トヨタがトレンドに逆行してまで「スープラ」を復活させた理由

トヨタがトレンドに逆行してまで「スープラ」を復活させた理由

2019.05.23

大変革の自動車業界でトヨタが復活させた「スープラ」

新型「スープラ」に結実した“師弟関係”

スポーツモデルの共同開発には歴史があった

トヨタ自動車はスポーツカーの新型「スープラ」を発売した。先代モデルの生産終了から、実に17年ぶりの復活だ。自動運転や電動化、若者のクルマ離れ、SUVブームなどが自動車の目下のトレンドである中、なぜトヨタは2シータースポーツモデルを再び作ったのか。新車発表会の会場に掲げられた「Supra is Back」の文字をキーワードに考えてみた。

トヨタ自動車は5月17日、東京・お台場にある同社の体験型テーマパーク「MEGA WEB」にて、FR(フロントエンジン・リアドライブ)の新型スポーツカー「GR スープラ」を発表。会場の大画面には「Supra is Back」の文字が映し出されていた(撮影:原アキラ)

今は亡きマスターテストドライバーへのオマージュ

多数の報道陣と旧型スープラオーナー、そして一般客を集めた発表会場では、大画面に映し出された真っ赤な「Supra is Back」の文字が目を引いた。この文字を書いたのは、トヨタ自動車のマスタードライバーであり現社長でもある“モリゾウ”こと豊田章男氏。新型車のテスト走行やレース会場に出向き、自らステアリングを握る同氏の姿は、業界人ならずとも知るところだ。

テスト走行やレースで自らもステアリングを握る豊田章男社長の姿はおなじみだ

ドライバーとしての豊田社長の師匠にあたるのが、300名に及ぶトヨタのテストドライバーのトップに位置していた成瀬弘マスターテストドライバーである。1960年代後半のトヨタ製スポーツカー「2000GT」やレーシングカー「トヨタ7」が、日本グランプリなどのレースで活躍していた当時、主要メカニックとして活躍していた成瀬氏。その後はテストドライバーとしての腕を磨き、独ニュルブルクリンクなど、海外で行われた数々の高速走行テストを担当した。成瀬氏の豊富な経験は皆が認めるところとなり、「ニュル・マイスター」の称号が与えられた。

初代「セリカ」をはじめ、「レビン・トレノ」(カローラのスポーツモデル)、「アルテッツァ」(4ドアセダンのスポーツモデル)、「スープラ」(先代)、スーパーカーのレクサス「LFA」など、トヨタ製歴代スポーツモデルの開発に成瀬氏が関わっていたのはいうまでもない。その彼は2010年、LFAの試作モデルをニュル近郊でテスト走行中、対向車と衝突して即死した。

成瀬氏が以前、売り上げ重視でテスト走行を軽視するトヨタのクルマづくりに対し、「ドイツのメーカーを見てみろ。開発中の新型車でニュルを走っている。それに比べて、トヨタがここで勝負できるクルマは、中古のスープラしかない」と語っていたのは有名な話だ。その言葉が忘れられなかった豊田社長は、いつか必ずスープラを復活させようと決意した。そして昨年10月、ニュルで新型スープラの最終テストに臨んだ“モリゾウ”は、心の中で「成瀬さん、ついに新型スープラでニュルに来ました……」とつぶやいたのだという。

豊田社長のトップダウンで復活が決まった新型「スープラ」

「直6」と「FR」はスープラの伝統

先月、50周年記念モデルの登場がニュースとなった日産自動車のスポーツカー「フェアレディZ」。その初代モデルは、排気量2.8リッターの直列6気筒(直6)エンジンを搭載した2シーターFRで、ポルシェ「911」に対抗できる性能の高さと安価さもあって、北米のスポーツカー好きの間で一気にブレークした。その後、「Zカー」のニックネームで呼ばれる大人気モデルになったのはご存知の通りだ。

それを黙って眺めているわけにはいかなかった彼の地のトヨタディーラーから強い希望を受け、フェアレディZの対抗馬としてトヨタが送り出したのが、当時のスペシャリティカーであったセリカに2.8リッター直6エンジンを搭載した1978年の「セリカ スープラ」(A40型/A50型、日本では「セリカ XX」の名称)だったのである。角目4灯ヘッドライトにトヨタの頭文字である「T」字型グリルを配したハッチバックスタイルは印象的だった。

スープラの初代となった「セリカ XX」(画像提供:トヨタ自動車)

1981年の2代目スープラは、当時流行のリトラクタブルヘッドライトを搭載した直線的なボディラインを持つ「A60型」。1986年に登場した3代目「A70型」は、“3000GT”の愛称の通り、排気量が3.0リッターに拡大していた。1993年にデビューした4代目「A80型」(先代モデル)は、最高出力280ps、最大トルク44.0kg(最終モデルは46.0kg)という強力な3.0リッター直6ツインターボエンジンを搭載。成瀬氏が語っていた中古のスープラとはこのモデルのことだ。

今回の発表会に登壇したトヨタ副社長でGAZOO Racing Companyプレジデントの友山茂樹氏は、現在もA80型のスープラを所有している。ホワイトボディのボンネットにエアインテークを設けたフルチューンの実車は、ご覧の通り会場内に展示されていた

そして、直6エンジン+FRレイアウトという歴代モデルの伝統を引き継ぐ新型2シーター「GR スープラ」(国土交通省への届け出名は「トヨタ・スープラ」)が、先代モデルの生産終了から17年の時を経て誕生した。かつてライバルだったフェアレディZの現行モデルは登場から11年が経ち、内外装のデザインや安全面で多少の古さを感じる。それに対し、最新装備で固めた5代目スープラは、多くの面でフェアレディZに対するリードを広げることになったのだ。

スポーツモデルの共同開発には前例あり

エンジンやシャシーなど、新型スープラのプラットフォームがBMWとの共同開発であることは、すでに報道されている通りだ。スープラの最上級グレード「RZ」が搭載する「B58型」3.0リッター直6エンジンの性能は、最高出力340ps(250kW)/5,000~6,500rpm、最大トルク500Nm/1,600~4,500rpm。BMW「Z4」の「M40i」が搭載する直6エンジンと型式もスペックも全く同じだ。

ボンネットを開けると、エンジンカバーの意匠やメーカーロゴこそ異なるものの、補機類のレイアウトやデザインが完全に一致しているのが分かる。インテリアも、センターコンソールのコマンドダイヤル部分のレイアウトがそっくりだ。

左が「Z4」、右が新型「スープラ」

スポーツモデル開発におけるトヨタと他社との協業は、古くはあの名車「2000GT」から始まっていた。150PSを発生した3M型2.0リッター直6エンジンのDOHCヘッド部分や、ダッシュボードの美しいウッドパネルはヤマハ発動機が担当していたのだ。直近では、2.0リッター水平対抗エンジンを搭載したトヨタ「86」とスバル「BRZ」という兄弟モデルの例がある。

今回の兄弟モデルでは、スープラがクローズドのクーペボディであるのに対し、Z4はオープンボディであることから、両者の用途や走行特性は異なるものになるだろう。シャシーのチューニングについても、それぞれのメーカーが持つノウハウが注ぎ込まれているはずだ。

BMW「Z4」がオープンボディであるのに対し、新型「スープラ」(画像)はクーペボディだ

先日乗ったZ4は、直6エンジンのフィーリングとサウンド、そして、BMWらしい俊敏なステアリングさばきが「さすが」と唸らせる出来だった。また、インテリアのフィニッシュレベルが高く、そのあたりは今回のスープラ6気筒モデルに比べて一日の長があるように感じた。

こちらがBMW「Z4」。インテリアの仕上げはBMWに一日の長があるように感じた

ただし、6気筒モデルの価格を見ると、Z4の835万円に対してスープラは690万円なので、145万円の差があることを考えると、“お買い得感”ではスープラに軍配が上がる。モリゾウが乗り味を決定した新型スープラの走りを一刻も早く試したいものだ。

関連記事
NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu