【エムスリー】M&Aを活用して業容を急拡大させ、医療業界に確変をもたらす

【エムスリー】M&Aを活用して業容を急拡大させ、医療業界に確変をもたらす

2016.08.06

【エムスリー】M&Aを活用して業容を急拡大させ、医療業界に確変をもたらす

 エムスリー<2413>は、ITバブルの最中である2000年に、外資系コンサルティング会社マッキンゼー出身の谷村格氏によって設立された。エムスリーの由来は、Medicine(医療)、Media(メディア)、Metamorphosis(変容)の頭文字であり、医療業界にメディアを通じて変革をもたらすことを使命としている。同社は設立から4年でマザーズに上場、さらにその3年後には東証一部に上場した異色の企業である。現在は世界各地の医師とのネットワークを活用して、医師に対する医療情報の発信や製薬会社向けソリューションの提供を行っている。

 損益・財務状況は16年3月決算時点で、売上高646億円、営業利益200億円、営業利益率30%、自己資本比率75%で、損益・財務面ともに超優良といえる企業である。設立から4年で上場、16年で売上高600億円を達成した背景には、戦略的なM&Aの活用がある。

 同社設立から1カ月後にリリースされた製品「MR君」は、インターネットを利用した製薬業界のMR(注1)向け業務ツールであった。インターネットが高度に普及した現在から考えると、業務のIT化は一般的になっているが、当時の製薬会社の営業は非常にアナログで、数分間の医師との面談のために1日中MRが病院で待機しているということも珍しくなかった。このように非効率的な営業を行う製薬業界にビジネスチャンスを感じた谷村氏は、当時コンサルティングをしていたソネットとエムスリー(当時はソネット・エムスリー)を設立し、アナログな製薬業界に風穴を開けた。この強力な業務ツールに改善と拡充をしつつ、M&Aを活用して業容を拡大していくこととなる。注1:MRとは、医薬情報担当者(Medical Representative)の略称で、医薬品の適正使用のため医療従事者を訪問することなどにより、医薬品の品質、有効性、安全性などに関する情報の提供、収集、伝達を主な業務として行う者のことを指す。

 エムスリーのM&Aは、フェーズに応じて2つのパターンに大別される。第1フェーズが、医師とのリレーションの強化・拡大である。このフェーズにおいては、医師会員を多く抱える医療情報サイトを買収している。例えば、設立からわずか1年半後にソフトバンク系列企業であるウェブエムディからサイトを買収した。第1フェーズにおけるミッションは、医師とのリレーションの強化・拡大を通じて、自社ソリューションである「MR君」の拡販を行うことにあった。

 一方で、第2フェーズは、築いてきた医師とのリレーションを生かした周辺事業(エムスリーにおいてはプラットフォーム派生事業と呼ばれている)の展開フェーズである。08年に診療予約システムの開発会社を買収したのを皮切りに、1年に1社のペースでM&Aを行っている。また、この時期の特徴は、M&Aの第2フェーズと並行して日本で成功したMR君事業の海外輸出が行われていたことである。

 このようなM&Aを活用した戦略的な事業展開の結果、会社設立からわずか16年で売上高600億円を達成したのである。

■エムスリーが行った主なM&A

年月 内容
2000.9 会社設立
2002.3 ソフトバンク系同業のウェブエムディから医療情報サイト「WebMD Japan(現m3.com)」の運営事業を買収
2003.1 ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社(現・ソネットエンタテイメント株式会社)より、医療情報サイト「MediPro/MyMedipro(現・m3.com)」の運営事業を買収
2004.9 東証マザーズに上場
2005.6 韓国で医師向け会員制ウェブサイト「MEDIGATE」を運営するMedi C&C Co.,Ltd(売上高1億2200万円、営業利益5200万円)の第三者割当増資2億8000万円を引き受け株式40%を取得し子会社化(過半数の役員の派遣により連結子会社化)
2005.7 ソニーから医療情報サイト「メディカル・チャンネル」の運営事業を買収
2006.6 米国の医療従事者向けウェブサイト「MDLinx」を運営するMDLinx(売上高2億9300万円、営業利益5300万円)の株式100%を、子会社を通じて8億8000万円で取得し、孫会社化
2007.3 東証一部に上場
2007.12 竜宮社出版から子会社を通じて団塊世代向けファッション雑誌「Z(ジー)」に関連する事業を買収
2008.6 診療予約システム「iTICKET plus」を提供するアイチケット(売上高1億3200万円、営業利益▲2億円、持分割合12.3%)の株式62.1%を2億200万円で追加取得し、子会社化
2009.4 ITを活用した臨床研究支援を行うメビックス(売上高21億9500万円、▲3億3800万円)の株式84.01%を公開買付により24億1800万円で取得し、子会社化
2009.12 医療従事者向け人材サービスを提供するエス・エム・エスと医師の転職支援を行うエムスリーキャリアを合弁で設立
2010.1 エムスリー株式会社へ商号変更
2010.11 医療分野の調査に強みを持つ英国の調査会社EMSリサーチ(売上高5億円)の全株式を6億6000万円で取得し、完全子会社化
2011.8 イギリスの医師向けポータルサイト「Doctors.net.uk」を運営するDoctors.net.uk Limited(売上高10億9500万円、営業利益7800万円)の株式100%を16億7800万円で取得し、完全子会社化
2011.9 治験業務支援を行うメディカル・パイロットを、第二会社方式を利用して完全子会社化
2011.12 治験業務支援を行うフジ・シー・アール・エスの全株式を取得し、完全子会社化
2012.8 臨床開発業務を支援するCRO(注2)事業を展開するMICメディカル(売上高27億4500万円、営業利益▲8800万円)の株式96.73%を公開買付により24億円5900万円で取得し、子会社化
2012.10 電子カルテのシステムを開発するシィ・エム・エス(売上高23億円、営業利益6900万円、純資産2億円)の全株式を4億円で取得し、完全子会社化
2014.2 治験業務支援をおこなうメディサイエンスプランニング(売上高82億円、営業利益7億3200万円、純資産20億円)の株式を、株式交換を利用して66億9200万円で取得し、完全子会社化
2015.2 米国で医師の転職支援をするNew England Physician Recruitment Centerの全株式を取得し、完全子会社化
2015.3 医薬品開発コンサルティングをおこなうIntegrated Development Associatesの全株式を取得し、完全子会社化
2015.4 治験業務支援をおこなうノイエス(売上高40億円、営業利益500万円、純資産7億円)の株式90.9%を1億9200万円で取得し、子会社化
2015.5 米国で医師の転職支援をするProfilesから同事業を譲り受け
2016.1 米国において医師転職支援サービスを提供する The Medicus Firmの全株式を取得し、完全子会社化
2016.1 製薬会社向けマーケティング支援をおこなうQLifeの全株式を取得し、完全子会社化

 注2:CROとは、受託臨床試験実施機関(Contract Research Organization)の略称で、製薬会社や食品会社、バイオ企業などの研究を外部機関として支援する事業を指し、CRA(臨床開発モニター)やDM(データマネジメント)、QC(品質管理)、安全性管理などといった幅広いサービスを提供する。

 ここで、下の業績推移の図表を見ていただきたい。

■業績推移

(エムスリーウェブサイトデータを元に制作)

 07年3月期から売上高が急伸していることが分かる。この時期はちょうどM&Aの2つのフェーズの境目でもある。第1フェーズまでは売上高を伸ばすことよりも、将来を見据えて事業基盤を固めていた時期といえる。06年3月期から08年3月期までの事業セグメント別売上高推移は下記のようになっている。

■セグメント別売上高推移

(エムスリーウェブサイトデータを元に制作)

 各事業部とも売上高が伸長していることが分かるが、それぞれ伸長要因は異なっている。MR君事業の売上高が伸長した要因は、MR君利用社数と1社当たりの売上高の増加である。次に、プラットフォーム派生事業の売上高が伸長した要因は、自社内での新規事業の立ち上げが堅調に進捗した結果である。一方で、海外事業の売上高の伸長には、M&Aにより買収したMDLinxが寄与している。

 この時期はM&Aを活用して業容を拡大した時期というよりも、独立独歩で業容を拡大していた時期といえる。

 それとは対照的に、13年3月期から14年3月期にかけてはM&Aを活用して業容を急速に拡大した。12年3月期から14年3月期までの事業セグメント別売上高推移は下記のようになっている。

■セグメント別売上高推移

(エムスリーウェブサイトデータを元に制作)

 上記の12年4月から14年3月までの2年間で3件の大型買収を行っている。CRO事業を展開するMICメディカル(売上高27億4500万円、買収金額24億5900万円)及びメディサイエンスプランニング(売上高82億円、買収金額66億9200万円)、電子カルテのシステムを開発するシィ・エム・エス(売上高23億円、買収金額4億円)の3社である。3社の売上高の単純合計は132億円強で、2年間で増加した売上高178億円の4分の3を占め、M&Aを活用して業容を急拡大させた好例といえよう。特に、MICメディカルとメディサイエンスプランニングに09年4月に買収したメビックスを合わせると、CRO業界においてCRA数は3位(14年3月時点。16年3月時点で2位)に及び、M&Aによって業界のポジションを確立している。注3:CRAとは、臨床開発モニター(Clinical Research Associate)の略称で、治験に関する治験契約、モニタリング業務、症例報告書チェック・回収、治験終了の諸手続きなどを行う専門職のことを指す。

 これだけのM&Aを繰り返した結果、財務面は下記図表のような推移をたどっている。

■総資産額の推移等

(エムスリーウェブサイトデータを元に制作)

 総資産額の推移を見ると、毎年順調に積み上がっており、自己資本比率も75%前後を堅調に推移している。一方で、15年3月期からIFRSを導入したことで、のれんの残高は積み上がっている。総資産に占めるのれんの割合も30%近くに上り、のれんに大きな減損が生じた際のリスクをはらんでいるといえる。

 ただ、利益率の高い事業が成功している間こそリスクを取って攻めの経営を進める必要があり、ここまでエムスリーはM&Aを活用して順調に業容を拡大してきた。エムスリーは、これからもM&Aを含めた戦略的な事業展開を通して、世界の医療業界に変革をもたらし続けることだろう。

この記事は、企業の有価証券報告書などの開示資料、また新聞報道を基に、専門家の見解によってまとめたものです。

まとめ:M&A Online編集部

携帯3社、「2年縛り」の解約月を3か月に延長へ

携帯3社、「2年縛り」の解約月を3か月に延長へ

2019.01.17

携帯電話の「2年縛り」、解約期間が2か月から3か月に延長

契約期間の最後の月(24か月目)での解約金が不要に

携帯電話3社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)は、2年間の利用を条件に基本料金を割り引く「2年縛り」契約について、契約解除料がかからない更新期間を2か月から3か月に延長すると発表した。

これによって、従来の25か月目、26か月目に加え、新たに契約期間の最後の月(24か月目)でも、解約金の約1万円を支払う必要なく、契約を解除できるようになる。変更日は2019年3月1日から。

契約解除料の免除期間に、「24か月目」が追加される。例えば、2019年3月に契約期間満了月を迎えるの2年契約のユーザーは、2019年3~5月が契約更新期間になる (ソフトバンクニュースリリース)

1月16日にKDDI(au)とNTTドコモが、遅れて17日にソフトバンクが同様の内容を発表。17日に行われた第6回の有識者会議「モバイル市場の競争環境に関する研究会」に合わせて、携帯各社の発表が揃う形になった。

2018年8月、菅官房長官が携帯電話料金の値下げに言及して以降、携帯電話各社は、通信料金と端末代金を完全分離した「分離プラン」の導入や、4年間の割賦を前提とした買い方プログラムの見直しなど、各種料金プランの変更を繰り返していた。

2019年には新規参入の楽天、2〜4割程度料金プランを値下げする方針を明言したNTTドコモによる新料金プランの発表が控えている。今後の携帯業界の動向にも注目したい。

「eBASEBALL」の初代覇者が決定! 定番プロリーグとして定着なるか

「eBASEBALL」の初代覇者が決定! 定番プロリーグとして定着なるか

2019.01.17

「eBASEBALL」で初代王者を決めるe日本シリーズが開催された

頂点を争ったのは、埼玉西武ライオンズと横浜DeNAベイスターズ

はたして“もう1つのプロ野球”で頂点に輝いたのは?

1月12日、東京ビッグサイトTFT HALL 500にて、「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ2018」のe日本シリーズが開催された。頂点を争ったのは、埼玉西武ライオンズと横浜DeNAベイスターズ。はたして初代王者に輝いたのは、どちらのチームか。

3カ月間の戦いの末、頂点を争う切符を勝ち取った2チーム

「eBASEBALL」とは、野球ゲーム『実況パワフルプロ野球 2018(パワプロ)』を使用した、日本野球機構(NPB)とコナミデジタルエンタテインメント(KONAMI)が共同で開催するプロリーグだ。

2018年7月より行われたオンライン予選、西日本、東日本選考会を経て、9月末に実際のプロ野球球団による「eドラフト会議」を実施。ドラフトで指名された選手は、プロゲーマーとして各球団に所属する形になった。

11月からは実際のプロ野球のペナントレースのように、セ・リーグ、パ・リーグに分かれて「eペナントレース」がスタート。そして12月に行われた、eペナントレース上位チームによる「eリーグ代表決定戦」によって、パ・リーグの埼玉西武ライオンズと、セ・リーグの横浜DeNAベイスターズが、e日本シリーズへの切符を手にした。

パ・リーグ代表の埼玉西武ライオンズは、eペナントレースを13勝2敗の圧倒的な強さで勝ち抜き、eリーグ代表決定戦でも危なげなく、代表権を獲得。対するセ・リーグ代表の横浜DeNAベイスターズは、キャプテンであるじゃむ~選手のデータを活かした戦術と強力打線、そして巧みな投球術でeリーグ代表権をもぎ取った。

埼玉西武ライオンズのなたでここ選手(写真左)、BOW川選手(写真中)、ミリオン選手(写真右)
横浜DeNAベイスターズのヒデナガトモ選手(写真左)、じゃむ~選手(写真中)、AO選手(写真右)
会場は超満員。立ち見席も出るほどの人気ぶりで、まさに日本一を決定するのに相応しい舞台となった

一発勝負の決勝戦! 最後に笑うのは……?

e日本シリーズでは、各チーム3名による3イニング交代制の試合を1戦だけ行う。そこで勝利したチームがeBASEBALL パワプロ・プロリーグの初代チャンピオンになるわけだ。

『パワプロ』でお馴染みの選手の調子発表

選手の調子を見ると、埼玉西武ライオンズは、主力に不調の選手がおらず実力を存分に発揮できそうなラインアップ。横浜DeNAベイスターズは主砲筒香の好調が嬉しいものの、桑原、ソトの不調が厳しい。どちらかというと調子具合は埼玉西武ライオンズが優位に見られた。

さぁ、いよいよプレイボール。まず1人目、埼玉西武ライオンズはミリオン選手、横浜DeNAベイスターズはヒデナガトモ選手がコントローラーを握る。奇しくも、ペナントレースで最多奪三振のタイトルを獲得した2人の対戦となった。

そのため、激しい投手戦が繰り広げられたが、3回裏に均衡が破られる。豪打を誇る埼玉西武ライオンズとしては珍しいスクイズで1点を先制すると、そこから怒濤の連打で計5点をもぎ取り、序盤にして埼玉西武ライオンズが大量リードを得た。

スクイズ、スチールと小技も冴え、一気に5点を奪うミリオン選手
センターフライの捕球ミスやスクイズの打者をアウトにできなかったなど、ミスが出てしまったヒデナガトモ選手

2人目は埼玉西武ライオンズがBOW川選手、横浜DeNAベイスターズがじゃむ~選手と、キャプテン対決。じゃむ~選手が2点を返すも、BOW川選手が1点を追加し、スコア「西武 6-2 DeNA」で最終プレイヤーにバトンが渡された。

埼玉西武ライオンズのキャプテンを務めるBOW川選手
横浜DeNAベイスターズの軍師ことじゃむ~選手

最後は、ペナントレースで急成長した埼玉西武ライオンズのなたでここ選手と、横浜DeNAベイスターズ無敗のエースAO選手の対戦となった。

最優秀防御率のタイトルを獲得し、eペナントレースでの失点はわずか3点と脅威の安定感を持つAO選手は、e日本シリーズでもその実力を発揮。打撃3冠を獲得したなたでここ選手をみごとに完封した。しかしながら、3イニングでは1点を返すのがやっとで、最終スコアは「6対3」。埼玉西武ライオンズが優勝し、e日本シリーズを制した。

今回の大会で急成長したなたでここ選手
横浜DeNAベイスターズのエースとしてチームを牽引したAO選手
ペナントレースから実況を担当した清水久嗣アナはe日本シリーズの実況も担当
解説を務めた元ヤクルトスワローズ監督の真中満氏
同じく解説を務めた元中日ドラゴンズ監督の谷繁元信氏
ゲーム解説を務めるぶんた氏
パワプロ・プロリーグ初代チャンピオンの埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズも横浜DeNAベイスターズも、打撃、特に本塁打に期待できる選手が揃っており、その打撃力で勝ち進んでいたなかで、e日本シリーズではホームランが「ゼロ」という、頂上決戦に相応しい緊迫感のある試合だったといえよう。

e日本シリーズでは博多激獅会も応援に駆けつけ、プロ野球さながらの応援が飛び交った

試合終了後は、優勝の表彰とともに、各個人タイトルの表彰も行われたので、その様子も紹介しよう。パ・リーグでは、首位打者、本塁打王、打点王、最優秀防御率の4冠を埼玉西武ライオンズのなたでここ選手が獲得。最多奪三振は埼玉西武ライオンズのミリオン選手が獲得した。

また、セ・リーグでは、首位打者と本塁打王の2冠を広島東洋カープのカイ選手、打点王と最優秀防御率の2冠を横浜DeNAベイスターズのAO選手、最多奪三振を横浜DeNAベイスターズのヒデナガトモ選手が獲得。そして、MVPには、4冠獲得のなたでここ選手が選出された。

パ・リーグの最多奪三振を獲得したミリオン選手
セ・リーグの首位打者と本塁打王を獲得したカイ選手
セ・リーグの打点王と最優秀防御率の2冠を獲得したAO選手
セ・リーグの最多奪三振を獲得したヒデナガトモ選手
パ・リーグの首位打者、打点王、本塁打王、最優秀防御率の4冠、そしてMVPを獲得したなたでここ選手
e日本シリーズでは12球団のマスコットがそろい踏み。スポンサーであるSMBCのキャラクター「ミドすけ」も登場した

eBASEBALLは試合を重ねるごとに盛り上がりを見せ、決勝の舞台でもあるe日本シリーズでは立ち見が出るほど多くのファンが駆けつけた。プロ野球ファンにとって、オフシーズン時期の楽しみの1つとして、eBASEBALLが定着しそうな気配も感じる。

最後にNPB(日本プロ野球機構)コミッショナーの斎藤惇氏による締めの挨拶にて、「eBASEBALL パワプロ・プロリーグ 2019」の開催も発表された。来シーズン、さらなる飛躍と盛り上がりに期待したい。