六本木ステーキ戦争の号砲? ウルフギャングがバーガーで攻める真意

六本木ステーキ戦争の号砲? ウルフギャングがバーガーで攻める真意

2017.05.12

“高級”なイメージのウルフギャング・ステーキハウスが、ハンバーガーの品揃えを強化している。その狙いは新たなタッチポイントの創出か、ランチタイムの集客か。あるいは、六本木を舞台に近く勃発する“老舗ステーキハウス代理戦争”への布石なのか。

ウルフギャングがハンバーガーに注力?

ハンバーガーが新規顧客とのタッチポイントに?

5月11日から6月30日まで、ウルフギャングが国内4店舗(六本木店、丸の内店、大阪店、福岡店)で展開するキャンペーン「ウルフギャング・バーガーマンス」。ハンバーガーの本場である米国では5月を「ナショナル・ハンバーガー・マンス」と呼ぶそうで、これを日本でも楽しんでもらおうという趣向だ。

ウルフギャングでは普段も、ランチタイムに「プライムビーフ100% クラシックバーガー」を提供しているが、バーガーマンスでは、ウルフギャングの米国内の所在地(ニューヨーク、ワイキキ、マイアミ、ビバリーヒルズ)をイメージした4種類の商品と、各店舗限定メニュー1種類を加えた計6種類のハンバーガーを用意する。

気になる価格帯だが、例えばワイキキ店をイメージした「ロコモコ風ベイクドライスバーガー」は1600円。最高額の六本木店限定メニュー「ドライエイジド ステーキバーガー」でも2800円といった感じだ。期間中、レギュラーメニューであるクラシックバーガーは通常1800円のところを1200円で提供する。

「ロコモコ風」は左上、「ドライエイジド」は下部中央、レギュラーメニューの「クラシック」は右上だ

ちなみに、2人分のステーキメニュー「STEAK FOR TWO」は1万6000円という設定なので、ウルフギャングに行ってみたい人にとって、ハンバーガーがいかに敷居が低いメニューであるかは分かってもらえると思う。念のためだが、上記の価格は消費税とサービス料10%を抜いたものだ。

ウルフギャングがハンバーガーに取り組む理由は、日本で過熱するグルメバーガー戦争に参戦する目的か。あるいはランチタイムの集客であったり、敷居が高いというウルフギャングのイメージを払拭するための施策なのか。そういった狙いの部分を探る前に、まずはハンバーガーを実食した感想から始めたい。

食べれば分かる異次元のバーガー

バーガーマンスに先立つ試食会で、ステーキハウスのハンバーガーがいかなるものなのか、実際に感じることができた。

試食会で目の前に現れたプレートに、ボリューム感満点の「ベーコン&チーズバーガー」が。ハンバーガーと呼ぶにはいささか失礼な大きさと内容に、正直打ちのめされた

“ニューヨークスタイル”と名付けられたベーコン&チーズバーガーはまさに圧巻。見事に存在を主張する厚切りベーコンと、とろけたチーズを身にまとった280グラムの100%ビーフパティは、今までの常識を超えた食べ物として存在感を放っている。ベーコンなどは、単品だけでも十分な味わいと食感を誇示する感じだ。

バーガーの上半分は、バンズと大きめのレタス、そしてこいつも存在を誇示するスライストマト。どのパーツも、重厚なビーフパティの厚さとうまみに負けないボリュームを感じる。よく見るハンバーガー仕様に上下のバンズを重ねると、サイズは自身のこぶしを大きく上回り、とても一口には収まりきらないという感じだ。

何とか頑張って両手に取り、バンズを重ねて口にほおばると、それぞれの味わいがきちんと主張しながら、おいしさの波状攻撃を挑んでくるようだ。280グラムのビーフパティは、未体験の価値を持っている存在。これがランチタイム限定とはいえ、ウルフギャング品質を保持したまま顧客に届けられる。

ステーキがはみだす「ドライエイジド ステーキバーガー」

試食会のあった丸の内店の界隈で、ハンバーグランチや同レベルの定食を頼もうとしたら、この価格帯で提供できる店は少ないだろうと感じた。ちまたで人気のグルメバーガー勢に対しても、十分に勝ち目のある味わいと価格妥当性を持っている。

グルメバーガー戦争に、肉を主軸とする新たなプレイヤーが参入したら、勢力図にどのような影響がでるのだろうか。そもそもウルフギャングに、バーガー戦争で覇権を争う意図はあるのか。ウルフギャング・ステーキハウス・ジャパンでセールス&マーケティング ディレクターを務める小林哲也氏に、そのあたりを含めて話を聞いた。

とにかく1度、来てもらうための戦略

「今回のバーガーマンスはバーガー戦争への参戦ではなく、ウルフギャングのイメージを変えたいという意図があります」。小林氏は言葉を続ける。

「(ウルフギャングは)老舗ステーキハウスというよりは、高級ステーキハウスという面が定着してしまった感があります。ステーキハウスはやはりディナーがメイン。『昼間からステーキ?』というお客様のために、従来からクラシックバーガーを提供していますが、敷居が高いという印象があるためか、昼の客数は決して多くありません。もっとウルフギャングをフレンドリーに感じてほしいと思います。ランチタイムに来店いただければ、イメージが変わるはずです」

丸の内店の外観

確かに、ウルフギャングといえば「老舗のステーキハウス」というよりは「高級レストラン」というイメージが定着している。気軽に入れる、身近なレストランと考えている顧客は多くないのではないだろうか。実際に来店する前に、ハードルを感じてしまっている潜在顧客もいそうだ。ハンバーガーという新たなタッチポイントは、「まずは1度、お気軽にお越しください」というウルフギャングからの招待状と考えることもできる。

高いのには理由がある

ウルフギャングが“高級”になってしまっているのも、店側が意図してのことではない。高価格の背景には強烈な肉へのこだわりがある。

「(日本の)4店舗で計10トンくらいを米国から空輸し、ドライエイジング(熟成)させており、フローズン(冷凍)はしていません。特に、本土でプライムグレード(最上級)の肉が発生しやすい肉処理場から持ってきた肉を使用します。米国全体でも2%くらいしか存在しない肉とも呼ばれています。それしか使いません」

丸の内店の店内の様子

高いレストランと称されるのも、売り物の肉に輸送コスト(送料)や日本の輸入関税(現在約38.5%)などが上乗せされているためなのだ。品質に妥協しないから、自然と価格が上がってしまう。

高級レストランというイメージからの脱却。これがバーガーマンスを仕掛ける意図のようなのだが、ウルフギャングのハンバーガー攻勢には、もう1つの見方がありそうだ。それは、“六本木・老舗ステーキハウス代理戦争”の号砲という側面である。

続々と上陸する同門ステーキハウス

今回の仕掛けは、ウルフギャングとして新たな顧客との関係を作りたいとの戦略にのっとったものだが、もう1つ、隠された狙いがある。実はバーガーマンスは、近く勃発が見込まれる六本木でのステーキハウス戦争に向けた布石なのだ。

ウルフギャングはニューヨークの老舗ステーキハウス「ピーター・ルーガー(Peter Luger)」をルーツとし、六本木には3年前に上陸した。その六本木に、同じくピーター・ルーガーの流れを汲む「ベンジャミン・ステーキハウス(BENJAMIN STEAK HOUSE)」が2017年6月に上陸する。同年秋には、同じくピーター・ルーガー流派の「エンパイア・ステーキハウス(Empire Steak House)」が店を構える見通し。つまり六本木で、ニューヨークを拠点とする同門ステーキハウスの代理戦争が始まるのだ。

3年前に六本木に進出したウルフギャングは、先行者利益を享受できる立場にある。六本木・ステーキ戦争が勃発する前のタイミングで、なるべく多くの顧客と接点を作っておくため、同店としては手頃なバーガーをランチタイムに設定することを考えた、というのがバーガーマンスのもう1つの狙いだ。

外食業界の競合に新機軸

外食産業における「先行チェーンVS新興勢力」という従来の構図は、どちらかといえば価格戦略の面に注目が集まることが多かったという印象だ。しかし、ウルフギャングは先駆者としての地の利を生かしつつ、自らの素材と価格、そして高級路線ではない新たなブランド戦略のもと、新興勢力を迎えようとしている。

外食業界で「戦争」と名のつく争いは、最終的に価格競争に突入し、結果として品質が下がり、消費者の選択肢から外れていくという事例が多かった。新しいスタイルの戦争は、まさに作り手と消費者の双方が得をする競争であってほしい。その点、ウルフギャングは、消費者が認める価値を維持した状態で、競合他社の上陸を迎え撃とうとしているので頼もしい。同門ステーキハウス同士が切磋琢磨すれば、六本木が“ステーキの聖地”となる可能性もある。

Googleマップが突然の劣化、ゼンリン地図から自社地図に変更か?

Googleマップが突然の劣化、ゼンリン地図から自社地図に変更か?

2019.03.22

Googleマップが壊れた? 3月21日以降、表示がおかしい

地図のダウンロード機能でゼンリンと決裂したか?

新しい地図は機械学習で地図データ生成という指摘も

Googleマップの表示がおかしい。3月21日頃から、Googleマップの不具合を訴える声が各所で相次いでいる。道路の表示や建物の位置が正確でなかったり、地形すら間違っている場所もある。Googleマップにいったい何が起こったのか。

地図データの提供元がゼンリンではない?

Googleマップの日本地図データはこれまで、地図データで国内大手のゼンリンから提供を受けていた。両社の契約状況は公開されていないが、少なくとも不具合が発生している現在のGoogleマップ上からは、以前までは記載されていたゼンリン社の権利表記が消え、「地図データ (C)2019 Google」へと変更されている。

Googleマップからゼンリン社の権利表記が消えた

Google社は今月のはじめ、今後「数週間以内」に、日本のGoogleマップをアップデートすると予告していた。このアップデートでは、特にダウンロード可能なオフラインマップを追加することに注目が集まっていた。オフライン環境でもダウンロード済みの地図を利用できる便利な機能だが、地図データの契約上の課題があり、日本のGoogleマップでは制限されていた機能だからだ。結局、両社は契約の課題を解決できず、ゼンリンが地図データ提供から降りてしまったことが、今回の不具合の原因と見られる。

新しい地図は使い物になるのか?

現在のGoogleマップは、Googleが新規開発した自社製の地図データを利用しているようだが、いまだに不具合が報告され続けている状態状態であり、混乱が収束する目途は見えていない。

なお、この新しい地図は、航空写真で山脈の陰部分が湖になっていたり、並木の多い道路が公園になっていたりする間違いや、ほかにも交差点に面したコンビニエンスストアの駐車場が道路と語認識されていたりすることから、航空写真をもとにした機械学習や、スマホ位置情報の移動軌跡から地図データを生成しているのではないかと指摘されている。

航空写真では山の陰になっている部分が、川と湖になってしまっている
地図では鎌倉街道から大栗橋公園を抜ける道があるが、実態はただの公園広場だ。スマホ位置情報の移動実績をもとに道と認識したか?

新しい地図の仕組みや改善の見込みについては、Google側のアナウンスを待つほかないわけだが、GoogleマップはAndroidの標準地図として利用されており、影響を受けるユーザーがあまりにも多い。他の地図サービスを駆逐して大きな影響力を持っているのだから、責任も伴うはずだ。

関連記事
ペットボトルコーヒーに対抗? キリンが目指す「午後の紅茶」

ペットボトルコーヒーに対抗? キリンが目指す「午後の紅茶」"仕事のお供"戦略

2019.03.22

「午後の紅茶」に微糖のミルクティーが登場

新CMでは無糖・微糖を中心に新しい飲用シーンを訴求

ペットボトルコーヒーに対抗? 今後の戦略は

昨年まで、ビジネスマンの仕事のお供として「ペットボトルコーヒー」に注目が集まっていたが、今年は「紅茶」が主戦場になるかもしれない。

3月26日より発売されるキリンの「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」は、これまでの“ペットボトルのミルクティーは甘い”というイメージに反して、缶コーヒーでいちカテゴリを築いている「微糖」が特徴。また、同社が長らくカテゴリ内最大シェアを誇る「午後の紅茶 おいしい無糖」についても、あらたな消費イメージを打ち出す方針だ。

今春から「午後の紅茶」新CMに出演する新木優子さん、深田恭子さん、リリー・フランキーさん

ペットボトル紅茶飲料のトップブランドと言える「午後の紅茶」。この春から公開する新CMには、既存の紅茶飲料のイメージを覆す狙いが透けて見えた。

2つの軸で「紅茶」のイメージを変える

紅茶飲料のイメージと言えば、「午後の紅茶」の名前の由来となっている「アフタヌーンティー」(英国発祥の喫茶習慣)に象徴されるように、「女性の飲み物」であり、「時間的・金銭的余裕がある人の趣味」というところだろうか。それも紅茶という商品のひとつの側面だが、近年の消費者層のメインストリームではなくなっている。

今回、キリンが「午後の紅茶」新CMで打ち出したのは、大きく分けてふたつの飲用イメージだ。深田恭子さんが仕事で車を走らせ、駐車して一服するのに選んだのは微糖のミルクティー。一方、アーティスト然としたリリー・フランキーさんが飲んでいるのは無糖の紅茶。2本ともに「仕事のお供」としての訴求が挙げられる。

車を止め、「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」をひとくち飲む
絵を描く合間にのどを潤すのは「午後の紅茶 おいしい無糖」

もうひとつは、おなじくリリー・フランキーさんがカレーと紅茶飲料を一緒に味わうというCM。過去には同社の無糖紅茶が「おにぎりに合う」と訴求したこともあるが、あらためて食事中の飲料として「フードペアリング」を提案する。

カレーのような香りの強い食べ物とも合わせられる点を訴求
最年少の新木優子さんは、無糖紅茶を飲むようになった自分を「大人になった」と評するCMに出演。若者への無糖紅茶訴求を担う

紅茶を、コーヒーや緑茶と並ぶカテゴリに

カフェなどでは食後の飲み物をコーヒーか紅茶から選ぶのが定番だが、ペットボトル飲料市場では状況が異なる。コーヒーに次ぐ大規模市場は緑茶飲料で、紅茶はそこから比べるとかなり小規模だ。日本全体の清涼飲料市場で見れば、そのシェアは5%以下。仕事中の飲料としてメジャーなコーヒーが14.5%、緑茶飲料が13.3%という数字を見ると、半分以下という状況となっている。

清涼飲料市場において、紅茶はコーヒー、緑茶と比べて市場が小さい

こうした市場背景を確認した上で、今後「紅茶を、コーヒーや緑茶などの無糖茶と並ぶカテゴリに成長させたい」と意欲を示したのは、午後の紅茶を担当するキリンビバレッジ マーケティング部 商品担当 部長代理の加藤麻里子氏。世界での紅茶飲料と茶葉生産量の伸び、国内紅茶市場の回復傾向を論拠に、RTD紅茶のトップブランドとして、新しい紅茶文化を創っていきたいと語った。

「午後の紅茶」ブランド全体としては、既存の定番3種は甘さを求める若年層に対して継続投資を実施。甘さから離れる20代~30代の働く女性に向け、紅茶飲料としては珍しい「微糖」の新製品「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」を投入する。

午後の紅茶ブランドにおける年代別の主要商品マッピング

また、30代後半意以降の年代を健康意識や嗜好の変化から「糖離れ・無糖飲用層」と位置づけ、すでに市場で受け入れられている「午後の紅茶 おいしい無糖」の訴求強化を行っていく。

狙うはペットボトルコーヒーへの「対抗」ではなく…?

「2年前までコーヒーのCMをやっていたのにどのツラ下げて…というのはありますが」と茶化しながらも、自分のような「おじさん」にこそ紅茶は飲みやすいとコメントしたリリー・フランキーさん

製品ごとに異なる年齢層を狙って投入される新CM。「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」のCMでは、商品をことさらには誇張しない画面作りやキャスティング、出演者の自然体な演技とは裏腹に、「コーヒーから寝返っちゃおうかな」(リリー・フランキー出演「寝返り」編)、「ラテよりこっちかな」(深田恭子出演・「裏切られた」編)など、“コーヒー飲料からの転向”を示唆するようなセリフが目立つ。

働く大人がコーヒーから紅茶に「乗り換え」することを示唆するCMは、ここ2年でワーカー向けのペットボトル飲料の拡大を牽引し、ちょうど先日同ブランドから紅茶飲料を発売したサントリーの「クラフトボス」をはじめ、昨今増えているワーカー向けのコーヒーペット飲料に対する宣戦布告にも読める。だが、加藤氏にペットボトルコーヒー飲料のヒットに紅茶で対抗する構えかどうか尋ねると、決してそうではないという。

「今やひとつのカテゴリとなっているペットボトルコーヒー飲料も、複数社から新商品を展開し、協力して棚の広さを獲得した経緯があります。現状、紅茶飲料の棚は一段程度ですが、これを各社協力して2段へと増やしていきたいです」 

オフィス需要に対して、企業とコラボレーションし飲用機会を設ける試みも

また、「仕事のお供」需要を喚起する施策として、三菱地所に対して仕事中の飲料として「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」を提供。働き方改革推進企業とコラボレーションし、オフィスでの休息機会に手に取る飲料として配布する。今後、他の企業からオファーがあればそちらにも対応するとのこと。想定シーンに対して直接サンプリングすることで、需要の広がりを見込んでいる。

「午後の紅茶」は、日本国内の紅茶飲料としてはNo.1ブランドの地位を獲得しているだけに、紅茶飲用の文化を牽引して、先述の通りコーヒー・緑茶に並ぶ市場規模への拡大を狙っている。

昨今はスターバックスの「TEAVANA」、タリーズコーヒーの紅茶業態などが定着しており、タピオカミルクティーブームも依然続くなど、カフェ業界でも紅茶に追い風が吹いている。今後、午後の紅茶が「コーヒー党」や「緑茶党」をどれだけ引き込めるか、注目したい。

関連記事