トヨタが新規事業を公募、脱・自前主義で“創業以来の変革期”に挑む

トヨタが新規事業を公募、脱・自前主義で“創業以来の変革期”に挑む

2016.12.09

トヨタ自動車は12月7日、オープンイノベーションプログラム「TOYOTA NEXT」をスタートさせると発表した。自前主義を貫いてきたトヨタがなぜ、ここにきて他の企業や研究機関などと新たなサービスを共同開発していくことにしたのだろうか。

TOYOTA NEXTの発表会に登壇したトヨタ常務役員の村上秀一氏

トヨタに押し寄せる荒波

今回の発表会は、今年4月にオープンしたばかりの東京・新宿駅南口のLUMINE0(ルミネゼロ)で行われた。場所からしても、これまでのトヨタの発表会とは違っており、同社にとって斬新な取り組みであることが伺えた。

最初に挨拶に立ったトヨタの村上氏は、トヨタが今、創業以来の変革期を迎えているとの見方を示したうえで、グローバルマーケットも大事だが、日本国内での生産や販売などもまた重要だと語った。この点をさらに成長させるべく、トヨタは今年1月に国内販売事業本部を再編し、営業・販売面での生まれ変わり(reborn)を目指す「BR J-ReBORN室」を新設している。

このスライドを背景に、村上常務はトヨタに変革期が訪れていることを指摘。同社が80年にわたって続けてきたビジネスモデルが通用しない時代に入りつつあるとの危機感を示した

自前主義からの脱却を加速

その中で、これまでの自前主義にとらわれず、他の企業や研究機関が持つ新しいアイディアやテクノロジー、ソリューションを活用して新しいサービスを共同開発していくことも大事だと考え、TOYOTA NEXTの開始を決めたと説明した。人を中心としたモビリティ社会に必要なサービスを募集し、未来の自動車産業を作ることが目的だという。募集テーマは「すべての人の移動の不安を払拭する安全・安心サービス」などの5つだ。

募集テーマの5つの基軸

募集期間は12月7日から来年2月20日までとしており、すでに専用ウェブサイトもオープンしている。今後は2月下旬に書類審査を行い、一次選考、二次選考、最終選考を経て、7月下旬に選定企業を決定し、8月以降に開発やサービスをリリースする予定としている。

トヨタが提供するアセットとは

応募者に対し、トヨタが提供するのは同社が保有するアセット(資産)だ。具体的にはビッグデータ、ディーラーおよびオウンドメディアからなるタッチポイント、先日のコネクティッド戦略発表会で紹介された「スマートキーボックス」や、法人向け車両運行管理サービス「トランスログ」、パーソナルモビリティ「i-ROAD」、ナビなどを利用した通信サービス「T-Connect」、スマートフォンを利用したナビサービスとして先日リリースされた「TCスマホナビアプリ」などとなる。

トヨタのビッグデータを活用した新たなサービスが生まれるかもしれない

応募資格としては、ビジネス利用が見込める革新的な技術やソリューション、サービスの開発を行っている技術者や研究開発者、大学・企業などの団体としている。日本語での応対ができれば年齢は問わない。企業についてはトヨタグループか否かを問わず、大企業、中小企業、ベンチャーの全てが応募可能としている。

また応募条件については、トヨタとの協業やシナジーが見込めること、トヨタとの共創に向けた取り組みの実現に向けてリソースを割けること、中長期的にトヨタとの提携を前向きに検討できること、提出する資料やプレゼンテーションには日本語を使用すること、事業内容が公序良俗に反していないことが挙げられている。

トヨタはこのプロジェクトについて、サービス開発にかかわる費用の全額または一部を負担する。得られた成果物は選定企業とトヨタの双方に帰属し、選定企業とトヨタがともに無償で利用することができるとしている。

選考メンバーとしては、トヨタの村上氏、Inamoto & Co.共同設立者でクリエイティブディレクターのレイ・イナモト氏、デジタルガレージ執行役員SVPの佐々木智也氏をはじめ、数名の有識者などを予定しているという。Inamoto & Co.とデジタルガレージ、および同社グループ企業のDGインキュベーションは、TOYOTA NEXTのパートナー企業にもなっている。

イノベーションが民主化、求められるスピード感

発表会にはイナモト氏と佐々木氏も姿を見せ、トークセッションに参加した。

左から佐々木氏、村上氏、イナモト氏

イナモト氏は、20世紀のイノベーションが企業の中で行われたのに対し、21世紀はインターネットやスマートフォンが発達し、イノベーションが民主化していると指摘。企業だけではスピード感についていけない現状が今回の取り組みを生んだと語った。

一方の佐々木氏は、最近のオープンイノベーションの例として、大企業の任天堂と米国のスタートアップ企業であるナイアンティックが共同開発した「ポケモンGO」を挙げた。こうした協業がますます一般的になっていく中で、トヨタが同様のスタイルを取り入れたことを評価しているという。

国内中心のオープンイノベーション?

ところで今回のプログラムは、ここまで読んできた方ならお分かりのように、国内でのサービスに対象を絞っており、参加企業も日本人や日本企業を念頭に置いている。オープンイノベーションという概念に反するのではないのではないかという質問も出た。

この点について村上氏は、将来的には海外展開も視野に入れていると述べていたが、筆者は創造性溢れる国内のベンチャー企業やスタートアップ企業に活躍の舞台を与えるという観点から、日本を念頭に置いたことにはむしろ納得している。

個人的に気になるのは、日本のモビリティーシーンはレギュレーション(規制)が厳しく、斬新な取り組みであってもスムーズに導入されない事例を何度も目にしてきていることだ。

トヨタが提供可能なアセットのひとつとして挙げたi-ROADにしても、現状では専用の車両規格が日本には存在せず、1人乗りは原動機付自転車、2人乗りは軽自動車をベースとした超小型モビリティ認定制度のもとでの走行と分かれている。後者にはさまざまな制約がある。

日本にはi-ROADに適合する車両規格が存在しない

こうした障壁は、ベンチャー企業やスタートアップ企業が単独でクリアできるものではない。そのため、いち早く事業化に結びつけるべく、せっかく日本で育んだ発想を、米国や東南アジアで展開している企業もある。

どういう枠組みかではなく、何に結実するかが重要

日本のモビリティのレギュレーションは、多くが昔に作られたものであり、高齢化や一極集中など、さまざまな問題が山積している現在の事情に則したものとはいえない。現状を変えていくためにも、トヨタのような大企業の力とベンチャーやスタートアップ企業の技が結集する今回のプログラムは有効だろう。

この点について筆者が質問したところ、基本的にはルールに則って進めるものの、現状でも地方自治体などが工夫して新しい取り組みを進めており、必要があれば渉外の分野もトヨタが担当していくと答えていた。

トヨタは米国に人工知能(AI)研究の新会社トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)を設立するなど、近年、外部の会社や研究機関との新しい枠組みづくりを進めている。今回のTOYOTA NEXTもそのひとつといえよう。

しかしもっとも大切なことは、枠組みを作ることではなく、そこから何を生み出すかだ。日本のモビリティーシーンを大きく変えていくようなサービスが、ここから誕生してくることに期待したい。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu