サッポロが豪州ワインで巻き返し! 4強ひしめくビール業界と同じ構図へ

サッポロが豪州ワインで巻き返し! 4強ひしめくビール業界と同じ構図へ

2016.04.11

これは筆者の感覚だが、一昔前、ワインといえば特別な料理を味わったり、何かを記念したりする際に飲むアルコール飲料だった。リカーショップで購入したワインのビンを大事に抱えて家路を急ぎ、コルクスクリューで慎重に栓を抜く……。明らかにビールや焼酎を飲む場合と心構えが違っていた。だが今は気軽にコンビニでワインを購入し、特に身構えることもなく飲むようになった。“デイリーワイン”という言葉を頻繁に聞くようになったが、筆者もこの飲酒スタイルにすっかり馴染んでしまっているようだ。

このデイリーワインが功を奏してか、“第7次ワインブーム”が日本の酒市場で渦巻いている。2008年のリーマン・ショックの影響でワインの消費量はいったん減少するが、以降は7年連続で消費量が増加。“ポリフェノール”が話題となった第6次ワインブーム(1998年)の消費量を2013年に突破し、2014年、2015年も伸び続け過去最高を続伸している。

“王者”フランス産を抜いたチリ産ワイン

この第7次ワインブームの牽引役が安価な輸入ワインだ。なかでも突出して輸入量を増やしているのがチリ産ワイン。2007年に発効した経済連携協定(EPA)により関税が低減され、ここ10年間で約7倍と爆発的に輸入量が増えている。2015年には、輸入ワインの“絶対的王者”ともいえるフランス産を抜き、ついにチリ産が輸入量でトップに立ったことをみても驚異的な伸びだ。

このチリ産ワインのあとに続きそうな気配をみせているのがオーストラリア産ワインだろう。2015年1月に日本とのEPAが発効し、関税低減による販売単価の低下が見込まれる。加えてオーストラリア大陸の南側はワイン用ブドウの栽培に最適な気候で、数多くのワイナリーが存在。ワインに関する国の研究機関・教育機関も充実しており、輸出産業としてワイン醸造に力を入れている。オーストラリア産ワインの日本への輸入量はチリ産、フランス産、イタリア産、スペイン産、アメリカ産に次ぐが、2014年のオーストラリアのワイン生産量はチリを上回っており、品質の面でも世界のワイン通から一定の評価を得ている。

全米で大人気のイエローテイル

このオーストラリア産ワインを輸入商品の主力に据えているのがサッポロビールだ。2004年に豪 カセラ・ファミリー・ブランズ社の「イエローテイル」の独占販売権を得て、特にワインのエントリー層向けに展開してきた。ちなみにイエローテイルは、アメリカ市場において輸入量トップのワインブランドで、短期間のあいだにアメリカ市場を席巻したことから“伝説を作ったワイン”とも呼ばれている。日本においてもオーストラリア産ワインとしてはナンバーワンで、その存在感を高めている。

ライバルがひしめくデイリーワイン領域

ただ、それまでワインエントリー層から高い支持を得ていたアメリカ産、2007年のEPA発効以降、低価格で爆発的な人気となったチリ産に比べると、まだまだ認知度が低いといわざるをえない。しかも、キリン傘下メルシャンの「フランジア」(アメリカ産)および「フロンテラ」(チリ産)、サントリーの「カルロ ロッシ」(アメリカ産)、そしてアサヒビールの「サンタ・ヘレナ アルパカ」(チリ産)といった強力なライバルが輸入ワイン市場で立ちはだかる。

なかでもアサヒのアルパカは驚異的だ。2012年の販売初年は3万6,000ケース(1箱12本)だったが、2015年には101万ケースまで一気に伸ばした。チリ産ワインの輸入量がフランス産を抜いたと前述したが、まさにその原動力になったといっても過言ではない。さらに、アサヒはワイン専門商社エノテカを買収。ワイン市場で2強といわれているメルシャンとサントリーを猛追する構えをみせている。

オーストラリア屈指のワイン産地、バロッサ・バレーを代表するピーター・レーマン

こうした情勢をみるとサッポロは出遅れた感があるが、手をこまねいているわけではない。カセラが豪州で買収した「ピーター・レーマン」ブランドのワインを輸入し、日本で販売開始すると発表した。ただピーター・レーマンはデイリーワインの価格帯より高めで、イエローテイルよりも高級な“ファインワイン”領域に位置するブランドになる。

サッポロビール 取締役 常務執行役員 営業本部長 時松浩氏は「“量”を追う戦略よりも“質”の高さで勝負していく。そのためにもピーター・レーマンというブランドは要であり、強みになる」と話す。さらに「オーストラリア産ワインがチリ産ワイン並みの存在感を示すようにするのがわれわれの使命」とも付け加えた。

手を携えるサッポロ 時松氏と豪カセラのジョン・カセラ氏。カセラ氏は「ピーター・レーマンの『ストーンウェル・シラーズ』は、和牛に合うのでぜひ試してほしい」と筆者にすすめてくれた

リーマン・ショックからこれまでの数年は、コストパフォーマンスの高いデイリーワインが注目を浴びてきた。これによりワインを飲む機会が増え、日本人のワインに対する味覚が発達したのは確か。となれば次は“よりおいしいワイン”を求める消費行動になるのは容易に予想できる。日本固有のワイン用ブドウ「甲州」や「マスカット・ベーリーA」を原材料にした“純国産ワイン”の人気が高まっていることも、日本人のワインに対する需要がシフトしている証拠だ。ただし国産ワインの場合、原材料となるブドウの確保が各社の課題となっており、高まる需要に即応できないというジレンマがある。その意味でもサッポロがピーター・レーマンブランドという“駒”を手中にできたことは大きい。

一方、カセラの代表取締役 ジョン・カセラ氏は「サッポロという日本における最良のパートナーを得られたのは幸運。豪州ワインの魅力をこれまで以上に日本のみなさまに伝えていただきたい」と、イエローテイルを日本ナンバーワンの豪州ワインに育てたサッポロの手腕に全幅の信頼を置いている。このサッポロとカセラの結束が、オーストラリア産ワインの存在感を高めるためのカギのひとつといえるだろう。

人口が減少フェーズに入った日本では、酒類の需要減衰が叫ばれている。そうしたなかにあって、ワインはまだまだ日本で伸びしろがあると予測されている。そのためか、ビール市場で激戦を繰り広げてきたメルシャンを擁するキリン、そしてサントリー、アサヒ、サッポロといった “ビール4強”のワイン市場に寄せる期待は大きい。奇しくも“レギュラービール”から“プレミアムビール”へと戦場が広がっていったように、ワインもデイリーからファインの領域へ広がる局面がみえはじめている。4強がどのようにしのぎを削っていくのか、興味が尽きない。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu