オリンピック参加より国際カップの拡大のほうが健全? 『ストV』対抗戦を終えて

オリンピック参加より国際カップの拡大のほうが健全? 『ストV』対抗戦を終えて

2019.02.12

JeSUは4つのタイトルでeスポーツの国際チャレンジカップを開催

『ストV AE』では勝ち星を積みあげる3対3のチーム戦を開催

参加選手の試合後コメントも掲載

既存イベント参加よりも国際カップ拡大のほうが健全?

日本eスポーツ連合(JeSU)は1月26日と27日に、「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を開催した。競技タイトルに採用されたのは『ストリートファイターVアーケードエディション(ストV AE)』『鉄拳7』『ウイニングイレブン 2019』『オーバーウォッチ』の4つ。本稿ではそのうち、27日に行われた最後の試合である『ストV AE』についてフォーカスする。

『ストV AE』は、対戦格闘ゲームの火付け役である『ストリートファイター』シリーズの2D対戦格闘ゲームだ。

国際チャレンジカップの様子

1戦1戦の積み重ねが結果に響くチーム戦のルール

『ストV AE』の日本選抜は、ときど選手、ネモ選手、ふ~ど選手の3名。東京ゲームショウ2018にて開催された「CAPCOM Pro Tour ジャパンプレミア2018大会」(JeSU公認大会)の、上位入賞者から選ばれた。対するアジア選抜は、台湾のOil King選手、韓国のNL選手、中国・香港のHumanbomb選手の3名。こちらも国際大会で活躍する精鋭たちだ。

日本国旗を掲げ登場する日本選抜チーム
各国の国旗を掲げ登場するアジア競技チーム

試合形式は3対3の団体戦。BO2(3本中2先取で勝利)の星取戦方式で、先鋒、中堅、大将に分かれてそれぞれ3試合ずつ対戦し、取得セット数の総計でチームの勝敗が決定する。例えば、先鋒と中堅がそれぞれ2-1のセット数で勝利したものの、大将が0-2のセット数で敗北した場合、結果は4-4のドロー。それを3回繰り返し、合計のセット数をカウントする。つまり、ストレート負けやストレート勝ちが大きな差を生むというわけだ。チームオーダーは試合ごとに変更可能で、対戦相手の得意不得意を考慮しながら、チームで相談しながら話し合って決める。

チーム戦においてはオーダーも重要。全員で話し合い、出場順を決める

1試合目の先鋒戦はときど選手(豪鬼)対Oil King選手(ラシード)。「CAPCOM Pro Tour ジャパンプレミア2018大会」での対戦の再現となった。そのときの対戦ではときど選手が逆転勝利を収めているものの、今回はOil King選手らしい攻撃的な試合運びとリスク覚悟の無敵技がハマり、2-0でアジア選抜が勝利する。日本代表としては不安なスタートになってしまった。

ときど選手
Oil King選手

次鋒戦はネモ選手(ユリアン)対Humanbomb選手(春麗)の対戦。2試合ともラウンドは取られたものの、終始試合を支配していたネモ選手が、先鋒戦のお返しとばかりに2-0で勝利する。

ネモ選手
Humanbomb選手

大将戦はふ~ど選手(バーディ)対NL選手(キャミィ)との対戦だ。ふ~ど選手は前シーズンまではレインボーミカを使用していたが、シーズン4(2018/12/17~)になってからバーディを使用。一般的なバーディ使いがあまり使わない「VトリガーII」(キャラクターを選択する際に決める技のモード。同じキャラクターでも、IとIIではトリガー発動中に使える技が異なる)で有効な活用法を開発するほどのやり込み具合だ。そのVトリガーIIによる高い火力でNL選手を圧倒し、2-0でふ~ど選手が勝利。これで1試合目は、勝利数2-1、セット数4-2の日本選抜優位で終了した。

ふ~ど選手
NL選手

2試合目の先鋒戦は1試合目と同じく、ときど選手対Oil King選手の対戦。多彩なジャンプ攻撃と投げ抜けを誘発しての反撃が有効打となり、ときど選手が2-0で勝利。1試合目の雪辱を果たす。

次鋒戦はネモ選手対NL選手。ネモ選手はシーズン4から使い始めたコーリンを選択。ラウンドを1本取り、善戦を見せるものの、NL選手のキャミィの前に沈むネモコーリン。次のセットからネモ選手は使い慣れているユリアンに変更すると、2、3セット目を勝ち取り、2-1のスコアで逆転勝利した。

大将戦はふ~ど選手対Humanbomb選手。ふ~ど選手はHumanbomb選手が使う春麗との相性を考え、レインボーミカを選択した。最初のラウンドをパーフェクトで勝利すると、そのままの勢いで一気にたたみかけ、2-0でふ~ど選手の勝利。日本選抜の5戦連続勝利で、セット数10-3という結果になる。3試合目をアジア選抜がすべて2-0で勝利してもセット数が追いつかないので、この時点で日本選抜の勝利が確定した。

3試合目の先鋒戦はふ~ど選手とNL選手の組み合わせ。再びバーディを選択したふ~ど選手のVトリガーIIが、NL選手を苦しめ、2-0で勝利する。次鋒戦はときど選手とHumanbomb選手の対戦だ。試合全体を掌握していた印象のときど選手に対して、1セット取り返すのがやっとだったHumanbomb選手。ここでも2-1で日本選抜が勝利した。最後の大将戦はネモ選手対Oil King選手。Oil King選手らしい攻めの戦術でネモ選手を攻めるが、お互い1-1で迎えた最終戦、相手の攻めを読みきったネモ選手が勝利した。

最終的な結果は、8勝1敗、セットカウントは16-5で、日本選抜チームの圧勝となった。

ネモ選手が勝因分析、「オーダーがうまくかみ合った結果」

試合終了後には、選手たちにインタビューを実施。国を背負っての戦いを振り返ってもらった。

まず、アジア選抜のなかで一番の活躍を見せていたOil King選手は「国を背負っての試合だったので、プレッシャーを感じていました。ただ、いざ試合が始まってしまえば個人戦なので、自分自身が頑張るしかないと思い、いつもと一緒の感じでプレイできたと思います。国を背負う以上に、今回は仲間のいるチーム戦だったので、チームとして負けてしまったのは個人で負けるよりも悔しさが大きかったですね」と悔しさを見せた。

初戦で勝利したNL選手は「初めて代表として試合に臨んだので、プレッシャーはありました。いつも通りの実力を出したかったんですが、出し切ることはできませんでしたね。日本選抜は本当に強かったです。リベンジをしたいので、次回の開催を希望します」と、雪辱を誓う。

代表の経験者であるHumanbomb選手は「6年前に一度、代表として試合に出場したことがありますので、今回はそのこと以上に、チーム戦であることが重圧になりました」と敗因を語った。

アジア選抜チーム

日本選抜のネモ選手は「代表としてのプレッシャーはあまり感じなかったのですが、対戦相手が非常に強いメンツだったので、そちらの方が気になりました。試合形式としては、巻き返しができるルールで、普段のチーム戦とは違いましたね。結果として圧勝のような形で終わりましたが、オーダーがうまくかみ合った感じです。これだけの差がつくとは思ってなかったですね」と、勝因を分析した。

また、ふ~ど選手は「国を背負うとか、そういうのはあまり考えなかったです。最初ときどが負けたとき、このまま一気にやられてしまう負けルートに入ったかなと思ったくらい、余裕はありませんでしたね。まあ、(ときど選手は)攻略負けではなく、ミスで負けていたので、引きずるようなものではないとも思いましたけど」と、振り返った。

日本選抜チーム

今回の国際チャレンジカップは、4つのタイトルいずれも日本選抜チームが勝利するという結果に終わった。ただし、エキシビションの様相もあったので、試合結果はある意味二の次だったのかもしれない。それよりも、国際交流として、日本で海外の強豪選手の戦いを目の当たりにできたことが大きかったのではないだろうか。

今後、アジア選抜をそれぞれの国の選抜選手にしていけば、国際大会としてしっかりとポジションを確立できそうである。徐々に参加国を増やしていき、アジアのみならず全世界が対象になれば、一大eスポーツイベントとなりうるだろう。

オリンピックやアジア競技大会のような、既存の畑違いのイベントの末席に入れてもらうくらいであれば、独自の国際イベントを開催するほうがよっぽど健全なのではないかと感じた国際チャレンジカップだった。

関連記事
有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

岡安学の「eスポーツ観戦記」 第3回

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

2019.04.23

よしもと∞ホールで開催された「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」

リーグが進むにつれて増えていったチームや選手の固定ファン

有料チケットにも関わらずリーグでは会場がほぼ満席状態

4月13日、よしもと∞ホールにて、『League of Legends(LoL)』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」の王者を決めるプレイオフ決勝、「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」が行われた。

対戦カードは2019年春季シーズンのリーグ戦を20勝1敗の圧倒的な強さで勝ち上がった「DetonatioN FocusMe」と、プレイオフのセミファイナルにてリーグ2位の「Crest Gaming」を3連勝で下し、リーグ3位からファイナルに勝ち上がった「Unsold Stuff Gaming」だ。Unsold Stuff Gamingのリーグ成績は12勝9敗と、DetonatioN FocusMeと比べると見劣りするが、チーム状態は上り調子なので、成績差以上の拮抗した試合が期待できそうだ。

20勝1敗の好成績で1位抜けしたDetonatioN FocusMe
リーグ戦3位からセミファイナルを勝ち抜き、ファイナルに進出したUnsold Stuff Gaming

観戦が前提のeスポーツリーグとして成功を収めたLJL

ファイナルの形式は「BO5方式(5戦3勝勝ち抜け)」だ。Unsold Stuff GamingがDetonatioN FocusMeをあと一歩まで追い詰めるシーンがあったものの、結局はDetonatioN FocusMeがリーグ戦の強さをそのままに、3連勝で優勝を果たした。

LJLで優勝したことで、DetonatioN FocusMeは、5月1日から19日にかけて、ベトナムと台湾で行われるMSI(Mid-Season Invitational)に日本代表として出場することが決まった。DetonatioN FocusMeは、昨年のWorldsでプレイインステージで初勝利をあげ、強豪C9をあと一歩のところまで追い詰めるなど、大活躍しただけに、MSIでもそれ以上の成績を期待したいところだ。

決勝に相応しい熱戦を繰り広げたが、結果は3-0でDetonatioN FocusMeで優勝した

今回の「LJL SPRING SPLIT 2019」は、よしもとクリエイティブエージェンシーが運営に加わったこともあり、会場もよしもと∞ホール。観客席が常設されている劇場を使用することにより、観客が観戦することを前提に行われたリーグ戦となった。試合はすべて有料(2500~3500円)で、日本のeスポーツイベントとしては画期的なリーグ戦と言える。

しかも、多くの試合でほぼ満席状態。もっとも少ない日でも6割以上の席は埋まるそうだ。開幕戦と今回のファイナルに限れば、立ち見席まで埋まるほどの人気ぶり。“観るeスポーツ”の先駆けとして、大きな成功を収めたのではないだろうか。

ファイナルは立ち見が出るほどの人気。チケットもあっという間に完売した

徐々に増えていったチーム/選手の固定ファン

観客についても、最初のうちは『LoL』のプレイヤーがプロの試合を観に来るという印象だったが、終盤になるにつれ、選手を応援するファンが増え始め、まさにスポーツ観戦やライブ観戦に近い状態になっていた。観客席を見回すと、誰がどこのチーム、どの選手のファンかひと目でわかるほど、応援が本格的になっていた。

DetonatioN Gamingのユニフォームを着て応援する観客もちらほら。Ceros選手やEvi選手を応援する手作り応援グッズを携えた人も

リーグ戦では、試合終了後にロビーでファンとチームの「ファンミーティング」が行われる。これは昨年も行われていたが、ファンにとっては選手と近づける貴重な場になっていた。

今回のファイナルでも、試合の終了後にフォトセッションやファンミーティングが行われた。死力を尽くした試合後に1時間以上立ちっぱなしでファンに対応するのは、選手にとって決して楽なことではない。しかし、それでもファンを楽しませるのが「プロ」である。

ただ、今後、さらに観客が増え、会場が大きくなった場合は、アイドルの握手会のように、1人あたりの時間を設定する、「はがし」と呼ばれる係員を配置するなど、多少の対策は必要になってくるかもしれない。

試合終了後、ロビーでファンミーティングを行うUnsold Stuff Gaming

今回のSPRING SPLITは、全試合をよしもと∞ホールで行っていたが、今後セミファイナルとファイナルは、もう少し大きな会場で実施してもよさそうだ。

今回は初めてリーグを通して有料チケットでの開催だったこともあり、どれだけの人が訪れるか未知数な状態で席数を増やすのは難しかったかもしれないが、SPRING SPLITを通じて運営の見通しもある程度できたはずだ。2年前のSUMMER SPRITのファイナルは、幕張メッセの幕張イベントホールで開催しており、その席数は固定席だけで3888席。このときもほぼ満席となっていたので、さらに大きな会場での開催も見込めそうである。

日本のeスポーツのなかでは、もっとも観客を集められるプロリーグの1つであるLJL。SPRING SPLITをさらなる飛躍のステップとして、SUMMER SPRITの成功も願いたいところだ。LJLがほかのeスポーツタイトルへも大きく影響することは間違いなく、日本のeスポーツの発展のきっかけとなるのは言うまでもないだろう。

関連記事
Gmailで署名や不在通知を設定する方法

Gmailで署名や不在通知を設定する方法

2019.04.23

Gmailでメールの最後に入れる署名を設定するには?

長期間返信が滞りそうな場合は不在通知を設定しよう

ビジネスメールでは、文末に会社の住所や電話番号といった署名を入れるのが一般的だ。Gmailでは、メール作成の際に署名を自動入力するよう設定できる。

署名を作成する

署名を作成するには、まずGmailの右上にある「歯車(設定)」ボタンをクリック。出てきたメニューから「設定」を選択しよう。全般タブをそのまま下へスクロールすると「署名」が出てくるので、そこに会社の住所や電話番号、自分の所属部署など、必要な情報を記入する。

内容が決まったら「変更を保存」を押して設定を終了する。次回の新規作成メールから署名がメールの下部に記載されるようになる。

署名を作成するには右上の「歯車(設定)」ボタンをクリック。全般タブの下にある「署名」で内容を入力する
次回のメールから作った署名が表示されるようになる

不在通知を作成する

Gmailには、出張や旅行などでメールに返信ができない場合の「不在通知」機能が搭載されている。Gmailの設定を開き、全般タブの一番下にある「不在通知」から設定可能だ。

不在通知のオン・オフの切り替えや、開始日、終了日を指定することができる。不在通知として送るメールの件名と内容を入力したら「変更を保存」ボタンを押して準備は完了だ。設定期間中に届いたメールに対して、自動的に設定した内容でメールを返信するようになる。

「設定」の全般タブにある「不在通知」で必要事項を設定する

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事