比喩ではなく日本が激震した「嵐、2020年活動休止」

カレー沢薫の時流漂流 第27回

比喩ではなく日本が激震した「嵐、2020年活動休止」

2019.02.11

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第27回は、日本が揺れた「嵐の活動休止」について

嵐、2020年で活動休止。

私がその第一報を聞いたのは、テレビのニュース速報だ。いちアイドルグループの休止がニュース速報になる。これだけでも、日本における嵐の重要度が伺える。

正確には、そのニュース速報を見た家人の「嵐活動休止だって」という声で知った。同じニュース速報でも、どこぞの市長が再選したとかなら、絶対に読み上げないだろう。ちなみに、私も家人も芸能人にはとても疎い。そんな人間でも「声に出して言いたいニュース速報」、それが「嵐活動休止」なのである。

「これはエライことになったぞ」

嵐ファンでなくても、最近騎士団長になった島耕作の顔でそう思った人間は多いのではないだろうか。何故なら、ファンでなくても「嵐ファンの知人」の一人や二人、頭に浮かぶからだ。すぐにSNSなどで、それらの人の安否確認に走った人もいるだろう。

つまり、行動が「災害が起きた時のそれ」になってしまっているのだ。「激震」というのは比喩でもなんでもない。

私もすぐにツイッターを見に行ったが、私のTLでは誰も嵐の話をしていなかった。どうやら、私の「安否が気遣われる嵐ファンの友人」というのは脳内で作り出した幻だったようだ。しかし、実際にそういう友人がいる人、さらに我こそは嵐ファンであり、「無事か?」というLINEがたくさん来たという人も日本には大勢いるだろう。

嵐と言えばSMAPなき後、日本の男性アイドル界のトップと言っても過言ではなく、今まさに人気の絶頂だ。そのグループが何故。

その何故、を我々が憶測する間もなく、速報が出たその日の晩に、本人たちによる会見が行われた。その会見によると、休止に至った理由はリーダーであった大野さんの「自由に生活がしたい」という気持ちが発端だったという。

当初大野さんは事務所自体を辞めるつもりだったが、他のメンバーが引き止め、話し合いの結果、「とりあえず嵐をお休みするということでいいんじゃないか」となり、2020年で嵐としての活動を休止することが決まったとそうだ。

嵐活動休止のニュースはファンらにとって寝耳に高圧洗浄機だったと思うが、このように、嵐と事務所側はできるだけファンへのダメージを減らすべく、周到に準備していたことが伺える。そうでなければこの段取りはありえない。

ダメージどころか、速報を見た時点で爆発四散した、という人も多いと思う。だがその後の会見を見て、私がファンだったら、四散した体が二散ぐらいまでには回復したと思う。

推しという「希望」と、ファンにとって本当に辛いこと

私は生粋の二次元原理主義だが、次元の別を問わず「推し」というのは希望だ。「今週末嵐のコンサートだ」という嵐ファンを、どれだけバールのようなもので殴っても絶対に死なない。もはや生きる理由を与えてくれる存在、と言っても過言ではないのだ。

大野さんが語った「自由な生活がしたい」という意思は、「嵐の活動がつらかった」とも取れる。自分たちの希望である彼らの活動に、「仕方なくやっていた」部分があるのだとしたら、それはファンにとって大変辛いことだ。

彼らにとって嵐は「仕事」なのだから、我々が会社を休んだり、辞めたり、解散という名の爆発を求めるのと同じように、大野氏が嵐の解散や休止を望むのも、全く不思議ではない。だがファンの理想は、「彼らも『嵐』であることを楽しんでいてほしい」なのだ。

ところで、その記者会見の席で、活動休止は「無責任では?」と質問した記者がいた。それに対し、メンバーの二宮さんと櫻井さんがしたフォローが、ファンの間で「神」と話題になっている。特に櫻井さんが和やかなムードから一転、真剣な面持ちで真っ先にコメントを返したことが、休止の発端になった大野さんをかばった行為として賞賛されている。

確かにこのエピソードは、ファンにとって救いである。イヤイヤやっていたのか、と思うのも辛いが、それ以上にファンにとって辛いのは「メンバーの不仲」である。活動休止ともなればいろいろな憶測を呼びそうなものであり、事実は本人たちにしかわからないが、少なくともあの会見では「不仲が原因ではない」と思わせてくれた。

実際、「嵐活動休止」の報を聞いた直後はこの5文字しか情報がなかったため、「実はメチャクチャ不仲で『大野氏』『松本氏』と呼び合うような状態だったのか」とか、「みんな嵐としての活動が苦痛で、楽屋に名前が書かれた嘔吐用洗面器が5個常備されていたのか」など、ネガティブな理由が多数頭に浮かんだ。それらはファンにとって何より辛いことである。

ファンが推しに抱く感情と言うのは、ただカッコいい、カワイイ、ともすれば恋愛感情のようなものだけではない。二次元のオタクをやっていても、ただキャラ同士が和気藹々としているのを見ただけで「尊い」と涙が止まらない時がある。

「あんたらが仲良さそうにしているのを見るだけでもババアは長生きできるよ、飴食う?」というような「何目線だよ」という立場から、推しにパワーをもらっているファンもいるのだ。もしメンバーが会見でお互い目も合わせないで、大野氏が経緯の説明をしている間に、二宮氏と櫻井氏がスマホをいじっていたりしたら、ファンはさらに二十四散ぐらいしたと思う。

その点今回の会見は、休止は確かに悲しいが、大野さんにはやりたいことがあり、メンバーがそれを尊重した結果なのだから仕方ないと思わせてくれるものだったと思う。

また、「無責任では」という記者の発言について、一週間でバックレたなら無責任と言えるかもしれないが、嵐はかれこれ20年勤続である。普通の会社勤めとして考えてみても、現代において20年間一度も転職したことがないという人間の方が少数派だろう。

さらに、嵐は休止までにまだ2年活動する。これは会社で言えば「退職前の引継ぎ作業」に相当する。会社で辞意を伝えた際に「じゃあ引継ぎを2年かけてしてね」と言われたら、その足で労基に行ってしまうだろう。

もちろん会見で言ったことが全てではないだろうし、とてもファンの前では言えない休止理由があるのかもしれない。だが、そういう部分を見せないのがアイドル(偶像)の仕事なのだ。ウンコはするけどファンの前ではしないのがアイドルなのだ。

そういった意味で、嵐は最後までアイドルの仕事を全うしようとしているように見える。

連載バックナンバーはこちら

関連記事
有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

岡安学の「eスポーツ観戦記」 第3回

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

2019.04.23

よしもと∞ホールで開催された「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」

リーグが進むにつれて増えていったチームや選手の固定ファン

有料チケットにも関わらずリーグでは会場がほぼ満席状態

4月13日、よしもと∞ホールにて、『League of Legends(LoL)』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」の王者を決めるプレイオフ決勝、「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」が行われた。

対戦カードは2019年春季シーズンのリーグ戦を20勝1敗の圧倒的な強さで勝ち上がった「DetonatioN FocusMe」と、プレイオフのセミファイナルにてリーグ2位の「Crest Gaming」を3連勝で下し、リーグ3位からファイナルに勝ち上がった「Unsold Stuff Gaming」だ。Unsold Stuff Gamingのリーグ成績は12勝9敗と、DetonatioN FocusMeと比べると見劣りするが、チーム状態は上り調子なので、成績差以上の拮抗した試合が期待できそうだ。

20勝1敗の好成績で1位抜けしたDetonatioN FocusMe
リーグ戦3位からセミファイナルを勝ち抜き、ファイナルに進出したUnsold Stuff Gaming

観戦が前提のeスポーツリーグとして成功を収めたLJL

ファイナルの形式は「BO5方式(5戦3勝勝ち抜け)」だ。Unsold Stuff GamingがDetonatioN FocusMeをあと一歩まで追い詰めるシーンがあったものの、結局はDetonatioN FocusMeがリーグ戦の強さをそのままに、3連勝で優勝を果たした。

LJLで優勝したことで、DetonatioN FocusMeは、5月1日から19日にかけて、ベトナムと台湾で行われるMSI(Mid-Season Invitational)に日本代表として出場することが決まった。DetonatioN FocusMeは、昨年のWorldsでプレイインステージで初勝利をあげ、強豪C9をあと一歩のところまで追い詰めるなど、大活躍しただけに、MSIでもそれ以上の成績を期待したいところだ。

決勝に相応しい熱戦を繰り広げたが、結果は3-0でDetonatioN FocusMeで優勝した

今回の「LJL SPRING SPLIT 2019」は、よしもとクリエイティブエージェンシーが運営に加わったこともあり、会場もよしもと∞ホール。観客席が常設されている劇場を使用することにより、観客が観戦することを前提に行われたリーグ戦となった。試合はすべて有料(2500~3500円)で、日本のeスポーツイベントとしては画期的なリーグ戦と言える。

しかも、多くの試合でほぼ満席状態。もっとも少ない日でも6割以上の席は埋まるそうだ。開幕戦と今回のファイナルに限れば、立ち見席まで埋まるほどの人気ぶり。“観るeスポーツ”の先駆けとして、大きな成功を収めたのではないだろうか。

ファイナルは立ち見が出るほどの人気。チケットもあっという間に完売した

徐々に増えていったチーム/選手の固定ファン

観客についても、最初のうちは『LoL』のプレイヤーがプロの試合を観に来るという印象だったが、終盤になるにつれ、選手を応援するファンが増え始め、まさにスポーツ観戦やライブ観戦に近い状態になっていた。観客席を見回すと、誰がどこのチーム、どの選手のファンかひと目でわかるほど、応援が本格的になっていた。

DetonatioN Gamingのユニフォームを着て応援する観客もちらほら。Ceros選手やEvi選手を応援する手作り応援グッズを携えた人も

リーグ戦では、試合終了後にロビーでファンとチームの「ファンミーティング」が行われる。これは昨年も行われていたが、ファンにとっては選手と近づける貴重な場になっていた。

今回のファイナルでも、試合の終了後にフォトセッションやファンミーティングが行われた。死力を尽くした試合後に1時間以上立ちっぱなしでファンに対応するのは、選手にとって決して楽なことではない。しかし、それでもファンを楽しませるのが「プロ」である。

ただ、今後、さらに観客が増え、会場が大きくなった場合は、アイドルの握手会のように、1人あたりの時間を設定する、「はがし」と呼ばれる係員を配置するなど、多少の対策は必要になってくるかもしれない。

試合終了後、ロビーでファンミーティングを行うUnsold Stuff Gaming

今回のSPRING SPLITは、全試合をよしもと∞ホールで行っていたが、今後セミファイナルとファイナルは、もう少し大きな会場で実施してもよさそうだ。

今回は初めてリーグを通して有料チケットでの開催だったこともあり、どれだけの人が訪れるか未知数な状態で席数を増やすのは難しかったかもしれないが、SPRING SPLITを通じて運営の見通しもある程度できたはずだ。2年前のSUMMER SPRITのファイナルは、幕張メッセの幕張イベントホールで開催しており、その席数は固定席だけで3888席。このときもほぼ満席となっていたので、さらに大きな会場での開催も見込めそうである。

日本のeスポーツのなかでは、もっとも観客を集められるプロリーグの1つであるLJL。SPRING SPLITをさらなる飛躍のステップとして、SUMMER SPRITの成功も願いたいところだ。LJLがほかのeスポーツタイトルへも大きく影響することは間違いなく、日本のeスポーツの発展のきっかけとなるのは言うまでもないだろう。

関連記事
Gmailで署名や不在通知を設定する方法

Gmailで署名や不在通知を設定する方法

2019.04.23

Gmailでメールの最後に入れる署名を設定するには?

長期間返信が滞りそうな場合は不在通知を設定しよう

ビジネスメールでは、文末に会社の住所や電話番号といった署名を入れるのが一般的だ。Gmailでは、メール作成の際に署名を自動入力するよう設定できる。

署名を作成する

署名を作成するには、まずGmailの右上にある「歯車(設定)」ボタンをクリック。出てきたメニューから「設定」を選択しよう。全般タブをそのまま下へスクロールすると「署名」が出てくるので、そこに会社の住所や電話番号、自分の所属部署など、必要な情報を記入する。

内容が決まったら「変更を保存」を押して設定を終了する。次回の新規作成メールから署名がメールの下部に記載されるようになる。

署名を作成するには右上の「歯車(設定)」ボタンをクリック。全般タブの下にある「署名」で内容を入力する
次回のメールから作った署名が表示されるようになる

不在通知を作成する

Gmailには、出張や旅行などでメールに返信ができない場合の「不在通知」機能が搭載されている。Gmailの設定を開き、全般タブの一番下にある「不在通知」から設定可能だ。

不在通知のオン・オフの切り替えや、開始日、終了日を指定することができる。不在通知として送るメールの件名と内容を入力したら「変更を保存」ボタンを押して準備は完了だ。設定期間中に届いたメールに対して、自動的に設定した内容でメールを返信するようになる。

「設定」の全般タブにある「不在通知」で必要事項を設定する

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事