100年単位の戦い! 国産ワインは熟成し世界に通用するか

100年単位の戦い! 国産ワインは熟成し世界に通用するか

2016.02.16

2015年9月、女優でタレントの川島なお美さんが、54歳という若さで幽明界を異にした。その彼女が心血を注いだのがワイン。「ワインエキスパート」資格を取得したり、フランス三大ワイン産地の騎士号を叙任したりと、1990年代後半に巻き起こった第6次ワインブームに少なからず影響を与えた。そして現在、再びワインの人気に火がつき、第7次ワインブームが日本の酒市場を席巻している。

一過性のブームで終わらない!?

今回のブームは前回のワインブームと様相が異なる。前回、つまり第6次ワインブームは、赤ワインに多く含まれる「ポリフェノール」が健康維持に効能があると、急速に世間に知れわたったことがきっかけだった。そのため、ワイン消費量は爆発的に伸びたが、赤ワインのみ、しかも限定的な層への広がりというイメージがぬぐえない。だが、2012年から現在まで続く第7次ワインブームは、ポリフェノールのような強烈な“フック”はないものの、着実に消費者の足元に浸透してきている感がある。一過性のブームではなく、広い客層に定着する兆しがみえているのだ。

現在のブームの牽引役となっているのが1,000円以下の安価な輸入ワインだろう。チリやオーストラリアといったワイン原産国とEPA(経済連携協定)を締結したことにより、こうした安価なワインが多く輸入されるようになった。ここ数年、コンビニのお酒コーナーに陳列されている輸入ワインが増えていることがそれを物語っている。「ボジョレー・ヌーボー解禁」といったニュースに毎年触れるようになったことも、ワイン人気定着の一因かもしれない。

一方、安価な輸入ワインだけが、今回のブームを牽引しているわけではない。日本産のブドウを原料にした、純国産ワインが力をつけてきていることも今回のブームに大きく寄与している。

ワイン展を案内してくれた読売新聞 事業局事業開発部 奥田香菜氏

現在、東京・上野の国立科学博物館で「ワイン展」(2015年10月31日~2016年2月21日)が開催されているが、その展示内容にも国産ワインにスポットを当てたものが目立つ。

ワイン展の主催者のひとつ、読売新聞 事業局事業開発部の奥田香菜氏は「ワインをテーマにした大規模展覧会が行われるのは国内初」と、この展示会の希少性について前置きしたうえで「ワイナリーの楽しさやワインの歴史の深さ、ワインを科学的に分析した展示など、幅広く楽しめる内容になっています。日本のワインの歴史も学べます」と、展示の内容を解説してくれた。

国産ワイン造りの結晶「甲州」「マスカット・ベーリーA」

入館してまず目に入ってくるのが日本で生産されているブドウの写真の数々。だが、「甲州」と「マスカット・ベーリーA」の2種類のブドウだけが写真ではなく、模型という3次元の姿で展示されていた。この差別化された展示には理由がある。前者が2010年に、後者が2013年にOIV(国際ブドウ・ワイン機構)にワイン用ブドウ品種として登録されたからだ。

展示されていた「甲州」(左)、「マスカット・べーリーA」(右)の模型

日本のワイン造りは1873年に国策産業として奨励されたのが始まりだが、ブドウ生産に向かない多雨地域であること、酸味や渋味が当時の日本人に受け入れられなかったこと、そして1941年に勃発した太平洋戦争など、数多くの艱難辛苦に見舞われ紆余曲折してきた。どのようにしてブドウを育て、いかにして先の大戦を乗り切ったのか、詳しくはワイン展の展示に譲るが、日本産ブドウのOIVへの品種登録は、100年以上ものあいだ、試行錯誤と努力を積み重ねた結果といえるだろう。

ワイン展の様子に戻ろう。現存する最古の日本産ワインや世界最古級シャンパーニュ、貴重なワインデカンタの展示、ワインの香りの体験コーナーなど、興味深い内容が披露されている。2月21日までと同イベントの会期は残り少ないので、興味のある方は早めに訪れるとよいだろう。

現存する最古の日本産ワイン
世界最古級のシャンパーニュ。沈没船から引き上げたもので、日本初公開だ
貴重なデカンタの数々
圧搾を体験できる展示物。ワインの香りなどの体験コーナーなどもある
ワイン展で販売されているオリジナルの「田崎真也セレクトワイン」

なお、会場内は女性の入館者が目立った。「女性客はもちろん、ご年配の方も多く入館されています。通常、博物館はお子さまづれのお客様が多いですが、さすがにテーマがお酒なので、大人の方がほとんどです」と奥田氏は話す。さらに「ワインにご興味をもってくださる方が多いためか、オリジナルワインの売り上げが好調です(笑)」とも付け加えた。

では、国産ワインが国際的にどのような位置にあるのか……日本屈指のワインメーカーの意見を聞いてみた。

メルシャン 営業本部 ワイン営業部 企画グループ シニアワインメーカー 藤野勝久氏

メルシャン 営業本部 ワイン営業部 企画グループ シニアワインメーカーの藤野勝久氏は、「日本のワインは国際的に戦える存在になったのか?」という質問に対し、「戦える存在になりつつある」という答えを返した。

そもそも、日本のワインが国際的に頭角を現し始めたのは1980年代だという。1970年代に拓かれた長野県・桔梗ヶ原の農園で栽培され始めた欧州系ブドウ「メルロー」を原料にした「シャトー・メルシャン 桔梗ヶ原メルロー 1985年」が、1989年のリュブリアーナ国際ワインコンクールで大金賞を受賞。以降、国内外のコンクールで最多の金賞受賞を誇る存在となっている。

和食ブームが日本産ワインに影響

また、藤野氏は、国産ワインが戦っていくステージは2種類あるという。ひとつは「桔梗ヶ原メルロー」にみられるような、欧州系ブドウを原料にした“王道”ともいえるステージ。もう一方が、甲州やマスカット・ベーリーAといった、日本独自のブドウを使った純国産ワインのステージだ。特に後者は、ユネスコ無形文化遺産に指定された和食にピッタリの存在で、今後和食ブームが世界に広がりをみせれば、自ずとその存在感を増していくと予測できる。

だが、藤野氏は、日本のワインが国際的に存在感を示すには、王道ともいえるステージで評価されるワインが重要とする。「たとえばワイン造りを体操競技に見立てると、欧州系ブドウを使ったワイン造りは『規定演技』、日本独自のブドウを使ったワイン造りは『自由演技』といえるでしょう。自由演技を極めるためには、規定演技をキッチリこなせる技術がなくてはなりません」と、ワインの門外漢である筆者にもシックリと理解できる表現で語ってくれた。

第7次ワインブームを迎えた2015年、ワインの消費量は40万キロリットル近くにのぼるのではないかとメルシャンはみる。空前のワインブームだった1998年の消費量は30万キロリットル弱だ。このように、国内でのワイン需要は大幅かつ急速に上がっているが、ワインメーカーにとっては“イタシカユシ”な需要の伸びかもしれない。それは、需要に合わせたワイン生産ができないからだ。

需要増に即応できないワイン産業

「仮に新しい農園を拓いたとして、ワイン用ブドウ農園でブドウが実るのは3年、ワインの原料として使えるブドウになるまで5年、商品として送り出せるワインの原料に育つまで10年、納得のいくワインの原料になるブドウになるまで30年……。場合によっては100年の歳月が必要になる」と藤野氏はいう。日本のワイン産業は140年以上の歴史があるが、欧州のシャトーは数百年の歴史を誇るものがザラだ。つまり、100年単位での競争を強いられることになる。

右が甲州の香りを生かした「甲州きいろ香」。左は「長野メルロー」

だが、2000年代になってからは日本のワイン造りに光明がみえる。それは、科学的な知見からワインを分析できるようになったこと。たとえば、日本独自の甲州は1300年前から栽培されているが、長いこと“アロマ”(香り)がないといわれてきた。だが、2000年代前半に柑橘系の香り成分を含んでいることが発見され、その特徴を生かしたワインが醸造されるようになった。経験と勘、ブドウ畑の質で決まっていたワイン造りに“科学”という要素が活用できるようになったのだ。

メルシャンでは、発見したワインの科学的要素を惜しげもなく公開しているという。国内のワイン醸造技術を底上げし“オールジャパン”で、日本産ワインの地位を上げるためだ。

冒頭で述べた川島さんのワインに対する情熱により、女性愛好家が増えた。ワイン展の来館者にみられるように年配のワインファンも増えている。メルシャンの調査によれば、20代のあいだでもワインを嗜好するユーザーの増加が顕著だという。日本のワイン消費量は各国に比べればまだまだ少ないが、国産ワインの熟成とともに、グンと増大する素地がある。

日本お酒市場の新潮流

日本のクラフト蒸溜界をリードする秩父発のメーカーが地ウイスキービジネスに火をつける
日本酒を仕入原価で提供! 3000円で呑み比べ! 変わる日本酒事情
日本酒の定期購入サイトSAKELIFEはなぜ伸びる? -「居酒屋チェーンの日本酒を飲んだとき『これチャンスだ』と思った」
●100年単位の戦い! 国産ワインは熟成し世界に通用するか
マーケティングと恋愛が似てるってどういうコト?Facebookで聞いてきた

恋するSNSマーケティング講座 第1回

マーケティングと恋愛が似てるってどういうコト?Facebookで聞いてきた

2018.11.14

Facebook社員に「マーケティングのイロハ」を聞く新連載!

第1回は、講師の紹介と「マーケティングと恋愛」の関係性について

フェイスブック ジャパンのSNS運用コンサルタントに「SNSマーケティング」について聞く短期連載。初心者~中級者に知ってほしい「マーケティングの考え方」について、全5回にわたって説明します。

キーワードは「恋愛」。とっつきづらいマーケティングも、恋愛に喩えて考えてみると、意外とわかりやすいようです。

「恋愛とマーケティングは似ていると思うんです」

FacebookやInstagram、TwitterなどのSNSを活用したマーケティングは今や企業にとって欠かせないものになっている。

一方で、「どこから始めればいいのかわからない」「そもそもSNSマーケティングって?」といった疑問もまだまだあるだろう。そこで今回は、フェイスブック ジャパンのクライアントソリューションズマネージャ リードを務める丸山祐子さんを講師に迎え、SNSマーケティングを“恋愛”に喩えてわかりやすく解説してもらうことにした。

フェイスブック ジャパンのクライアントソリューションズマネージャ リード 丸山祐子さん

なぜ“恋愛”なのか。それは「日々のお客様とのやりとりの中で、恋愛とマーケティングは似ていると感じることが多かったから」と丸山さんは言う。

丸山さん自身も現在婚活中の身。これまで仕事最優先で生きてきたが、最近になってパートナーを探すべく婚活を開始したという。その過程で感じたのが、前述の恋愛とマーケティングの共通点だったというわけだ。

「流行」は人の手でつくられるモノ

今回は連載初回ということもあるので、まずは講師である丸山さんの経歴から紹介しよう。

東京で生まれ育った丸山さんは、中高大一貫校に通っていた。小学生時代から「自分の知らない世界に行ってみたかった」という丸山さんは、高校時代に初海外となるカナダを訪れる。

「知らない言語で話しかけられたり、東京では見られない地平線や水平線を見たりして、私の知っている世界はなんて狭いんだろうと思いました」(丸山)

海外に魅了された丸山さんは、一念発起してカリフォルニアの大学に進学。そのころ、「ファッションの流行は自然に生まれるのではなく、必ず裏には仕掛人がいる」ということを実感したのがキッカケとなり、「自分も人の心を動かす仕事がしたい」と考えるようになった。

大学卒業後は日本に戻り、人材業界で働くことに。長くアメリカで過ごしていたこともあり、日本の業界事情がつかめない中、「まずはいろいろな業界を知りたい」と考えたためだ。

その後、「リーマンショック」が起こり人材業界の業績が悪化したこともあり、業務を通して興味を持つようになったデジタル業界への転職を決意。転職先は、IT業界を中心にメディアプランニングなどを行う電通の子会社。メディア担当として、デジタル広告のイロハを学んだ。

そこで担当していたクライアントが、当時日本に上陸したばかりのFacebookだった。その後、それまで培ったデジタル広告のノウハウをより活かすべく、フェイスブック ジャパンへ転職し、現在に至る。

広告はラブレター「相手に届かないと意味がないんです」

丸山さんは現在、FacebookやInstagramの広告メニューについて、運用コンサルやメディアプランニングなどを行っている。また、Instagramをより企業に活用してもらうためのプロジェクトメンバーとしても活動しているそうだ。

さて、そんな丸山さんがFacebookのコンサル業務を通して常々感じていたのが「恋愛とマーケティングの共通点」である。

どんな業界でもそうだが、良い製品だからといって何もせずに売れるわけではない。“届けたいメッセージを届けたい相手にちゃんと伝える”必要がある。これがマーケティングの目的だ。

「広告はよくラブレターに例えられます。いくらラブレターを書いても、それがちゃんと届けたい人に、その人の心に響くかたちで届かないと意味がありませんよね。ラブレターを届けるために恋愛にもマーケティングが必要なんです」(丸山)

婚活において“ラブレターを届けるべき相手”とは、まだ見ぬ将来のパートナーだ。その相手はどこかに存在しているはずだが、まだ出会ってはいない状態である。運命の相手と出会うために重要なことの1つは「とにかく出会いの数を増やすこと」だという。

「1人と会ってみて、その人が運命の相手ならラッキーですし、そういうケースもあるでしょう。でも、そうでない場合には、たとえば運命の相手と出会える確率が1/100だとして、10人と会うのと100人と会うのではどちらの方が出会える確率が高いか、言うまでもありません」(丸山)

これはそのままマーケティングに置き換えても同じことが言える。自社の製品を購入してくれる潜在的な顧客の態度変容効果が一緒であるなら、できるだけ多くの人数に広告を届けた方が売上は伸びるはずだ。

「そう考えると、婚活でもせっかくの週末に部屋にこもっているのはもったいないなと思いますよね。積極的に行動をおこして、多くの人に出会う機会を増やすことが大事なんです」(丸山)

一方で、重要なのは数だけではないと丸山さんは言う。多くの人にリーチすることは大前提として、そこからさらに“出会いの効率”を上げていく必要があるのだ。

では「数」に続いて大事なこととは? 次回は効率を上げるために必要な「ターゲティング」について、これまた恋愛と絡めて聞いていく。

第2回「恋するSNS講座」は11月20日に掲載予定です。

クルマ新時代の駐車場は何を目指す? 「CASE」で見えてきた未来像

クルマ新時代の駐車場は何を目指す? 「CASE」で見えてきた未来像

2018.11.14

日本自動車研究所が「自動バレーパーキング」の実証実験

駐車をシステム任せにできる仕組みとは?

未来の駐車場はクルマの“ハブ”になる

自動運転、電動化、カーシェアリングなど、新たな技術・サービスの登場により変革期を迎える自動車業界。クルマの乗り方、使い方を根本的に変えるかもしれないこれらの要素をまとめて「CASE」というが、この文字を目にする機会も増えてきた。クルマが変わればクルマに関連するモノや場所も変わりそうだが、例えば駐車場は、どのような姿になっていくのだろうか。日本自動車研究所(JARI)の実証実験で、その一端を垣間見た。

「CASE」の進展で駐車場の姿も一変する?

「バレーパーキング」を自動化

「CASE」とは「Connected」(コネクティッドカー)、「Autonomous」(自動運転)、「Shared & Service」(カーシェアリングなど)、「Electric Drive」(クルマの電動化)という4つの言葉の頭文字をとってダイムラーが使い始めた概念のこと。そのうち、コネクトと自動化の2つを使って、JARIが実用化の道を探っているのが「自動バレーパーキング」というシステムだ。

JARIは経済産業省および国土交通省の委託を受け、2016年度から「一般車両による自動バレーパーキングシステムの社会実装に向けた実証」というプロジェクトを進めている。「バレーパーキング」とは、例えばホテルやショッピングセンターなどにクルマで乗りつけたとき、キーを従業員に預けて、代わりにクルマを駐車しておいてもらうサービスのこと。その自動化に向けて、JARIはシステム、制度、事業性などを検証してきた。

JARIは今回、自動バレーパーキングシステムの機能的な確認を行うためとして、東京都港区にある「デックス東京ビーチ」の駐車場で実証実験を実施。その模様を報道陣に公開した。そこではクルマが勝手に動き、定められた駐車スペースに止まり、再び動き出す様子を見ることができたし、自動バレーパーキングを含めた駐車場の未来像に関する話も聞くことができた。

JARIはデックス東京ビーチ駐車場の2階で実証実験を実施した

自動バレーパーキングとはどんなシステムなのか

自動バレーパーキングをドライバー目線で説明するのは簡単だ。例えばショッピングセンターのエントランスにクルマで乗りつけたならば、降車してスマートフォンのアプリで「入庫」を指示し、そのまま買い物にでも食事にでも向かえばいい。用事が済んだ頃に「出庫」ボタンを押して出口に向かえば、クルマ寄せには愛車が迎えに来ている。

自動バレーパーキングの指示はスマホで行う

では、そのシステムはどのようなものなのか。自動バレーパーキングは「クルマ」「管制センター」「駐車場」の3者による協調で機能する。駐車場の構造を把握している「管制センター」は、ドライバーから入庫の要請を受けると、安全性や効率を考慮して駐車場所とそこへ向かう経路を決め、「クルマ」に無線で指示する。「クルマ」は「駐車場」にあるランドマーク(目印)をカメラやセンサーなどで読み取り、「管制センター」が持つ駐車場の構造情報(地図)と擦りあわせて自らの位置と経路を確認し、指示された駐車スペースに向かう。そんな流れだ。

自動バレーパーキングの様子。運転席に人は乗っているが、ハンドルからは手を離している

同システムが実用化となれば、駐車場の「利用者」は手間を省けるし、「事業者」は駐車効率の向上を図れる。無人で自動運転を行うクルマであれば、ドアの開閉スペースは不要だし、ぶつけたりこすったりする心配もないはずなので、クルマをギュウギュウに詰め込めるからだ。JARIによれば、駐車効率は従来比で20%向上する可能性があるという。また、自動車事故の3割は駐車場で発生しているので、自動化は事故削減にもつながる。

ただ、実用化には当然ながら、いろんなハードルがある。自動バレーパーキングの実用化に向けて動いているのは日本だけではないが、JARIとしてはまず、同システムの国際標準化に向けた手続きを進めたい考え。2021年のISO国際標準化に向け、各国と協議を重ねているところだ。

また、システムが実用化となったとしても、最初から全てのクルマが自動バレーパーキングを利用できるわけではない。まず、通信機能が備わっていないクルマはアウトだし、通信できたとしても、管制センターの指示通りに自動運転をこなせるクルマでなければ、やはり同システムの恩恵は受けられない。

JARIの考えでは、まずは同システムが求める要件を満たすクルマだけが使える専用の駐車場を実用化し、段階的に「混在型」を目指すのが現実的だそう。ただし、混在型を実現するためには、人が運転するクルマと自動運転のクルマを駐車場内でうまく交通整理する工夫が必要になるだろう。

未来の駐車場はクルマの「ハブ」になる?

自動バレーパーキングの実用化には時間が掛かりそうな雰囲気だが、その先の駐車場の在り方についてもJARIは考えをめぐらせている。JARIのITS研究部に所属する深澤竜三さんによると、未来の駐車場が目指すのはクルマのハブ、つまり、クルマにまつわるさまざまなサービスの結節点だ。

JARIが描く未来の駐車場の姿

ハブ駐車場とはどのような施設なのか。深沢さんの描写はこんな具合だ。

「自動バレーパーキングで、勝手に駐車しておいてくれるのはもちろんですが、そこが自動車整備の拠点としての役目を果たしたり、電気自動車(EV)であれば、勝手に充電しておいてくれるとか。買い物が終わる頃には充電が済んでいるというのが理想ですね。あとは、観光地であれば情報配信拠点としての機能も想定できます」

「ほかのアイデアとしては、クルマを駐車しておいたら、宅配便がトランクに届いている、といったような使い方も考えられます。その場合は、トランクを開けられるような仕組みが必要にはなりますが、届け先を1件ずつ回る必要がなくなるので、配送業者の方も楽ですよね」

未来の駐車場は、クルマにまつわるいろんな機能を提供する拠点になるかもしれない

深澤さんの話を聞いていると、おそらくハブ駐車場はホテルに1つ、ショッピングセンターに1つという具合にではなく、地域に1つ、しかも大型の施設として存在するもののように想像できた。用事で近くまで来た人も使えば近隣の住人も使うし、カーシェアやレンタカーなどのクルマも混在している大きな駐車場。そんなイメージだ。

こういう駐車場が必要かどうかについては、地域によって状況が違うだろう。コンビニエンスストアですら広大な駐車場を備える地域がある一方で、例えば銀座のように、数台しか止められないけれど、短時間で驚くべき値段になるコインパーキングが稼動している場所もある。おそらく、ハブ駐車場が必要になるのは後者の方だ。

銀座に大きなハブ駐車場を作る余地があるかどうかは別としても、クルマの駐車以外には使いみちがないという点で「デッドスペース」化している駐車場に、さまざまな機能を持たせるというJARIの構想には可能性を感じた。一般道の自動運転も実用化となれば、例えば東京オリンピックの後、有明かどこかに残された広いスペース(会場の跡地)に大きなハブ駐車場を作り、そこと銀座などの繁華街を結ぶということも、夢のようではあるが不可能ではないはずだ。