店内“オペレーション”を確実にする“魔法の立方体”とは?

店内“オペレーション”を確実にする“魔法の立方体”とは?

2016.12.28

ものづくり体験ができるカフェ「FabCafe」

国道246号。渋谷から三軒茶屋方面に坂道を上がったV字交差点のところに、「FabCafe Tokyo」というカフェ店が存在する。足を踏み入れると、コンクリート打ちっ放しの無機質な空間が広がるが、店内でカフェを楽しむお客からは熱気を感じる。それもそのはず、このカフェ店は単にカフェを楽しむだけでなく、“ものづくり体験”ができる場として有名だからだ。

具体的には「3Dプリンター」や「レーザーカッター」といった工作機器を店内に導入している。そうした機器を使い、お客は自身のクリエイティビティを満たせるというワケだ。“Fab”は製造・組み立てを意味する“fabrication”の略で、その名からもこのカフェ店のコンセプトがうかがい知れよう。

余談だが、筆者は以前パソコン雑誌に在籍していた。CPUなどの半導体を製造する工場を、「ファブ」などと呼んでいたのが思い出される。

さて、話をFabCafe Tokyoに戻そう。前述したとおり、コンクリート打ちっ放しの店内に、カウンターや10数卓のテーブルが並べられており、お客はそれぞれのスタイルでカフェを楽しめる。ここまでは、街でよくみかけるオシャレなカフェ店とあまり変わらない。

見慣れないのは、卓上にある長方形のブロック。その近くにはアクリル製の説明カードが置いてある。実はこれ、お客と店員のコミュニケーションをサポートするツール「noodoe」(ヌードー)と呼ばれるソリューションである。

お客とスタッフのコミュニケーションツール「noodoe」

スタッフのリストバンドで呼び出し

どういうことかというと、このブロックには「お水」「呼び出し」「次の料理」「会計」といった面が書かれ、その面を上にすることで店員が腕につけているリストバンドにその情報がバイブレーションとともに届く。

これだけでは、何のことやら分からないかもしれないが、お客は卓上のブロックを倒すことで店員に各種オーダーを行うことができる。通常、お水をもらいたい場合、「すみません。お冷やください」と店員を呼び止めるのだが、ブロックを倒すというワンアクションで済むというわけだ。

店員側も、「すみません」とお客から声をかけられただけでは、お水なのか会計なのか、はたまた追加注文なのかわからない。だが、このブロックからの情報により、リストバンドにお客が何を求めているのか表示される。

取材に応じてくださったFabCafeのCOO、川井敏昌さん

これが、何を意味するのか。通常、声だけのコミュニケーションの場合、お客の「すみません」の声に対応した店のスタッフは、その卓に要望を聞きに行く。この時点では、なぜ客に呼ばれたかは判然としない。卓の側に行き、お客の要望を聞いてからアクションを起こす。たとえば、お冷やがほしいという客だった場合、「すみません」と呼ばれてから卓に行き、その要望を聞いてからお冷やを用意して卓に持っていく。

つまりスタッフは、最低でも2度、卓に行くことになる。これは、労力としては無駄になる。だが、ヌードーならば、お客の要望がすぐにスタッフに伝わる。効率を向上させるのに有効といえるだろう。

このソリューションを提供しているのがエスキュービズムという企業だ。ハードウェアとソフトウェアの双方を開発し、ECパッケージやタブレットPOS販売を起点にして成長してきた企業だ。まだ、ベンチャーという段階だが、ある意味、ショップや飲食店の運営ソリューションに精通しているともいえる。だが、このヌードーは、ベンチャーならではのアイデアといえるのではないだろうか。

卓上で数種類のオーダーができるブロック、そしてそれを無線通信(ブルートゥース)により店員のリストバンドに送る。みせられれば単純ではあるが、発想にいたるにはなかなか難しいかもしれない……。

前述のFabCafeで働くスタッフは、必要以上にお客の動向に目を光らせなくてもよくなったと、このソリューションの利便性を筆者に語ってくれた。

さて、お客にとっても店員スタッフにとっても、便利であるこのソリューションだが、必要以上にスタッフとコミュニケーションしたい目的の人には、少し厄介かもしれない(笑)。

ジャニーズ初・バーチャルアイドルユニットが登場、二次元と三次元は融合できるか<br /><br />

ジャニーズ初・バーチャルアイドルユニットが登場、二次元と三次元は融合できるか

2019.02.19

ジャニーズ事務所がバーチャルアイドル企画を発表

二次元のキャラを三次元のアイドルが演じる

二次元と三次元は融合できるか?

ジャニーズ事務所から「バーチャルアイドル」が誕生し、その意外性に注目が集まっている。

嵐やV6、KAT-TUN、Kis-My-Ft2など、これまで活躍してきた同事務所のアイドルたちは、改めて言うまでも無く皆、生身の人間だ。だが2月19日に発表された「Johnny’s×SHOWROOM 『バーチャルジャニーズプロジェクト(VJP)』」に関して言えば、それは異なる。

同プロジェクトは、SHOWROOMで行うライブ動画配信が主軸。表に立つのはバーチャルキャラクターで、キャラクターの声を担当する演者(キャラクターボイス:CV)として、ジャニーズ事務所のアイドルが配役されているという座組みだ。

プロジェクト第一弾として今回発表されたのは、関西ジャニーズJr.内ユニット「なにわ男子」の藤原丈一郎さんと大橋和也さんがCVを務めるキャラクター。この企画を若手の登竜門として考えていることが伺える。

クールな雰囲気の「海堂飛鳥(かいどうあすか)」(CV:藤原さん)と、元気なイメージの「苺空星空(いちごやかなた)」(CV:大橋さん)。キャラクターを手がけたのは、ニコニコ動画などで高い人気を誇る楽曲、動画制作チームHoneyWorks(ハニーワークス) のイラストレーター・ヤマコさん

また、会見当日の夜から、両キャラクターの動画配信がスタート。「海堂飛鳥」の配信は21:30から、「苺空星空」の配信は22:15から開始となっており、続けて見ることのできるスケジュールだ。発表に驚き、関心を持った人たちがその熱量のまま、今夜の配信に集まることが予想される。

これまではWebサイトではアイドルの写真は非掲載、電子書籍ではシルエットのみ掲載というケースもあるなど、インターネット対応には消極的だったジャニーズ事務所だが、2018年3月にはYouTubeに公式チャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」を開設するなど、その姿勢は変化しつつある。

今回の企画に関して、「最新技術でジャニーズの新時代を切り開く」(プレスリリースより抜粋)としており、その気概の感じられる、非常にスピーディーな企画進行だ。ジャニーズがインターネット技術の潮流に関心を示していることを象徴する事例とも言えそうだ。

これまでにもあった二次元×三次元の試み

影響力が非常に大きなジャニーズ事務所による企画ということで注目を集めている本企画だが、これ以前にもキャラクターとアイドル(俳優)をコラボレーションさせた女性向け企画は存在する。アニメ・マンガ原作の脚本を若手俳優が演じる「2.5次元舞台」は、キャラクターを生身の俳優が演じるという点で、やや類似性はあるだろう。

それ以上に近いのは、バンダイナムコとアミューズが企画したメディアミックス作品「ドリフェス!」(2016年開始)。キャラクターのCVにアミューズの若手俳優を起用したという点で、今回の座組みに近いものがある。

活動の中で「5次元アイドル」(2次元のキャラクターと3次元の俳優を合わせた造語)を標榜し、ゲームアプリやTVアニメでキャラクターのCVとして出演した俳優たちが劇中歌を歌い踊るライブを行うなど、“次元の壁”を行き来する活動を行ってきた。2018年10月に開催された武道館ライブをもって活動に区切りをつけるとアナウンスされたが、今も根強いファンを抱えるコンテンツだ。

「顔が見えない」ことに不安の声も

ジャニーズのような「三次元」のアイドルを長年輩出してきた事務所が、あえて「二次元」の要素を含むバーチャルアイドル企画を立ち上げたのは、HoneyWorksのファンはじめ二次元を愛好する人たちへのアプローチによるファン層の拡大、そしてファンとアイドルの交流機会の創出が狙いと考えられる。

動画にコメントをつけ、アイドルが返事をするというやりとりは、これまでライブで受ける「ファンサ」(観客に向けてアイドルがアクションを行うこと)が主体だったアイドルとファンの関係に変化をもたらすかもしれない。

ただ、バーチャルアイドルが表に立つと当然ながら、ジャニーズアイドルの顔は見えない。ジャニーズJr.として活動し、ユニット化、そしてデビューという既存の路線とは大きく異なる本企画に対し、ジャニーズファンからはSNS上で不安の声も上がっている。

「二次元」と「三次元」、どちらか一方で構わないという人がいるのも事実ではあるが、相乗効果によって新たな魅力を創出する、あるいはこれまで知らなかったもう一方の魅力を発見する機会になることも考え得る。新たな化学反応を起こすことができるか、今後の展開に注目したい。

関連記事
ブレグジットは考慮せず…ホンダが英国工場の生産終了を決めた理由

ブレグジットは考慮せず…ホンダが英国工場の生産終了を決めた理由

2019.02.19

ホンダの八郷社長が記者会見

英国生産終了の理由は「シビック」の生産体制?

欧州でのブランド強化に注力

「ホンダ、英国工場を閉鎖」と日本経済新聞が報じた2月19日の夕刻、ホンダの八郷隆弘社長が記者会見を開いた。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を受けての動きかと思われたが、八郷社長によれば本件とブレグジットは「無関係」であり、今回の決断は「グローバルにおける生産配置と生産能力の適正化」を図るためのものだったという。

会見に臨むホンダの八郷社長。会見のメインテーマは「事業運営体制変更」だったが、質疑応答では英国工場について多くの記者が質問した

次期「シビック」の生産体制が決め手に?

英国・スウィンドン市にある「ホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド」は、ホンダが1985年に設立した工場だ。現在は約3,500人の従業員を抱え、主に「シビック ハッチバック」を生産している。ホンダは今回、同工場での生産を2021年中に終了すると発表。さらに、トルコの工場では「シビック セダン」の生産を2021年中に終了すると決めた。

なぜ、英国工場を閉鎖するのか。八郷社長によれば、ホンダは四輪車の生産能力について世界的に見直しを進めており、現状、年間540万台の能力(2018年暦年の稼働率は約97%)を、2021年末には同510万台あたりまで引き下げる方向で動いている。その一環として今回、英国での生産を終了させるそうだ。年産510万台体制になれば、ホンダでは工場の稼働率が100%を超える見通しだという。

英国工場では年間16万台程度のシビック ハッチバックを生産しているそうだが、そのうち、65%は英国およびEU以外の地域に輸出しており、55%は北米向けとなっているのが現状。そんな状況の中、ホンダはシビックの次期モデルを世界のどこで作るか検討し、北米で売れているものは北米で作るという決断を下した。今後、英国およびEU向けのクルマは中国や日本などで作って輸出する。

現行型「シビック ハッチバック」

日EU経済連携協定(EPA)により、日本から英国およびEUに送るクルマの関税が撤廃となれば、確かに、わざわざ現地でクルマを作る必要はなくなるのかもしれない。環境問題への対策を急ぐ中国では、ホンダを含む自動車各社が環境に配慮したクルマのラインアップ拡充を急いでいるが、中国と同じく環境規制が厳しさを増す欧州に向けては、中国で(大量に)作ったクルマを輸出するというのも、見方によっては理にかなっている。ここ最近のホンダは欧州事業で苦戦していたが、これを機に「もう一度、欧州でホンダブランドを強化したい」と八郷社長は意気込む。

今回の決定にブレグジットが及ぼした影響について、報道陣からは何度も質問が出たが、八郷社長は一貫して「ブレグジットは考慮しなかった」と答え続けた。合意なき離脱となるのかどうか、ブレグジットの行き着く先はいまだ不透明という情勢だが、ホンダとしては、英国工場で部品の調達が滞る懸念があるため、同工場で4月に生産調整を実施する予定だという。

関連記事