33年越しの悲願達成! 再開発完了にわく新生“ニコタマ”の姿

33年越しの悲願達成! 再開発完了にわく新生“ニコタマ”の姿

2016.03.08

2020年の東京オリンピック開催に向けて、またそれ以降をもにらんで、都内各地の再開発が盛んになってきている。品川・田町地区では山手線新駅やリニア中央新幹線駅などを含む巨大再開発が、渋谷地区でも高さ230mの屋外展望施設を目玉にした駅周辺再開発が計画されている。前者はリニア中央新幹線開業を一応の完成とみれば2027年まで、後者も駅ホームやオフィスビルなどを段階的に開業させ、2027年に完成予定だ。

ともに現在から11年後に完成という、長い年月を見据えた計画だ。だが、33年ともいう膨大な歳月を経て、ようやく再開発が終了した地区がある。二子玉川駅周辺、通称“ニコタマ”と呼ばれる地域だ。

遊歩道の完成をもって二子玉川ライズとしての再開発は終止符

東京急行電鉄 都市創造本部 運営事業部 営業二部 二子玉川営業推進課 タウンマネージメントチーム 課長補佐 菊池歩美氏

「2015年4月に『リボンストリート』が開通したことにより、再開発は一応の完成をみました」と、東京急行電鉄 都市創造本部の菊池歩美氏はいう。実際にはオフィスタワー内や併設ホテルの内装仕上げなどで、2015年半ばごろまで工事作業は続いたそうだが、街の基盤の完成という意味ではリボンストリート開通が終止符ということになるだろう。

ちなみにリボンストリートは、約12ヘクタールにおよぶ「二子玉川ライズ」を東西にわたって貫き、公園、多摩川河川敷へとつづく約1kmの遊歩道。ステーション、ショッピング施設、オフィスビル、レジデンス、そして人を結ぶ、二子玉川ライズの象徴的な存在のひとつといってよい。

歩行者専用の遊歩道リボンストリート。遊歩道に隣接する広場では取材当日スケートリンクが開放されていた

では、そもそもなぜこれほどまで再開発に歳月がかかったのだろうか。

もともと二子玉川は、明治時代より割烹・料亭が多摩川沿いに軒を連ねるなどして発展し、遊園地やプールができて行楽地としてにぎわいをみせていた。そして駅西側は、“日本初の郊外型ショッピングセンター”として「玉川髙島屋S・C」が1969年にオープンしたことで脚光を浴びた。対して、駅東側は1985年に遊園地「二子玉川園」の閉園も重なり、周辺商店街はにぎわいを失った。以降、玉川髙島屋S・Cを中核にした“ファッションの街”としてにぎわう駅西側と、活気を失いつつあった駅東側、線路を挟んで対照的な様相を呈していた。

バブル崩壊が再開発の足かせに

二子玉川園閉園に先立つ1982年、活気を失いつつあった駅東側の都市基盤を再構築しようと「再開発を考える会」が発足した。これが二子玉川再開発の起点となるが、進捗はいっこうにはかどらない。バブル崩壊による経済失速が覆い被さってきたからだ。「あまりにも大規模な再開発であったため都市計画の枠組みづくりに時間がかかったことに加え、バブル崩壊等による経済状況の変化が再開発の速度が上がらなかった大きな要因といえるでしょう」と、菊池氏は話す。

実際、都市計画が決定されたのは2000年、第1期事業着工に取りかかったのは2007年と、「再開発を考える会」の発足からかなりの歳月を経てから具体的な動きになっている。その間、遊園地跡地を「ナムコ・ワンダーエッグ」などのテーマパークに活用。1992年に開園したナムコ・ワンダーエッグは、当初50カ月間の期間限定施設の予定だったが、結局2000年まで営業は続いた。不景気による影響で、いかに再開発が進められなかったかがうかがいしれよう。

楽天グループ本社および二子玉川 エクセルホテル東急などが入居する

だが、2007年の第1期事業着工から一気に加速する。2011年には第1期事業が完成し、西側の玉川髙島屋S・Cと東側を結ぶ商業施設や、オフィスビルがスタートした。そして間髪入れず2012年に第2期事業を着工。この第2期事業の高層オフィスビルに楽天グループが移転を決めた。

楽天グループの本社機能移転は、約10,000人の人口増を生み出した。加えて第2期事業では、シネコン、二子玉川蔦屋家電など大規模テナントが入居するオープンモール型のショッピングセンターも誕生させた。「高級で上質なお買いものができる西側の玉川髙島屋S・Cさん、カジュアルに高感度なショッピングが楽しめる東側の二子玉川ライズS.C.。フタを開けてみれば競合することなく相乗効果で二子玉川全体に活気が生まれました」(菊池氏)。

事実、二子玉川駅の乗降客数はうなぎ登りで、2010年度の駅1日の乗降客数は105,400人だったのが2014年度には約130,000人、2015年度は150,000人に届くという予想もある。さらに、駅西側と東側が協力してイベントも開催。「昨年『ハロウィン』イベントを玉川髙島屋S・Cさんと協力して行い、多くの方にご参加いただきました。また、地元のお祭りの御神輿がライズを横断して街中を回遊するなど、街全体を活用したイベントの盛り上がりを実感しています」と菊池氏はいう。駅の西側と東側が有機的に刺激し合い、街が活性化した事例といえるだろう。

川崎市・高津区から二子玉川ライズをのぞむ。周辺は高い建物がなく、そびえるビルがひときわ目立つ

また、二子玉川ライズの再開発には、“都市型再開発”にはみられない“郊外型再開発”の特徴が多くみられる。その一例が環境性能に配慮した設計だろう。二子玉川ライズ内を歩くと目に付くのが、金網で固定されただけの素朴な構造の石垣。これは、建設用地から出てきた石を利用したもので、多摩川沿いという以前は河原であった立地ならではといえる。さらに用地内に植樹された植物は、すべて多摩川や等々力渓谷等に由来するものだという。商業施設の屋上には「ビオトープ」が設置され、周辺住民の憩いの場ともなっている。

建設用地から出てきた石を使った石垣(左)と、多摩川の植生を生かした庭木(右)。環境性能を重視した街づくりは、米国グリーンビルディング協会による「LEED ND ゴールド認証」を世界で初めて取得した
多摩川の生態系を学べる解説板や昆虫標本が展示してある

楽天という名だたるグローバル企業が入居する高層ビル真下の芝生緑地で、学校の制服を着た子どもたちが“かけっこ”をして遊んでいたのが印象的だった。高層ビルが林立し、付近の道路にクルマがあふれている都市型の再開発の地ではなかなかお目にかかれない光景だ。オフィスビルやショッピングセンターに入居するクライアントだけでなく、周辺地域の住民との調和が郊外型再開発の地では重要なのだなと感じたシーンだった。

大江戸膨張! 東京再開発の現場

●日本橋から新産業を! 熱気あふれるベンチャー支援の現場
●虎ノ門再開発にみる“創業地”に込めた森ビルの強い想い
●33年越しの悲願達成! 再開発完了にわく新生“ニコタマ”の姿
●タワークレーンが消えない街 -“丸の内エリア”の再開発はなぜ終わらないのか【後編】
●タワークレーンが消えない街 -“丸の内エリア”の再開発はなぜ終わらないのか【前編】
デザイン、知名度、キャッシュレス…話題は尽きない「紙幣のデザイン刷新」発表

カレー沢薫の時流漂流 第39回

デザイン、知名度、キャッシュレス…話題は尽きない「紙幣のデザイン刷新」発表

2019.04.22

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第39回は、「 紙幣のデザイン刷新」発表について

令和の話題が落ち着いたかと思いきや、今度は紙幣のデザインが刷新されることが発表された。

元号が変わるからついでに紙幣も変えよう、という謎のセット販売かと思いきや、紙幣は偽札防止のため20年ごとに刷新されるのが通例であり、それがたまたまかぶっただけだそうだ。実際、紙幣が変更されるのは2024年でまだ先の話である。ただ、前回の刷新時よりも3年ぐらい発表が早いようなので、そういう意味で改元に「合わせた」可能性はある。

では、さっそく新紙幣の「顔」になったイカれたメンバーを紹介しよう。

企業のことなら俺に任せろ、資本主義はワシが育てた、ろくろが唸る、新一万円札「渋沢栄一」。舐められたくなきゃアタイの車に乗ってきな、女子教育の始祖、津田塾大学初代ヘッド、新五千円札「津田梅子」。誰が稲造やねん!こちとらペスト発見しとるっちゅうねん! 日本細菌学の父、新千円札「北里柴三郎」。

以上だ。この三人が発表されるや否や、ツイッターでは「誰?」というつぶやきが相次いだ。

私のような第三次産業の末端にいる人間を殺したければ、「カレー沢? 知らね」と言ってやれば即死だが、日本の偉人を知らないと明言するのは、己の無知を露呈しているようなものである。

それなのに何故、私のようにググったのち「前から知ってた風」を装うこともせず、脊髄反射で「知らねえ~」と自信満々に言えるのか。日本は「自分に自信がない国」と長らく言われていたが、この新札における反応を見るに、日本人の己への自信、自尊心はすくすくと育っているようである。

これは過去の偉人を知らないことよりもずっと喜ばしいことである。これこそが、令和を生きる新しい日本人の反応と言えよう。ウィキペディアを見て覚えたての偉人豆知識を披露するのは平成の人間のやることであり、知らないより恥ずかしい。

ともかく新札に選ばれたのは、必ずしも「誰もが知っている」という人物ではなかった。だがそれ以上に話題なのが、新札のデザインだ。これが軒並み「ダセえ」と絶不評なのだ。

我々が新札をダサいと感じる理由は主に数字の位置とフォントだ。今までの札は、左中央に「壱万円」大きく漢数字が書かれ、上部の両端に小さく「10000」という英数字が書かれていた。今回、そのポジションが逆になったのだ。

見慣れぬ英数字が大きくなった上、そのフォントがお世辞にも「クール」とは言えないため、多くの人間が、違和感という名のダサさを感じることとなってしまった。

しかし、今や日本には多くの外国人がいるし、観光で訪れてもいる。日本でしか通じぬ漢数字より、外国でも通じる英数字を大きく書くのは、もはや自然の摂理と言えるだろう。デザインとしてはダサくなったかもしれないが、紙幣として「明快になった」のは確かである。

それに何せ金である。どんなにダサい札でも、それに書いてある額の買い物ができちゃうとわかれば、愛着がわくに決まっている。

福沢諭吉が「諭吉」と呼ばれ、女にモテて男に好かれるという「憎いね旦那」としか言いようがない地位を長らく保持していたのも、彼がイケメンだからではない。文字通り彼に「価値」があったからであり、これからは「栄一」が日本国民の彼ピッピになるのだ。

日本のキャッシュレス化を妨げる「フェチ」

だが、紙幣のデザインがダサい以前に、紙幣を持つこと自体ダセえよ、と諸外国に思われている可能性がある。

実際、日本は先進国の中でも、キャッシュレス化の遅れが異常だそうだ。

原因は、日本は治安がよく偽札や盗難の恐れが少ないため、現金を持つことに抵抗がないからと言われている。また、クレジットカードや電子マネーを使えるようにするには専用端末をつける必要がある。そのコストと、店負担のカード決済時手数料を嫌がり、導入しない店舗が多いのもキャッシュレス化遅れの原因だそうだ。

それもあるだろうが、単純に日本人が「紙好き」なのも原因の一つな気がする。外国人からは「何で日本人はあんなに紙フェチなんだ、さすがHENTAIという言葉を生み出した国だけあるぜ」と別の意味で一目置かれている可能性さえある。

前回取り上げた転売ヤー問題も、チケットを電子化すれば、スマホを端末ごと転売する必要が出てくるので、かなり防げるはずなのである。それにも関わらず「紙」という、転売しやす過ぎなツールを使い続けるのは、もはや「紙が好きだから」以外、理由が思い浮かばない。どうせ物理チケットにするなら、100キロの銅板とかにした方が転売対策にはなるだろう。

とはいえ、我々作家も「電子書籍より紙の本が出せることに価値がある」と考えがちだし、読者も「紙で欲しい」と言う人が多い。もしかしたら、これも日本特有の考えかもしれない。

もちろん紙には紙の良さがあり、紙にしかできないこともある。トイレットペーパーを電子化すると言われたら困るだろう。しかし「紙を使うことにデメリットがある」場合は、こだわりを捨ててペーパーレス化する必要がある。

ちなみに、マイナビに提出する請求書も紙である。この様式が面倒くさいと同業者間でも絶不評なので、早く電子化してくれないだろうか。

関連記事
Gmailのメッセージにファイルを添付する

Gmailのメッセージにファイルを添付する

2019.04.22

Gmailではメールにファイルを添付して送信する機能がある

添付の方法や添付ファイルのダウンロード方法を紹介

Gmailではメールにファイルを添付して送信する機能がある。ドラッグ&ドロップの簡単操作で添付可能だ。

ファイルを添付する

ファイルを添付するには、新規メッセージを編集しているときに、ドラッグ&ドロップするか、「クリップアイコン」をクリックしてファイルを指定すればよい。

添付できるファイルのサイズは合計で25MBまで。サイズが25MBを超える場合、ファイルは添付されず、「Googleドライブ」のリンクが自動的にメール内に追加される。

メールを作成したら添付したいファイルをドラッグ&ドロップする
添付ファイルはGmailにアップロードされる。あとはそのまま「送信」ボタンをクリックするだけだ

受信メールの添付ファイルをダウンロードする

添付ファイル付きのメールが届くと、届いたファイル形式に応じてサムネイル表示される。これをPC内にダウンロードするには、サムネイルにカーソルを合わせ出てきたアイコンから「↓(ダウンロード)」ボタンを選択する。

これでファイルが指定してあるフォルダ(Windowsの場合、デフォルトだとダウンロードフォルダ)に格納される。

添付ファイル付きメールが届く
「↓(ダウンロード)」ボタンをクリック
ファイルは指定してあるフォルダに格納される

添付ファイルのダウンロード先を確認・変更する

添付ファイルのダウンロード先は、変更することが可能だ。Chromeを使っている場合、右上にある設定ボタン(「…(縦)」)をクリックし、設定画面で「詳細設定」を選択する。下へスクロースすると「ダウンロード」の項目があるので「保存先」を確認。必要に応じて「変更」ボタンでダウンロード先を変更しよう。

Chromeの詳細設定からダウンロード先のフォルダを確認・変更できる

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事