進化を遂げる映画館、生き残りの策とは

進化を遂げる映画館、生き残りの策とは

2016.02.23

2015年にシリーズ10年ぶりとなる新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開された。2016年2月現在、興行収入は全世界で20億ドルを突破し、快走を続けている。そんな明るいニュースもあるが、映画館の置かれている現状はそう甘くないようだ。
※特にことわりのない限り、記事内の価格はすべて税込。映画料金については一般料金を参照している。

来場者減、しかし「映画ファン」は通い続ける

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションが2015年6月に行った調査結果によれば、直近1年以内に映画館で映画を観た人は35.9%。過去の調査結果と照らし合わせると、その数はじわりじわりと減少し続けている。

映画館での鑑賞頻度が下がっている一方で、1人あたりの鑑賞本数は増加傾向にある。直近1年以内に、映画館で「1本のみ」映画鑑賞した人の割合は減り、「5~11本」「12本以上」観た人の割合が増えた。全体の鑑賞率は下がったとはいえ、映画館に通う人は、より足繁く通っているという現状がうかがえる。

直近1年以内の映画館での映画鑑賞率(NTTコム リサーチ調べ)
過去調査からの鑑賞率の推移(NTTコム リサーチ調べ)
直近1年以内に映画館で観た映画本数(NTTコム リサーチ調べ)

そういった状況に合わせて生き残っていくために、ユニークな試みにどんどん挑戦しているのが東京都・立川市にあるシネマシティだ。

シネコンの危機に、どう立ち向かうか

「2004年頃にシネコンのピークは終わったな、と思った」と語るのは、シネマシティ 企画室室長の遠山武志氏。東京都・立川市にあるシネマシティは、複数のスクリーンを持つシネマ・コンプレックス(以下、シネコン)という形態をとる。一般的にシネコンはショッピングモールなどに併設されていることが多いが、シネマシティはそうではなく、「立川という街全体がショッピングモールみたいなもの」だという(遠山氏)。

インタビューに応じてくれたのは、シネマシティ 企画室室長の遠山武志氏

"ピーク云々"の話に戻ろう。ビデオレンタルショップだけでなく、YouTubeやHulu、Netflixなど、オンラインで動画を楽しめるサービスの台頭に、遠山氏はシネコンの危機を感じ取った。映画を享受する方法が増えれば、わざわざ映画館へ足を運ぶ人が減るのも当然のこと。では、立川シネマシティは映画館として生き残るためにどんな方法をとっているのか?

答えは有料の会員制度

「映画館に行く人が減れば、そこには"濃い層"が残る」(遠山氏)。シネマシティはそういったロイヤルティの高いユーザーにとってメリットが多い策を講じ、みごとファンの獲得に成功している。その策のひとつが「シネマシティズン」という有料の会員制度だ。

シネマシティズン会員は「6カ月会員(180日間)」「1年会員」の2種類。会費は6カ月が600円、1年が1,000円となる。会員の種類にかかわらず、平日は1,000円、土日祝日は1,300円で映画を楽しめるのだ(一般料金は通常1,800円)。現在の会員数は約6万人。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』と『ガールズ&パンツァー 劇場版』の極上爆音上映(詳しくは後述する)をきっかけに、一気に増えたという。

ところで、シネマシティには「レディースデー」「メンズデー」がない。以前は存在したらしいが、廃止してしまった。「たまたま来たら1,000円で映画を観られてラッキー」と思った来場者が、次回来た際に、通常料金を割高に感じてしまうからだ。「通常料金へのハードルが高くなった結果、映画館から足が遠のいてしまうなら、有料の会員サービスを作って"会員はいつでもおトク"という仕組みにしたほうが、会員もシネマシティもみんな幸せになれる」(遠山氏)。

「シネマ・ツー」には窯焼きピッツァを食べられるカフェも併設されている

シネマシティズンには、リピーターを増やしたいという思惑もある。一般的に、上乗せしてどんどん高くなっていく料金体系では、リピーターが増えにくい。たとえば、現在注目を集めている体感型の映画上映システム「4DX」。4DXの鑑賞料金は通常の鑑賞料金に+1,000円(3D作品の場合は一般的に+1,400円)で、2D作品なら2,800円、3D作品なら3,200円となる。4DXを味わった後に「もう1回観たい!」と思えど、約3,000円をもう一度支払うのは多くの人がためらうだろう。

シネマシティズンはそこをうまく突いた。「1,000円なら」と案外ひょいっと払ってしまうのだ。その結果、リピートのハードルを下げることにも成功し、同じ作品を観るために何度も何度も足を運ぶ人が数知れずいる。

立川シネマシティを有名にした「極爆」

何度も同じ作品を観に来る人が多いのは、シネマシティズンという会員制度だけが原因ではない。もうひとつの重要な要素が、もはやシネマシティの代名詞ともなりつつある「極上爆音上映」だ。略して「極爆」とも呼ばれるが、「ベテラン音響家による綿密で徹底した音響調整と、シネマシティの映画館用というよりは音楽ライブ的なサウンドシステムが放つ、これまでの映画鑑賞とは別次元の没入体感型スタイル」(シネマシティ公式HPより)のこと。むやみに音量を上げるのではなく、爆発音や衝撃音は振動を感じられるくらいに、かつセリフや音楽はやかましいと思わせないクリアな音に仕上げている。

極爆上映ができるスクリーンのひとつ、「aスタジオ」。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のために数百万円を投資して購入したサブウーハーがある

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のために数百万円を費やして新たなサブウーハーを投入したり、『ガールズ&パンツァー 劇場版』では作品を作った本人たちが直々に音響調整をしに来たり、ノイズが発生した回は返金対応をしたり、と挙げればキリないが、「この人たち、本気なんだ」と感じさせるこだわりよう。ちなみに、いったん極爆を味わってしまうと、一般的な映画館の音響がなんだか物足りなくなる……というのは筆者の実体験である。

「サブウーハーはあくまで手段。とにかく、そのくらいしているオレたちの気迫を見てくれ! という思いで、いろいろなチャレンジをしています」(遠山氏)。その情熱に惹きつけられるのは映画好きだけではない。"濃い層"をガッチリとつかんでおくのはもちろんだが、極爆などシネマシティはふだんは映画館へ行かないようなライトユーザーも、ついつい通いたくなるほどの引力を持っている。

とある日の『ガールズ&パンツァー 劇場版』の予約状況。朝9時からの回、なおかつシネマシティズン会員しか予約できないタイミングにもかかわらず満席

達成した喜びもひとしお

もちろん、魅力的な映画館を作るだけが策ではない。TOHOシネマズが2015年5月にヤフーから事業譲受した「ドリパス」(もとはブルームが2010年にスタート)もまた、映画好きから好評を博している。TOHOシネマズの担当者によれば、会員数は非公表ながら増加傾向にあり、特に映画ファンの20~40代男性が多いとのこと。

ドリパスとは、ユーザーのリクエストによって上映イベントを実現するためのサービス。リクエスト状況をさまざまな指標によってランキング化し、上位の作品から上映候補作品へ入る。上映イベントの準備が整い次第、チケットがオンラインで発売され、販売枚数が定員に達すれば晴れてイベント成立という仕組みだ。

この仕組みでうれしいのは映画ファンだけではない。運営しているTOHOシネマズにとってもメリットがある。「一定人数のチケット購入があって初めてイベントが成立するので、リスクヘッジとなります。そのほか、閑散期の集客にも寄与しています」(前出の担当者)。TOHOシネマズの収入は、チケット代金のほか、チケット1枚ごとに発生するシステム利用料。システム利用料は上映会場や時間帯によって異なるが、ドリパスの運営費用に当てられている。もちろん、映画館を訪れたユーザーが飲み物やポップコーン、グッズを購入すれば、TOHOシネマズにとってはさらにうれしい。

ドリパスのトップページ

作品にもよるが、コアなファン層を持つ作品はリピート率が高いという。たとえば、『花の詩女 ゴティックメード』は東京で4週連続の上映が決定。うち1回は東京・大阪・愛知・福岡で同時上映となる。ユーザーの「ドリパスイベントの満足度」という書き込みを見てみると、「何度でも行きたい最高の日になりました」など再上映を願う声が多数。熱いファンが集まっている。

ユーザーは観たい映画を劇場で鑑賞できる、運営側は少ないリスクでチケットを販売でき、映画を上映できる。ユーザーもTOHOシネマズも、みんなが幸せになれる仕組みがここにもあった。

ドリパスには「特別企画」も存在する。特別企画として販売されるのは、多くが持ち込みとのこと。宣伝費をそこまでかけられないといった事情がある作品を上映できないかどうか、試す場にもなっている。

付加価値の時代へ

DVDをレンタルするのでも、インターネットで動画を観るのでもなく、およそ2,000円支払って映画を観る。自宅よりも大きなスクリーン、優れた音響で鑑賞できるのはメリットにちがいないが、そこに価値を見出せるのがいわゆる映画ファンだ。

今回、シネマシティとドリパスの取り組みからわかったのは、映画ファンたちに「会員だからいつでも安く鑑賞できる」「あの好きな作品を映画館でもう一度観られる」といった価値を提供できるのがカギだということ。映画館には付加価値が求められるようになってきている。

移ろいゆく日本のレジャー産業

●急拡大するe-Sports市場 - 日本のゲームシーンは新たな興行を呼び起こすか?【後編】
●急拡大するe-Sports市場 - 日本のゲームシーンは新たな興行を呼び起こすか?【前編】
●進化を遂げる映画館、生き残りの策とは
●山ガールはどこに消えた? 高齢登山者の遭難増加! 1000万人が楽しむ登山の姿
●1990年代をピークに衰退してきた日本のスキー産業に再浮上はあるのか?
●かつて「潜在需要3,000万人」といわれた巨大レジャー産業……今、その姿は?
NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu