東京が再び“水の都”に!? カギを握る“かわてらす”とは

東京が再び“水の都”に!? カギを握る“かわてらす”とは

2016.08.24

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、急速に変化を遂げている東京の街並み。そんな中、東京都内の水辺にもある変化が起きている。

隅田川の奥にはスカイツリー。東京の川辺の象徴!

東京湾へ流れる隅田川や荒川、神田川、江戸川、日本橋川、目黒川などたくさんの川や運河は、かつては貴重な輸送ルートとして活用されるなど、文化や経済、生活の中心にあった。

復活した隅田川花火大会『「隅田川流域河川整備計画(平成28年6月)P13より抜粋」東京都建設局河川部』

しかしその後、陸上交通の発展とともに河川舟運は交通機能としての役割が低下、さらに高度経済成長期に差しかかると、水質の悪化などにより、徐々に河川自体も都民の目から離れたものとなり、水辺はさびしくなっていった。

その後、昭和50年代に下水道の整備や河川の浄化の取り組みが進み、水質が改善されると、隅田川花火大会や早慶レガッタが復活し、人々の関心が再び河川に集まり始める。さらに近年では、東京スカイツリー人気を受け、屋形船や水上バスの利用客も増加した。

都内の水辺ににぎわいを! 川床の東京版“かわてらす”

東京の水辺に再びにぎわいを取り戻す……。

そんな取り組みの一環として、東京都建設局が2014年にスタートさせたのが、隅田川と日本橋川における“かわてらす”なる社会実験だ。

“かわてらす”のイメージの原点は、夏の京都の風物詩として知られる“川床(かわどこ)”。川床とは、河川に突き出して設けた飲食のための高床で、京都の鴨川沿いに納涼床がずらりと並ぶ情景は実に壮観だ。

京都の鴨川沿いの川床は夏の風物詩!(写真:PIXTA)

“かわてらす”はこれら川床の東京版で、人々が集う川沿いの“テラス席”と、水辺でにぎわう人々の表情を楽しく“照らす”、太陽の光と水面に反射した光によって人々の顔を明るく“照らす”という意味を込めて名付けられたという。

“防災”だけでなく“にぎわい”にも力点

これまでは都民の安心安全を守る防災という面から防潮堤を整備し、河川を管理してきた東京都が、“新しい水辺整備”という観点で都民を再び水辺に呼び戻し、にぎわいを創出するという展開が興味深い。

この社会実験では、河川敷地の使用に係る規制緩和を受け、都が“かわてらす”の設置と維持管理、店舗営業を行う事業者の募集を行った。この官民協業の取り組みについて、東京都建設局 河川部の冨澤房雄さんと大田将大さんに話を聞いた。

「これまで河川敷地において民間の事業者による飲食店等の設置は不可能でした。そういった中、規制緩和のひとつとして、平成23年4月に河川敷地占用許可準則が改正され、民間の事業者も地元の協議が整えば河川敷地にテラスをせり出すことができるようになりました」(冨澤さん)。

テラス席がせり出しているのが「ボン花火」の“かわてらす”東京・台東区

2014年に日本橋川沿いの日本の食をテーマにした文化情報発信型飲食店「豊年萬幅(ほうねんまんぷく)」が、社会実験に参加。そして今年7月から隅田川沿いに、バルニバービによる食堂&呑み「ボン花火」、シスコが経営するフレンチレストラン「Nabeno-ism」が社会実験をスタートしている。

社会実験による、一時占用期限は2年間。その他、事業者による維持管理や安全性確保、地域貢献策、構造などの設置条件などが東京都建設局のホームページで事細かく設定されている。

地元の理解を得ることが“かわてらす”実現のキモ

そして条件面で最も重要となるのが、冨澤さんの言う“地元の協議が整えば”というポイント。募集条件の最初にも「建物および土地所有者、地域団体や隣接者等とかわてらす設置に関する十分な調整ができていること」「清掃や緑化などの周辺環境の向上等による地域貢献を行うこと」と書かれている。つまり、地元との折り合いをつけられるかどうかが“かわてらす”設置を占う最大のカギとなる。

実際に隅田川と日本橋川、それぞれの川沿いを眺めてみると、京都の川床が店舗でひしめき合っているのに対し、東京の川沿いは飲食店の間にマンションや会社のビルが並んでいる。

奥でテラス席がせり出しているのが「Nabeno-ism」の“かわてらす”。手前にはマンションやビルなどが立ち並ぶ場所

「地域団体や近隣住民の方への事前説明は、事業者に一任していますが、お店が川までせり出すということは、近隣の方たちにとってみるとやはりお店の騒音や視線の問題は気になるところだと思います」(冨澤さん)。

「地元のゴミ拾いに参加したりと、事業者の方たちが地域に根付くことが大事。そうして関係性を築いた上で、 “かわてらす”が地元にとってプラスになると納得してもらう必要があります」(大田さん)。

他にも、テラスに植栽を置いたり、営業中は曇りガラスの壁を設置し、営業時間外は壁を解放するなど、住民生活や周辺の景観を損ねないための店舗側の努力も見られるという。また、地元の理解以外にも、“かわてらす”の設置、運営する事業者にとっては、かわてらす設置等の予算に見合うだけの利益が見込めるかなどの課題もある。

「隅田川と日本橋川の実験を参考に、課題を確認し、次の展開を考えていきたい」(冨澤さん)。

現在日本橋川の参加店舗を募集中。隅田川はすでに募集期間を終了している。東京オリンピック開催の頃には、都内が再び“水の都”となるのか。“かわてらす”の社会実験の行方に期待したい。

LINEがあえて「LINE Pay」専用アプリをリリースした背景

LINEがあえて「LINE Pay」専用アプリをリリースした背景

2019.04.18

LINEが「LINE Pay」のサービスや機能を強化

対応店舗のマップ表示やクーポン機能などが利用可能に

まずはAndroidのみでスタート、iOS版は追ってリリース予定

4月17日、LINEはモバイル決済「LINE Pay」の発表会で、2019年4月後半に実施する「平成最後のキャンペーン」を発表した。注目すべきは、LINE Payの決済に特化した専用アプリのリリースだ。

LINE Payのアンバサダーには女優の今田美桜さんを起用した

これまでLINEは、ほとんどのスマホに入っているLINEアプリを窓口として、さまざまなサービスを提供してきた。なぜこのタイミングで、流れに逆行するような専用アプリを出すに至ったのだろうか。

正味の還元率は20%から15%に低下

LINE Payの国内登録ユーザーは3,200万人。LINE Pay 取締役COOの長福久弘氏は「国内No.1を自負している」と強気を示す。特に注力してきたのが毎月の後半に実施する還元策「Payトク」で、バーコードやQRコードによるコード支払いの利用者は21倍に増加したという。

還元キャンペーン「Payトク」でコード支払いは21倍に

平成最後となる4月後半は「実質最大20%還元」として、4月18日から30日までの期間中に1人あたり最大5,000円を還元する。

気になるのは「実質最大」という表現だ。正味の還元率は15%で、そこに利用量に応じて決まるマイカラー制度やコード支払いのポイント増量を加えて合計20%という建て付けになっている。

3月後半には正味で20%還元だったことに比べれば、4月は還元率を下げたことになる。午前中の発表会では「2万5,000円の支払いで5000円分を還元」としていたが、夕方になって「15%分の還元として最大5,000円分」に訂正。つまり、5,000円分の還元を得るには約3万3,333円の利用が必要になる計算だ。

「平成最後」は実質最大20%還元に(2万5,000円のお支払いという表現は後に訂正された)

還元率15%が破格のオファーであることは間違いないものの、他の事業者が20%還元を継続する中、実質最大という表現でお茶を濁した印象は否めない。高い還元率をいつまでも続けるわけにはいかず、そろそろ息切れが近いのだろうか。「令和最初」は還元率20%の復活を期待したいところだ。

専用アプリでシンプルかつ便利になった「LINE Pay」

還元率がややトーンダウンした一方、LINEが新たに発表したのがLINE Payの決済専用アプリだ。4月後半のPayトク期間中にこのアプリをコード支払いに使うことで、還元上限が2倍の1万円に増加することからも、見逃せない点だ。

LINE Payの決済専用アプリをリリース

なぜ、通常のLINEアプリとは別に、LINE Pay専用のアプリを出す必要があったのだろうか。背景にはLINEアプリの複雑化がありそうだ。

LINEの月間アクティブユーザーは6,600万人に達しており、日本国内のほとんどのスマホにLINEアプリが入っていることは大きな強みだ。だが、1つのアプリに多数の機能やサービスを盛り込んだことで、目当ての機能を見つけにくいとの指摘は増えている。

もともとQRコード決済はかざすだけのFeliCaに比べて手間がかかるのに加え、LINEアプリ自体の複雑さが面倒さを助長していたといえる。そこで登場したのが、LINE Payの決済専用アプリというわけだ。

LINE Payアプリ。コードの読み取り、コードの表示の両方に対応する

アプリを起動すると、画面の上半分にはQRコードを読み取るためのカメラが、下半分には読み取ってもらうためのバーコードとQRコードが表示される。また、30万円までならFace IDやパスワードによる認証なしで支払えるようになった(認証を必須にする設定も可能)。

ほかにもアプリ内には、LINE Pay対応店舗を表示する地図や、すぐにアクセスできるクーポン画面を備えており、ライバルのPayアプリに見劣りしない使い勝手を実現している。かざすだけのFeliCaより手間はかかるものの、決済だけでなく情報提供もできる点はアプリ決済ならではのメリットだ。

LINE Pay対応店舗の地図機能や、クーポン機能を備える

ただし、Android用アプリを即日提供したのに対し、iPhone用アプリは「近日中」との表現にとどまった。アプリ開発をぎりぎりのスケジュールで回している際にはよくある話だが、アップルの審査を待っているなど、不確定要素が多く明言できない印象だった。

質疑応答にこたえる長福久弘COO。iOS版の提供時期は明言できなかった

4月末までのキャンペーンに利用したいiPhoneユーザーからは不満の声が上がっているものの、長期的な視点ではコード支払いの手間が減ることは大きな前進だ。これをきっかけにQR決済の普及に弾みが続くかどうか、注目したい。

関連記事
gooが目指す、誰でも「AIチャットボット」を作れる近未来

gooが目指す、誰でも「AIチャットボット」を作れる近未来

2019.04.17

人手不足を背景に「チャットボット」に注目が集まる

NTTレゾナントがAIを活用した新サービスを発表

チャットボットを活用した新たなビジネスモデルの構築へ

4月16日、NTTレゾナントはAI技術を活用したチャットボットの新サービスを発表した。ポータルサイトであるgooの技術を背景に、従来の法人向けのサービスを強化しつつ、新たに個人向けサービスにも参入する。

gooのAI技術を用いたサービスをBtoB、BtoC向けに展開

日本の人手不足などを背景に、ユーザーの問い合わせにAIが答えるチャットボットが大きく注目されている。その中でNTTレゾナントは既存業務の効率化にとどまらず、新たな付加価値の提供にチャットボットを応用していく構えだ。

「本音」を引き出す“チャットボットならでは”の魅力

チャットボットは、メッセージに反応して自動的に返事を返してくれる会話プログラムだ。かつては単純な受け答えしかできなかったが、ここ数年、機械学習などのAI技術を用いて学習を積み重ねることで、急速に進化している。

この分野において、検索エンジンやQ&Aサイト蓄積されたデータに基づく「gooのAI」技術を保有するNTTレゾナントは、企業向けにAI技術を用いたチャットボットをセミオーダーで提供するサービスを展開してきた。

たとえば日本テレビのドラマ向けには、登場人物を模したAIキャラクターとLINE上でチャットを楽しめるサービスを提供した。AIはドラマの内容を学習することで、設定に沿った受け答えができるという。

日本テレビ『家売るオンナの逆襲』のチャットボットサービス

さらに今年の3月1日には、日本航空が就活生向けのAIチャットボットにgooのAI技術を採用した。実際のOB訪問では聞きにくい質問でも、AIが相手なら気軽に聞ける。日本航空は個人を特定しない形でデータを分析し、就活生たちの「本音」を探れるというわけだ。

日本航空による「JAL就活AIチャットボット」

さらにNTTレゾナントは、チャットボットを販促やマーケティングに活用する「対話AI型Web接客支援プラン」を発表。消費者と雑談しながら商品提案や販売につなげていく方向性を打ち出した。

その背景には、これまでチャットボットは問い合わせ業務の効率化など「守り」を主体に活用されてきたが、今後はニーズの発掘やアップセルなど「攻め」のツールとして訴求したいとの狙いがあるという。

チャットボットは「守り」から「攻め」のツールに

個人向けサービスは成り立つか

次に、NTTレゾナントはコンシューマー向けのサービスも発表した。gooのAI技術を活用したチャットボットをエンドユーザーが簡単に作れる「goo botmaker( グー ボットメーカー)」だ。

goo botmaker

これまで企業向けのチャットボットは、NTTレゾナントのAI技術者が開発してきた。goo botmakerは、これをエンドユーザーに開放するものだという。高度な作り込みは難しくなるが、多くのユーザーの集合知を利用して面白いボットを作り出す仕組みだ。

将来的には家族やペット、架空のキャラクターなどを自由にチャットボット化することも視野に入れる。ただ、こうしたサービスを広く提供するには権利関係などの課題が多いという。同社はまず、この取り組みの第1弾として6月公開予定のアニメ『フレームアームズ・ガール』とのコラボレーションする。

アニメ『フレームアームズ・ガール』に登場するキャラクターをチャットボット化する

プロジェクト開始にあたって、NTTレゾナントはチャットボットに学習データを入力する「研究員」を100名募集。さらにそこから5,000円の参加費を徴収することで、ビジネスモデルやサブスクリプション化の可能性も検証するという。学習データは承認制にすることで、アニメの世界観を守っていく構えだ。

実際に100名のユーザーで魅力的なチャットボットを作れるかどうかは、手探りの部分が多い印象だ。だが、最近ではVTuberの人気が高まっているように、リアルとバーチャルの境目で活躍するキャラクターは増えている。gooのAI技術により、こうしたキャラクターたちが新たな進化を遂げる可能性が見えてきた。

関連記事