実は原点回帰のワゴンR、混戦の軽自動車市場で試される“スズキらしさ”

実は原点回帰のワゴンR、混戦の軽自動車市場で試される“スズキらしさ”

2017.02.03

2月1日に発表されたスズキの新型「ワゴンR」。24年の歴史を持つ同社の看板車種だが、今回のモデルチェンジはデザインを刷新し、マイルドハイブリッドを搭載するなど激変とも呼べる内容だ。しかし中身をつぶさに見ていくと、その方向性は変化というよりも、むしろ原点回帰であることを発見するのである。

看板車種ワゴンRを刷新したスズキ

攻めた内容のモデルチェンジ

攻めてるなあ。2月1日に開催された、通算6代目となる新型ワゴンRの発表会を一言でまとめれば、こうなる。

過去5世代はスクエアだったボディは、トヨタ自動車の高級ミニバン「アルファード/ヴェルファイア」を思わせるダイナミックなラインを取り入れ、フロントマスクは3種類も用意された。これまでもワゴンRとカスタム版「ワゴンRスティングレー」の2種類があったが、新型は上級グレードにもうひとつ独自の顔を与えていたのだ。

新しいスティングレーのフロントマスクは、どこか米国のSUVを思わせるような独特の顔つきだ

初採用の装備も豊富に

インテリアは1993年にスタートしたワゴンRの歴史で初めてセンターメーターを取り入れ、ドライバーの前には軽自動車で初のヘッドアップディスプレイを用意した。使いやすさで定評のある室内は、リアドア内側に傘を立てて置けるなど、さらに進化している。

スズキは日本車で初めてアップルの「CarPlay」を我が国で展開した先進的なブランドでもある。もちろんワゴンRもこの流れに乗っていて、CarPlayだけでなくグーグルの「Android Auto」にも対応した。

軽量化も最近のスズキの得意技。ワゴンRも例外ではなく、「HEARTECT(ハーテクト)」と名付けた新プラットフォームの採用で、ボディ剛性を高めながら20キログラムの軽量化を実現している。「S-エネチャージ」と呼ばれていたパワーユニットも高性能化が図られ、10秒以内ならクリープ走行ができるマイルドハイブリットに進化。1リッターあたり33.4キロメートルのカタログ燃費を実現した。

さらに安全面では、単眼カメラと赤外線レーザーを併用したデュアルセンサーブレーキサポートをスズキの軽自動車で初採用。衝突被害軽減ブレーキのほか、ペダル踏み間違い事故を防ぐ誤発進抑制機能などを持つ。ヘッドランプのハイ/ロー自動切り替えもやはり、スズキの軽自動車で初採用し、ESP(横滑り防止装置)は全車に標準装備した。

浮かび上がる初代との類似点

キープコンセプトを貫いてきたワゴンRにとって、激変という言葉を使いたくなるほどの進化だった。でも筆者はその裏にもうひとつ、“原点回帰”というメッセージを感じた。

初代ワゴンRがデビューした頃を覚えている人は少ないと思われるが、当時スズキがこの新型車に託したのは、2シーター+マルチスペースというコンセプトだった。つまり4人乗りのファミリーカーとして考えたわけではなかった。ゆえに後席には、背もたれを倒すと座面が沈み込み、低くフラットに畳める凝った格納方式を採用する一方で、運転席側にはリアドアがない1+2ドアという個性的なボディ形状とした。

個性的なボディ形状の初代ワゴンR

新型の発表会で、この再来と思わせる説明があった。センターピラーを太くし、前後のサイドウィンドーをはっきり分けたのは、パーソナルスペースと実用スペースを融合したデザインを表現したためと説明したのだ。言われてみれば、真横からの眺めは初代の1+2ドアを連想させるものだった。

横長のリアコンビネーションランプがバンパー上にあることも初代と似ている。初代はテールゲートの開口部を大きく取るためにこの造形としたものの、商用車っぽく見えるということで、2代目以降は縦長となってゲート両脇に移った。それが新型では再び、ゲートの開口幅を重視してこの位置に戻したのだ。

新型ワゴンRは、横から見ても後ろから見ても原点回帰しているポイントを見つけることができる

原点回帰する意味

ではなぜ、ワゴンRは原点回帰と思われる進化をしたのか。近年の軽自動車マーケットの状況が関係していると思われる。

いまの軽自動車の売れ筋はハイトワゴンだ。ダイハツ工業の「タント」や本田技研工業の「N-BOX」がベストセラー争いを繰り広げており、ワゴンRは脇役に甘んじている。スズキにも「スペーシア」というハイトワゴンがあるのだが、ベストセラー争いには加われていない。

軽自動車の売れ筋はハイトワゴン

そこでワゴンRは、これらの争いに加わるのではなく、パーソナル性の高いワゴンという独自性をアピールすることにした。それを強調するためにデザインを激変させたようだ。

人気のハイトワゴンとは一線を画す仕様

ファミリーカーとして使うなら、室内の広さは大事であり、ワゴンRがタントやN-BOXと勝負するのは厳しい。でも逆に、この2台にはデザインの自由度が少ない。スズキはここに目を向け、ワゴンRに凝ったデザインを与えたのではないだろうか。

スズキの代表取締役社長である鈴木俊宏氏は発表会に登壇し、「ワゴンRは軽自動車のど真ん中のクルマ」と言い切った。ベーシックな「アルト」、ハイトワゴンのスペーシア、SUVの「ジムニー」や「ハスラー」など、さまざまな車種をそろえる中で、中心に位置するのがワゴンRというメッセージだ。

価格は107万8920円から、月間販売目標は「ワゴンR」と「ワゴンRスティングレー」の合計で1万6000台だ

そのワゴンRが、ハイトワゴンが人気だからといって背を高くしたり、スライドドアを装備したりしたら、ど真ん中ではなくなってしまう。ハイトワゴンとは一線を画すという意味を込めた言葉でもあったようだ。

もうひとつ、テレビCMにも原点回帰が見られた。広瀬すずさんと草刈正雄さんの2人を起用したCMで、車名の最後のRを「○○であ~る」と語尾にアレンジして使っていたからだ。

ワゴンRという車名の由来が、実はここにある。当初は別の車名を考えていたというが、スズキとして初の軽ワゴンであることから、当時の代表取締役社長で現会長の鈴木修氏の「セダンもある、ワゴンもあ~る」という一言が、そのまま車名になったと言われる。そのときのフレーズを新型のCMで使っていたのだ。

ブランドで売る戦略、着々と

昨年デビューした小型クロスオーバーの「イグニス」では、スズキはかつての名車「フロンテクーペ」やSUV「エスクード」などのデザインモチーフをボディの各所に取り入れることで、スズキらしさを絶妙に表現していた。これと同じような戦略を新型ワゴンRからも感じたのだった。

新型ワゴンRからはスズキらしさを打ち出す戦略が感じられる

スズキは2年前、「お行儀の悪い売り方」、つまり行き過ぎた販売競争から脱却すると宣言した。言い換えれば今後はブランドで売っていくと宣言したわけだが、その方針は昨年のイグニスや今年のワゴンRを見る限り、独自のスタイルで着実に実践されつつあると感じた。

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

岡安学の「eスポーツ観戦記」 第3回

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

2019.04.23

よしもと∞ホールで開催された「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」

リーグが進むにつれて増えていったチームや選手の固定ファン

有料チケットにも関わらずリーグでは会場がほぼ満席状態

4月13日、よしもと∞ホールにて、『League of Legends(LoL)』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」の王者を決めるプレイオフ決勝、「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」が行われた。

対戦カードは2019年春季シーズンのリーグ戦を20勝1敗の圧倒的な強さで勝ち上がった「DetonatioN FocusMe」と、プレイオフのセミファイナルにてリーグ2位の「Crest Gaming」を3連勝で下し、リーグ3位からファイナルに勝ち上がった「Unsold Stuff Gaming」だ。Unsold Stuff Gamingのリーグ成績は12勝9敗と、DetonatioN FocusMeと比べると見劣りするが、チーム状態は上り調子なので、成績差以上の拮抗した試合が期待できそうだ。

20勝1敗の好成績で1位抜けしたDetonatioN FocusMe
リーグ戦3位からセミファイナルを勝ち抜き、ファイナルに進出したUnsold Stuff Gaming

観戦が前提のeスポーツリーグとして成功を収めたLJL

ファイナルの形式は「BO5方式(5戦3勝勝ち抜け)」だ。Unsold Stuff GamingがDetonatioN FocusMeをあと一歩まで追い詰めるシーンがあったものの、結局はDetonatioN FocusMeがリーグ戦の強さをそのままに、3連勝で優勝を果たした。

LJLで優勝したことで、DetonatioN FocusMeは、5月1日から19日にかけて、ベトナムと台湾で行われるMSI(Mid-Season Invitational)に日本代表として出場することが決まった。DetonatioN FocusMeは、昨年のWorldsでプレイインステージで初勝利をあげ、強豪C9をあと一歩のところまで追い詰めるなど、大活躍しただけに、MSIでもそれ以上の成績を期待したいところだ。

決勝に相応しい熱戦を繰り広げたが、結果は3-0でDetonatioN FocusMeで優勝した

今回の「LJL SPRING SPLIT 2019」は、よしもとクリエイティブエージェンシーが運営に加わったこともあり、会場もよしもと∞ホール。観客席が常設されている劇場を使用することにより、観客が観戦することを前提に行われたリーグ戦となった。試合はすべて有料(2500~3500円)で、日本のeスポーツイベントとしては画期的なリーグ戦と言える。

しかも、多くの試合でほぼ満席状態。もっとも少ない日でも6割以上の席は埋まるそうだ。開幕戦と今回のファイナルに限れば、立ち見席まで埋まるほどの人気ぶり。“観るeスポーツ”の先駆けとして、大きな成功を収めたのではないだろうか。

ファイナルは立ち見が出るほどの人気。チケットもあっという間に完売した

徐々に増えていったチーム/選手の固定ファン

観客についても、最初のうちは『LoL』のプレイヤーがプロの試合を観に来るという印象だったが、終盤になるにつれ、選手を応援するファンが増え始め、まさにスポーツ観戦やライブ観戦に近い状態になっていた。観客席を見回すと、誰がどこのチーム、どの選手のファンかひと目でわかるほど、応援が本格的になっていた。

DetonatioN Gamingのユニフォームを着て応援する観客もちらほら。Ceros選手やEvi選手を応援する手作り応援グッズを携えた人も

リーグ戦では、試合終了後にロビーでファンとチームの「ファンミーティング」が行われる。これは昨年も行われていたが、ファンにとっては選手と近づける貴重な場になっていた。

今回のファイナルでも、試合の終了後にフォトセッションやファンミーティングが行われた。死力を尽くした試合後に1時間以上立ちっぱなしでファンに対応するのは、選手にとって決して楽なことではない。しかし、それでもファンを楽しませるのが「プロ」である。

ただ、今後、さらに観客が増え、会場が大きくなった場合は、アイドルの握手会のように、1人あたりの時間を設定する、「はがし」と呼ばれる係員を配置するなど、多少の対策は必要になってくるかもしれない。

試合終了後、ロビーでファンミーティングを行うUnsold Stuff Gaming

今回のSPRING SPLITは、全試合をよしもと∞ホールで行っていたが、今後セミファイナルとファイナルは、もう少し大きな会場で実施してもよさそうだ。

今回は初めてリーグを通して有料チケットでの開催だったこともあり、どれだけの人が訪れるか未知数な状態で席数を増やすのは難しかったかもしれないが、SPRING SPLITを通じて運営の見通しもある程度できたはずだ。2年前のSUMMER SPRITのファイナルは、幕張メッセの幕張イベントホールで開催しており、その席数は固定席だけで3888席。このときもほぼ満席となっていたので、さらに大きな会場での開催も見込めそうである。

日本のeスポーツのなかでは、もっとも観客を集められるプロリーグの1つであるLJL。SPRING SPLITをさらなる飛躍のステップとして、SUMMER SPRITの成功も願いたいところだ。LJLがほかのeスポーツタイトルへも大きく影響することは間違いなく、日本のeスポーツの発展のきっかけとなるのは言うまでもないだろう。

関連記事
Gmailで署名や不在通知を設定する方法

Gmailで署名や不在通知を設定する方法

2019.04.23

Gmailでメールの最後に入れる署名を設定するには?

長期間返信が滞りそうな場合は不在通知を設定しよう

ビジネスメールでは、文末に会社の住所や電話番号といった署名を入れるのが一般的だ。Gmailでは、メール作成の際に署名を自動入力するよう設定できる。

署名を作成する

署名を作成するには、まずGmailの右上にある「歯車(設定)」ボタンをクリック。出てきたメニューから「設定」を選択しよう。全般タブをそのまま下へスクロールすると「署名」が出てくるので、そこに会社の住所や電話番号、自分の所属部署など、必要な情報を記入する。

内容が決まったら「変更を保存」を押して設定を終了する。次回の新規作成メールから署名がメールの下部に記載されるようになる。

署名を作成するには右上の「歯車(設定)」ボタンをクリック。全般タブの下にある「署名」で内容を入力する
次回のメールから作った署名が表示されるようになる

不在通知を作成する

Gmailには、出張や旅行などでメールに返信ができない場合の「不在通知」機能が搭載されている。Gmailの設定を開き、全般タブの一番下にある「不在通知」から設定可能だ。

不在通知のオン・オフの切り替えや、開始日、終了日を指定することができる。不在通知として送るメールの件名と内容を入力したら「変更を保存」ボタンを押して準備は完了だ。設定期間中に届いたメールに対して、自動的に設定した内容でメールを返信するようになる。

「設定」の全般タブにある「不在通知」で必要事項を設定する

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事