グーグルの新スマホブランド「Pixel」が変えるモバイルの行き先

グーグルの新スマホブランド「Pixel」が変えるモバイルの行き先

2016.10.07

グーグルは10月4日、米サンフランシスコでプレスイベントを開催し、グーグルブランドのスマートフォン「Pixel」を発表した。

Pixelは5インチ、Pixel XLは5.5インチのスマートフォンで、32GBモデルと128GBモデルを揃えるAndroidスマートフォンだ。予約サイトは日本語化されているが、米国など海外での発売となり、米国キャリア経由での販売は最大手のVerizonとなる。

価格は5インチ・32GBモデルで649ドルとiPhone 7 32GBと同等。Google Storeでの販売には、iPhoneのように月々27ドルの分割払いのプランも用意しているほか、同時に発表された布張りの新しいVRゴーグル「Daydream View VR」を無料で手に入れることができる。

iPhone対抗を印象付ける手堅いスペックのスマートフォン

Pixelは、価格、サイズ構成、そしてデザインから、iPhoneを強く意識していることがわかる。ディスプレイには解像度1920×1080ピクセル(Pixel XLは2560×1440ピクセル)のAMOLEDを採用し、背面はメタルケースとガラスのツートンで高級感を感じさせる。ただ、iPhoneでは廃止されたアンテナラインとヘッドフォンジャックは、Pixelには備わっており、iPhoneより1.5mmも厚い8.6mmだ。

グーグルブランドのスマートフォン「Pixel」(画像:Google Official Blogより)

プロセッサにはSnapdragon 821とメモリ4GBを搭載している。このプロセッサは、高速な2コアと低速な2コアの組み合わせ。また5インチモデルでも2770mAh、5.5インチモデルでは3450mAhのバッテリーを搭載し、15分で7時間の使用時間を確保する急速充電機能を備える。

グーグルが強調しているのは、Pixelのカメラの性能だ。DxOMark Mobileのスコアでは、iPhone 7を上回り、スマホで最高となる89を獲得し、HDR+やレンズぼかし効果、360度フォトなど、iPhone 7で実現する以上の撮影機能を誇る。

また、フル解像度の写真やビデオを無制限に保存できるGoogleフォトの専用プランを用意して、端末の空き容量を気にせず写真を撮影することが可能としている。ちなみにGoogleフォトアプリでは、写真のバックアップと空き容量の確保を、他のAndroidデバイスやiPhoneで行うことができる。

iPhoneからの乗り換えを促す機能として、LightningケーブルでiPhoneとGoogle Pixelを直接接続して電話帳や写真のデータを転送する機能を備えた。

重要な「Made by Google」というキーワード

筆者にとってのGoogle Pixelの第一印象は、価格が高すぎるというものだ。アップルのiPhone 7と価格を合わせているが、久々の復帰となるグーグルブランドのスマートフォンに、iPhoneと同じ価格を掲げるほどのブランド力があるかと言われると、大きな疑問が残るからだ。

これまでグーグルは、サムスン、LGなどをフィーチャーするAndroidスマートフォンの標準的なデバイス「Nexus」シリーズを発展させてきた。PixelはNexusシリーズを引き継いだシリーズと位置付けられるが、Nexusとの違いは、デバイスメーカー名を「Google」としている点だ。

Google Pixelは、同時に発売がアナウンスされた音声コマンドデバイス「Google Home」、連携可能なWi-Fiルーター「Google Wifi」、前述のVRゴーグル「Daydream View」、そしてストリーミングデバイスChromecastシリーズとともに、「Made by Google」のデバイス群を構成する。

Google Home
Google Wifi
Daydream View

グーグルは引き続き、Androidを他のメーカーでも利用して欲しいし、現状考えうる代替プラットホームは存在していない。そうした中で「Made by Google」シリーズには2つの意味があると考えている。

1つ目は、グーグルが、プラットホームとしてエンドユーザーの体験に直接関与を深めていく姿勢の表れだ。

前述のように、これまでグーグルは、OSやクラウド上のサービスを通じてユーザーと対話しており、その間を取り持つのはウェブブラウザか、Androidスマートフォン・タブレットを作るデバイスメーカーだった。デバイスメーカー間でも競争があり、デバイスそのものや、独自の機能で差をつけていくことになる。

結果、OSのカスタマイズが進み、Android特有のバージョンの断絶問題が起きたり、同じメーカー間での体験の差異が広がっていた。Google Pixelは、ユーザー体験をいまいちど、グーグルの手元に引き戻していく初手として考えることができる。

デバイス生産国の問題も

2つ目は、どの国のデバイスか、という問題だ。

現在、米国発の主要スマートフォンは、アップルのiPhoneしかなくなってしまった。モトローラは中国レノボに買収されており、サムスンやLGといった人気のあるAndroidスマートフォンは韓国勢だ。日本のメーカーは米国において、廉価版でしか生き残れていないし、カナダのブラックベリーやフィンランドのノキア(買収されて米マイクロソフト傘下)も、Android・iOS主体のモバイル市場において、存在感は消えてしまった。

米国議会や政府は、中国の通信機器大手であるファーウェイやZTEに対して「安全保障上の潜在的な脅威」と指摘してきた。米下院では、スパイ行為やサイバー戦争に利用される可能性があるとして、ルーターやスイッチの購買を避けるべきだと2012年に報告している。特に、ZTE製Androidスマートフォンには、メンテナンス用とはいえバックドアが仕掛けられていたことがわかっている。

産業面、安全保障面で中国製の通信機器に対して神経をとがらせている政府や議会の反応は、米国大手企業の調達にも影響を与える。特にアップルは、唯一の米国メーカーとしてビジネス市場の拡大を狙っており、2016年3月にはFBIの捜査への協力を拒否してまで、ユーザーのプライバシーを守る姿勢を見せたのもそのためだ。

エンタープライズ市場を意識する際、Androidに、主要な米国製のデバイスが必要となっている点を補う目的を見出すことができる。

これからのモバイル体験を作るのは?

さて、Pixelの1つ目の目的、ユーザー体験のグーグルによる深い関与について話を戻す。グーグルがこのタイミングで自社デバイスを打ち出した背景には、いよいよ人工知能を主体とした新しいユーザー体験づくりに着手しようとしているからだとみている。

グーグルは機械学習のオープンソースプロジェクトに関与し、また日本でも話題になった囲碁のAI、AlphaGOの人間との対戦は、人工知能の存在と有効性を表す非常に良いデモとなった。こうした研究開発レベルでの充実とは裏腹に、我々はまだ、人工知能が何かということ、そしてそれが我々の生活に、良くも悪くも、どのような影響を与えうるのか、ということを理解していない。

グーグルは、同社のプラットホームの優位性をアピールしようとした際、人工知能がどのように役立つのか、理解を深める「体験」から作り出さなければならない。Pixelは、そうした新しいユーザー体験を伝えるわかりやすい役割を担っている。

グーグルが5月の開発者会議で発表した人工知能を用いたアシスタント「Google Assistant」は、Pixelからすぐに呼び出すことができ、音声や文字による対話型で情報を調べたり、タクシーやレストランの予約などを行うことができるようになる。

Google Assistantを搭載したチャットアプリの「Allo」。画像認識を行い即座に返信可能なスマートリプライ機能を備える

グーグルはサードパーティーの開発者がGoogle Assistantに対応できるSDK「Actions on Google」を12月から公開する予定だ。

これまで、スマートフォンは、アプリの形で、ユーザーの新しい体験を作ってきた。インターフェイスはタッチスクリーンであり、視覚的なフィードバックを得ながら利用するスタイルだ。そのため、デバイスの使い勝手やサイズはより重要であった。

Google AssistantのSDKがどのようなものになるか。アマゾンや、限定的な公開にとどまっているアップルのSiriとの比較はこれから明らかになるだろう。いずれのアシスタントサービスも、声と対話型が主となるインターフェイスであり、人工知能に機能と情報を与えることが、開発者の役割になっていく。

すでにスマートフォンそのものの機能面、デザイン面での進化も峠を越えていることは、iPhoneを見ても明らかであり、次の発展の方法の模索が始まっている。Google Pixelは今後、新たなモバイル進化の道筋を、より意識させる存在になるだろう。

【Google Pixelの最新情報はコチラ】

Googleスマホ「Pixel 3」日本上陸、「おサイフ」対応など日本ならでは仕様に(2018.10.10)

「Apple vs Google」スマホ戦争を制すのは? 水面下で「AI」中心の覇権争い(2018.10.15)

一見地味な「Pixel 3」に、Google日本攻略の本気度が見えた(2018.10.17)

アケコンが滑りにくい!? プロゲーマーの声から生まれた「eスポーツウェア」

アケコンが滑りにくい!? プロゲーマーの声から生まれた「eスポーツウェア」

2019.02.20

スポーツアパレルブランドのチャンピオンがeスポーツに参入

プロチーム「Team GRAPHT」所属選手の声を聴いてウェアを開発

アケコン滑り止めやチャック付きポケットなど、ゲーマーニーズを満たす

アメリカンスポーツアパレルブランドのチャンピオンは2月20日、国内のeスポーツ市場に参入することを発表した。練習から試合、移動中にも着用できるeスポーツウェアを2月28日から発売開始するという。

ウェア開発にあたってチャンピオンは、オフィシャルチームウェアパートナー契約を締結したプロチーム「Team GRAPHT」に所属するプレイヤーの声を聴いて、海外ツアーやプレイシーンなどゲーマーニーズを研究。それに、スポーツブランドとして培ったノウハウをあわせることで、eスポーツ用のアイテムを生み出した。

新たに発売されるのは、「GAMING JERSEY」「GAMING SHORTS」「GAMING HOODIE」「GAMING HALFZIP PANTS」の選手着用モデルと一般モデル、加えて「5P CAP」「LAYER LONG T-SHIRTS」「LONG TIGHTS」だ。

今回販売開始されるウェアのラインアップ

ウェアの特徴として同社は「最大限集中するための吸汗・速乾や抗菌・防臭機能」「静電気軽減効果のある縫製糸を採用」「シリコンプリントでコントローラーの滑り止め効果を発揮」「パスポートや携帯電話を収納するファスナー付きポケット」「長時間の移動やプレイのストレスを軽減するストレッチ機能」「UVカット機能も搭載した冷房対策のための上下レイヤー」「集中力や没入感を高めるゲーミングフードのカッティング」を挙げた。海外遠征やツアー、長時間の試合など、過酷な環境でプレイするeスポーツ選手が、いかに快適にプレイできるか考えて設計されたとのことだ。

なかでも目玉は、シリコンプリントによるアーケードコントローラーの滑り止め効果だろう。格闘ゲームの選手は、アーケードコントローラーを膝の上に置いてプレイすることが多い。そのため、激しい操作をした際にも、しっかりとコントローラーが安定していることが大事なのだ。

ウェアを着用した2名のプロゲーマーが着心地を語る

今回、発表に先立って、「Team GRAPHT」に所属するプロゲーマー、GLLTY選手、MOV選手、Dora選手に、ウェアを着用してもらい、2月15日から3日間、福岡で行われた「EVO Japan 2019」の試合に臨んでもらったという。発表会にはGLLTY選手とMOV選手が登壇し、ウェアについての感想を述べた。

MOV選手「滑り止めがついているので、そのおかげで安心してプレイできました。また、今年のEVO Japanは福岡だったのでそこまで暑くはなかったのですが、東南アジアなどの地域で、しかも半屋外のようなジメジメした場所で大会が開催されることもあるので、吸汗・速乾機能は助かります。『将来プロゲーマーになりたいんです』という子どもたちと接するときに、汗臭かったら幻滅されそうですが、このウェアを着ていたら安心してファン対応できるでしょう」

GLLTY選手「スポーツウェアとして非常に洗練されたデザインだと思います。プロゲーマーとして活動していくうえでは、スポンサーのロゴ表記が欠かせません。このウェアであれば、どこにロゴを付けても絵になるのではないでしょうか」

発表会では実際にウェアを着用してデモプレイを行ったMOV選手(左)とGLLTY選手(右)。「GAMING SHORTS」のシリコンプリントが、アケコン滑り止めの役割を果たす
シリコンプリントは車椅子バスケットボール日本代表向けウェアの技術を応用したものだという

また、ウェアのポケットはすべてチャックが付いており、海外遠征時でもパスポートや現金、スマホなどを常に入れておけるようになっている。

MOV選手は「相手のデータを確認したり、急な呼び出しに対応したりといった事態も想定されるので、スマホを試合直前までポケットに入れておけるのはありがたいですね」と満足している様子だった。

まだまだプロプレイヤー以外の選手が「ウェアを身にまとって大会に参加する」というシーンは想定しにくい状況だ。しかし、アケコン滑り止めなどの機能に注目した選手が徐々に着用していけば、将来的にはバスケやサッカー、野球のように、eスポーツをする際の一般的な練習着として専用ウェアを着用するようになっていくのかもしれない。

関連記事
PlayStation Vitaが近日中に出荷完了、ソニー携帯ゲーム機に幕

PlayStation Vitaが近日中に出荷完了、ソニー携帯ゲーム機に幕

2019.02.20

PlayStation Vitaの製品出荷が近日中に終了する

もともと国内生産は2019年中に終了とされていた

後継機の情報が無い現状、ソニー携帯ゲーム機の歴史途切れる?

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の携帯ゲーム機「PlayStation Vita(PS Vita)」が、近日中に国内出荷を完了することがわかった。現在のところ後継機の計画などは発表されておらず、「PlayStation Portable(PSP)」から続いたソニーの携帯ゲーム機の歴史が途切れることになる。

PS Vita

PS Vitaは、2004年に登場したPSPの後を継ぐ形で、2011年12月17日に発売された携帯ゲーム機だ。幾度かのマイナーモデルチェンジをしながら現在まで販売を続け、途中には「PlayStation Vita TV」といった派生製品も製品化された。現行モデルのPCH-2000シリーズは2013年から販売されていたが、2019年中に国内出荷を完了することになった。ちなみに、従来機のPSPが国内出荷を完了したのは2014年で、その2年後にネットワークサービスを打ち切っている。

発売当時には、無線LANに加え3Gにも対応したオンライン機能、高画質な有機ELタッチパネル、据え置きゲーム機「Playstation 3」相当のゲームタイトルが遊べるなど、性能志向の携帯ゲーム機として話題を呼んだ。同じ年には任天堂から裸眼立体視による3D体験を特徴とした「ニンテンドー3DS」が登場しており、携帯ゲーム機市場の覇権を争うライバル関係であった。

携帯ゲームの主流がスマートフォンに移り変わって久しいが、当時のスマートフォンはアップルで言えば「iPhone 4S」で、Xperiaは「Acro」、GALAXYは「S II」といったあたりが最新機種であった。ゲームタイトルも「アングリーバード」などが流行っていた時代だ。ゲームタイトルの購入方法も、メモリーメディアや光学メディアに収録されたパッケージ製品を店頭で買う時代から、オンラインでデータを購入することが一般的な時代へと移り変わった。

プレイステーションのゲームが遊べるスマートフォン「Xperia PLAY」なども

PS Vitaが終了する一方、周辺では、PS5などとしてPlayStation 4の後継機の開発が進んでいるという観測が頻繁に流れはじめた。また、今年3月のゲーム開発者会議「GDC」ではGoogleがゲーム関連の発表を予定しており、その中身が家庭用ゲーム機のハードウェアではないかという噂も聞こえてきている。

関連記事