グーグルの新スマホブランド「Pixel」が変えるモバイルの行き先

グーグルの新スマホブランド「Pixel」が変えるモバイルの行き先

2016.10.07

グーグルは10月4日、米サンフランシスコでプレスイベントを開催し、グーグルブランドのスマートフォン「Pixel」を発表した。

Pixelは5インチ、Pixel XLは5.5インチのスマートフォンで、32GBモデルと128GBモデルを揃えるAndroidスマートフォンだ。予約サイトは日本語化されているが、米国など海外での発売となり、米国キャリア経由での販売は最大手のVerizonとなる。

価格は5インチ・32GBモデルで649ドルとiPhone 7 32GBと同等。Google Storeでの販売には、iPhoneのように月々27ドルの分割払いのプランも用意しているほか、同時に発表された布張りの新しいVRゴーグル「Daydream View VR」を無料で手に入れることができる。

iPhone対抗を印象付ける手堅いスペックのスマートフォン

Pixelは、価格、サイズ構成、そしてデザインから、iPhoneを強く意識していることがわかる。ディスプレイには解像度1920×1080ピクセル(Pixel XLは2560×1440ピクセル)のAMOLEDを採用し、背面はメタルケースとガラスのツートンで高級感を感じさせる。ただ、iPhoneでは廃止されたアンテナラインとヘッドフォンジャックは、Pixelには備わっており、iPhoneより1.5mmも厚い8.6mmだ。

グーグルブランドのスマートフォン「Pixel」(画像:Google Official Blogより)

プロセッサにはSnapdragon 821とメモリ4GBを搭載している。このプロセッサは、高速な2コアと低速な2コアの組み合わせ。また5インチモデルでも2770mAh、5.5インチモデルでは3450mAhのバッテリーを搭載し、15分で7時間の使用時間を確保する急速充電機能を備える。

グーグルが強調しているのは、Pixelのカメラの性能だ。DxOMark Mobileのスコアでは、iPhone 7を上回り、スマホで最高となる89を獲得し、HDR+やレンズぼかし効果、360度フォトなど、iPhone 7で実現する以上の撮影機能を誇る。

また、フル解像度の写真やビデオを無制限に保存できるGoogleフォトの専用プランを用意して、端末の空き容量を気にせず写真を撮影することが可能としている。ちなみにGoogleフォトアプリでは、写真のバックアップと空き容量の確保を、他のAndroidデバイスやiPhoneで行うことができる。

iPhoneからの乗り換えを促す機能として、LightningケーブルでiPhoneとGoogle Pixelを直接接続して電話帳や写真のデータを転送する機能を備えた。

重要な「Made by Google」というキーワード

筆者にとってのGoogle Pixelの第一印象は、価格が高すぎるというものだ。アップルのiPhone 7と価格を合わせているが、久々の復帰となるグーグルブランドのスマートフォンに、iPhoneと同じ価格を掲げるほどのブランド力があるかと言われると、大きな疑問が残るからだ。

これまでグーグルは、サムスン、LGなどをフィーチャーするAndroidスマートフォンの標準的なデバイス「Nexus」シリーズを発展させてきた。PixelはNexusシリーズを引き継いだシリーズと位置付けられるが、Nexusとの違いは、デバイスメーカー名を「Google」としている点だ。

Google Pixelは、同時に発売がアナウンスされた音声コマンドデバイス「Google Home」、連携可能なWi-Fiルーター「Google Wifi」、前述のVRゴーグル「Daydream View」、そしてストリーミングデバイスChromecastシリーズとともに、「Made by Google」のデバイス群を構成する。

Google Home
Google Wifi
Daydream View

グーグルは引き続き、Androidを他のメーカーでも利用して欲しいし、現状考えうる代替プラットホームは存在していない。そうした中で「Made by Google」シリーズには2つの意味があると考えている。

1つ目は、グーグルが、プラットホームとしてエンドユーザーの体験に直接関与を深めていく姿勢の表れだ。

前述のように、これまでグーグルは、OSやクラウド上のサービスを通じてユーザーと対話しており、その間を取り持つのはウェブブラウザか、Androidスマートフォン・タブレットを作るデバイスメーカーだった。デバイスメーカー間でも競争があり、デバイスそのものや、独自の機能で差をつけていくことになる。

結果、OSのカスタマイズが進み、Android特有のバージョンの断絶問題が起きたり、同じメーカー間での体験の差異が広がっていた。Google Pixelは、ユーザー体験をいまいちど、グーグルの手元に引き戻していく初手として考えることができる。

デバイス生産国の問題も

2つ目は、どの国のデバイスか、という問題だ。

現在、米国発の主要スマートフォンは、アップルのiPhoneしかなくなってしまった。モトローラは中国レノボに買収されており、サムスンやLGといった人気のあるAndroidスマートフォンは韓国勢だ。日本のメーカーは米国において、廉価版でしか生き残れていないし、カナダのブラックベリーやフィンランドのノキア(買収されて米マイクロソフト傘下)も、Android・iOS主体のモバイル市場において、存在感は消えてしまった。

米国議会や政府は、中国の通信機器大手であるファーウェイやZTEに対して「安全保障上の潜在的な脅威」と指摘してきた。米下院では、スパイ行為やサイバー戦争に利用される可能性があるとして、ルーターやスイッチの購買を避けるべきだと2012年に報告している。特に、ZTE製Androidスマートフォンには、メンテナンス用とはいえバックドアが仕掛けられていたことがわかっている。

産業面、安全保障面で中国製の通信機器に対して神経をとがらせている政府や議会の反応は、米国大手企業の調達にも影響を与える。特にアップルは、唯一の米国メーカーとしてビジネス市場の拡大を狙っており、2016年3月にはFBIの捜査への協力を拒否してまで、ユーザーのプライバシーを守る姿勢を見せたのもそのためだ。

エンタープライズ市場を意識する際、Androidに、主要な米国製のデバイスが必要となっている点を補う目的を見出すことができる。

これからのモバイル体験を作るのは?

さて、Pixelの1つ目の目的、ユーザー体験のグーグルによる深い関与について話を戻す。グーグルがこのタイミングで自社デバイスを打ち出した背景には、いよいよ人工知能を主体とした新しいユーザー体験づくりに着手しようとしているからだとみている。

グーグルは機械学習のオープンソースプロジェクトに関与し、また日本でも話題になった囲碁のAI、AlphaGOの人間との対戦は、人工知能の存在と有効性を表す非常に良いデモとなった。こうした研究開発レベルでの充実とは裏腹に、我々はまだ、人工知能が何かということ、そしてそれが我々の生活に、良くも悪くも、どのような影響を与えうるのか、ということを理解していない。

グーグルは、同社のプラットホームの優位性をアピールしようとした際、人工知能がどのように役立つのか、理解を深める「体験」から作り出さなければならない。Pixelは、そうした新しいユーザー体験を伝えるわかりやすい役割を担っている。

グーグルが5月の開発者会議で発表した人工知能を用いたアシスタント「Google Assistant」は、Pixelからすぐに呼び出すことができ、音声や文字による対話型で情報を調べたり、タクシーやレストランの予約などを行うことができるようになる。

Google Assistantを搭載したチャットアプリの「Allo」。画像認識を行い即座に返信可能なスマートリプライ機能を備える

グーグルはサードパーティーの開発者がGoogle Assistantに対応できるSDK「Actions on Google」を12月から公開する予定だ。

これまで、スマートフォンは、アプリの形で、ユーザーの新しい体験を作ってきた。インターフェイスはタッチスクリーンであり、視覚的なフィードバックを得ながら利用するスタイルだ。そのため、デバイスの使い勝手やサイズはより重要であった。

Google AssistantのSDKがどのようなものになるか。アマゾンや、限定的な公開にとどまっているアップルのSiriとの比較はこれから明らかになるだろう。いずれのアシスタントサービスも、声と対話型が主となるインターフェイスであり、人工知能に機能と情報を与えることが、開発者の役割になっていく。

すでにスマートフォンそのものの機能面、デザイン面での進化も峠を越えていることは、iPhoneを見ても明らかであり、次の発展の方法の模索が始まっている。Google Pixelは今後、新たなモバイル進化の道筋を、より意識させる存在になるだろう。

【Google Pixelの最新情報はコチラ】

Googleスマホ「Pixel 3」日本上陸、「おサイフ」対応など日本ならでは仕様に(2018.10.10)

「Apple vs Google」スマホ戦争を制すのは? 水面下で「AI」中心の覇権争い(2018.10.15)

一見地味な「Pixel 3」に、Google日本攻略の本気度が見えた(2018.10.17)

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu