トヨタとダイハツの新車はスズキ「ソリオ」を意識? 提携話も絡む3社の気になる関係

トヨタとダイハツの新車はスズキ「ソリオ」を意識? 提携話も絡む3社の気になる関係

2016.11.23

トヨタ自動車とダイハツ工業が11月9日、小型トールワゴンを発表した。富士重工業(スバル)を含めれば4車種になるこの新型車、スズキの「ソリオ」に近い部分がいくつかある。スズキは先月、トヨタとの提携へ向けた協議を始めると表明したばかり。もし提携が実現したら3社の関係性はどうなるのだろうか。

発表会に登壇したダイハツ取締役社長の三井正則氏(画像右側)とトヨタ常務役員で国内販売事業本部長の佐藤康彦氏

ダイハツとスズキ、トヨタとの関係が気になる両社

10月12日に発表された、トヨタとスズキの提携に関する合同記者発表。以前から噂がないわけではなかったし、実際にはまだ「両社の協力関係の構築に向けた検討を開始する」段階ではあるが、トヨタの豊田章男社長とスズキの鈴木修会長が揃って共同記者会見に臨んだ姿は、それだけでビックニュースに値した。

多くの関係者はこのニュースを聞いて、スズキとダイハツの関係を思い出したはずだ。スズキとダイハツは軽自動車の分野でライバル関係にある。一方でダイハツは1960年代からトヨタと提携を結んでおり、今年8月に完全子会社になった。その中でトヨタはさらに、スズキとも手を組むかもしれない。両社のすみ分けはどうなるのか、気になった人は多いはずだ。

そんなさなかの11月9日、トヨタとダイハツが新型車の発表会を行った。コンパクトカーの「パッソ/ブーン」に続き、ダイハツが開発生産を行い、トヨタおよびスバルにOEM供給を行うトールワゴンで、車名はトヨタが「ルーミー」と「タンク」、ダイハツが「トール」と命名。スバルは実に21年ぶりの復活となる「ジャスティ」の名を与えた。

トヨタはタンク(左の画像、左側)とルーミー(同右側)という車名で販売。PRイベントに駆けつけた菜々緒さんは、Livingの“L”とDrivingの“D”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」というコンセプトをアピールした

トヨタが2車種あるのは、大型ミニバンの「アルファード/ヴェルファイア」と同じように、販売店別にデザインを分けたためだ。トヨタ店とカローラ店がルーミー、トヨペット店とネッツ店がタンクとなる。従来の国産車で、3兄弟はトヨタの「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」があるが、4兄弟となるのは珍しい。

4車種の車名を何度も並べて記していくと、記事が読みにくくなる恐れもある。そこで以降は、ルーミー/タンク/トール/ジャスティを「トールワゴン4兄弟」と記すことにする。

タントのノウハウを登録車に

発表会でダイハツの開発担当者数人に話を聞いた。その中で印象に残った言葉のひとつは、軽自動車「タント」の拡大版を狙ったという言葉だ。タントはそれまでの軽自動車より背の高いボディとスライドドアを装備してデビュー。現行型では助手席側スライドドアをセンターピラー内蔵のピラーレスとしたことで利便性を高めたことが評価され、軽自動車のベストセラー争いをしている。

こうした経験から、パッソ/ブーンに続き、軽自動車の経験を活かした登録車として開発を進めたようだ。しかし今回のトールワゴン4兄弟は、助手席側にもセンターピラーがある。その点については2つの理由を挙げていた。

ひとつは軽量化により燃費性能と動力性能を高めたかったこと。ピラー内蔵スライドドアはドアの重さが増し、それを支える骨格も補強が必要となるので、車両重量アップにつながるという。そしてもうひとつの理由として挙げたのが、ダイハツ自身が自分たちの強みだと発表会でアピールしていた“お客様視点”だ。

低燃費化の工夫は随所に

ダイハツ車に通底する“お客様視点”

以前、同社の軽自動車「ムーヴキャンバス」を記事で取り上げた際、晩婚化が進む未婚女性とその母親が共同で使うシーンを想定して開発されたことを紹介した。あのエピソードを思い出させるような背景があった。

タントはまだ子供が小さい家庭のファミリーカーとして企画された。子供を後席のチャイルドシートに乗せる際にはピラーレスのほうがありがたい。一方のトールワゴン4兄弟は、チャイルドシートを必要としない子供や、高齢者がいる家庭を想定。こちらはピラーに備えた手すりがあったほうが乗り降りしやすい。そこでピラーを残したというのがダイハツの説明だ。

エンジンはガソリン1リッター直列3気筒の自然吸気とターボを用意する。軽自動車以外の日本のトールワゴンやミニバンで、ターボエンジンを採用するのは少数派だ。それにダイハツはASEAN向けとして1.3リッターも持っているはずである。

ターボエンジンも用意

実はここにも軽自動車の経験が生きていた。軽自動車では同じ660ccの自然吸気とターボというラインナップが定着しており、その図式を登録車でも展開したとのことだ。

同一ジャンルに強力なライバル

ここまで今回発表されたトールワゴン4兄弟の独自性について解説してきたが、クルマに詳しい人はこの4車種が、スズキのソリオに似ていることに気付いただろう。2010年に登場したソリオは、スライドドアを備えたハイトワゴンという、軽自動車ではおなじみのパッケージングをいち早く登録車に持ち込み、安定した販売実績を挙げている。

トールワゴン4兄弟のボディサイズを見ると、全長3,700mm、全幅1,670mm、全高1,735mm(ルーミーGグレード)で、全幅はソリオより45mm広いが、長さと高さは10mmしか違わない。スライドドアを備えたトールワゴンであることも共通している。当然ながら発表会ではこの点についての質問も出た。

サイズを含めソリオと似た部分がある

これに対してダイハツは、ソリオと同じジャンルであることは認めた。そのうえでダイハツらしく、ユーザーの声を聞いて開発を進めたこともアピールした。となると気になるのは、トヨタとスズキが提携を結んだ場合だ。

軽・小型車のライバル、トヨタを交えた協力は進むか

しばらくはソリオ対トールワゴン4兄弟の販売競争が続くだろう。しかしダイハツとスズキが、同じトヨタグループに属する可能性が高まったのも事実である。提携が現実になれば、軽自動車や小型車の分野で、プラットフォームやエンジン、ボディなどの共用化が進むだろう。早ければ次のモデルチェンジで答えが出てくるかもしれない。

トヨタとダイハツは、トヨタとスズキの共同記者発表が行われた直前の10月4日、今後の新興国小型車事業の強化に向け、来年1月をめどに新興国小型車担当カンパニーの設置を共同で進めると発表している。これにインドで圧倒的なシェアを持つスズキがどう絡んでいくか。新興国戦略も見逃せない。

発表会ではこの点に関する質問も飛んだが、さすがに明言は避けていた。でも時期が時期だけに、単なるニューモデルとしてだけでなく、今後の展開も気になる新型車だった。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu