藤間桜を演じる22/7「天城サリー」は、バーチャルに何を思う?

藤間桜を演じる22/7「天城サリー」は、バーチャルに何を思う?

2019.04.09

秋元康氏が総合プロデュースするデジタル声優アイドルグループ22/7

メンバーの藤間桜さんはいち早くYouTubeチャンネルを開設

デジタル声優アイドルとは何か、藤間桜役の天城サリーさんに話を聞いた

バーチャル上のキャラクターとして動画配信を行う「バーチャルYouTuber(VTuber)」。2018年には「ネット流行語大賞」の金賞と、三省堂の「今年の新語」第5位に選ばれるほど話題になった。いまでは6000以上のキャラクターが活動中だと言われている。

しかし、ブームの起きた2018年よりも前からバーチャル上で活動しているグループがあった。2016年に結成したデジタル声優アイドルの「22/7(ナナブンノニジュウニ)」だ。22/7をプロデュースするのは、「AKB48」や「乃木坂46」「欅坂46」などを手がけた秋元康氏。常にアイドルの時代を築き続けてきたと言っても過言ではない彼が次に着目したものの1つが、バーチャルの世界だったのだ。

22/7は、11人のメンバーと、彼女たちが演じるキャラクターで構成されるグループ。各キャラクターの声はもちろん、モーションキャプチャによるキャラクターの動きも、ミュージックビデオのダンスも、担当の「デジタル声優アイドル」本人が演じている。

22/7の3rdシングル『理解者』music video

一般的なVTuberと大きく異なる点は、声優本人がリアルでの公演も実施することだろう。もちろんその際は、バーチャルではなく、生身の人間として歌とダンスを披露する。

バーチャルでもリアルでも活動する22/7。声優でもありアイドルでもあるメンバーは、どのように仕事に向き合っているのだろうか。今回、メンバーのなかでいち早くYouTubeチャンネルを開設し、VTuberとして活動を始めた「藤間桜」役の天城サリーさんに、お話を伺った。

天城さん演じる藤間桜。キャラクターデザインを手がけたのは、『変態王子と笑わない猫。』『ガラスの花と壊す世界』『メルヘン・メドヘン』などでキャラクター原案を手がけたカントクさん。画像はメインキャラクターデザインを担当した堀口悠紀子さんによる藤間桜 © 22/7 PROJECT

バーチャルとリアルの境目をつなぐデジタル声優アイドル

アニメ声優の場合、決められたセリフを限られた話数のみ担当するのが一般的だ。しかし、22/7というグループでは、各メンバーがそれぞれ1人のキャラクターを演じながら、動画や番組に出演する。

つまり、自分ではないキャラクターとしても、アイドル活動をしなければならないのだ。そのあたりについて、難しさはないのだろうか。

「難しいと感じる部分はありますね。『桜ちゃんはこういう子』というメモを頭のなかに用意しているんですが、動画配信などで長い時間演じていると素の部分が出ちゃうこともあります」

藤間桜を演じる22/7の天城サリーさん

ついつい演技ではない自分の素が出てしまうという点は、声優でもありアイドルでもあるというユニークなコンセプトを持つ22/7ならではの悩みと言えるだろう。

「声のトーンを少し高めにしたり、『まみむめも』を丸めに発声したり、素の部分が出ないようにかなり気を遣っていますね。でも、ファンの人たちって、私が完璧に藤間桜を演じているときより、たまに私の素が出たときのほうが『天城が出たぞー!』って盛り上がってくれることもあるんです(笑)」

その点におけるファンの心情としては、アニメファンというよりもアイドルファンの側面が強いのかもしれない。アイドルは通常、「生身の人間」でありつつ「アイドル」を演じている。そんななか、たまに覗かせる「1人の女の子」の部分に強い関心を抱くのだ。天城さんら22/7の活動は、そうした「キャラクター」と「生身」の境目が、これまでのアイドル以上に複雑になっているからこそ、素が出たときのファン反応がより大きいのではないだろうか。

また、22/7ではバーチャルの活動だけではなく、リアルライブでファンと触れ合う機会もある。リアルのイベントでは藤間桜と天城サリー、どちらのキャラクターで臨むのだろう。

「バーチャルライブでは桜ちゃんとして、リアルライブでは天城サリーとして臨みます。ただリアルでも、ダンスに“桜ちゃんらしい動き”が入っているところは入れるようにしていますね。例えば2ndシングル『シャンプーの匂いがした』のDメロでは、みんな一列に並ぶところがあって。桜ちゃんはそこで大きくジャンプするんですが、ライブのパフォーマンスでもそこは再現するようにしています。モーションキャプチャも自分たちがやっているんだよ、ということを伝えるためにも、ちょこちょこ意識して入れてるんですよ」

『シャンプーの匂いがした』music video。4分過ぎの藤間桜の大ジャンプに注目

海外育ちのアニメファンだからこそできた動画スタイル

また、英語のYouTube動画を配信しているのも、藤間桜の特徴の1つだ。実は天城さん、両親は日本人だが生まれも育ちもアメリカ。動画では「heyguys!」という挨拶からはじまり、日本のニュースを英語で紹介したり、漢字の難しさを体を張って伝えたりと、帰国子女らしいキャラクターを押し出している。

しかし、遠く離れた異国の地で育ちながら、なぜ日本でデジタル声優アイドルを目指そうと思ったのだろう。

「日本のアニメ、特に『銀魂』を大好きになったのがきっかけです。『銀魂』で主人公の銀さんを演じる声優の杉田智和さんに憧れて、『日本で声優をやろう!』って思い立ったんです」

声優を目指したきっかけは日本のアニメだった。しかし、それ以外にもアニメは自分に大きな変化を与えてくれたのだという。

「昔はアメリカに染まろうと思っていて、日本人の部分を少し隠そうとしていました。そうした心境を変えてくれたのも、アニメだったんです。アニメを好きになってから、アメリカで開催されている『アニメ・エキスポ』に行ったんですが、そこで出会う人々に『日本人なの? 日本って、いいよね!』と、言ってもらえて。それ以降、周囲に隠そうとしていた自分の日本人の部分が、誇らしく感じられるようになりました」

天城さんが育った地域は日本人が少なかったこともあり、小さい頃は「日本語を話せること」や「日本のお弁当」を隠したい気持ちがあったという。しかし、日本のアニメに触れたことで、その考えは大きく変わった。

「それと、実は学校にあまり登校していなかった時期があったんですが、それもアニメに触れているうちに変わっていきましたね。アニメファンって、アメリカではインドアでネガティブなイメージがあったんです。だから、学校には自分の居場所がないように感じていました。でも、日本人であることを受け入れると同時に『ありのままの自分でいいんだ』と思えるようになって。それから、学校にもしっかり通うようになりましたね」

日本のアニメがきっかけで、夢ができ、日本人としての自分に自信を持てるようになり、学校にも行くようになった。まさに人生が大きく変わった天城さん。しかも、その生い立ちが、VTuberとしての活動にも大きな影響を与えているという。

「英語ができるのは自分の大きな強みだと思うんですが、それだけではなく、海外でアニメファンをしていたことが大きかったと実感しています。例えば、アメリカで日本のアニメを見ているとき、ずっとキャラクターが英語で話していることに対して、ものすごく違和感がありました。アニメ特有の柔らかいニュアンスが、英語のセリフからは感じられないんです。それは私だけでなく、海外のアニメファンが普段から感じていることだと思います」

そのため、天城さんは自分が配信する英語の動画に、1つの工夫を取り入れた。

「私はあえて英語に日本語のニュアンスをおりまぜて配信をしてるんですよ。英語に日本語のニュアンスを混ぜる言葉を、向こうでは『ジャングリッシュ』(JapanとEnglishを合わせた造語)と呼ぶんですが、英語の最後に“です”を入れたり、途中で“これです”という日本語を入れたりしています」

日本のニュースをジャングリッシュで紹介。時折出てくる「but、しかし」などの日本語が表現を柔らかくしている

世界中とつながれることがバーチャルならではの魅力

海外での生活とアニメ好きの経験を22/7の活動に生かしている天城さん。自分の演じる藤間桜のことはどのように思っているのだろうか。

「桜ちゃんは、とにかくまっすぐで明るい子ですね。演じている私のインドアで暗い性格とは正反対(笑)! でも、だからこそ桜ちゃんを演じたいと思いました。桜ちゃんが大好きで、どのキャラクターよりも幸せになってほしいと願っています」

性格が違うからこそ演じたい。そう話す天城さんだが、自分と性格のギャップが大きいキャラクターを演じるのは、難しそうなイメージがある。

「たしかに、グループに入って間もない頃は、自分と正反対の存在である桜ちゃんみたいにコミュニケーションできるか不安でした。でも、実際に番組の企画などで、積極的にいろいろな人に話にいくと、“意外とみんな優しく接してくれる”ことに気づけたんです。桜ちゃんから勇気をもらえた感じですね」

バーチャルのキャラクターを演じることで、リアルの自分が成長する。両極端に位置する2人だからこそ、得られたものなのかもしれない。

「むしろ、もともと引っ込み思案な性格なので『天城サリー』としてだったら、動画やテレビ番組で饒舌に話ができないと思います。バーチャルのキャラクターだからこそ、普段言えないようなことも言えるんです」

2018年7月には22/7が出演するレギュラー番組『22/7 計算中』がTOKYO MXでスタートした。そこでも「自分が話している」という意識より「藤間桜」が話しているというイメージなのだという。

「学校では無口ですが、沈黙が嫌いなので仕事ではよくしゃべるんです。ただ、どちらが本当の自分とかではなくて、どちらも自分なんだなと思います。よくしゃべるという自分の側面は、22/7に入ってから発見することができました」

22/7に入って、そして藤間桜を演じたおかげで、大きな成長を実感している天城さん。デジタル声優アイドルとして、どのような存在を目指すのだろうか。

「私がよく言うのは『友達になりたいアイドル』です。それを目指して、今後も活動し続けていきたいと思います。手の届かない『遠い存在のアイドル』は、自分には合わないかなと思っていて」

アイドルはかつて、なかなか手の届かない存在だった。しかし、おニャン子クラブから徐々に親しみやすい存在になり、「会いに行けるアイドル」を標榜したAKB48から決定的に親しい存在になった。

現在は、会いに行かなくても「ネット配信」で、日本はおろか、世界の人々とリアルタイムでコミュニケーションができるほど、近しい距離になっている。そんな時代で彼女が「友達になりたいアイドル」を目指すのは自然なことかもしれない。そうした距離感の存在が、今後さらに増えていくのだろう。

「以前、桜ちゃんとしてバーチャルハイタッチ会をやったんですが、そんなバーチャルライブのような取り組みが広がれば、海外にいる人も日本に来ることなく桜ちゃんに会えますし、私たちの活動を世界中の人に知ってもらえます。そうやって世界から応援してもらえるようなグループになるといいな」

世界中どこにいても会えること。それはアメリカで育ち、多くの海外ファンがいる天城さんだからこそ、出てくる視点だろう。そんな彼女にグループとしての今後の目標について聞いてみた。

「22/7には、声優として活動したいと考えているメンバーもいるので、それぞれ目標とするところでも活動してほしいですね。そこで得たものを22/7に持って帰ってきてもらい、マルチなグループに成長できたらいいなと思います」

そう話す天城さん自身も、TVアニメ『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』のベルトワーズ・ベツィー役や、アニメ映画『パンドラとアクビ』のアクビ役として、アニメの声優にも挑戦している。

彼女はそこで何を得て、何を22/7に持ち帰ってくるのだろう。デジタル声優アイドルという他に類を見ない活動をする天城さんと22/7が、どのように成長していくのか、そしてアイドル業界やVTuber業界にどのような影響を与えるのか、興味は尽きない。

関連記事
NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu