GLMと旭化成のコンセプトカー「AKXY」から考える電気自動車の未来

GLMと旭化成のコンセプトカー「AKXY」から考える電気自動車の未来

2017.05.24

総合化学メーカーの旭化成が、電気自動車(EV)のコンセプトカー「AKXY(アクシー)」を発表した。自動車業界にとっては従来、クルマの部材を納めるサプライヤーの1社に過ぎなかった旭化成が、どうやってクルマを作ったのか。その立役者は京都のGLMという企業だ。同社が推進する新たなビジネスモデルは、クルマづくりの概念を変えるかもしれない。

「Asahi Kasei ×(かける) You(顧客のこと)」から命名された旭化成のコンセプトカー「AKXY」。SUV型のEVという珍しいスタイルだ。発表会には旭化成グループキャンペーンガールの大伴理奈さんも駆けつけた

旭化成のコンセプトカー作りを支えたのは

自動車メーカーが、実際に走行可能なコンセプトカーをモーターショーなどに出展するのは珍しくない。しかし、それ以外の企業が、AKXYのような走れるコンセプトカーを製作する例は多くない。そこに、旭化成の自動車事業への強い思いが表れている。

AKXY発表会に登壇した旭化成・常務執行役員兼高機能ポリマー事業本部長の吉田浩氏は、自動車事業で「2025年に3000億円の事業規模を目指す」と述べた。旭化成は2016年4月に発表した中期経営計画「Cs for Tomorrow 2018」において、2025年度に売上高3兆円を目指すという目標を掲げている。自動車事業の3000億円というのは、全社売上高の10分の1に相当する野心的な数字だ。自動車事業は中期経営計画の基本戦略である「収益性の追求」「新事業の創出」「グローバル展開の加速」のうち、新事業の創出に関わる。

AKXYに乗って登場した旭化成の吉田常務

その重要な戦略を象徴するコンセプトカーの製作に協力したのが、GLMだ。

新しいビジネスモデル構想を持つGLMに注目

GLMについては以前、4000万円のEVスーパーカーを発表したことをこの媒体でもお伝えしている。この記事では、EV用プラットフォームを他社に提供する新たなビジネスモデルの可能性について触れているが、その続報ともいえるのが、今回の動きである。

今回のAKXYは、GLMによるプラットフォーム事業で公になった第1号案件だ。GLM取締役の田中智久氏は、「これまでにも、EVプラットフォームを利用して頂いた例がないことはありませんが、弊社の名前を表に出していただきながら、共同開発ということで公に発表していただくのは、今回のAKXYが初めてになります。この話は、旭化成様からアプローチしていただきました」と、いきさつを語る。GLMの技術力が、大手企業の旭化成の目に留まったのだ。

なぜEVだったのか

発表会場でAKXYの説明を行った旭化成・オートモーティブ事業推進室長の宇高道尊氏は、「コンセプトカーを製作するうえで、未来志向で我々も学んでいきたいと考え、一緒に取り組むことのできるパートナーを探していました。GLMはエネルギッシュで、かつエモーショナルな会社であり、新しいビジネスモデルを生み出すなど、柔軟性のある会社として声を掛けさせていただきました」と述べた。

ベンチャー企業として精力的かつ情熱的であるのは当然だが、EV事業において新たなビジネスモデルを考えている、すなわち、EVプラットフォームを提供するという構想を持っていることが、共同開発を申し入れた大きなきっかけであることを、宇高氏は発言に含ませた。

もう1つ、AKXYというコンセプトカーが、なぜEVであるのか。ここも重要な視点といえる。次世代車の枠組みでは、もはや標準車的な位置づけにあるとはいえハイブリッド車(HV)があり、昨今はプラグインハイブリッド車(PHV)も注目を集めている。さらには、未来を見据えた燃料電池車(FCV)も、日本においてはトヨタ自動車と本田技研工業が販売にこぎつけている。

なぜ旭化成はEVでコンセプトカーを作ったのか

EVを選んだ点について旭化成の吉田常務は、「時代はエコロジーと燃費であり、そのなかで市場性を考えた場合、いつという時間の捉え方はいろいろあるかもしれないが、台数が増えていく流れにあるのはEVで、未来志向で考えた回答がEVとなった」と答えている。

国内のマスメディアの報道では、あいかわらずEVに対し、航続距離が短いなどの課題を抱えているといった、従来型の概念を枕詞に使う例があとを絶たない。しかし、未来志向で新規事業を展開する、旭化成のような大手企業の現実的な回答は、EVであることが明らかになったのだ。

EVシフトを加速させるのはどんなクルマ?

EVで先行した三菱自動車工業や日産自動車に後れを取ったものの、トヨタとホンダも、米国カリフォルニア州のZero Emission Vehicle(ZEV)規制の強化や、中国のNew Energy Vehicle(NEV)規制を視野に、今は全力でEVの開発を急いでいる。

とはいえ、現時点で消費者の目に触れるEVの存在は限られている。ただし、三菱「i-MiEV」や日産「リーフ」の中古車が出てくるようになり、次第に公道でEVを見かける機会が増えているのも事実である。また、EVの走行距離は着実に延びてもいる。

こうした中、先頃の決算記者会見の場において日産の西川廣人社長は、「EVのパイオニアとして、リードしていく姿勢に変わりはない」と発言した。年内に発売となる新型リーフに触れただけでなく、中国での小型EVについても、今後は追い上げていくと語った。もちろん、リーフを含めた、より大型のEVについても「これから需要が高まると予測しており、負けない自負はある」と答えている。

国内ではガソリンスタンドの減少が急速に進み、地方における移動手段の確保をどうするかが喫緊の課題となっている。そこに手ごろな価格のEVが投入されれば、自宅や仕事先でクルマを充電することで、これまで通りに日常生活を続けていくことが可能になるかもしれない。だが、そういう要望に応えられるEVは、まだ存在しないのが実態だ。

そこに、GLMのプラットフォーム事業がフィットする可能性がある。

走る・曲がる・止まるを担保するGLMのノウハウ

かつて、EVが急速に脚光を浴びた1990年代後半には、モーターとバッテリーで動くEVであれば、家電メーカーなどの新規参入も容易なのではないかとの声が上がったことがある。だが、クルマづくりはそう簡単ではない。動くかどうかではなく、ちゃんと走り、曲がり、止まることができるという自動車の基本性能が確かでなければ、安全に公道を走ることはできないのである。

GLMは「トミーカイラZZ」の電動化によって、スポーツカーの走行にも耐えうる基本性能を実現してきた。その上でGLMの田中取締役は、「GLMの強みは、何社ものサプライヤーとのつながりを持ち、各社で何ができて、何ができないかをよく分かっているところです。また、公道を走るための認証取得などの知見もあり、それが7年やってきた我々の成果です」と語っている。

「トミーカイラZZ」

また、プラットフォームの提供についても、「トミーカイラZZのプラットフォームをそのまま、小型車やSUVなど他の車種に使いまわすのではなく、それぞれの車種の要望に合わせて、最適な仕様で提供するという意味です」と述べた。

公開されている写真などから見るトミーカイラZZのEVプラットフォームは、まさにスポーツカー向けであり、あたかもレーシングカーのモノコックやサスペンションを見るようだ。なにしろ、トミーカイラZZを設計した解良喜久雄氏は、レーシングカーデザイナーである。それを、このまま他の車種に使うわけではないと、田中取締役は話すのである。

GLMが「G4」の発表会で展示していたプラットフォーム

その上で、プラットフォーム全体で提供するだけでなく、個々の要望に応じた部品単位での対応もできるという。相談や依頼に応じて、GLMは幅広い回答を用意できるというわけだ。

環境対応を急ぐ中国メーカーも注目?

こうしたGLMの新しい取り組みに対し、国内ばかりでなく、中国や東南アジアからも問い合わせが届いているという。なかでも大気汚染が深刻で、NEV規制を推進しており、また原子力発電への投資が著しい中国においては、EV導入を精力的に進めようとする現地自動車メーカーや新規事業者の間で、GLMの存在感が大きくなっていると想像することができる。

一方、国内では、やはり原価を抑えた手ごろなEVがどこまで実現できるかが課題だ。原価について田中取締役は、「それぞれの案件に応じて、材料を変更するなど原価低減の相談にも応じられるようにしたい」と語っている。

大手自動車メーカーは、グローバルな視点でのEV構想を持つ傾向にあるが、国内において私は、“100km100万円の軽EV”という構想を、あらゆる機会をとらえ提唱している。そのような日常の実用に足る身近なEVの登場を待つ声は、実際に多く届いてもいる。それを実現できる可能性を、GLMのEVプラットフォーム提供事業は支えてくれるかもしれない。

ただ、それを実行する意欲と資金力を持ち、GLMと共同歩調を取れる新規事業者が登場するかどうかは未知数だ。そこは期待しつつ、注意深く見守っていきたい。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu