サッポロが豪州ワインで巻き返し! 4強ひしめくビール業界と同じ構図へ

サッポロが豪州ワインで巻き返し! 4強ひしめくビール業界と同じ構図へ

2016.04.11

これは筆者の感覚だが、一昔前、ワインといえば特別な料理を味わったり、何かを記念したりする際に飲むアルコール飲料だった。リカーショップで購入したワインのビンを大事に抱えて家路を急ぎ、コルクスクリューで慎重に栓を抜く……。明らかにビールや焼酎を飲む場合と心構えが違っていた。だが今は気軽にコンビニでワインを購入し、特に身構えることもなく飲むようになった。“デイリーワイン”という言葉を頻繁に聞くようになったが、筆者もこの飲酒スタイルにすっかり馴染んでしまっているようだ。

このデイリーワインが功を奏してか、“第7次ワインブーム”が日本の酒市場で渦巻いている。2008年のリーマン・ショックの影響でワインの消費量はいったん減少するが、以降は7年連続で消費量が増加。“ポリフェノール”が話題となった第6次ワインブーム(1998年)の消費量を2013年に突破し、2014年、2015年も伸び続け過去最高を続伸している。

“王者”フランス産を抜いたチリ産ワイン

この第7次ワインブームの牽引役が安価な輸入ワインだ。なかでも突出して輸入量を増やしているのがチリ産ワイン。2007年に発効した経済連携協定(EPA)により関税が低減され、ここ10年間で約7倍と爆発的に輸入量が増えている。2015年には、輸入ワインの“絶対的王者”ともいえるフランス産を抜き、ついにチリ産が輸入量でトップに立ったことをみても驚異的な伸びだ。

このチリ産ワインのあとに続きそうな気配をみせているのがオーストラリア産ワインだろう。2015年1月に日本とのEPAが発効し、関税低減による販売単価の低下が見込まれる。加えてオーストラリア大陸の南側はワイン用ブドウの栽培に最適な気候で、数多くのワイナリーが存在。ワインに関する国の研究機関・教育機関も充実しており、輸出産業としてワイン醸造に力を入れている。オーストラリア産ワインの日本への輸入量はチリ産、フランス産、イタリア産、スペイン産、アメリカ産に次ぐが、2014年のオーストラリアのワイン生産量はチリを上回っており、品質の面でも世界のワイン通から一定の評価を得ている。

全米で大人気のイエローテイル

このオーストラリア産ワインを輸入商品の主力に据えているのがサッポロビールだ。2004年に豪 カセラ・ファミリー・ブランズ社の「イエローテイル」の独占販売権を得て、特にワインのエントリー層向けに展開してきた。ちなみにイエローテイルは、アメリカ市場において輸入量トップのワインブランドで、短期間のあいだにアメリカ市場を席巻したことから“伝説を作ったワイン”とも呼ばれている。日本においてもオーストラリア産ワインとしてはナンバーワンで、その存在感を高めている。

ライバルがひしめくデイリーワイン領域

ただ、それまでワインエントリー層から高い支持を得ていたアメリカ産、2007年のEPA発効以降、低価格で爆発的な人気となったチリ産に比べると、まだまだ認知度が低いといわざるをえない。しかも、キリン傘下メルシャンの「フランジア」(アメリカ産)および「フロンテラ」(チリ産)、サントリーの「カルロ ロッシ」(アメリカ産)、そしてアサヒビールの「サンタ・ヘレナ アルパカ」(チリ産)といった強力なライバルが輸入ワイン市場で立ちはだかる。

なかでもアサヒのアルパカは驚異的だ。2012年の販売初年は3万6,000ケース(1箱12本)だったが、2015年には101万ケースまで一気に伸ばした。チリ産ワインの輸入量がフランス産を抜いたと前述したが、まさにその原動力になったといっても過言ではない。さらに、アサヒはワイン専門商社エノテカを買収。ワイン市場で2強といわれているメルシャンとサントリーを猛追する構えをみせている。

オーストラリア屈指のワイン産地、バロッサ・バレーを代表するピーター・レーマン

こうした情勢をみるとサッポロは出遅れた感があるが、手をこまねいているわけではない。カセラが豪州で買収した「ピーター・レーマン」ブランドのワインを輸入し、日本で販売開始すると発表した。ただピーター・レーマンはデイリーワインの価格帯より高めで、イエローテイルよりも高級な“ファインワイン”領域に位置するブランドになる。

サッポロビール 取締役 常務執行役員 営業本部長 時松浩氏は「“量”を追う戦略よりも“質”の高さで勝負していく。そのためにもピーター・レーマンというブランドは要であり、強みになる」と話す。さらに「オーストラリア産ワインがチリ産ワイン並みの存在感を示すようにするのがわれわれの使命」とも付け加えた。

手を携えるサッポロ 時松氏と豪カセラのジョン・カセラ氏。カセラ氏は「ピーター・レーマンの『ストーンウェル・シラーズ』は、和牛に合うのでぜひ試してほしい」と筆者にすすめてくれた

リーマン・ショックからこれまでの数年は、コストパフォーマンスの高いデイリーワインが注目を浴びてきた。これによりワインを飲む機会が増え、日本人のワインに対する味覚が発達したのは確か。となれば次は“よりおいしいワイン”を求める消費行動になるのは容易に予想できる。日本固有のワイン用ブドウ「甲州」や「マスカット・ベーリーA」を原材料にした“純国産ワイン”の人気が高まっていることも、日本人のワインに対する需要がシフトしている証拠だ。ただし国産ワインの場合、原材料となるブドウの確保が各社の課題となっており、高まる需要に即応できないというジレンマがある。その意味でもサッポロがピーター・レーマンブランドという“駒”を手中にできたことは大きい。

一方、カセラの代表取締役 ジョン・カセラ氏は「サッポロという日本における最良のパートナーを得られたのは幸運。豪州ワインの魅力をこれまで以上に日本のみなさまに伝えていただきたい」と、イエローテイルを日本ナンバーワンの豪州ワインに育てたサッポロの手腕に全幅の信頼を置いている。このサッポロとカセラの結束が、オーストラリア産ワインの存在感を高めるためのカギのひとつといえるだろう。

人口が減少フェーズに入った日本では、酒類の需要減衰が叫ばれている。そうしたなかにあって、ワインはまだまだ日本で伸びしろがあると予測されている。そのためか、ビール市場で激戦を繰り広げてきたメルシャンを擁するキリン、そしてサントリー、アサヒ、サッポロといった “ビール4強”のワイン市場に寄せる期待は大きい。奇しくも“レギュラービール”から“プレミアムビール”へと戦場が広がっていったように、ワインもデイリーからファインの領域へ広がる局面がみえはじめている。4強がどのようにしのぎを削っていくのか、興味が尽きない。

日本のEC市場を変える? アマゾン「YouTuber」起用でライブコマース参入

日本のEC市場を変える? アマゾン「YouTuber」起用でライブコマース参入

2018.11.22

アマゾンが年末セール「サイバーマンデー」を実施すると発表

今年の目玉は特大おせちと“急がない便”?

「YouTuber」「試着サービス」で新規ユーザー獲得狙う

アマゾンジャパンは12月7日18時~11日午前1時59分まで、年末セール「サイバーマンデー」を開催すると発表した。これは毎年の恒例行事となっており、7月の「プライムデー」に匹敵する大規模なセールだ。

今年は新たに「試着サービスやライブコマース」に取り組むとのこと。さらなるEC事業の拡大に向け、特に新規ユーザーの掘り起こしを強化したいという狙いがあるようだ。

アマゾンが毎年恒例の年末セール「サイバーマンデー」を開催

今年の目玉は特大おせちと「急がない」便?

米国におけるサイバーマンデーとは、感謝祭(11月の第4木曜日)の次の月曜日から始まるオンラインのセールを意味する。日本ではあまり馴染みがないものの、感謝祭翌日の金曜日「ブラックフライデー」とともに、現地では1年で最大の商戦期として定着している。アマゾンジャパンは12月のセールにこの名称を使ってきた。

2018年のサイバーマンデーも数十万点の商品を用意しており、カスタマーレビューが4つ星以上の商品が豊富に用意される「特選タイムセール」を始め、「数量限定タイムセール」や、限定商品も複数用意する。

限定商品の例としては、「ル・クルーゼの鍋と料理教室」「レゴのロボットとプログラミング体験」のように、今年の時流もあってか商品と体験をセットにしたものが目立つ。また、お正月に向けた目玉商品として、約30人前で税込39万円の「林裕人監修 スーパー超特大おせち」をはじめ、大小さまざまなサイズのおせち販売にも力を入れる。

30人前で39万円の超特大おせち

大幅な値引きや限定商品でセールを盛り上げる一方、懸念されるのが配送だ。人手不足が社会問題化する中で、アマゾンのセールは年末年始の混雑に拍車をかける形になる。

これに対してアマゾンは今年、無料でお急ぎ便を利用できるプライム会員が、あえて「通常配送」を選んだ際、引き換えにAmazonポイントを還元するポイントバック施策の導入を決めた。「急がない」メリットを選択肢として加えることで、出荷を平準化する狙いだ。

プライム会員が「通常配送」を選ぶことで30ポイントをバックする

「YouTuber」「試着サービス」で新規ユーザー獲得へ

日本でも年々、セールの規模を拡大させているアマゾンだが、国内のEC市場は約16.5兆円規模で、物販分野のEC化率は約5.8%にとどまっている(経済産業省調べ、2017年)。中国では今年11月11日の「独身の日」に、アリババがたった1日で約3兆4000億円を売り上げたと話題となったが、日本市場はEC化率が低い分、まだまだ成長余地はあるとみられる。

そもそもネットで買い物をする習慣がないなど、アマゾンを使ったことがない人は意外と多い。新規ユーザーの取り込みが成長の鍵となってくるのだ。

そこで同社は、サイバーマンデーをきっかけに、アマゾンでの買い物に慣れ親しんでもらうことを狙う。コンビニやATM払いにも対応する決済の便利さや、不慣れな人向けに買い物の方法を説明するコンテンツを用意して強くアピールする方針だ。

また、ファッションに特化した新サービスとして、10月からは「プライム・ワードローブ」も始まっている。これは、好みの服やシューズを取り寄せて自宅で試着できるサービスで、一定の条件下で7日以内なら返品できることが特徴だ。返品せず、手元に残すことを決めた時点で初めて代金が請求される仕組みで、気軽に試着できる。

服やシューズを試着できる「プライム・ワードローブ」

ネット通販でありがちなのが、実際に試着しないと色合いや質感、サイズが分からないという問題だ。プライム・ワードローブなら、欲しいシューズがあれば3つのサイズを一度に取り寄せ、合わなかった2つを返送するといった使い方ができる。

海外を中心に盛り上がりを見せる「ライブコマース」にもアマゾンジャパンとして初めて取り組む。動画のライブ配信とECを組み合わせた販売手法で、動画クリエイターと組んでアマゾンの商品を紹介する。発表会場には「MasuoTV」(チャンネル登録者数約109万人)で知られるYouTuberのマスオさんが登壇し、動画撮影を実演した。

超特大おせちの紹介動画を撮影するYouTuberのマスオさん

動画はアマゾンの公式YouTubeやTwitterアカウントだけでなく、動画クリエイターのアカウントでも閲覧できるようにする。影響力のあるインフルエンサーに独自の視点や語り口で紹介してもらうことで、視聴者をアマゾンに呼び込むのが狙いだ。まずはサイバーマンデーのセール商品に対象を絞って展開するが、反響次第ではECのあり方を大きく変える可能性も秘めている。

実は20代に選ばれるクルマだった! 「シボレー カマロ」に新型登場

実は20代に選ばれるクルマだった! 「シボレー カマロ」に新型登場

2018.11.22

GMジャパンが第6世代「カマロ」の新型を発売

購入者を年代別に見ると驚きの事実が

「競合車」の概念が変わる? クルマ選びの実態とは

ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)が開催した新型「シボレー カマロ」の発表会で、驚きのデータが判明した。アメリカを象徴するマッスルカー「カマロ」を買っているのは、多くが20代の若者だというのだ。なぜ若者に「カマロ」が受けているのだろうか。

伝統のV8エンジンを積む「シボレー カマロ SS」。総排気量は6,153cc、最高出力は453馬力だ

6世代目「シボレー カマロ」がマイナーチェンジ

「シボレー カマロ」は1967年に発売となったアメリカンクーペで、現行モデルは6世代目だ。GMジャパンは2016年末に6代目カマロの予約受付を開始し、2017年に発売した。今回の新型モデルは、6世代目カマロがマイナーチェンジを受けたものだ。

オープンカーになる「シボレー カマロ コンバーチブル」。2リッターターボエンジンを積む。パワートレインは「LT RS」というグレードと一緒だ

6代目カマロには伝統のV8エンジンを積む「シボレー カマロ SS」のほか、直列4気筒ターボエンジンを搭載する軽量モデル「シボレー カマロ LT RS」とオープンカーになる「シボレー カマロ コンバーチブル」がある。今回のマイナーチェンジでは、全てのクルマがフロントとリアのデザインを刷新。「SS」は新開発のパドルシフト付き10速オートマチックトランスミッションを搭載した。価格は税込みで「SS」が680万4,000円、「コンバーチブル」が615万6,000円、「LT RS」が529万2,000円だ。

画像は新型の誕生を記念した限定モデル「シボレー カマロ LAUNCH EDITION」。「LT RS」は限定20台で税込み561万6,000円、「SS」は30台限定で同712万8,000円だ

購入者の7割超が新規、そのうち3割近くが20代!?

発表会でGMジャパンの若松格(わかまつ・ただし)社長は、6代目カマロの販売状況に関する興味深いデータを示した。このクルマを購入した人のうち、74%が新規顧客(GMのクルマを買うのは初めてという人)であり、その新規顧客の内訳を年齢別で見ると、割合としては20代が28%で最多だったというのだ。

6代目「シボレー カマロ」の顧客分布。74%が新規顧客で、そのうち28%が20代だったという

もちろん、カマロは年間数万台を販売するクルマではないし、この6代目も数百台というボリュームだとは思うのだが、「若者のクルマ離れ」といわれて久しい中で、こういう内訳となっているのは意外だった。アメリカ車を買う人といえば、「若い頃に映画などでアメリカ文化にしびれた」世代、年齢でいえば40~60代あたりが中心だろうと思っていたからだ。

6代目「カマロ」の購入者は初代「カマロ」(画像)に憧れた世代が多いのかと思ったら、そうでもないらしい

なぜ、6代目カマロは若者に受けたのか。若松社長によれば、このクルマの販売ではSNSなどを用いたデジタルマーケティングに注力したので、それが響いたのかもとのことだったが、この結果については、社長も喜びつつ驚いていた。

GMジャパンの広報からは、現代のクルマ選びに関する示唆に富む話も聞けた。カマロを実際に購入した人の多くは、必ずしもアメリカのクルマを対抗馬(競合車)として検討していなかったというのだ。日本車とカマロで悩む人もいれば、アメリカの文化が好きだということで、バイクのハーレーとカマロを比べる人すらいたという。フォードが日本から撤退したので事情が変わったのかもしれないが、「カマロ」と比べるなら「マスタング」(フォード)とか、何かマッスルなクルマだろうと思っていたのだが、その想像は間違っていた。

若者が何をきっかけに「カマロ」の購入を検討し始めたのかは気になるところ。6代目の発売時期から考えると、ロックスター・ゲームスの「グランド・セフト・オートV」をプレイして、マッスルカーが欲しくなったという人がいてもおかしくない

新しいクルマが登場すると、「このクルマの競合車は何だろう?」という視点で考えがちな自分にとって、カマロ購入者のクルマ選びに関する話は目からウロコだった。ひょっとすると、クルマについて既成概念や先入観を持たない若者がクルマを買う場合には、同クラスの似たような車種を比べて決めるのではなく、「これが欲しい!」という“指名買い”が多くなるのかもしれない。そんな風に感じた新型カマロの発表会だった。