H.I.Sグループはなぜロボットに力を入れるのか

H.I.Sグループはなぜロボットに力を入れるのか

2017.02.01

エイチ・アイ・エス(H.I.S)グループでロボット事業を手がける「hapi-robo st」が昨年7月の準備会社設立を経て2017年より本格的に活動を開始した。H.I.Sといえば旅行会社。そのグループ企業とはいえ、畑違いにしか見えない事業になぜ取り組んでいるのか。

写真左:澤田秀雄hapi-robo st会長、写真右:富田直美hapi-robo st社長

旅行会社とロボットをつなぐもの

H.I.Sグループとロボットをつなぐもの。それはH.I.Sの子会社となるハウステンボスが運営する「変なホテル」だ。変なホテルは、ロボットにできるうることをすべてロボットに任せ、人間の応対を極力減らしたホテルだ。フロントのチェックイン・チェックアウト手続き、宿泊者の荷物運び、施設内の窓拭きや芝刈りなどもロボットが対応する。

変なホテルフロントイメージ(写真提供:ハウステンボス)

変なホテルは現在、ハウステンボス内の1棟のみだが、今年3月には千葉県舞浜に2棟目がサービスインの予定で、その後も続々と出店が計画されている。

そもそも、テーマパーク運営のハウステンボスでのロボット活用は、H.I.S会長兼社長であり、ハウステンボス社長の澤田秀雄氏の着想から始まっている。そして、そのアイデアは、ロボット事業を担うhapi-robo stの設立にもつながっているのだ。

さかのぼること5年ほど前。ハウステンボスの事業再生にあたり、澤田氏は園内のホテルヨーロッパに宿泊・滞在していたことがあった。そこで同氏が注目したのは、ホテル運営における人件費の高さだった。ロボットを導入すれば、人件費が減るのではないかと考え、その発想を生かしたわけである。その目論見は当たった。2015年7月に30人のスタッフで変なホテルの運営を始めつつ、順次ロボットを導入していき、今では8人でホテルの運営が可能になっている。

変なホテルの従業員数の推移

結果として、「ロボットに任せられる仕事はロボットに」という方針を実践したことで、運営コストを大幅にカットした。コスト削減はホテル運営だけではなく、他の業界・業種にも転用可能であり、長期目線でみれば、日本は少子高齢化により働き手が減少する。そうした課題を解消する一手段としてロボットは有効になると見込んだ。

hapi-robo stはどんな会社か

こうした経緯を踏まえて誕生したのがhapi-robo stだ。30日に行われた設立記者会見でも、経済産業省・NEDOの調査資料をもとに、サービスロボットの市場拡大余地が多分に残されていることを強調する。

サービスロボットの市場拡大が予測されている

同調査では、2035年におけるロボット産業は10兆円の市場規模と見込んでいる。注目すべきはその中身だ。日本では製造分野で数多くのロボットが導入されており、2015年段階では製造分野におけるロボットの活用が大半を占めていた。しかし、2035年には、サービス分野の市場拡大が予測されており、この部分だけも5兆円規模とされている。ここに先手を打とうというのが、hapi-robo stである。

同社の事業領域は大きく分けて3つ。ロボット事業開発、実証実験・研究開発、そして市場開拓がある。事業運営にあたっては、他社のロボットも活用して事業展開を図り、他社製ではニーズが満たせないような場合には、hapi-robo.stが自ら設計し、部品の供給元、製造能力などを精査しながら製造委託を行うこととなる。

hapi-robo stの事業領域
発表会ではシャープ製の多数の「ロボホン」にオーケストラ演奏させる動作を披露。ニーズに合致すれば他社製のロボットを活用した事業展開も

一連の事業領域において、変なホテルの運営で培ったノウハウをもとに、顧客へのロボットの導入や運用支援に活用でき、またハウステンボスを壮大な実験施設として見立て、実証実験を行うことも可能だ。実際、ハウステンボス内の「ZERO Labo」などを通じて実証実験を行っていくという。このあたりは同社にとって大きな強みになりそうだ。

始まったばかりだが夢は膨らむ

現時点におけるhapi-robo stは、事業運営に伴うプロフェッショナル性を備えた社員14人を集め、事業領域を定めたにすぎない。澤田氏は「5-10年かけて世界に夢と幸せをあたえるようなロボットカンパニーにしたい。世界有数の会社にしたい」とし、長期目線で大きく活躍できる会社にしたいようだ。

これだけでは、夢物語のように聞こえてしまうが、澤田氏の構想を聞くと具体性が増す。同氏が思い描くもののひとつに、H.I.Sの店舗カウンターでのロボットによる接客がある。「(AIのトレーニングも必要になるため)H.I.Sでのフロントロボットは1年くらいかかるんじゃないかな」(澤田氏)とするが、何年も先のことではないのは確か。同氏の頭の中にはロボットが旅行会社のカウンターで接客をする姿が描かれているのだ。

もちろん「全部ロボットでやろうとすると大変。ロボットが担当するのは8割でいい。それ以外は人間のスタッフがケアすればいい」(同氏)としており、人間が介在する余地も残されているし、人間のように柔軟に対応するアンドロイドによる接客をイメージすると面食らうかもしれない。勝手ながら、会話の導入をロボットで、その後はタブレットを有効活用する、などといった感じも想像できてしまうからだ。

仮にそうであったとしても、、"生産性の向上"に焦点をあてると、どんな形態であろうと、ロボットによる接客の実現は大きな意味を持つ。澤田氏がこだわっているのは、生産性の向上だからだ。

hapi-robo stはまだ始まったばかりであり、現時点では計画的なことは示されていないが、今後提示される取り組み、そしてサービスや設備の導入効果の如何によっては、"世界規模の企業へ"という言葉にも現実味が帯びてくるかもしれない。

日本では来年発売のBMW「X5」に先行試乗! 横幅2m超でも魅力の走行性能

日本では来年発売のBMW「X5」に先行試乗! 横幅2m超でも魅力の走行性能

2018.10.18

BMWがSUV「X5」をフルモデルチェンジ、アトランタで先行試乗

気にしているのは日本くらい? クルマの大型化は“常識”に

オフロード性能が向上、普段の走りにも好影響?

BMWはSUVの「X5」をフルモデルチェンジし、米国のアトランタで国際試乗会を開催した。

ひと昔前は「オフロード4WD」のイメージが強かったSUVだが、最近はオンロード志向のスポーティなモデルが主流となっており、そのパイオニアともいえるのがX5だ。BMWは同社のSUVラインアップである「X」シリーズを「SAV」(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)と呼び、あえてSUVと差別化を図った。そしてX5は、初代の発売以来、累計70万台以上を販売してきた人気モデルでもある。

アトランタで一足先に新型「X5」を試した

攻めに転じたデザイン、サイズアップはインパクト大

従来は比較的コンサバとも思えるデザインだったX5だが、4代目となる新型は切れ長のヘッドライトや大きなキドニーグリルが印象的なフロントマスクをはじめ、新しさを感じさせる。

だが、デザイン以上にインパクトがあるのはサイズだ。ミラーを含めると全幅は2mを超える。X5に限らず、クルマがモデルチェンジのたびに大きくなっていく昨今だが、この点について開発者に聞くと「コモンセンス」(常識)との答え。確かに、グローバルで見れば、米国や中国の消費者は大きなクルマを好み、当然、ドイツもその志向なのだろう。道路や駐車場に制約があり、サイズを気にするのは狭い日本くらいなのだ。

クルマの大型化は常識とのことだが、横幅2m超はインパクトがある

インパネは最新で使いやすく、スワロフスキーも好印象

エクステリア同様に、インテリアも新しさが際立つ。最も目を引いたのは、シフトノブやスイッチにスワロフスキーのクリスタルが用いられている点だ。透明感があり、キラキラと美しく、室内全体にラグジュアリー感が増している。

スワロフスキーがキラキラするシフトノブが美しい

そして、ドライバーにとって重要なインストルメントパネルも、BMWの最新バージョンへとアップデートを果たしている。楕円形のフルデジタルパネルは、スピードメーターとタコメーターが左右両端から弧を描くようにレイアウトしてあり、センター部でナビなどの情報を確認できる。ヘッドアップディスプレイも含め視認性に優れるため、運転中、ドライバーは目線を大きく動かすことなく、必要な情報を得ることができる。ナビの操作性も向上するなど、見た目のデザインにとどまらず、インフォテイメント全般が快適に、便利に進化している。

視認性の高い運転席

エアサス導入でオフロード性能が向上

一方、「走行性能」の面でドラスティックに変わったのは、4輪に「エアサスペンション」(金属のバネを用いた一般的なサスペンションではなく、圧縮した空気の弾力で衝撃を吸収する)を採用したところ。その最大の理由は、オフロードでのパフォーマンス向上だ。

オフロード性能のニーズは、先代の発売直後から、マーケットリサーチによりすでに課題となっていた。その性能を向上させるためには、エアサスペンションがマスト条件だったのだ。そもそもX5は「オンロード志向のスタイリッシュなSUV」だが、やはりオーナーとしてみれば、せっかくSUVに乗っているのだからオフロード性能も欲しいと思うもの。だが、決して方向転換を図ったわけではなく、走りのレンジを広げたということだ。

エアサスペンションを全てのタイヤに導入し、オフロード性能を向上させた

今回の試乗では、本格的なオフロード&ラフロードを1時間弱にわたって走り、その性能の高さを実感することができた。しかも、タイヤはオフロード専用のものではなく、サマータイヤ「ピレリPゼロ」を装着していたにも関わらずだ。

日本にオフロード仕様は導入せず、一般道での走りはどうか

しかし、日本では、ここまでのオフロード性能を必要とするシチュエーションは極めて稀なので、様々なオプションを装備した「オフロードパッケージ」の導入予定はないという。それじゃ、この恩恵に授かれないのかといえば、そんなことはない。エアサスペンションは、オンロードにおいても多分に奏功するからだ。

エアサスの効果はオンロードでも十分に実感できる

一般道を走り始めて間もなく、その快適な乗り心地に驚かされた。標準装備の18インチに対して21インチのタイヤを装着していたが、スマートで軽快な足さばきなのだ。さらに、上下動では重さを感じさせるようなバタつきもなく、前後左右方向の姿勢変化も少ない。洗練された挙措が印象的だ。初期設定から車高を上下40mm、トータル80mmの幅で変えられるため、例えば高速道路では車高が落ち、空力性能がアップして安定感が増す。ワインディングではクルマが小さくなったかのような軽快な動きを見せる。

エアサスだけでなく、X5はさまざまな電子制御を備えていて、快適性やハンドリング、安定性など、走行性能を高めるために人知れず介入している。そのおかげもあり、「オンロード性能」もスポイルされるどころか、より向上しているのだ。そして、雪道や悪路は、車高を上げることで最低地上高を保ったまま走破できる。

進化した走行性能は、オフロードでも都市でも味わえるはず。新型X5の日本での価格は明らかになっていないが、参考までにいっておくと、現行型は920万円からだ

日本には2019年春、まずはディーゼルエンジンを搭載する「X5 X Drive 30d」から導入予定。広い室内空間を備え、オン/オフどこでも持ち前の走行性能を発揮する安心感の高いX5は、日常はビジネスシーンで活躍、休日にはファミリーで遠出、そんなライフスタイルにおいても高い実用性と満足感が得られるだろう。

コーヒーマシンとウォーターサーバーが「合体」 開発の狙いは?

コーヒーマシンとウォーターサーバーが「合体」 開発の狙いは?

2018.10.18

ネスカフェ日本とアクアクララがマシンを「合体」

水もコーヒーも使えるプランで需要の拡大を狙う

コーヒーの給水を自動化したことで新たな設置可能性も

ウォーターサーバーとコーヒーマシン。オフィスや家庭で利用されるふたつの機器が「合体」した新製品が発表された。

これは、ネスレ日本とアクアクララが、両者の製品をドッキングするために共同開発を行い、実現したもの。10月17日より予約受付を開始し、11月1日から発売する。

両社とも機器を無料で貸し出し、消費財の購入で利益を徴収するビジネスモデルは共通しているが、今回あえて機器を「合体」した狙いはどこにあったのだろうか。

ネスレ日本 代表取締役 社長兼CEO 高岡浩三氏(左)、アクアクラ 代表取締役 社長 赤津裕次郎氏(右)
製品概要

「合体」したマシンがもたらす利便性

今回発表された「一体型マシン」は、ネスレのコーヒー専用マシン「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ 50」、あるいはコーヒーや紅茶、抹茶も利用可能な「ネスカフェ ドルチェ グスト ジェニオ2 プレミアム」のいずれか1台と、アクアクララのウォーターサーバー「AQUA WITH」と一体化したもの。

この「一体型マシン」の開発は1年がかりで、「AQUA WITH」の開発と並行して行われた。コーヒーマシンは上記2機種決め打ちで、筐体にはめ込む格好。複数の機器を家庭用電源で稼働させるため、コーヒーマシンと水の利用を切り替えて行う仕様になっている。

水のタンクを下に置くタイプのサーバー「AQUA WITH」に、コーヒーマシンがドッキング。コーヒーマシンのとなりにあるのが水/湯のタップだ

「合体」したことによる利用側のメリットは、コーヒーマシンへ都度行う給水、余った水の廃棄といった手間を省けること。そして、コーヒーマシン単体の契約では得られない、温水・冷水の利用権も1つのプランに含むことだ。

コーヒーマシンを利用する時は、ウォーターサーバー側の「コーヒーモード」ボタンを押下してから操作する。

機器を「合体」した理由はこの上なくシンプルだが、両社がタッグを組んだ狙いはどこにあったのだろうか。ネスレ日本の高岡浩三 代表取締役 社長兼CEOが挙げた理由の一つは、「共働き世帯の増加」。夫婦がともに多忙な中で求められる家事の"時短"の一環として、この「一体型マシン」が利便性を提供できるとした。

もうひとつの理由は「季節」による需要変動。ネスレ日本側からすれば、夏はアイスコーヒーが、冬はホットコーヒーが求められるという違いがあり、オフィス向けのレンタルサービス「ネスカフェ アンバサダー」にはアイスコーヒー専用機もラインアップしている。

一方、アクアクララの商材である宅配水は、サーバーで温水も提供できるが、夏場の需要の方が高いという。それぞれが強い季節・商材を「一体型マシン」の展開で穴埋めし合い、両社の消費財の売り上げ向上を見込む。

現地で実際に使ってみたところ。コーヒーマシンの使い心地自体は当然変わらないが、給水の工程が無くなった分、煩わしさは減ったように感じた

また、従来給水が必要だったことからコーヒーマシンの設置をためらっていた、顧客のセルフ利用を想定した店舗での設置も提案。テスト稼働時には調剤薬局やスーパーマーケットのイートインコーナーに設置したところ、顧客満足度が向上したという。

テスト稼働時の利用者のコメントは2分50秒ごろから。

なお、利用の申込は両社でそれぞれ受付。マシンの設置は窓口問わずアクアクララ側で実施する。利用料金は、オフィス利用(ネスカフェ アンバサダー)も家庭設置も同額で、月額1,500円。ただし、家庭利用の場合は2年間のウォーターサーバー継続利用と、ネスレ定期便の申込が必要となる。

ネスレ日本の高岡社長は、「2019年までに5万か所に設置」と目標を明言。この数値は「宅配水業界の中ではとても大きな数字」であるとしながらも、これ以上の数が出るのではないかと予測していることを言い添えた。

2019年までに5万か所への設置を目指す

コーヒーマシンの給水・排水は、特に水場が近くにないオフィス利用においては大きく利便を損なう要因となりうる。また、本体下部に水タンクを置くタイプであれば、交換の際の負担も小さくなる。

既存製品が内包していた顧客の"小さな不便"を取り除く共同開発マシンで、どの程度需要を広げられるか注目したい。