DMMはネット企業からメーカーに? 自社ブランド家電発売の目算

DMMはネット企業からメーカーに? 自社ブランド家電発売の目算

2016.11.16

DMM.comが自社ブランド「DMM.make」の家電の販売に乗り出した。第一弾となるのは、4Kディスプレイ。家電ベンチャーUPQからのODM供給になる。これだけ聞くと畑違いの分野になぜ? との疑問が出てくるが、以前から同社がおこなってきた事業の発展によるもの。そこにはどんな思惑があるのか。

DMM.comが家電を出す

ウェブを通じて、様々なコンテンツの提供をおこなっているDMM.comが販売するのは、同社ブランド「DMM.make」の家電第一弾。50、65インチの4Kディスプレイ「DMM.make DISPLAY」だ。

ディスプレイだけにすることで低価格で4Kが楽しめる

すでに蔦屋家電の店頭やECサイトから先行販売しているほか、DMM.makeのECサイトなどでは、15日から購入することができるように。ほかの量販店での展開も進めていくという。

4K対応の動画コンテンツや、4K動画撮影可能なカメラ・スマートフォンが増加。さらに今後、2018年には4K実用放送(BS放送)が始まる。4Kテレビへの需要の高まりが想定されるが、現在、4Kテレビを購入しようとすると価格があまりに高い。

同社は、専用チューナーは、すでに家にあるテレビのものを使用してもらうということを想定し、ディスプレイだけの販売とすることで、より購入しやすい価格帯を実現、低価格で勝負しようとしている。

ものづくりの支援はその先の流通・販売まで

ブランド名となっている「DMM.make」はDMM.comがおこなっているものづくりのベンチャー支援事業のこと。その中の一組織であるDMM.make Distribution部門から今回の製品が出された。

このDistribution部門は今年の2月に立ち上げられたばかり。海外から日本にユニークな家電製品を仕入れ、販売する、輸入型販売代理店業。それとその逆、日本から海外へ。ユニークな家電製品の流通・販売を支援する輸出型販売代理店業を担う。

同部門ではすでに海外から仕入れた17製品の販売を開始。

ものづくり支援で培ってきた知見から、日本にはないが日本人に受けそうな製品を、プロの目で目利きして、国内に流通させるという部分に乗り出した、ということととれる。

またそれ以上に、今までおこなってきたものづくりベンチャー支援から、それを流通に乗せるところまで、一環して支援できるようにしたという意味が大きいだろう。

DMM.makeのHPより。 Distributionとは

それによって支援を受けた側はもちろんのこと、DMMも売り上げにつながる。

その第一弾として、UPQからODM供給での自社ブランド製品の発売がある。

DMM.comのブランドとしてテレビCMなども展開されることで、ベンチャー企業1社ではなかなか届かなかったターゲットにまで製品の良さを伝えられるようになる。

テレビCMは江口洋介さんを起用

今後、自社ブランドの展開予定があるかどうかはまだ未定としつつ、いろいろ考えていると同社の担当者は含みを持たせた。

というのも、今回のようなODM供給による自社ブランド製品の販売は、国内から海外へ、海外から国内へ。ユニークな製品をより多くの人に届ける手段の一つと同社はとらえている。

だから自社ブランドとせずとも、ベンチャーの製品を海外の流通に乗せ、販売することもありえる。

同社の海外の営業拠点は北米、ヨーロッパ、中国などにあり、世界のほとんどのエリアで流通させることが可能だそうだ。

どれだけ多くの人に届けられるか。今回のディスプレイの行方は、今後の展開を左右する試金石となるだろう。

アケコンが滑りにくい!? プロゲーマーの声から生まれた「eスポーツウェア」

アケコンが滑りにくい!? プロゲーマーの声から生まれた「eスポーツウェア」

2019.02.20

スポーツアパレルブランドのチャンピオンがeスポーツに参入

プロチーム「Team GRAPHT」所属選手の声を聴いてウェアを開発

アケコン滑り止めやチャック付きポケットなど、ゲーマーニーズを満たす

アメリカンスポーツアパレルブランドのチャンピオンは2月20日、国内のeスポーツ市場に参入することを発表した。練習から試合、移動中にも着用できるeスポーツウェアを2月28日から発売開始するという。

ウェア開発にあたってチャンピオンは、オフィシャルチームウェアパートナー契約を締結したプロチーム「Team GRAPHT」に所属するプレイヤーの声を聴いて、海外ツアーやプレイシーンなどゲーマーニーズを研究。それに、スポーツブランドとして培ったノウハウをあわせることで、eスポーツ用のアイテムを生み出した。

新たに発売されるのは、「GAMING JERSEY」「GAMING SHORTS」「GAMING HOODIE」「GAMING HALFZIP PANTS」の選手着用モデルと一般モデル、加えて「5P CAP」「LAYER LONG T-SHIRTS」「LONG TIGHTS」だ。

今回販売開始されるウェアのラインアップ

ウェアの特徴として同社は「最大限集中するための吸汗・速乾や抗菌・防臭機能」「静電気軽減効果のある縫製糸を採用」「シリコンプリントでコントローラーの滑り止め効果を発揮」「パスポートや携帯電話を収納するファスナー付きポケット」「長時間の移動やプレイのストレスを軽減するストレッチ機能」「UVカット機能も搭載した冷房対策のための上下レイヤー」「集中力や没入感を高めるゲーミングフードのカッティング」を挙げた。海外遠征やツアー、長時間の試合など、過酷な環境でプレイするeスポーツ選手が、いかに快適にプレイできるか考えて設計されたとのことだ。

なかでも目玉は、シリコンプリントによるアーケードコントローラーの滑り止め効果だろう。格闘ゲームの選手は、アーケードコントローラーを膝の上に置いてプレイすることが多い。そのため、激しい操作をした際にも、しっかりとコントローラーが安定していることが大事なのだ。

ウェアを着用した2名のプロゲーマーが着心地を語る

今回、発表に先立って、「Team GRAPHT」に所属するプロゲーマー、GLLTY選手、MOV選手、Dora選手に、ウェアを着用してもらい、2月15日から3日間、福岡で行われた「EVO Japan 2019」の試合に臨んでもらったという。発表会にはGLLTY選手とMOV選手が登壇し、ウェアについての感想を述べた。

MOV選手「滑り止めがついているので、そのおかげで安心してプレイできました。また、今年のEVO Japanは福岡だったのでそこまで暑くはなかったのですが、東南アジアなどの地域で、しかも半屋外のようなジメジメした場所で大会が開催されることもあるので、吸汗・速乾機能は助かります。『将来プロゲーマーになりたいんです』という子どもたちと接するときに、汗臭かったら幻滅されそうですが、このウェアを着ていたら安心してファン対応できるでしょう」

GLLTY選手「スポーツウェアとして非常に洗練されたデザインだと思います。プロゲーマーとして活動していくうえでは、スポンサーのロゴ表記が欠かせません。このウェアであれば、どこにロゴを付けても絵になるのではないでしょうか」

発表会では実際にウェアを着用してデモプレイを行ったMOV選手(左)とGLLTY選手(右)。「GAMING SHORTS」のシリコンプリントが、アケコン滑り止めの役割を果たす
シリコンプリントは車椅子バスケットボール日本代表向けウェアの技術を応用したものだという

また、ウェアのポケットはすべてチャックが付いており、海外遠征時でもパスポートや現金、スマホなどを常に入れておけるようになっている。

MOV選手は「相手のデータを確認したり、急な呼び出しに対応したりといった事態も想定されるので、スマホを試合直前までポケットに入れておけるのはありがたいですね」と満足している様子だった。

まだまだプロプレイヤー以外の選手が「ウェアを身にまとって大会に参加する」というシーンは想定しにくい状況だ。しかし、アケコン滑り止めなどの機能に注目した選手が徐々に着用していけば、将来的にはバスケやサッカー、野球のように、eスポーツをする際の一般的な練習着として専用ウェアを着用するようになっていくのかもしれない。

関連記事
PlayStation Vitaが近日中に出荷完了、ソニー携帯ゲーム機に幕

PlayStation Vitaが近日中に出荷完了、ソニー携帯ゲーム機に幕

2019.02.20

PlayStation Vitaの製品出荷が近日中に終了する

もともと国内生産は2019年中に終了とされていた

後継機の情報が無い現状、ソニー携帯ゲーム機の歴史途切れる?

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の携帯ゲーム機「PlayStation Vita(PS Vita)」が、近日中に国内出荷を完了することがわかった。現在のところ後継機の計画などは発表されておらず、「PlayStation Portable(PSP)」から続いたソニーの携帯ゲーム機の歴史が途切れることになる。

PS Vita

PS Vitaは、2004年に登場したPSPの後を継ぐ形で、2011年12月17日に発売された携帯ゲーム機だ。幾度かのマイナーモデルチェンジをしながら現在まで販売を続け、途中には「PlayStation Vita TV」といった派生製品も製品化された。現行モデルのPCH-2000シリーズは2013年から販売されていたが、2019年中に国内出荷を完了することになった。ちなみに、従来機のPSPが国内出荷を完了したのは2014年で、その2年後にネットワークサービスを打ち切っている。

発売当時には、無線LANに加え3Gにも対応したオンライン機能、高画質な有機ELタッチパネル、据え置きゲーム機「Playstation 3」相当のゲームタイトルが遊べるなど、性能志向の携帯ゲーム機として話題を呼んだ。同じ年には任天堂から裸眼立体視による3D体験を特徴とした「ニンテンドー3DS」が登場しており、携帯ゲーム機市場の覇権を争うライバル関係であった。

携帯ゲームの主流がスマートフォンに移り変わって久しいが、当時のスマートフォンはアップルで言えば「iPhone 4S」で、Xperiaは「Acro」、GALAXYは「S II」といったあたりが最新機種であった。ゲームタイトルも「アングリーバード」などが流行っていた時代だ。ゲームタイトルの購入方法も、メモリーメディアや光学メディアに収録されたパッケージ製品を店頭で買う時代から、オンラインでデータを購入することが一般的な時代へと移り変わった。

プレイステーションのゲームが遊べるスマートフォン「Xperia PLAY」なども

PS Vitaが終了する一方、周辺では、PS5などとしてPlayStation 4の後継機の開発が進んでいるという観測が頻繁に流れはじめた。また、今年3月のゲーム開発者会議「GDC」ではGoogleがゲーム関連の発表を予定しており、その中身が家庭用ゲーム機のハードウェアではないかという噂も聞こえてきている。

関連記事