っていただきましたけど、総評として、心に残ったのは?

:やっぱり、あの加速感も含め、テスラですね。何でも電気で動くので、後席のファルコンドアなんかが壊れたら目も当てられないとは思うんですけど、ただ、インパクトとしては「モデルX」になりますね。

もしも収入が激増したらどんなクルマに乗りたい?

購入を決めたメルセデス・ベンツ「E220d 4MATIC オールテレイン」には、何年乗る予定ですか?

:今の「F-PACE」よりも早いペースで走行距離が伸びる可能性があるので、2年で7万キロあたりが見えてくると、乗り換えを考えるかもしれません(※)。まあ、2年後に私の収入がどのくらいになっているかにもよりますけど……。

【編集部注】ジャガーのSUV「F-PACE」とポルシェ「911 カレラ 4S」の2台を所有している安東さんだが、通勤に使っているF-PACEは走行距離が伸びてきている上、大柄なサイズの問題で駐車場を見つけるのが大変なので、これをメルセデス・ベンツ「E220d 4MATIC オールテレイン」に乗り換える。サイズ的に駐車場が見つけやすい分、オールテレインの稼働率はF-PACEよりも高くなることが予想されるので、代替サイクルは早まるかもしれない。オールテレインが納車されるのは2019年5月の予定。その時点で、F-PACEには2年8カ月乗ったことになる。

:もし、収入がものすごく増えたら、所有するクルマの構成はどうしたいんですか?

:やっぱり「911」と、あとは「ヴェラール」(レンジローバー)のディーゼルエンジン車を買って、もう1台は小さいディーゼルエンジンのクルマで、それは「デミオ」(マツダ)なのか「ミニ」なのか分からないんですけど、そんな感じですかね。それか、プジョーの「308 アリュール」か……。

「308 アリュール」って、今までは税制的に中途半端な1.6リッターのディーゼルエンジンを搭載してたんですけど、それが1.5リッターになって、しかも、パワーアップしたんですよ。それに、何が嬉しいって、パドルシフトが付いたんですよ! 今までは上級グレードにしか付いてなかったんですけど。

プジョー「308 Allure」(アリュール)

:なるほど、収入が大幅に増えたら、クルマを2台にしておく必要もないですもんね。駐車場を借りて、3台持ってもいいわけで……。

:駐車場を借りるというか、3台のクルマを入れられる車庫が付いた家に建て替えるのが夢ですね。

:その可能性も、フリーになった今だと、高まってますよね。会社員でいるより、大きく稼げるチャンスがあるわけですから。

:そうですね、可能性は“ゼロ”ではないですね(笑)

:これも「バラいろダンディ」で聞いたような気がするんですけど、ある程度の金額を稼いだら、お仕事はやめるっておっしゃってましたよね? 好きなクルマに乗り続けられて、ご家族も安泰というような金額が貯まったとしたら。

:そうですね(笑)。3億円ほど貯まったら、やめると思います。家族を養えて、子供たちを学校に行かせられて、あとはクルマも、「ヴェイロン」とか「シロン」()が欲しいとは思わないので……。ポルシェのMTと、ヴェラールと、ミニか何かを所有して、スポーツ走行する時はポルシェ。長距離移動の時はヴェラール。そして、都内での仕事や移動の時は、コンパクトなディーゼルモデルか、電気自動車(EV)でもいいかもしれません。

【編集部注】どちらもブガッティのクルマ。1台で何億円もする。

:私の人生として、あと20年は責任があると思うんですよね。ただ、テレビ関係の仕事が続けられるとは思っていません。やっぱり、テレビの仕事って緊張するし、疲れますから(笑)。何より、ずっと私への需要があるとは思えません。

立て続けにクルマに乗った今回の取材も、かなりお疲れになったはずだと思っていたのだが……

他媒体が用意したクルマも含め、計11台の輸入車に立て続けに乗り、JAIA試乗会の取材を終えた安東さん。「仕事は疲れる」と言いつつも、メガーヌから降りるとすぐ、「ばらいろダンディ」の生放送に出演するため、試乗会の拠点となった大磯プリンスホテル(神奈川県)を愛車「F-PACE」で飛び出していった。

安東さんのコラムによれば、今回の取材はさすがにくたびれたものの、愛車を運転して帰ったおかげ(?)で、半蔵門(正確には東京都千代田区麹町)にあるTOKYO MXに到着する頃には、すっかり疲労感がなくなっていたというから驚きだ。

とにかく、多くのクルマに限られた時間で乗ってもらったので、時間配分がうまくいかず、弊紙では紹介しきれなかったクルマもある。具体的にはポルシェ「パナメーラ 4 E ハイブリッド」とBMW「X3 M40d」の2台なのだが、これらも安東さんが試乗を希望したクルマだったことに変わりはない。特に「X3 M40d」については、短時間の試乗ではあったものの、「もっと乗ってみたくなるいいクルマだった」とのコメントがあったことは、ここでお伝えしておきたい。

いつかは買いたい? 安東弘樹、アストンマーティン「DB11」に乗る!

安東弘樹のクルマ向上委員会! 第17回

いつかは買いたい? 安東弘樹、アストンマーティン「DB11」に乗る!

2019.03.20

アストンマーティンのV8エンジン搭載車「DB11」に試乗

懐古趣味とは無縁、「DB」のデザインは現代の方がカッコいい

車中で「なぜ運転は楽しいか」を自問自答

日本自動車輸入組合(JAIA)の試乗会を訪れている安東弘樹さん。次に乗るのはアストンマーティンの「DB11」だ。憧れる人も多いであろう歴史ある英国製スポーツカーに、安東さんは何を思うのか。

※文と写真はNewsInsight編集部の藤田が担当しました

安東さんと「DB11」

エンジン信者ではなくとも感じる音のよさ

DB11はアストンマーティンのグランドツアラーで、安東さんが乗ったのは4リッターV型8気筒DOHCツインターボエンジン搭載モデル。最大出力は503hp、最大トルクは675Nmで、停止状態から時速100キロへの加速はわずか4秒という速いクルマだ。トランスミッションは8速オートマチック(AT)。オプションを含まないメーカー希望小売価格は2,278万1,177円となっている。

試乗した「DB11」のボディサイズは全長4,705mm、全幅2,060mm、全高1,290mm。車両重量は1,705キロだ

編集部(以下、編):なぜDB11に乗ってみたいと思ったんですか?

安東さん(以下、安):新しいアストンマーティンに乗っておかないと、という気持ちがありました。他のブランドのように試乗会というものが開催されないので、なかなか機会がありませんし。

先ほど、テスラの「モデルX」に乗りましたけど、その後にDB11に乗ると、電気自動車(EV)とは違う加速を味わうことができますね。どちらが好ましいというのはないですけど。

:EVとは違って、エンジン音に迫力がありますね!

:確かに、いい音だとは思います。ただ、エンジン音の信者ではないので、そんなにうるさくなくってもいいというタイプです。大きさより質、という感じでしょうか。

:クルマのキャラクターに合った音がしてほしい?

:そうですね。

室内の作りは、ドイツ車と比べると違いを感じます。ドイツ車だと、例えば革張りのダッシュボードなどは“パンッ!”て張っている感じですけど、こちらは、良くも悪くも作りが緩いというか、革の表面にうねりのようなものが見てとれますね。

:生命感を表現している、とかですかね?

:どうなんでしょうねー。

:乗り心地はいかがですか?

:ダイレクト感が伝わってくるような作りになっているのは分かります。ただ、ダイレクト感を作り手の側で、どのくらい味付けするのがいいのか……クルマって、難しいですね! メーカーが味付けの部分で競い合うのはいいことだと思います。

:2,278万円という価格については?

:……なぜか今、一瞬、安いって思いました(笑)。

多分、これが理由だと思います。先日、ポルシェジャパンのサイトでコンフイギュレーターを使って、最新のポルシェ「911 カレラ 4S」に、必要だと思うオプションを選んでトータルの価格を見積もったら、2,000万円を軽く超えました……。

DB11もオプションを加えたら、金額は跳ね上がるとは思いますが、ポルシェは3Lターボで最大出力450ps、最大トルク530Nmだったのに対して、DB11は4Lターボで503ps、675Nmだったので、それらを比較して、そう思えたのかもしれません。

「DB11」の価格を聞いて、一瞬だけ「安い」と思ったという安東さん

昔のクルマと今のクルマ、カッコいいのはどっち?

:アストンマーティンといえば、ボンドカー(映画「007」シリーズに登場するジェームズ・ボンドが乗るクルマ)のイメージはありますか?

:ありますねー! 一時はBMWになったりしてましたけど、アストンマーティンを復活させましたもんね。最近は、物語にとって必然性がないのに、ボンドカーを無理やり出している感じがあったんですけど、新しい作品ではアストンマーティンが大活躍してました。まあ、本来は目立ってはいけないスパイが乗るクルマではないですけどね(笑)

:「007 ゴールドフィンガー」に登場した初代ボンドカー「DB5」もカッコよかったですもんね!

:「ゴールドフィンガー」も見たんですけど、私に懐古趣味がないので、今のDB11の方がカッコいいと思います。DB5って、今のクルマに比べると、少し“ずんぐりむっくり”しているというか。

:純粋に、カッコよさで比べた場合、現行モデルの方に軍配が上がると?

:そうですね。ただ、日本車は残念ながら昔のクルマ、特に60年代~70年代の方が圧倒的にカッコいいですけどね。

純粋にカッコよさで比べた場合、初代ボンドカー「DB5」よりも試乗中の「DB11」に軍配が上がるというのが安東さんの感想

:アストンマーティンのイメージは?

:好きでした。歴代のクルマには、必ずマニュアルトランスミッション(MT)の設定があったので、乗りこなせたら格好いいだろうなとは思ってました。

:いつかはアストンマーティンを買いたいと思いますか?

:以前は思ってました。でも今は、乗って満足してしまったというか、「これが欲しい!」という感じではないです。スポーツカーの場合、どうしても、MT車にしか食指が動かないんです。DB11って確か、本国にもMTの設定はないですもんね。

:そうすると、現在の愛車であるポルシェ「911 カレラ 4S」を乗り換えるとしたら、どんな選択肢がありますか?

:“992型”の「911 カレラ 4S」()で、右ハンドルのMTって感じですかねー。

【編集部注】次に発売となる新しい「911 カレラ 4S」。つまり、同じクルマの新型をリピート購入したいということ。

:他のメーカーに候補はないですか?

「メガーヌ R.S.」(ルノー)のMTなんかいいですね!

もし、DB11がMTだったとしても、うまくスポーツ走行をする自信はないんですけど、日常でスポーツカーを楽しむという意味では、MTしか選択肢に入らないんです。

なぜステアリングを切っているだけで楽しいのか

:(箱根ターンパイクを走行しつつ)加速って、どうしても慣れてしまいますね。

:結局のところ、速いか遅いかということですしね。

:だとすると、もうテスラなどの電気自動車にはかなわないですもんね。そうすると、操作を楽しむとか、気持ちはそっちにシフトするわけで。

DB11は、トルコン8速ATもよくできていて、十分にいいクルマなんですけど、なんでしょう、どうしてかは分からないんですけど、ひょっとすると、そのうち飽きがくるかもしれないと思ってしまうんです。MTの運転だけは飽きないですからね(笑)

それにしても、こうやって右に左にステアリングを切っているだけなのに、「何が楽しいのかなー?」って、たまに思うこともあるんですけど、なぜだか楽しいんですよね。クルマに興味のない人には、「何が楽しいの? 危ないだけでしょ?」と思われるかもしれないんですけど。

クルマの運転って、興味のない人からすれば、場合によっては悪意がなくても法律的に罰せられるし、命の危険すらあるのに、何が楽しいのか理解できないでしょうね。ただ、なんなんでしょう、とにかく楽しいんですよねー! こういうワインディングロードを走らなくても、普通に、高速道路で制限速度内で走っていても、車窓の景色が変わっていく様子とか、大きな物体を自分で操る感覚が、たまらないです。

ステアリングを右に左に切っているだけで楽しいという安東さん

DB11に乗りながら、なぜクルマの運転は楽しいのかと自問自答を始めた安東さん。助手席から見ていると、その問答自体がすでに、楽しげに見えた。次に乗るクルマは、ポルシェを買い替える場合の選択肢として名前の挙がった「メガーヌ R.S.」だ。

加速は異次元だが…MT至上主義者・安東弘樹、テスラ「モデルX」に乗る!

安東弘樹のクルマ向上委員会! 第16回

加速は異次元だが…MT至上主義者・安東弘樹、テスラ「モデルX」に乗る!

2019.03.13

テスラのSUV「モデルX」に試乗、安東さんの感想は

“電気マニュアル”はクルママニアの夢をかなえるか

EVシフトが進展、安東さんのクルマ選びにも影響?

全部で10台近くに乗った今回の日本自動車輸入組合(JAIA)試乗会で、安東弘樹さんが「最も楽しみにしていた」と語ったクルマがテスラのSUV「モデルX」だ。マニュアルトランスミッション(MT)車のシフト操作に悦びを感じると常々話す安東さんだけに、電気自動車(EV)に注目していたことは少々意外だったのだが、実際に乗ってみて、モデルXにどのような印象を抱いたのだろうか。そして、急速に進むクルマの電動化について、クルママニアは何を思うのか。

※文と写真はNewsInsight編集部の藤田が担当しました

試乗したのは「P100D」という「モデルX」の上級グレード。停止状態から時速100キロまでがわずか3.1秒という圧倒的な加速力を誇る

気になるのは航続距離? 安東弘樹はEVを買うのか

安東さん(以下、安):(走り出してすぐ)以前、テスラの「モデルS」(セダンタイプのEV)に乗ったことがあるので、想定内ではあるんですけど、やっぱり加速はすごいですね! 異次元というか。

編集部(以下、編):“ゼロヒャク加速”が3.1秒だそうです。

:それって完全にスーパースポーツカーのレベルですよね(笑)

「モデルX」のサイズは全長5,037mm、全幅2,070mm、全高1,684mm。最大7人乗りのシートレイアウトをオプションで選べる

:シフトレバーの場所がメルセデス・ベンツと同じものが同じ位置(ハンドルの右側に付いている)に付いているんですけど、ステアリングから手を離さずに操作できるというのは、一度経験してしまうと便利ですね。あと、画面(17インチの大型タッチスクリーン)が相変わらず、でかいなー!

クルマのサイズは全長が5m超で幅が2,070mmだから、立体駐車場とかだと、まずとめられないでしょうね。このクルマ、いくらでしたっけ?

:テスラのサイトで「新車カスタムオーダー」っていうのを試してみたんですが、この「P100D」が1,780万円からで、「100D」というグレードが1,280万円からでした。

:グレードによって500万円も違うんですか! 標準で付いている装備も違うんだろうな……。

:100Dだとゼロヒャク加速は4.9秒だそうです。

:十分、速いです(笑)。いや、3.1秒という性能はいらないので、買うとしたら100Dですね。

高速道路では「オートパイロット」も試していた安東さん。白線や前を走るクルマなどを認識し、クルマがステアリングと加減速を自動制御してくれるシステムなのだが、この手の技術は「楽で寝てしまいそう」で怖いそうだ

:普通に運転していると、モーターブレーキだけで十分ですね、今、普通だったらシフトダウンするようなシーンでしたが、アクセルペダルを戻すだけで「ギューン」って減速しましたもんね。ワンペダルでも結構、運転できそうです。確か、回生の程度も選べるはずですよね()。

※編集部注:EVではアクセルペダルを戻すとモーターによる「回生」が働き、エンジンブレーキが掛かったような減速が起こる。この減速をうまく活用すれば、ブレーキペダルを踏まずに、アクセルペダルを踏んだり戻したりするだけで、ある程度はクルマを走らせることができる

:EVは、長距離を乗られる安東さんの場合、航続距離が足りないので、購入検討リストに入らないとの話をお聞きしたことがあります。このクルマだと、1回の充電で542キロ(欧州の燃費評価で用いられるNEDCという基準による)走れるとのことですが、いかがでしょう?

:私としては、500キロはリアルで走って欲しいんですけど、そんなEVは現状、ないですからね……。最低でも、400キロは走って欲しいなって思います。

「モデルX」の航続距離(NEDC)は「100D」で565キロ、「P100D」で542キロと表記されている。安東さんは最低でも500キロをリアルに走れるEVが欲しいそうだ

EVで運転の悦びを得られるか

:先ほどのワンペダル走行もそうなんですけど、クルマがEVになると、ドライバーが操作する余地は減りそうな気がします。当然、エンジンを積んでいなければ、ギアチェンジも不要だと思いますし。このあたりについて、安東さんはどう思われます?

:残念です。正直、それは寂しいですね

ワンペダル走行にも楽しさはあります。「モデルS」で富士スピードウェイの一部を走ったことがあるんですけど、それはそれで楽しかった。同じクルマですけど、別物として考えれば楽しめるんです。ただ、走行中にシフトダウンしようとして、ついついパドルシフト(手元でシフトを上げ下げできる装備のこと)をたたくような動作をしてしまう自分もいたんですけど(笑)

加速にしたって、さっきポルシェの「ケイマン GTS」に(別媒体の取材で)乗りましたけど、こっち(モデルX)の方がすごいですもんね。ペダルに対してのレスポンスが鋭いというか、比べてしまうと、内燃機関というもの自体の古さも感じなくはないです。

:クルマが急速に電動化していきそうな情勢ですが、クルママニアとして、内燃機関への郷愁みたいなものって感じます?

:郷愁という感じではないです。変な話、MT車みたいに運転できるEVが発売にならないかなと思っているくらいなんで。クルマを走らせる原動機がモーターであろうと内燃機関であろうと、操作が面白ければいいんです。

だから、“電気マニュアル車”があったら、楽しいだろうなと思うんですけどね。クラッチも欲しいくらいで……あ、クラッチは意味ないか。まあ、要するにギミックですよね。

:でも、ギミックだと分かった上で操作するわけですよね? それでも運転を楽しむことができそうですか?

:うーん…………楽しめないかなー。やっぱり楽しめないですねー、意味がないですもんね。意味ないもんな……

EVにはEVの楽しさがあるとは思うものの、やはりMT車に乗り続けたいと安東さんは語る

:「911 カレラ 4S」に長年、乗ってこられたと思うんですけど、ポルシェが電動化しても構いませんか?

:それは構わないですね。

:むしろ、ポルシェが楽しいEVを作ってくれないかな、みたいな期待もありますか? 今度、EVの「タイカン」というクルマが登場するそうですが。

:そうですね、ドライビングプレジャーをどういうふうに表現するのか……。あと、(プラグインハイブリッド車のある)「パナメーラ」だとかなり車体が大きいんですけど、タイカンはもう少し小さいようなので、そういう意味でも興味あります。

最後まで内燃機関のクルマに乗り続ける?

:でも、どうしても3ペダル(クラッチの付いたMT車)がいいんだよなー! やっぱり、内燃機関が禁止になるまで、1台は3ペダルを持ち続けようかなと思いましたね。

:将来的に、この世界のクルマが全てEVになったら別ですけど、そうじゃない限り……。

:乗るでしょうねー、内燃機関のクルマに。それに、ある程度のバランスも必要ですよね。地球環境的にも、全てがEVになっちゃうと、レアアースの確保の問題とか、発電方法の問題もありますし。だから、内燃機関を積んだクルマとEVって、ある程度は共存した方がいいと思います。内燃機関の効率も、もっと上げてもらって。

:では、「いつEVを買いますか」と聞かれたら、「それしかなくなったとき」という答えになりますか。

:そうですね。ただ、内燃機関のMT車が1台あれば、意外と早めに購入するかもしれません。

:そうすると、最後まで持ち続ける内燃機関のMT車については、厳選することになるでしょうね。

:はい、やっぱりポルシェかな~。

:マツダも作り続けそうですよね。

内燃機関のMT車が1台あれば、EVを購入するのは案外、早いかもしれないと安東さんは語る

:「テスラ」についてはどんな印象ですか?

:やっぱり、新しい価値を提供したという意味では、すごいなと思います。アメリカ西海岸のお金持ちが大勢、これに乗り換えたことで、EVのイメージが変わりましたよね。「ブリキのオモチャ」の様なイメージから、新しくてクールな高級車へ。

:ご友人で、EVに興味を持っている方っています?

:いますよ。TBS時代の後輩で、あるテレビ番組の(コーナーの)プロデューサーをやっている人なんですけど、日産の「リーフ」を買ってました。

:その方って、一般的に言うと富裕層ですか?

:どこからが富裕層かは難しいですけどね。例えば、1,000万円を超える収入を得ていたとしても、700万円のクルマを見て「こんなに高いクルマを誰が買うんだ!」っていう人もいれば、同じ位の収入で1,000万円のクルマをローンで買う人もいますから。

ちなみに、年収が1000万円以上あっても、実は税金の関係で、せいぜい“一点豪華主義”ができるだけなんですよ。それがクルマなのか、ワインなのか、時計なのか、みたいな感じで、あとは普通の生活ですね。だから、富裕層と思える人って、私の周囲にはあまりいません。ただ、本当に有名な芸能人の方などは別ですけどね。

会社員時代にポルシェ「911 カレラ 4S」を購入(72回ローン)した安東さんの一点豪華主義には驚くばかりだ。「だから、『アッコにおまかせ!』で共演していた峰竜太さんとも、クルマに関してだけは同じ金銭感覚で話せましたもんね(笑)」とのこと

「モデルX、いいクルマでした。買うとしたら100Dの方ですけど、家族がどう思うかも聞いてみたいですね。これ(P100D)は必要ないかな(笑)」。そんな感想を残してモデルXの試乗を終えた安東さん。おそらく、安東家のガレージにEVが納まる日が来るのは、少し先のことになるだろう。

次回は安東さんがアストンマーティン「DB11」に試乗したときの模様をお伝えしたい。