パイオニア、試行錯誤が生み出した奇跡 - パワーメーターの話

パイオニア、試行錯誤が生み出した奇跡 - パワーメーターの話

2017.05.11

4年強の月日をかけて、パイオニアが開発した自転車機材の「ペダリングモニターシステム」。試行錯誤を続けるなかで、開発を後押しし、事業化の大きな力となる巡り合わせがあった。第2回はパワーメーター開発ストーリーをお届けする。

話を伺ったサイクルスポーツ事業推進部 藤田隆二郎氏(左)とサイクルスポーツ事業推進部 碓井純一課長(右)

神的アドバイス

パイオニアが自転車部品の開発を構想したのは2008年12月のこと。その経緯については前回お伝えしたとおりだ。研究開発を決めてから最初の1年は、試作品に取り組んだが、何か決定的なものに欠けていた。

悶々としていても仕方ない――。2010年5月、開発者の藤田隆二郎氏は、外部に意見を求めた。アドバイスを求めたのは、リオデジャネイロ五輪で自転車の日本代表監督を務めた元プロロードレーサーの浅田顕氏。同氏はツール・ド・フランスに出場経験を多数持つ新城幸也選手とも親交が深く、かつて選手、監督という立場で同じチームで活動していたこともある。

そんな浅田氏の一言がパワーメーターの開発を進め、後に販売される「ペダリングモニターシステム」の製品特徴を決定付ける運命的な出来事になった。

浅田氏からもらったアドバイス。それは「パワーメーターでペダリングを見ることはできないか」というものだった。自転車を趣味とする藤田氏にも響く一言だった。

当時、普及していたパワーメーターは、ペダルをこいだときの力しか計測できなかった。もちろん、自転車はこぐから進むのだが、自転車を効率よく前に進めるには、効率的なペダリングが必要になる。それを見ることができないか、というアドバイスだったのだ。

「神的な発言でした」と藤田氏は振り返る。これが正にペダリングモニターシステムを特徴づけるフォースベクトルとして今でも生かされている。ペダルをこいだときに、自転車のクランク部にどれだけの力が何時の方向にかかっているのか、その力の大小をサイクルコンピュータ上に表示できる画期的な機能だ。

ペダリングモニターシステムのサイクルコンピュータ。サイコン内に表示された矢印がフォースベクトルと呼ばれるもの。ペダルをこいだときにクランク部分のどの方向に力がかかったのかがわかるのが特徴

小さな展示スペースから生まれたもの

浅田氏との出会いは、次につながっていく。2010年11月、パイオニアは国内最大級の自転車の展示会、サイクルモードに出展した。展示したのは浅田氏のアドバイスを具現化したパワーメーター、フォースベクトルを表示するサイクルコンピュータだった。

大勢の自転車好きを前に、開発機の実演プレゼンテーションが行われた。プレゼンターを務めたのは浅田氏。そして、実演のために呼ばれたのが、Bbox ブイグテレコムに当時所属していた新城選手だった。

プロのペダリングを可視化する――。当時、そんなものを目にした人など誰もいない。たった2コマの小さな出展スペースに、100人を超える観客が集まった。碓井氏が当時を振り返る。「新城選手に自転車をこいでもらって、フォースベクトルが出たときは、ものすごい大歓声でした。それこそ、波が来たなという感触を得た出来事です」。

碓井氏はその場を写真に収め、反響の大きさ、会場の熱気を経営陣に報告した。いかに開発中の製品が画期的なものであり、サイクリストに待ち望まれた製品なのかを伝えた。この経験は、早期の製品化を要望していた経営陣に待ってもらうだけの説得材料にもなっただろう。

奇跡のEメール

奇跡は続く。サイクルモードへ出展してからほどなくして、一通のEメールがパイオニアに届いた。差出人は海外有力チームのラボバンクの所属選手だった。

パイオニアの製品を使ってみたい。テストさせてもらえないか――。

サイクルモードへの出展などを通じて、海外にニュースが配信され、それが目にとまったようだ。パイオニアにとっては、またとないチャンスだった。ワールドチームは、トッププロチームともいえる存在で、2017年世界に18チームしか存在しない。

通常、ワールドチームに機材を使ってもらうには、機材供給側が機材・サポート費用を提供する。そこまでして関わるのは、所属選手が選手が活躍したときに、大きな注目が得られプロモーション効果が大きいからだ。

ラボバンクの選手からの申し出を受けたとき、パイオニアのサイクル事業はまだ形にもなっていない状態。サポート費用など出せる状況ではない。にもかかわらず、トッププロチームの選手が自ら使いたいとオファーし、使用してもらえる機会を得たのだ。発売前から大きな注目を浴びることができたのはもはや奇跡的な出来事だった。

測定不能

ペダリングモニターシステムのパワーメーター。反対側のクランクにもセンサーが取り付けられる

開発者の藤田氏らは、ラボバンクでテストしてもらおうと、半年間、さらなる磨きをかけるべく開発を進めた。そして、2011年7月、ベルギーに渡り、新たな試作品を渡した。

7月はツール・ド・フランスの開催月だ。もちろん、自転車界が最も注目するビッグレースに試作品がいきなり使われたわけではない。テスト使用したのは、ツール・ド・フランスには出場しない、ベルギーでキャンプをしていた若手選手たちだった。コーチは物珍しさからか、わざわざフランスからベルギーまで飛んで様子を見に来たほどだった。

以後、数名の選手を対象に、テスト使用が始まったが、そこからは悪戦苦闘が続いた。「出力の計測精度が低い」「壊れやすい」「ソフトウェアをもっと安定させられないか」と様々な注文がついた。改善の余地は大きく、2012年シーズンが始まるまでの半年間、再び開発を余儀なくされた。

改良を重ねた試作品。だが、それでも、プロの世界は厳しかった。シーズンが始まって2月、3月、4月のすべてのビッグレースでトラブルが発生。最も多いトラブルは浸水。洗車過程における溶剤の混入などもあるが、多くは衝撃によるひび割れが原因だった。

製品が受ける衝撃は想像を超えていた。そもそも、自動車はサスペンションがあり、衝撃を少なくできるが、ロードバイクにサスペンションはない。路面が荒れていれば、その分、受ける衝撃も大きくなる。ロードレースは舗装路を走るが、欧州の舗装路は日本ほど整備されていない場合も多い。そもそも舗装路ではなく、石畳の上を走ることさえある。「自動車用の試験機を使っていましたが、パワーメーターの試作機が受けたGは桁違い。数値は測定不能、値はMAXを示していました」(碓井氏)。

こうしてプロチームでのテスト使用が製品の完成度を上げるきっかけになった。過酷な使用環境での事例をもとに、製品を改良していく。その作業は今も同じく続いている。欧州に駐在員2名を置き、機材提供するワールドチームのデータを採取、それを製品づくりに役立てている。当初、藤田氏が描いた"壊れないパワーメーター"づくりに、嫌というほど向き合うことになったわけだ。

偶然は必然か

以後、2013年7月に一般向けのテスト販売が開始されるが、そこに辿り着くまでにあったのは、奇跡的な巡り合わせの連続だった。浅田氏にアドバイスを求めたことで、フォースベクトルという製品特徴が生まれた。展示会の出展で話題をつくり、試作品はいつしか海外までニュースが流れた。それにより、ワールドチームへの機材供給の道も開けた。

一連の出来事は"偶然"や"運"で片付けられてしまいがちだ。なぜなら、そこには再現性がないからだ。しかし、パイオニアの話を聞いていくと、この偶発性を求めていくことが必然ともいえるように思えてくる。そう思わせるだけの事実の積み重ねがパイオニアにはあったのだ。

総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

2019.03.20

モバイル業界を変える「携帯値下げ議論」が過熱

ファーウェイは日本を取り巻く環境を「歴史的チャンス」と発言

コスパ高いミッドレンジ端末でシェア拡大を目指す

20日、NTTドコモが特定の端末の購入を条件に通信料金を割り引く「docomo with」、購入する端末に応じて通信料金を割り引く「月々サポート」を終了する方針を固めたという報道が話題となっている。

国内のモバイル業界では携帯電話料金見直しが進んでおり、3月5日には総務省が中心に進めてきた端末代金と通信料金の分離が閣議決定された。NTTドコモは分離プランを軸とした新料金プランを4月に発表する見込みだ。

日本のモバイル市場を大きく変えるこの動きを「歴史的チャンス」と見ているのがファーウェイだ。2018年末から米中対立が加速する中、ファーウェイが打ち出すメッセージも語気を強めている。果たして日本市場でシェアを拡大できるのだろうか。

逆風吹けども、依然として業績は好調

今年に入り、ファーウェイの周辺が騒がしい。3月7日には、ファーウェイは米国政府を相手取って訴訟を起こした

さらにその内容をFacebookでライブ配信するなど、米国以外の世界市場に向けたメッセージにもしており、そのメッセージをまとめたウェブサイト「Huawei Facts」は、わざわざ日本語版も用意している。

2018年末から続く米中対立を巡る報道は、ファーウェイの業績にどのような影響を与えたのか。MWC19でインタビューに応じたファーウェイ・ジャパンの呉波氏は、「一部の消費者は影響を受けたが、2019年に入ってから売上は大幅に伸びている」と語った。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏

話題の「折りたたみスマホ」でもファーウェイは先行する。

ファーウェイに先立って折り畳みスマホを発表したサムスンだが、こちらはMWCではガラスケース内での「展示」のみにとどまったのに対し、ファーウェイは「Mate X」の実機を用いて報道関係者に折り曲げを試させるなど、製品化で一歩先を行っていることをアピールした。

ファーウェイの折りたたみスマホ「Mate X」。報道陣には手に取って折り曲げてみる機会も用意された

Mate Xは次世代移動通信の「5G」にも対応しており、日本では5Gサービスの開始を待って投入時期を見極める方針だという。

ちなみに3月26日に発表予定のフラグシップ機「HUAWEI P30」シリーズは、例年通りのタイミングで日本市場に投入するようだ。SIMフリーでの発売だけでなく、ドコモが採用した「HUAWEI P20 Pro」のように大手キャリアによる採用があるかどうかも注目したい。

分離プランを「歴史的チャンス」と捉えるワケ

一方、2019年の国内モバイル市場で話題となっているのが携帯料金における「分離プラン」の導入だ。KDDIとソフトバンクはすでに導入済みだが、NTTドコモは4月に発表する新料金プランから本格導入するとみられている。

分離プランの特徴は、NTTドコモの「月々サポート」のように回線契約と紐付けた端末の割引が禁止される点だ。端末の割引自体が禁止されるわけではないというものの、大幅な割引は難しくなる。その結果、10万円を超えるようなハイエンド機ではなく、3〜4万円で一括購入しやすいミッドレンジ機の需要が高まるとの見方が有力だ。

この動きをファーウェイはどう見ているのか。

呉氏は「非常に重要視している。スマホが登場したときや、SIMフリー市場が始まったときのインパクトに引けを取らない、歴史的な瞬間になる」と興奮気味に語る。

日本のSIMフリー市場でベストセラーとなった「HUAWEI P20 lite」を始め、ファーウェイのミッドレンジ機のラインアップは厚い。モデルによってはフラグシップと同じCPUでミッドハイの価格を実現するなど、コスパの高さも特徴だ。大手キャリア向けにさまざまな提案ができる体制といえる。

フラグシップと同じ「Kirin 980」搭載でミッドハイ価格の「HONOR View 20」

また、5G対応も順調だ。

モバイルWi-Fiルーターに強みを持つファーウェイは、MWC19でも5G対応ルーターを多く出展していた。日本ではまだ周波数の割り当てが終わっていないものの、国内大手キャリアは2019年内にもプレサービスを始める動きがある。5Gスマホが普及するまでの間、5Gルーターの需要は高まる可能性がある。

5G対応のモバイルWi-Fiルーターも出展していた

ミッドレンジ市場の拡大を狙って、今年はシャープやサムスン以外にも、ソニーモバイルの参入も予想されている。

この価格帯が激戦区になることは間違いないが、ファーウェイはその中で高コスパの製品ラインアップや、国内での地道な販促活動やブランドメッセージの打ち出しによって対抗していく構えだ。

ヨドバシカメラ梅田店での販促イベントの様子
関連記事
Googleがゲーム本格参入の衝撃、2019年中にゲーム基盤「STADIA」を投入

Googleがゲーム本格参入の衝撃、2019年中にゲーム基盤「STADIA」を投入

2019.03.20

Googleが新しいゲームプラットフォームを発表

配信方式でゲーム機不要、「ゲーム機」の時代の終焉?

2019年内にローンチ、性能はプレステやXbox以上か

3月19日、米国で開催中のゲーム開発者会議「GDC 2019」の会場で、Googleがクラウドベースのゲーミングプラットフォーム「STADIA」を発表した。特定のゲーム機に縛られず、ネットに接続したスマホやパソコン、テレビを通してストリーミング(配信)形式でゲームをプレイできる。

この事業を担当するバイスプレジデントとして、STADIAを発表するフィル・ハリソン(Phil Harrison)氏。そもそも彼からして、元はソニーのプレイステーション立ち上げの主要メンバーで、その後Microsoftに移りXboxを担当したという経歴の持ち主

かねてより、MicrosoftのXbox事業のトップマネージャーを引き抜いた、ソニーでPlayStationのハード開発にかかわったエンジニアが転職したといった噂が頻繁に流れており、「Googleがゲーム市場に本格参入する」という憶測は強まっていた。実際に2018年には、Googleは「Project Stream」と呼ばれるストリーミング形式のゲーム基盤の計画を発表し、米国内でベータテスターを募って技術テストを行っていた。

STADIAは、Project Streamの延長線上にあるサービスと見られる。ユーザーは特定のゲーム機を持っている必要がなく、従来のゲーム機の役割をするのはGoogleの設置するデータセンターだ。簡単に言えばクラウドサービスのように、実際にゲームタイトルが動作しているのはデータセンター側で、ユーザーはインターネットを介してゲームを遠隔でプレイする。

STADIAのデータセンターから配信されたゲームをパソコンでプレイしている様子
パソコンで遊んでいたのと同じゲームを、タブレットやテレビでも同じように遊ぶことができる

このプラットフォームの特徴によって、例えばYouTubeで新作ゲームのトレーラー動画を見ていて気に入ったときには、そのページ内の「プレイする」ボタンを押すだけで、インストールすら不要で、動画を再生するかのようにそのゲームをプレイできるようになる。

そして、STADIAのデータセンターが持つゲーム機としてスペックは、サービス開始時のものとして、GPUの演算性能は10.7テラFlopsに達するといい、これはPlayStation 4 Proの4.2テラFlopsや、Xbox One Xの6.0テラFlopsを大きく上回る。映像品質も4K/60fpsのストリーミングに対応し、将来は8K/120fps対応も予定しているという。

STADIA用の「STADIAコントローラー」も販売する。SNSアップ用のボタンや、Googleアシスタントボタンが備わっている

Googleは2019年中にSTADIAをローンチする予定で、まずは米国、カナダ、欧州でサービスを開始すると説明している。発表を受けた翌20日の東京株式市場では、任天堂とソニーの株価が揃って大きく下落した。投資家たちが、GoogleのSTADIAによって、Nintendo SwitchやPlayStationのビジネスが脅かされると考えたからだ。

関連記事