“Be a driver.”のマツダは何を作る? 藤原専務に聞く自動運転社会

“Be a driver.”のマツダは何を作る? 藤原専務に聞く自動運転社会

2017.03.23

“Be a driver.”。これが、マツダの広告メッセージだ。その意味は、運転者であれということだろうか。マツダの解説を読めば、人生を自ら切り拓こうという想い、そして、クルマを自分で運転したいとの願いが込められているようだ。一方で、交通事故の抑制や環境・エネルギー改善の高効率化などの視点から、自動運転技術が注目され、国内でも2020年には高速道路など一部での実用化が目指されている。あと3年で迎えるその日に向けて、マツダはどうクルマを進化させていくのか。電動化戦略を聞いた前回に引き続き、今回も研究開発の取締役で専務執行役員の藤原清志氏に問う。

研究開発を担当する藤原専務は自動運転をどう見ているのか

マツダらしい自動運転とは

「自動運転技術は、やっています」と、藤原氏からは答えが返ってきた。「ただし…」と言葉が続く。

「私は、隣の家まで100メートルくらい離れた田んぼの中の家に住んでいます。そういう田舎で生活し、周りに住んでいる人たちを見ると、果たして本当に自動運転のタクシーで出かけるのだろうか、そこまで彼らは機械を信頼しているのだろうかと思うのです。そして、それはあり得ないだろうと考えます」

「結局は、人に助けを求める気がしてならないのです。そこで、高齢者を含め、人が運転するクルマで、出掛けたい人を助けてあげられないかという考えが導き出されるわけです。では、どうすればいいか」

「たとえば、国でも一部で認めようとする動きがある、地域や地区限定の自家用車のタクシー、いわゆる白タクをやればいいのではないかということです。現状のタクシーのような営業の仕方ではなく、自宅から病院へ行きたいという人が居れば、その区間だけ自家用車を出して連れて行ってあげるといった形態です。人と人とが助け合う、昔ながらのコミュニティ(共同社会)を、どう作っていくかではないかと思っています」

「そのために、高齢の運転者でも安心して任せられるクルマを自動車メーカーとして作り、提供してゆけないだろうか。高齢者が運転しても大丈夫な自動運転にしていく。具体的には、普段はいつも通り運転できるのですから、ハンドルは自分で握ります。ただし、体調が悪くなったとか、心臓発作とか、万一の際には安全にクルマを止める自動運転です。そして二次事故を起こさないようにする。完全自動運転ができるようになれば、そこから病院まで搬送できるような自動運転になればいいでしょうが、まずは安全に止めることをしっかりやる。それを実現するために、自動運転技術は必要です。そういう自動運転社会にしたいのです」

“Be a driver.”のメッセージを展開するマツダらしい自動運転技術の活用と、その運用の案だといえる。

自動運転で解決できる社会問題

藤原氏の構想は、さらに広がりを見せる。

「白タクを認め、そこに自動運転技術を適用していくことで、地方に活躍の場が生まれれば、高齢の元タクシー運転手が地方へ行ったり、故郷へ帰って運転をいかした生活をしたりすることができるのではないでしょうか。日々畑で働きながら、依頼が来れば運転で手伝うとか」

「白タクで手助けするための運賃は、村や町など、自治体が支払ったり補助したりすればいいでしょう。地域のバスが廃線になっていますが、定期的な路線バスは費用が掛かりすぎ、自治体では維持できなくなっています。しかし、必要なときにだけ白タクを認め、その代金を支払うのであれば、経費はずっと安く済むでしょう」

「そうなってくると、クルマを維持・整備するための工場が必要になり、燃料を入れるガソリンスタンドも必要になって、既存の自動車産業を維持していくことができます。それも1つの地方創生につながっていくのではないでしょうか」

自動運転が人を排除し、ロボット社会を生み出す道筋ではなく、人がいきる社会を創造することにつなげようとする発想だ。

人がハンドルを握ることを前提に開発

人がハンドルを握る自動運転の在り方について語る藤原氏

自動運転技術を実現させる方法についても、人がハンドルを握ることを前提とすることで、開発の仕方が新たになると、藤原氏は話す。

「人がハンドルを握る、あるいはペダルを踏むことを前提にすれば、その操作に人の状態が現れます。もし居眠りをすれば、ふ~っとハンドルが切られたり、スマートフォンを見ながら運転していると真っ直ぐに走れなくなったりする。そういう普段とは違った操作の様子が現れます。人の状態と、普段とは違う運転状況との因果関係を明らかにできれば、操作を検知するセンサーをハンドルやペダルに取り付け、あとはコンピュータが判断し、クルマを止めるなどの処置に結び付けられます。このやり方なら、高価な画像センサーなど使わないので、容易にあらゆる自動車に装備することができます」

「私の狙いは、生活を支えている廉価な自動車でも装備できる自動運転技術です。それが実現できれば、普及も早いでしょう。先進安全自動車(ASV)のなかで、これを研究開発させてほしいと関係各所に働きかけ、医大の先生などと一緒に、第6期(2016年~)の5カ年計画で取り組んでいます」

廉価な自動車にも採用できるという発想が重要だ。それは、原価と性能の調和をはかりながら、すべてのクルマに装着できる道につながるからだ。

一般的に自動運転技術の開発では、人が手を離した状態での走行や、人の状態をカメラなどで監視するセンサーの開発などが盛んだ。しかし、人が自らハンドルを握り、自ら運転することを前提としたマツダの取り組みは、人を知るという側面で、より直接的な検知や判断、認識につながり、的確性を高める可能性がある。“Be a driver.”の意にかなったやり方だ。

都市部における自動運転の在り方は

自動運転が注目される背景には、事故ゼロを目指すという方向性のほか、世界人口が増加するなかで都市部に住む人が増えるのに伴い、混雑する都市で、いかにクルマの利便性を保持するか、といった視点もある。ドイツの自動車メーカーが目指すのはそこだ。

独アウディは、2011年秋に「アーバン・フューチャー・イニシアティブ・サミット」を開催し、そこで問題提起を行った。その会合は、2030年に世界人口の60%が大都市部に住むようになるという国際連合の推計を受けて、交通の在り方を考える場だった。直後のフランクフルトモーターショーでアウディが出展したのは、電気自動車(EV)に自動運転を組み合わせた「A2コンセプト」というモデルである。

アウディ「A2コンセプト」

先の藤原氏の発想の原点は、過疎化の進む地方の生活を考慮した交通の在り方と、自動運転の活用法だった。では、都会はどうなのか。「都市部は、営業のタクシーが十分にあるでしょうから、あえて自動運転にしなくても手助けはできるのではないでしょうか」と、藤原氏の答えは明快だ。

実際、東京23区などでは、近距離のタクシー料金を従来の2キロ730円から約1キロ410円へと安くしたことにより、実施後2週間で、近距離の利用が3割近く(28.6%)増えたと国土交通省が公表している。

誰もが行きたい場所へ行ける時代に

しかし、両親の介護をした私の経験からすれば、救急車を呼ぶまでではないが、急いで町の医院へ連れていきたい、だが、仕事へも行かなければならないといった際、医院まで自分のクルマで連れていき、帰りは自動運転で無事に親を家に帰らせることができれば便利なのにと思ったことがある。

ほかに、障害を持つ人の自立という視点で考えると、福祉車両に運転支援や自動運転が加わっていけば、より活躍の場が得られるだろうと考える。理想を言えば、目の不自由な人でも1人で出かけられる自動運転車の実現だ。

鉄道のホームから目の不自由な人が転落する事故を受けて、鉄道事業者はホームドアの設置を急いだり、係員をホームに常駐させたり、乗客への声かけを増やしたりしている。だが、実際に目の不自由な人たちの実情を知れば、彼らが1人で出掛けられるのは行きなれた道や場所でしかない実態がある。しかも、IC乗車券をタッチする部分は、目の不自由な人には位置が分かりづらい。もっと自由に、初めての所へも1人で行けるようになれば、どれほど心が軽やかになるだろう。

藤原氏の言うように、人々が助け合う共同社会の醸成が進むことは私も願うところだ。一方で、ウォークマンやスマートフォンの普及により、周囲に全く関心を寄せない人が街を歩く時代にもなっている。それは止められない。そうした自己に没入した人に、高齢者や障害を持つ人も歩いていることを意識させるのは困難だと思う。

欧米では、見ず知らずの人に当たり前のように声をかけ、手を差し伸べる日常がある。日本にも昔はそういう社会があったはずだ。しかし今日、私が散歩をしていてすれ違う人に「おはようございます」と声を掛けたとき、けげんな顔をする人がどれほど多いことだろう。

配慮の心を持った、人に優しくなれる社会を求めながら、同時に、技術で人を助けられるなら、その両方を進めていくのが今の時代の取り組み方ではないだろうか。

人に頼らず、自立して生きて行ける。その気持ちは、高齢者にも障害を持つ人にも、強い生きがいをもたらすだろう。人に何かを頼むのは、親子の間でも遠慮が働くものだ。そこに、自動運転技術が役立つなら、何より嬉しい。

自動運転の実用化に向けた現実的な道筋とは

また、自動運転には、これまでクルマの顧客でなかった人を顧客にする可能性もありそうな気がする。

高齢者や障害を持つ人もその中に入るが、さらに、免許を持たない人、あるいは免許証を持ってはいるが、運転に自信がなくペーパードライバーでいる人も、自動運転で目的地に安全に行けるなら、クルマを持ちたいと思うかもしれない。

テレビ番組で先頃、目の不自由な人もスマートフォンを使えるように練習する様子が報道された。そのように、通信との深い連携もこれからクルマに取り込まれていくならば、あらゆる人がクルマを自由に、自在に利用できる社会が自動運転の実現によって訪れるかもしれない。そのとき初めて、クルマは自由の象徴になるのだ。クルマは自由だという声はあるが、今は、限られた人のための道具でしかない。

マツダならではの自由な発想、自動運転にいかせるか

ところで、これまで運転支援機能付きのクルマを様々に試乗してきた私の経験からすると、現在のレベル2を超えてレベル3となった際、普段の走行には自動運転を使いながら、万一の際には人が再び運転を任されるというのは、非常に考えにくいと思っている。なぜなら、運転支援機能を利用しているうちに、自動操作に頼る気持ちが強まっていき、もっと任せられるのではないかという心理状態に陥ってくるのを私自身が体験したからだ。運転している意識がどんどん薄れていくのである。

自動運転への道筋として、レベル1からレベル4へと段階を踏む開発は、机上の技術開発の行程でしかない。実用化へ向けては、藤原氏の言う運転者自らがハンドルを握る状態で万一を想定した対処法か、あるいは、完全自動運転へと一気に進展する形でなければ危ないと思う。

自動車関係者は専門家であるがゆえに、得てして従来のクルマの進化・発展の道筋で将来を構想しがちだ。しかし、EVや自動運転は、従来にない発想からクルマの新たな価値を見出さなければ、役に立たないものを作ってしまう可能性がある。それは、メディアにおける評論も同様だ。

ぶつからないクルマになり、エンジン車に比べ部品点数の少ないEV独自の車体構造を採り入れ、そこに完全自動運転が入ったとき、クルマはより多くの人々を受け入れる存在になれるのではないか。そういう視点での論議を早急に積み重ねていくことが、未来の明るいクルマ社会を構築していくと考える。

マツダのような中堅の自動車メーカーこそ、そういう自由な発想を取り込める可能性を持つと思う。「ロードスター」という、それほど台数を見込めないスポーツカーを25年以上も作り続け、振り返れば累計販売台数100万台を達成してきたマツダである。同じように、25年後に振り返れば、高齢者、障害を持つ人、ペーパードライバーの全てを受け入れる、100万台の自動運転車が存在するまでになったという成果を待ちたいものだ。

初代のメインカラー「クラシックレッド」をまとった4代目「ロードスター」。このクルマを作り続けるマツダという会社ならではの取り組みに期待したい
プラズマ乳酸菌で労働生産性が向上!? ヤフーとキリンが共同発表

プラズマ乳酸菌で労働生産性が向上!? ヤフーとキリンが共同発表

2018.11.16

キリンとヤフーが共同で健康経営に関する研究を実施

プラズマ乳酸菌の摂取が免疫細胞の司令塔を活性化させることを確認

免疫力アップが労働生産性の向上につながることも導き出した

キリンとヤフーは11月15日に、キリングループの研究している「Lactococcus lactis strain Plasma(プラズマ乳酸菌)」について、共同で実施した研究結果を発表した。

研究結果は、「プラズマ乳酸菌を摂取すると、労働パフォーマンスの指標が向上する」というものだ。いったいどういうことなのだろう。

プラズマ乳酸菌が活性化させるのは免疫細胞の司令塔

そもそもプラズマ乳酸菌とは何か。乳酸菌はヨーグルトなどに入っているイメージだが、プラズマとは違う物質なのだろうか。キリン社によると、プラズマ乳酸菌とは免疫細胞の司令塔を活性化する唯一の乳酸菌だという。

どうやら免疫細胞には命令系統のようなものが存在し、司令塔を活性化させることに成功すれば、司令塔の命令を受けるすべての免疫細胞が活性化されるのだという。

ただし、一般的な乳酸菌が活性化できるのは、命令系統下位の細胞のみ。そのため効果も限られる。それに対して今回研究結果を発表した、プラズマ乳酸菌は免疫細胞の司令塔である「プラズマサイトイド樹状細胞(pDC)」を活性化することができるため、免疫細胞全体を活性化することができるという。

そんなプラズマ乳酸菌が労働パフォーマンスとどう関係があるのか。次は、今回の研究で行われた試験内容を見てみよう。

一般的な乳酸菌とプラズマ乳酸菌の違い

元気な体が、低労働生産性の「プレゼンティーズム」を回避

今回の試験は、ヤフー社員226名を対象として行われた。プラズマ乳酸菌1000億個含むヨーグルトを4週間摂取し、体調、気分、労働生産性に関するアンケート評価を実施。その結果、非摂取の状態と比較すると、プラズマ乳酸菌を摂取している状態のほうが、活気があり、体調も良好だと感じている人が多かった。

また、「風邪気味で頭がボーっとする」「下痢で何度もトイレに行く」といった、出勤しているが心身の健康上の問題によって十分なパフォーマンスを発揮できていない状態を「プレゼンティーズム」と呼ぶが、今回の試験によって、このプレゼンティーズムの状態が軽減され、労働生産性が向上したことを確認できたという。

つまり、プラズマ乳酸菌を毎日摂取することで、生体内の免疫が活性化し、体調がよくなり、プレゼンティーズムを改善して労働生産性が向上することがわかったのだ。

簡単に言うと、プラズマ乳酸菌を摂取して元気な状態で仕事をすれば、高いパフォーマンスを発揮できるということである。

プラズマ乳酸菌の摂取によってプレゼンティーズムが改善するという結果が得られた

キリン 代表取締役社長の磯崎功典氏は「従業員とその家族が健康であることは、社会にとってプラスの価値を生みます。健康寿命が延びることによる労働力の確保、ひいては、経済の活性化にもつながると考えました。その結果、従業員は考える時間やチャレンジする時間を持てるようになり、仕事のパフォーマンス向上や、イノベーションの実現につながっていくでしょう」と、キリンが健康経営に力を入れる理由を説明した。

キリン 代表取締役社長の磯崎功典氏

同社が乳酸菌事業に参入してから1年。すでに、初年度の売上額は、目標の1.5倍の額にあたる55億円に達しているが、さらに拡大していき、3年後には2.7倍の150億円を目指す。

たしかに筆者自身も、プレゼンティーズム状態だと感じることはしばしばある。疲労だけでなくオフィス内の騒音なども、仕事に集中できない原因の1つだと思われるが、はたして、そのようなメンタル面のプレゼンティーズムも改善されるのだろうか。実際にプラズマ乳酸菌を飲んで、試してみたいところだ。

『パワプロ』eペナントレース開幕! 元プロ野球選手の解説も

『パワプロ』eペナントレース開幕! 元プロ野球選手の解説も

2018.11.16

『パワプロ』のeペナントレースが開幕

プロアナウンサーの実況と元プロ野球選手の解説で盛り上がりを見せた

規模の大きさにプロ選手も緊張していた様子

コナミデジタルエンタテインメントとNPB(一般社団法人日本野球機構)は、11月10日に、ベルサール渋谷ガーデンにて「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ2018」の開幕戦を開催した。

eBASEBALLは、『実況パワフルプロ野球』のeスポーツイベント。プロ野球全12球団に登録された3名ずつ、計36名のプロゲーマーによって行われる。リーグ内で各チームと3戦ずつ、全15戦行い、ペナントレースを争う。

今回、先だって行われたプロテストeドラフト会議を経て、いよいよ開幕を迎えることになった。開幕戦では、セ・パ両リーグともに試合が行われたが、基本的に土曜日にセ・リーグ、日曜日にパ・リーグの試合が開催される。

試合前にはオンライン投票での勝敗予想も行われる。チーム自体の強さもさることながら、プレイする選手の実力も加味して投票される
全チームではないが、球団マスコットも会場に駆けつけた。一緒に写真撮影したり、サインをもらったりと、ファンにとっては貴重な一日となったのではないだろうか
オープニングでは、ベリーグッドマンによるテーマソングも披露された

1節に実施される試合回数は各チーム3戦。チームの選手が1人ずつ対戦する形式だ。試合は6イニング制で、延長は9回まで。3戦連続で試合をするため、ゲーム内選手のスタミナ面などが後の試合に影響する。つまり、実際のペナントレースと同様に、投手起用などを考える必要が出てくるのだ。

また、選手の調子はランダムで決定される。主力選手の好不調に合わせて戦略を変える必要もあるだろう。エラーや悪送球なども一定確立で発生するので、eスポーツとしては珍しく運要素もある。とはいえ、実際のスポーツ、今回題材としている野球においても運要素がまったくない訳ではないので、そこは逆にリアルとも言える。

試合直前に発表される選手の調子。絶好調、好調、普通、不調、絶不調の5段階あり、絶不調の場合、選手の持つ特殊能力が発動しなくなる。選手の好不調と実力を考え、オーダーを組み直す必要もあるだろう。主力選手が絶不調だったときの絶望感は相当なものだ

開幕戦は、メインスタジアムのセンタースタジアムと、レフトスタジアム、ライトスタジアムの3カ所で実施。いずれもプロのアナウンサーによる実況と元プロ野球選手の解説が行われた。3つのスタジアムでは同時に試合が進行し、他のスタジアムの途中経過なども表示されるといった、まさにプロ野球中継さながらの臨場感を味わえるようだった。会場にいれば、好きなスタジアムでの観戦ができるのも嬉しいところだ。

左からニッポン放送アナウンサーの清水久嗣氏と元中日ドラゴンズ監督の谷繁元信氏、プレイヤーゲストのまめしば氏
左からeスポーツ専門アナウンサーの平岩康佑氏と元千葉ロッテマリーンズの黒木知宏氏、プレイヤーゲストのアールグレイ氏
左から文化放送アナウンサーの槙島範彦氏とギャオス内藤氏、プレイヤーゲストのハル氏
左から清水久嗣アナウンサーと元ソフトバンクホークスの多村仁志氏、プレイヤーゲストのまめしば氏
左からフリーアナウンサーの田中大貴氏と前ヤクルトスワローズ監督の真中満氏、プレイヤーゲストのめし原氏

開幕戦で注目カードの1つとなったのが、センタースタジアムの第2戦で行われた中日ドラゴンズ対ヤクルトスワローズの一戦。ドラゴンズ愛あふれるでらナゴ!選手とeドラフト会議で4チームから指名を受けたマエピー選手の試合だ。ある程度の打撃戦となることは予想されたが、結果は7対3ででらナゴ!選手の勝利。昨年の覇者であるマエピー選手が初戦を落とすという波乱の展開となった。

3試合通しての結果としては、唯一3連勝を飾った西武ライオンズが、頭ひとつリードと言ったところ。セ・リーグは、2勝1敗2チーム、1勝1敗1分2チーム、1勝2敗2チームと混戦状態だ。なお、試合結果と順位表は公式ページからも確認できる。

昨年までも「パワプロチャンピオンシップ」として、大会は開催されていた。しかしながら、いわゆるeスポーツのような位置づけでもなく、注目度も高くなかったこともあり、今年はプロ選手によるeBASEBALLとして大きく様変わりしている。大会出場経験のある選手たちも、規模の大きさや注目度の高さに驚いているようだった。

読売ジャイアンツ所属のティーノ選手は「人前でプレイするのは昨年もやっていましたが、規模が違いますね。打撃が得意だったので、今回の試合も10点くらい取れるかなと思っていましたが、ベルガモット選手も私も3安打とまったく打てませんでした。気がつかないうちに緊張をしていたんだと思います」と、感想を述べた。

東京ヤクルトスワローズのマエピー選手も「すごく緊張しました。キャッチャーの送球が逸れまくって、4回の盗塁のうち、本来なら2回は刺せたと思いましたし、ピッチャーの悪送球やサードのエラーなど、かなり運にも見放されていました。ただ、それを差し引いたとしても、打ち負けていたので、完敗です。来週に向けて練習してきます」と語っていた。

横浜DeNAベイスターズのAO選手は「たぶん、私は数少ない3年連続出場の選手なのですが、今年はやはり独特です。この場の雰囲気に緊張しました。ただ、勝てばヒーローになれると思っていましたし、逆転ホームランを打ったときの大歓声はすごくて、大舞台での試合を楽しめました」と、いずれにしても大会の規模と注目度には緊張をしていたということがわかった。

阪神タイガースの実力者ベルガモット選手と対戦し、1対0で勝利を収めた読売ジャイアンツ所属のティーノ選手
珍しく大敗を喫した東京ヤクルトスワローズ所属のマエピー選手
少ないチャンスをものにし勝利した横浜DeNAベイスターズ所属のAO選手

そのほか、大会の見どころとしては、元プロ野球選手の解説が間近で聞けることや、球団マスコットとふれあえることが挙げられるだろう。アメリカのいわゆるボールパーク状態で、野球や『パワプロ』に興味がない人も十分に楽しめる時間となったのは間違いない。

今後の予定は、毎週土日にeペナントレースが行われ、12月16日には、クライマックスシリーズにあたる「eリーグ代表戦」が行われる。さらに来年の1月12日には「e日本シリーズ」も開催予定だ。

開幕戦のすべての試合はYouTubeのKONAMI公式チャンネルにアーカイブされているので、興味がある人は観てほしい。プロによる実況解説、試合展開の盛り上がりなど実際のプロ野球と比べても遜色ないので、プロ野球ファンも是非。