カメラが有効な入力手段に、「Google Lens」が拓くモバイルの可能性

カメラが有効な入力手段に、「Google Lens」が拓くモバイルの可能性

2017.05.23

グーグルは、5月17日より、本社キャンパスの隣にある屋外劇場で、年次開発者会議を開催した。基調講演でグーグルCEOのサンダー・ピチャイ氏が披露したのが、Google Lensだ。GoogleアシスタントとGoogleフォトでの活用を開始し、その後、対応製品を拡げていく計画だ。アプリ内で呼び出して活用する技術プラットホーム、という位置づけと見られる。

Google Lensとは?

基調講演で示された活用例を挙げていくと、Google Lensによって何が起きるかが分かる。

例えば、Googleアシスタントからカメラを起動し、ユリの花に向けると、花の名前の候補を挙げてくれる。Wi-Fiのネットワーク名とパスワードが書かれたステッカーにカメラを向けると、スマートフォンに、そのWi-Fi設定が読み込まれ、自動的に接続を済ませてくれる。街を歩いているときに、通りに並ぶ店にカメラを合わせると、その店の名前や評価を画面内に表示する。

11分9秒からGoogle Lensの機能が紹介されている

ここで行われていることは、カメラで入力された画像やビデオの画像認識であり、同時に認識した画像の意味を解析し、適切な結果を返したり、設定を行ったり、検索を行ってくれるのだ。

こうした機能は、いくつかの、インターネットに接続されたスマートフォンを持っている我々の生活における「困難」を解決することになる。

本稿で挙げた3つの事例以外にも、カメラを通じてイベントチケットの予約ができるなどの活用法もある(画像:Google Official Blog5月17日投稿より)

まず1つ目の例では、目の前の花について詳しく知りたくても、その花の名前が分からなければ、詳しい情報にたどり着くことができなかった。目の前の物体から検索する仕組みは、今まで知り得なかった情報にたどり着く新たな手段を提供した。

またWi-Fiの設定の例は、今まで一度人の目で確認して、スマートフォンのキーボードを通じて入力していた、非常にミスの起きやすい状況を解決してくれるものだ。しかも、Google Lensは、目の前にあるランダムな文字列が、Wi-Fiの設定情報だと理解し、スマホをネットワーク接続に導いてくれている。

3つ目の例も、非常にスマートフォンらしい機能だ。スマートフォンのGPS等による位置情報によって、その人がどこにいるかは分かる。そしてどちらを向いているのかもわかり、画像認識をサポートすることで、カメラに映した店の情報を適切に表示している。これも、いちいち店の名前を調べて入力する手間から解放されている。

カメラによるモバイル活用が一気に花開く

カメラは、キーボード以上に素早く快適で直感的な、スマートフォンの入力手段、と評価することができる。Wi-Fiパスワードの文字列を入力ミスして、はじめから入力しなおす経験をしたことがある人なら、その価値はすぐに分かるはずだ。

スマートフォンのカメラを活用したAR環境の実現は、4月に開催されたフェイスブックの開発者会議「F8」でも同様の発表があった

フェイスブックは、AR活用について、情報表示、デジタルオブジェクト、装飾という3つの分類を示し、開発者向けにプラットホームを開放している。Facebookがソーシャルメディアであり、AR活用も、よりコミュニケーションや楽しみに重点を置いた内容であるという印象を受けた。

フェイスブックがARの活用を進めるのは「情報表示」「デジタルオブジェクト」「装飾」の3つ

これに対して、グーグルは、より日常的かつ実用的なカメラによるAR活用の提案を行っている。スマホのカメラが、写真やビデオの撮影以外に多用されるモバイルコンピューティングの姿は、2017年に一気に普及することになると考えられる。

音声アシスタントに続き、グーグルの強みが表れる

Google Lensで実現していることを見ると、既視感を覚える。ARにおけるフェイスブックに対するグーグルの構図は、音声アシスタントデバイスにおけるアマゾンに対するグーグルの構図に見えるからだ。

音声アシスタントデバイスについては、今回のGoogle I/Oでも基調講演で触れられており、Google Homeのより多くのデバイスのサポートや、日本を含む各国への拡大がアナウンスされた。

このカテゴリでトップを走っているのはAmazon Echoだ。ちょうど先週、Amazon Echo Showという7インチディスプレイを搭載する新モデルが発表されされ、音声・ビデオ通話やビデオ再生のサポートが紹介された。搭載する人工知能Alexa向けのアプリ「Skill」は1万を超え、スマートホームのハブとして台風の目となっている。

Google Home(画像:Google Home紹介ページより)
Amazon EchoとEcho Dot(画像:アマゾンプレスリリースより)

しかし、両方試した筆者は、盛り上がるAmazon Echo・Alexa以上にGoogle Homeの方が評価が高い。Echoは確かにたくさんのアプリが揃っているが、それを追加しないと賢くなってくれない。これに対して最初から実用的なのがGoogle Homeだったからだ。

Google Homeに何か訪ねると、正しく言葉を認識してくれれば、あとはGoogle検索で得られる情報や知識を話してくれる。既に構築しているウェブ上の知識グラフが利用できる強みを最大限に生かした存在なのだ。

Google Homeは声で、これまで蓄積してきた知識グラフを利用するが、Google Lensは画像をきっかけに、この知識グラフを活用する。この元となるデータの有無が、フェイスブックやアマゾンよりもグーグルの優位を作り出しているのだ。

文字入力しない未来が訪れる?

グーグルの一連の発表から透けてくるキーワードは「実用性」だと感じた。Google LensもGoogleアシスタントも、「スマートフォンがある我々生活」を、様々な日常的場面で解決してくれている。このことは、フェイスブックが提案する「何か新しいことを実現するAR」以上に、インパクトと拡大・普及する力を備えている。

未来のスマートフォン体験を考える際に、我々はもう、画面の中のキーボードでタイピングしなくても良くなるかもしれない。前述のように、マイクによる音声認識とカメラによる画像認識の技術を磨いてる様子が、Google LensとGoogleアシスタントから透けて見えるからだ。

今日、AndroidスマートフォンやiPhoneで利用できる音声入力を試してみると、精度は既に実用レベルに達している。メッセージを送ったり、SNSに書き込むなど、自分が何か発信したい場合、キーボードを使わなくても対応できる。認識速度についても申し分ない。 そして今回のGoogle Lensは、声に続いて、文字入力以外の新たな入力方法の実現を披露した。しかもただ認識するだけでなく、人がやろうとしていることを先回りして提示したり、解決したりする「アクション」まで面倒を見てくれる点だ。

こうした技術的背景が実現した今こそ、グーグルが一度取り下げているメガネ型デバイス、Google Glassに価値が生じるのではないだろうか。ぜひ、Google Lensを実装するGoogle Glassを実現してほしいものだ。

動画配信にゲームにニュースにクレカまで、Appleが2019年に新サービス攻勢

動画配信にゲームにニュースにクレカまで、Appleが2019年に新サービス攻勢

2019.03.26

アップルが動画配信サービスの「Apple TV+」を発表

さらに定額ゲームに定額ニュース、クレジットカードまで

他社の台頭が目立つサービス分野で競合を再追撃へ

米アップルが日本時間3月26日にスペシャルイベントを開催した。

動画配信など新サービスの発表だろうというのが大方の予想だったが、蓋を開けた結果出てきたのは、動画配信サービス「Apple TV+」、定額制ゲームサービス「Apple Arcade」、ニュースサービス「Apple News+」の3つの新サービス。さらにはクレジットカード(に似た何かではなく本当にクレカ)の「Apple Card」まで登場した。バラエティに富む発表内容だったので、少しまとめてみたい。

発表会はアップル本社内にあるスティーブ・ジョブズ・シアター(Steve Jobs Theater)で行われた

Apple TV+

Apple TVアプリで利用できる定額動画配信サービスがこの「Apple TV+」だ。

今回のApple TV+は先行し既に巨大なNetflix、Hulu、Amazonプライムビデオに真っ向から挑むサービスで、アップルの勝算が気になるが、まずはオリジナル番組の魅力で勝負するようだ。以下に同社の発表を引用しておこう。

「オプラ・ウィンフリー、スティーヴン・スピルバーグ、ジェニファー・アニストン、リース・ウィザースプーン、オクタヴィア・スペンサー、J・J・エイブラムス、ジェイソン・モモア、M・ナイト・シャマラン、ジョン・M・チュウなど、世界で最も著名かつクリエイティブなアーティストたちによるまったく新しいプログラムをご用意しています。」

Apple TV+に参加するスティーヴン・スピルバーグ監督がゲスト登壇

ちなみにApple TVアプリ自体も今年5月にアップデートする予定で、iOS端末だけでなくMacでも、さらには他社のスマートTVや、競合するAmazonのFireTVでも利用できるようになる。これによりApple TVアプリがあれば、他社のものも含めて定額動画配信の視聴環境が手に入るというわけだ。

Apple TV+のサービス開始は今年の秋。料金と提供地域もその頃に公開する予定だという。

Apple Arcade

「Apple Arcade」はゲームのサブスクリプションサービス。簡単に言えば追加課金ナシの定額制でゲーム遊び放題というサービスだ。iOS端末やMac、tvOS機器に対応し、リビングで遊んでいたゲームの続きはiPhoneで、といったデバイス間でのゲームデータ共有もできる。

問題はどんなゲームがラインアップされるのかだが、Apple Arcadeに参加するゲームデベロッパーとして名前が挙がっているが、Annapurna Interactive、Bossa Studios、カートゥーンネットワーク、Finji、Giant Squid、KleiEntertainment、コナミ、LEGO、ミストウォーカー、SEGA、Snowman、ustwogamesなど。

SEGAと言えばソニック・ザ・ヘッジホッグ。Apple Arcadeへは今年後半に「Sonic Racing」を提供予定

著名クリエイターの手による、100タイトル以上のオリジナル新作ゲームを独占提供するともしており、ファイナルファンタジーの生みの親として知られる坂口博信氏や、シムシティのウィル・ライト氏らが新作に着手中というアナウンスがあった。アップルはApple Arcade用ゲームの開発費を助成するプログラムを用意し、クリエイターを積極的に囲い込もうとする姿勢も見せている。

提供開始は今年の秋で、日本での提供は明言されていないが、150か国以上での提供を予定しているというので期待したい。

Apple News+

今回の「Apple News+」は、既存のiOS向けニュースアプリ「Apple News」をバージョンアップしたもの。

ウェブニュースや300誌以上の雑誌に加えて、新聞紙面も定額でまとめて購読できるという特徴がある。購読者に合わせて厳選されたニュース記事を提供する新しいサブスクリプションサービスだとしているが、キュレーションやレコメンドでアップルならではの機能が盛り込まれているようだ。

雑誌と新聞が定額で読み放題の「Apple News+」

サービスの定額購読料は9.99ドルからで、米国、カナダ、英国、オーストラリアで展開する。今のところ他の国・地域向けでサービスを提供する情報はないが、国ごとの出版社との契約負担を考えれば日本向けはまだ期待できないかもしれない。

Apple Card

今回の発表で最も意外だったのは「Apple Card」だろう。イシュアを担当するパートナーとしてゴールドマン・サックスと組み、アップルが自社ブランドのクレジットカードを発行する。

Apple Cardの特徴は利用開始までの手続きのシンプルさで、iPhoneからその場で発行でき、そのままApple Payに登録してすぐさま利用できる。もちろん、Apple Payが使えない店舗用などに物理的なクレジットカードも発行できる。

クレジットカードの「Apple Card」。シンプルな券面のチタンカード。高級感が凄いが年会費無料

物理的なカードの方も(特に見た目が)独特で、カードフェイスにデザインされているのはアップルの林檎マーク程度で、カード番号の表記すら無く、色もシルバー基調に揃えられたシンプルで高級感のあるものになっている。しかもプラスチックカードではなく、チタン素材のメタルカードになっていて、気分はまるでアメックス・センチュリオンだ。

チタンカードなのに年会費は無料、還元率は2%(Apple Storeでは3%、物理カード決済では1%)とかなり条件の良いクレジットカードだけに、欲しい人は世界中にいそうだが、残念なことに当初の提供は米国向けのみで、今年の夏に登場予定。

関連記事
GACKT参戦のRAGE、複数タイトルの大会で音楽フェスのような楽しみ方を提案

GACKT参戦のRAGE、複数タイトルの大会で音楽フェスのような楽しみ方を提案

2019.03.26

幕張メッセにてeスポーツイベント「RAGE 2019 SPRING」が開催された

同イベントでは4タイトルの大会を同時に進行

『PUBG Mobile』には「Team GACKT」も参戦した

3月17日、幕張メッセにて、「RAGE 2019 SPRING」が開催された。RAGEは、CyberZとエイベックス・エンタテインメントが共催するゲームイベント。『シャドウバース(シャドバ)』や『ストリートファイターV AE』といったさまざまなゲームタイトルで大会を実施し、その様子をAbemaTVで配信している。

今回行われた「RAGE 2019 SPRING」は、複数のeスポーツタイトルの試合を同時に進めるオフラインイベントだ。『シャドバ』『ブロスタ』『PUBG Mobile』『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(スマブラ)』の4タイトルでトーナメント戦が開催された。

『シャドバ』は、「RAGE Shadoeverse 2019 Spring GRAND FINALS」として、これまでの予選を勝ち抜いた8人のファイナリストによるトーナメント戦を実施。優勝賞金も400万円と高額だった。

『ブロスタ』は、『クラッシュ・ロワイヤル』を運営するSupercellが昨年末にリリースしたばかりの最新スマホタイトル。今回のRAGEが、初のオフラインイベントだ。当日受付もしており、飛び入りでの大会参加もできたので、自分でeスポーツイベントに参加してみたいと思っていた人にとっては、いいきっかけとなったのではないだろうか。

そして、『スマブラ』は言わずと知れた任天堂の人気タイトル。予選を勝ち抜いた8人によるトーナメント戦が開催された。

メイン会場では『シャドバ』の「RAGE Shadoeverse 2019 Spring GRAND FINALS」を開催
『ブロスタ』の会場。3人1チームで参加した参加者は、手渡されるリアルエメラルドを奪い合う。最終的にリアルエメラルド所持数の多い8チームが本戦へ進出する
『スマブラ』の会場。大会常連の選手やプロ選手によるハイレベルな攻防が繰り広げられた

PUBG Mobileでは「Team GACKT」が参戦!

なかでも今回注目を集めたのは、国内初の招待制オフライン大会が開催された『PUBG Mobile』だ。16チームによる全4試合のSQUAD(4人1チーム戦)で全4ラウンド戦い、生存順位とキル数によって得られるポイントの総数で順位が確定するという内容の大会が行われた。

『PUBG』は、フィールド内にあるアイテムを駆使して、最後の1人(1チーム)になるまで戦うというバトルロワイヤルゲームだ。

『PUBG Mobile』の試合会場は、ステージ奥にあり、1チームが1つのテーブル席に集まってバトルする

それが、なぜ注目されたかというと、出場チームのなかに「Team GACKT」という名前があったためである。そう、今話題の映画『翔んで埼玉』で主演のGACKTさんが率いるチームだ。

GACKTさんがチームのオーナーをしているというわけではなく、プレイヤーとして参戦。しかも、第4戦では、3キルするという大活躍によって、3位入賞を果たした。

今後も「Team GACKT」の大会参戦に期待したい

表彰式でGACKTさんは「実力ではほかのチームに劣っているのはわかっていました。なので、撃ち合いで勝負はせず、ポイントを稼いで生存することを考えましたね。それがうまくいったから、3位に入ることができたのではないでしょうか。作戦によって結果が残せるのが、このゲームの良いところです。また、実はメンバーと顔を合わせるのは、今回が初めて。いつもオンラインでプレイしていたので、最初は、『こいつ、こんな顔してたんだ』って、見ていましたね。『PUBG』は、『やればハマる』とわかっていたので、手を出さないようにしていたんですが、やはりハマってしまいました。今後も『PUBG』が広まるように、できることは協力していきたいです」と大会を振り返った。

またGACKTさんは、今大会のためにわざわざフランスから帰国したと話す。好きなものであれば、時間もお金も超越できるのだ。

eスポーツはプロ選手が高い技術を競い合い、それを観戦するという楽しみがある。しかし、それと同時に、老若男女が誰でも参加できるという魅力もあるのだ。本来ではあまり関わることはない有名人とチームメイトとして一緒にプレイしたり、対戦相手として試合したりできるのも、eスポーツならではのおもしろさだといえよう。

音楽フェスのような楽しみ方が可能

RAGEでは、4つのイベントがほぼ同時に進行しており、まさに音楽フェスの様相だった。自分の好きなタイトルを見続けるもよし、好きな選手が登場するタイミングを見計らって移動するもよし、決勝戦だけを渡りあるくのもよしだ。

選手への応援メッセージのコーナー。メッセージを書くとキットカットがもらえた
会場にはアイドルグループ、「わーすた」の姿も

観たい試合が重なってしまうと、どちらかを諦めてしまわなければならなくなるが、それでもどこかで盛り上がっている会場があるのはイベントとして飽きずに観ていられるだろう。

1つのタイトルをじっくり観戦するのもいいが、今回のように複数タイトルを同時に楽しめるイベントがあれば、これまであまり気にしていなかったタイトルに興味を持つきっかけになるかもしれない。 

関連記事