「愛」を撮ってほしい若者に大人気! デートに同行する新しい写真撮影のカタチ

「愛」を撮ってほしい若者に大人気! デートに同行する新しい写真撮影のカタチ

昔ながらのビジネスモデルや、廃れつつあるモノやコト……。少しだけ手を加えて“リブート”させると、それが途端、斬新なビジネスに生まれ変わることがあります。そこには多くのビジネスマンにとってのヒントがある、かも。そうしたビジネスモデルにスポットを当て「リブート! “再起業”の瞬間」としてシリーズでお届けします。第7回目は、カップルのデートにカメラマンが同行する、というありそうでなかった写真撮影ビジネスで人気の「Lovegraph(ラブグラフ)」です。

ツイッターやインスタグラムなどでハッシュタグ「#Lovegraph」を検索してみてほしい。 公園や広場、海岸や川辺などでデートする、さわやかなカップルの画像がずらりと並ぶはずだ。

「Lovegraph」で撮影したカップルの写真。さわやかな淡い光の中で、優しく微笑むカップルたち。まるで映画のワンシーンを切り取ったような写真が並ぶ

ぐぬぬ…と、うらやましさを感じると同時に、おお…と写真のクオリティの高さに驚くだろう。それもそのはず。被写体はすべて「Lovegraph(以下、ラブグラフ)」というフォトサービスの利用者で、プロカメラマンが撮影した写真だからだ。

「ラブグラフ」は、カップルのデートや家族の外出に、カメラマンが同行して撮影する、というユニークなサービスである。

撮影の流れはこうだ。

まずWebサイトのフォームから依頼を出す。数日後に担当カメラマンが決まるので、その人と直接メールで打ち合わせをする。あとは撮影希望日時に、待ち合わせたカメラマンと合流して1~2時間ほどロケでの撮影。約1週間後、カメラマンが選別し、美しくレタッチ(画像加工)された10枚の撮影画像がデータで届く。画像はプリントしてもSNSにアップしてもOKというわけだ。

リーズナブルな料金設定にも驚く。

何しろ撮影日が平日なら、1回9,800円。土日祝日でも14,800円でおさまる。通常、フォトスタジオやプロカメラマンにロケ撮影を頼めば、その相場は50,000円程度だという。それに比べると、コストパフォーマンスは相当に高いわけだ。

低料金の理由は、写真スタジオなどを持たず、窓口もほぼすべてがWeb経由で余計なランニングコストがかかっていないことがまずひとつ。加えて撮影カメラマンの多くが、学生やサラリーマンなど本業を持ちながら「ラブグラフ」のカメラマンとして登録していることも大きい。専業カメラマンに比べて、相対的にギャラが抑えられ、質の高い写真撮影サービスを安く提供できるからだ。

気軽にプロのカメラマンに自分たちの自然な姿を撮ってもらえる「ラブグラフ」は、20代前半を中心とした若いカップルたちの心に刺さった。

彼らは、普段の自分をスマホで「自撮り」してSNSにアップするのが当たり前の世代。写真を撮ること、撮られることに慣れ親しんでいる。「もっときれいな写真をSNSにアップしたい」という潜在的な欲求を持っていたからだ。

こうして「ラブグラフ」は、月に200組を超えるカップルから依頼が入るほどになった。撮影写真をアップしたサイトは、月間35万PVを超える人気となっている。

「カップルの方々に『デートのメニューのひとつ』として受けいられたことが成功要因のひとつだと考えています」と、自身もフォトグラファーで、「ラブグラフ」創業者の株式会社ラブグラフ代表、駒下純兵さんはいう。

「若い世代はスマホの自撮りなどで写真が身近だから、撮影そのものを楽しむことに慣れている。そのうえ本格的なカメラマンに撮ってもらえるわけですから、撮影そのものがイベントのように楽しめるわけです。だから『だからディズニーランドへ行くか、海や山へドライブへ行くか、それとも、ラブグラフに頼む?』といった具合に体験型コンテンツの一つとして選んでもらえている」(駒下さん)。

だからこそ、「ディズニーランドなう」のように、「ラブグラフで撮影してもらった!」ということを利用者は喜々とSNSにアップする。それにまた「いいね!」という評価がつき、自然とSNSによる口コミが広がり、それが宣伝になっているという。

実に巧みに若者世代のニーズをくみとったビジネスにみえる。しかし駒下さんは「実は、事業を立ち上げるつもりなんてまったくなかったんですけどね」と笑う。

「僕自身が学生カメラマン時代に感じた、苦々しい思い。それが偶然、今の『ラブグラフ』につながったんですよ」(駒下さん)。

駒下さんは、関西大学に通う1年の頃からはじめたカメラに没頭。「自然な表情を優しいトーンで切り取る」と駒下さんの写真は、ネットで撮影画像をアップできるスナップサイトなどで大人気になった。

「当時とくにうれしかったのは、自分が撮った写真が、その人のツイッターやフェイスブックのアイコンとして使われていたことでしたね。自分に誰かを喜ばせられる力があることを感じ、純粋に写真を撮るモチベーションになっていました」(駒下さん)。

ところが駒下さんは、自分がいつしか「誰かのために」ではなく、「自分のために」を撮っていることに気づいたという。きっかけは、大学2年の冬にカメラマンとして手伝っていた大学のミスコンイベントが終わたとき。感動して周囲のスタッフが皆、泣いている中、自分だけまったく涙が流れなかったことだった。

「なぜ自分だけ泣けないのか…と考えると、僕は自分のことばかり考えて写真を撮っていたからだと気づいたんですよ。お客さんや周囲のスタッフではなく、自分だけを喜ばすためにイベントに参加していた。ちっぽけな個人の承認欲求のために写真を撮っているだけだから、ちっぽけな充足感しかなかったんだと思います」(駒下さん)。

だから、その後は「誰かのために写真を撮って喜んでもらえるにはどうすればいいか?」と自問する日々がしばらく続いた。そして、あるとき、偶然みかけたカップルがいかにも楽しげにデートしている姿をみて、「ああいうカップルの楽しげな姿を撮影したら、喜ばれるのでは?」と思いついたという。

「最初にカメラを持った頃のピュアな感情で写真に向き合える。そして撮った人にも喜ばれる。これは自分が撮るべき作品のテーマだろうなと思ったんです。そして最初は周囲のカップルに声をかけて、自分のツイッターやフェイスブックに載せたら…」(駒下さん)。

ラブグラフのサイト。撮影依頼はすべてこのウェブサイト経由で行える。またラブグラフのカメラマンもこちらから応募可能。定期的に撮影教室も実施している

これが反響を呼んだ。駒下さんの得意とする、やわらかな光線の中で、優しく微笑むスナップは、カップルの幸せを切り取ると抜群に映えた。だから「かわいい」「うらやましい」という声が駒下さんのSNSに殺到した。その中に、後に共同創業者となる友人の村田あつみさんがいた。

「彼女は学生をしながらすでにWeb のデザインやディレクションをしていた。そんな彼女が『もっと大勢の人にみてもらえるようにWebサイトをつくれば』というので、そのまま依頼したんですよ」(駒下さん)。

サイトの名を「ラブグラフ」とした。

いうまでもなく「ラブ(愛)」と「フォトグラフ(写真)」をあわせた造語だ。

サイトができると駒下さんの撮ったカップル写真はさらに人気を増した。サイトを立ち上げた直後に、女性向けキュレーションサイトに取り上げられ、自分もこうした自然なカップル写真を撮ってほしい!」と、依頼が殺到しはじめた。

「そこで撮影料5,000円+実費交通費で、スケジュールがあえばカップルの撮影をするようになったんですよ。こうして『ラブグラフ』は、2014年にあくまで僕の作品サイトとして、小さく立ち上がったというわけです」(駒下さん)。

もっとも、あまりに依頼が多く、すぐに駒下さんひとりでは撮影を回せない状態になった。何より当時、大阪にいた駒下さんに、山梨や福岡など遠方からの依頼もたびたび入るほどだった。往復交通費が3万円を超え、移動だけで5時間以上かかるような場合もあったからだ。「なんだかもうしわけない…」。そんな思いが、「ラブグラフ」を事業としてあらためて起こす契機になった、というわけだ。

このときにスナップサイトなどを介して得た全国のカメラマンのつながりが生きた。サイトに撮影依頼が入ると、彼らに「東京での撮影を希望されていますが、どなたか撮れる方、いませんか?」とSNSを介して、つなげていった。

「最初の頃は、地道に1件ずつ紹介するというスタイル。途中、さすがに依頼も増えてきたので、村田から『Web上で受発注できるシステムをつくったほうがいいんじゃない?』と薦められて、今のようなプラットフォームができた。そして『ここまできたら』とそのまま起業に至った。だから、本当に自分の作品づくりの延長で、ここまできた、という感じですね」。

しかし、作品ありきから生まれた事業だったからこそ、「ラブグラフ」は成功したともいえそうだ。

まず「『ラブグラフ』らしい写真」という撮影の質が揃えやすかったことがある。そもそも「柔らかな光の中で優しい表情でたたずむカップルを撮る」という駒下さんの作風に魅かれて多くの利用者がついた。加えて、提携するカメラマンも、そうした作風に共感する人が多かったため、「求めている写真のイメージ」が明確で、質を揃えやすかったわけだ。 それが今も、若者の一部でよい雰囲気のカップルの写真を指して「ラブグラフっぽい」といわれることのゆえんだろう。

もっとも、駒下さんは、カメラマンに関しては技術よりも、撮影の意識やコミュニケーション力を重視して面接、採用しているという。

「カップルの自然な写真を撮るためには、やっぱりカメラマンが被写体と仲良くなる必要がある。いくらテクニックがあっても、心を開いてもらうことができなければ『ラブグラフ』のような自然は写真は撮れないので。だからカメラマンの面接のときは『うちはカップルを撮る会社ではなく、人を幸せにする会社です』と僕らの理念から伝えるようにしています。まさに昔の僕のように『自分のため』に撮るのではなく、誰かのために『撮る』ことをしてもらいたい。それが結果として質の高さにもつながると信じているので」(駒下さん)。

最初は恋人だったが、恋人から夫婦になるタイミング、あるいは子どもができたタイミングなど継続して撮影依頼するカップルも少なくない。また、今後はさらに「ペット」や「親子」などの撮影も増やしていく予定だという。

「僕らが撮っているのは“恋”じゃなくて“愛”なんです。ペットも親子も“愛”ですからね。また愛のように人が人を思いやる気持ちって時代が変わり、どんなにテクノロジーが発達しても残る本質みたいなものだと思う。これを追い求めて、多くの人に幸せを提供し続けることが、本当の意味で僕らの仕事だと思っているんですよ」(駒下さん)。

リピーターが多い理由は、この“理念"にありそうだ。

【連載】リブート! “再起業”の瞬間

【第1回】「頼り合える関係」をネットで復活 -1000人の声で磨いた500円“子育てシェア”
【第2回】日本酒の定期購入サイトSAKELIFEはなぜ伸びる? -「居酒屋チェーンの日本酒を飲んだとき『これチャンスだ』と思った」
【第3回】赤ちゃん・子ども用品に特化 - 学生起業家が日本の伝統産業を救う
【第4回】なぜ『ミガクル』は、一足1500円で宅配&出張「靴磨き」ができるのか?
【第5回】多様な働き方に“おせっかい”で対応する『おかん』という名の惣菜ビジネス
【第6回】服も本もスマホに入れとく!? 「サマリーポケット」が所有の概念を変える
LINE WORKSを削除(解約)するには?

LINE WORKSを削除(解約)するには?

2019.03.21

LINE WORKSを解約したいと思ったら

解約の前にまずは「所属メンバーの削除」を行う

ユーザーは自分のアカウントを削除できるの?

LINE WORKSを試験的に導入したけれど合わなかったという場合や、利用していたプロジェクトが終了したから削除したいという場合に備えて、LINE WORKSを削除(解約)処理する手順をまとめておく。

LINE WORKSの削除はメンバー削除から

「管理者画面」を開いた上で「基本設定」を開くと、左メニューの一番下に「LINE WORKSの解約」という項目がある。ただし、使っている最中にいきなり解約しようとしても「解約できません」と表示されるはずだ。解約のためには、先に所属メンバー全員を削除しなければならない。

「基本設定」で「LINE WOKRSの解約」を選択
メンバーが残っていると解約できない

メンバー削除は、上メニューで「メンバー」を選んだ画面から行える。最高管理者は削除できないため、解約準備ならば上部のチェックボックスを使って全員を一括選択してから、最高管理者のチェックだけを外すのが簡単だ。上にある「削除」をクリックすると確認画面が表示されるので、「メンバー削除」で完了させよう。

なお「副管理者」など役職者については先に権限を削除してからでなければメンバー削除ができないので注意して欲しい。

「メンバー」で最高管理者以外を選んで「削除」をクリック
確認画面で「メンバー削除」をクリックしよう

解約理由を添えて処理完了

再度「基本設定」で「LINE WORKSの解約」を選ぶと、メンバーの削除が完了していれば解約へ進む画面が表示されるはずだ。最高管理者のパスワードと、解約理由のアンケートを入力すれば解約が完了する。

最高管理者のパスワードを入力
解約理由のアンケートも必須項目だ

個人アカウントの削除方法は?

LINE WORKSを管理者ではなくユーザーとして利用している場合、自分のアカウントを削除することはできない。

LINE WORKSのユーザーアカウントは、会社のメールアドレスのようなイメージだ。アカウントに利用する文字列などはユーザーが決められるが、アカウントの存在自体は管理者がそれぞれに発行している。そのためユーザー側はログインしないことで「使わない」状態にはできても、削除はできない。もし退職する、プロジェクトから外れるなど事情がある場合には、管理者にメンバー削除の依頼を出そう。

同じく、最高管理者の権限を持っている人が異動等でアカウントを削除したい場合には、まずは権限の委任をして、一般ユーザーになってからメンバー削除をしてもらう必要がある。

「LINE WORKS 完全指南 設定&使い方」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/lineworks

関連記事
総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

2019.03.20

モバイル業界を変える「携帯値下げ議論」が過熱

ファーウェイは日本を取り巻く環境を「歴史的チャンス」と発言

コスパ高いミッドレンジ端末でシェア拡大を目指す

20日、NTTドコモが特定の端末の購入を条件に通信料金を割り引く「docomo with」、購入する端末に応じて通信料金を割り引く「月々サポート」を終了する方針を固めたという報道が話題となっている。

国内のモバイル業界では携帯電話料金見直しが進んでおり、3月5日には総務省が中心に進めてきた端末代金と通信料金の分離が閣議決定された。NTTドコモは分離プランを軸とした新料金プランを4月に発表する見込みだ。

日本のモバイル市場を大きく変えるこの動きを「歴史的チャンス」と見ているのがファーウェイだ。2018年末から米中対立が加速する中、ファーウェイが打ち出すメッセージも語気を強めている。果たして日本市場でシェアを拡大できるのだろうか。

逆風吹けども、依然として業績は好調

今年に入り、ファーウェイの周辺が騒がしい。3月7日には、ファーウェイは米国政府を相手取って訴訟を起こした

さらにその内容をFacebookでライブ配信するなど、米国以外の世界市場に向けたメッセージにもしており、そのメッセージをまとめたウェブサイト「Huawei Facts」は、わざわざ日本語版も用意している。

2018年末から続く米中対立を巡る報道は、ファーウェイの業績にどのような影響を与えたのか。MWC19でインタビューに応じたファーウェイ・ジャパンの呉波氏は、「一部の消費者は影響を受けたが、2019年に入ってから売上は大幅に伸びている」と語った。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏

話題の「折りたたみスマホ」でもファーウェイは先行する。

ファーウェイに先立って折り畳みスマホを発表したサムスンだが、こちらはMWCではガラスケース内での「展示」のみにとどまったのに対し、ファーウェイは「Mate X」の実機を用いて報道関係者に折り曲げを試させるなど、製品化で一歩先を行っていることをアピールした。

ファーウェイの折りたたみスマホ「Mate X」。報道陣には手に取って折り曲げてみる機会も用意された

Mate Xは次世代移動通信の「5G」にも対応しており、日本では5Gサービスの開始を待って投入時期を見極める方針だという。

ちなみに3月26日に発表予定のフラグシップ機「HUAWEI P30」シリーズは、例年通りのタイミングで日本市場に投入するようだ。SIMフリーでの発売だけでなく、ドコモが採用した「HUAWEI P20 Pro」のように大手キャリアによる採用があるかどうかも注目したい。

分離プランを「歴史的チャンス」と捉えるワケ

一方、2019年の国内モバイル市場で話題となっているのが携帯料金における「分離プラン」の導入だ。KDDIとソフトバンクはすでに導入済みだが、NTTドコモは4月に発表する新料金プランから本格導入するとみられている。

分離プランの特徴は、NTTドコモの「月々サポート」のように回線契約と紐付けた端末の割引が禁止される点だ。端末の割引自体が禁止されるわけではないというものの、大幅な割引は難しくなる。その結果、10万円を超えるようなハイエンド機ではなく、3〜4万円で一括購入しやすいミッドレンジ機の需要が高まるとの見方が有力だ。

この動きをファーウェイはどう見ているのか。

呉氏は「非常に重要視している。スマホが登場したときや、SIMフリー市場が始まったときのインパクトに引けを取らない、歴史的な瞬間になる」と興奮気味に語る。

日本のSIMフリー市場でベストセラーとなった「HUAWEI P20 lite」を始め、ファーウェイのミッドレンジ機のラインアップは厚い。モデルによってはフラグシップと同じCPUでミッドハイの価格を実現するなど、コスパの高さも特徴だ。大手キャリア向けにさまざまな提案ができる体制といえる。

フラグシップと同じ「Kirin 980」搭載でミッドハイ価格の「HONOR View 20」

また、5G対応も順調だ。

モバイルWi-Fiルーターに強みを持つファーウェイは、MWC19でも5G対応ルーターを多く出展していた。日本ではまだ周波数の割り当てが終わっていないものの、国内大手キャリアは2019年内にもプレサービスを始める動きがある。5Gスマホが普及するまでの間、5Gルーターの需要は高まる可能性がある。

5G対応のモバイルWi-Fiルーターも出展していた

ミッドレンジ市場の拡大を狙って、今年はシャープやサムスン以外にも、ソニーモバイルの参入も予想されている。

この価格帯が激戦区になることは間違いないが、ファーウェイはその中で高コスパの製品ラインアップや、国内での地道な販促活動やブランドメッセージの打ち出しによって対抗していく構えだ。

ヨドバシカメラ梅田店での販促イベントの様子
関連記事