日本が3連勝を飾った鉄拳の国別対抗戦、次の相手は“修羅の国”

日本が3連勝を飾った鉄拳の国別対抗戦、次の相手は“修羅の国”

2019.02.04

JeSUは4つのタイトルでeスポーツの国際チャレンジカップを開催

鉄拳では選抜予選を勝ち抜いた3名が日本代表としてアジア選抜と勝負

休む間もなく3月には「鉄拳修羅の国」との対抗戦

日本eスポーツ連合(JeSU)は1月26日と27日に、「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を開催した。競技タイトルに採用されたのは『ストリートファイターVアーケードエディション』『鉄拳7』『ウイニングイレブン 2019』『オーバーウォッチ』の4つ。本稿ではそのうち、26日に行われた『鉄拳7』の試合についてフォーカスする。

実力は拮抗しながらも、3連勝を飾った日本代表

『鉄拳7』の日本選抜は、プロライセンス保持者11名による試合を勝ち抜いたタケ。選手(以下、タケ選手)、チクリン選手、ペコス選手の3名。アジア選抜には、サウジアラビアからSora選手、タイからBook選手、フィリピンからAK選手が選ばれた。

『鉄拳7』は、3Dタイプの対戦格闘ゲーム。2Dの対戦格闘ゲームとは違って、奥行きの概念があり、ガードやバックダッシュに加えて、キャラクターから見て左右への移動でも攻撃を避けられるのが特徴だ。また、体力が残りわずかになると「RAGE」という状態が発動。攻撃力が格段に上がるので、一発逆転のハラハラ感も味わうことができるだろう。

今回の大会は、3on3の星取戦。先鋒戦、中堅戦はBO5(5本3先取)、大将戦のみBO9(9本5先取)だ。また、先鋒戦、中堅戦は勝利チームに1ポイント加算され、大将戦のみ2ポイント付与される。ポイントが同数になった場合は、BO1(1本1先手)の代表戦で決着がつけられる。

選手の出場順はくじ引きによって行われ、先鋒戦はペコス選手(日本選抜)対Sora選手(アジア選抜)、中堅戦はチクリン選手(日本選抜)対Book選手(アジア選抜)、大将戦はタケ。選手対AK選手(アジア選抜)という組み合わせとなった。

先鋒戦は、ペコス選手の「ギース」対Sora選手の「ジン」の対戦だ。1試合目はお互いに様子見の様相だったが、慎重にコンボを決めてきたペコス選手が勝利。トドメにレイジングストームを繰り出す余裕もみせた。

しかし、徐々にエンジンのかかってきたSora選手が、「ジン」得意の受け流しを決めはじめ、第2試合、第3試合を連取。追い詰められたペコス選手は、当て身(相手の攻撃を受け流しつつ投げる技)から壁コンボにつなげる大ダメージコンボを成功させ、2対2のイーブンに持ちこむと、最終試合は大技「デッドリーデイブ」を決めて、勝利を収めた。

ペコス選手
Sora選手

中堅戦はチクリン選手とBook選手で、どちらも「ジン」を選択する同キャラ対戦。お互いジンを知り尽くした選手だけに、序盤から一進一退の攻防戦が続いた。しかし、相手の攻撃を読み勝つようになってきたチクリン選手は試合を重ねるごとに調子を上げ、気が付けば3戦連勝。これでポイント数は2-0となり、大将戦で敗れても代表戦まで行ける圧倒的な有利を得た。

チクリン選手
Book選手

大将戦はタケ選手の「ポール」対AK選手の「シャヒーン」の対戦。大将戦は先述した通り、BO9の長丁場で、勝ったほうが2ポイント獲得できる重要な一戦だ。

1試合目は、タケ選手の巧みなレバー操作で相手の攻撃をかわして、反撃するパターンが見事に決まり、勝利をもぎ取る。さらに、2試合目も2ラウンド先取するタケ選手だったが、AK選手が「しゃがみからのスライディング」と中段攻撃の2択で攻め始めると、大ダメージにつながる中段攻撃(アルタイル)を警戒するあまり、タケ選手は中段ガードに重きを置き、下段攻撃のスライディングをくらうシーンが増えてきた。AK選手は、中段攻撃が通らず下段攻撃が通るとみるやスライディング多用し、それが面白いようにヒットする。少ないダメージながら積み重ねにより、3ラウンドを連取し、2試合目を取り返した。

続く3試合目はタケ選手、4試合目はAK選手が勝利し、2-2のイーブンと互角の戦いを進める両者だったが、5試合目から均衡が崩れ、5試合目、6試合目をタケ選手が連取。これによって余裕が出たタケ選手は、中段攻撃をくらうリスクを承知でスライディングに対応する下段ガードをしはじめる。ガードで生まれる隙をついて反撃し、一方的な試合展開となり7試合目も制した。

結果は日本選抜の3連勝。日本勢の強さが目立つようにも見える数字だが、試合内容は拮抗しており、“圧勝”とは言えないレベルの高い試合展開だったといえよう。

タケ。選手
AK選手
優勝国の国歌斉唱が行われた
敗者賞金75万円を獲得するアジア選抜のAK選手

休む間もなく次回の国際対抗戦! 相手は「鉄拳修羅の国」

見事勝利した日本選抜チームだが、今回のアジア選抜に韓国勢がいなかったのが気になるところ。韓国は「鉄拳修羅の国」とも呼ばれる、鉄拳の強豪選手が集まる国だ。昨年行われた世界ツアーの「Tekken World Tour 2018」では、世界ポイント上位6位までを韓国選手が独占し、最終決戦であるTour Finalでも4位まで全員韓国選手だったほどである。

Sora選手やBook選手、AK選手も実力のある選手であることは間違いないが、やはり現在の「鉄拳eスポーツ事情」を考えると、韓国勢抜きでアジア選抜と呼ぶには物足りなさを感じてしまう。

そんなフラストレーションを払拭するかのように、大会後に発表された「鉄拳プロチャンピオンシップ」の第4弾。内容は、なんと12on12の日韓対抗戦だ。開催日は3月2日、開催地にはLFS池袋esports Arenaが選ばれた。

日韓対抗戦の韓国選抜チームのメンバー。「Tekken World Tour 2018」の優勝から5位までのメンバーをはじめ、上位入賞者がズラリと揃う
今回の国際チャレンジカップに出場したメンバー以外に、ノビ選手やノロマ選手、破壊王選手、ダブル選手など、日本の鉄拳トッププレイヤーが勢揃い。最後の1枠は当日予選を経て選出されるそうだ

もしかすると今回の韓国勢不在は、この日韓対抗戦が後に控えていることが理由だったのかもしれない。

ともあれ、次回は12人という総力戦だ。今回の国際戦で3連勝した勢いこのままに、修羅の国出身の猛者どもとの好勝負を繰り広げてほしい。

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

岡安学の「eスポーツ観戦記」 第3回

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

2019.04.23

よしもと∞ホールで開催された「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」

リーグが進むにつれて増えていったチームや選手の固定ファン

有料チケットにも関わらずリーグでは会場がほぼ満席状態

4月13日、よしもと∞ホールにて、『League of Legends(LoL)』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」の王者を決めるプレイオフ決勝、「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」が行われた。

対戦カードは2019年春季シーズンのリーグ戦を20勝1敗の圧倒的な強さで勝ち上がった「DetonatioN FocusMe」と、プレイオフのセミファイナルにてリーグ2位の「Crest Gaming」を3連勝で下し、リーグ3位からファイナルに勝ち上がった「Unsold Stuff Gaming」だ。Unsold Stuff Gamingのリーグ成績は12勝9敗と、DetonatioN FocusMeと比べると見劣りするが、チーム状態は上り調子なので、成績差以上の拮抗した試合が期待できそうだ。

20勝1敗の好成績で1位抜けしたDetonatioN FocusMe
リーグ戦3位からセミファイナルを勝ち抜き、ファイナルに進出したUnsold Stuff Gaming

観戦が前提のeスポーツリーグとして成功を収めたLJL

ファイナルの形式は「BO5方式(5戦3勝勝ち抜け)」だ。Unsold Stuff GamingがDetonatioN FocusMeをあと一歩まで追い詰めるシーンがあったものの、結局はDetonatioN FocusMeがリーグ戦の強さをそのままに、3連勝で優勝を果たした。

LJLで優勝したことで、DetonatioN FocusMeは、5月1日から19日にかけて、ベトナムと台湾で行われるMSI(Mid-Season Invitational)に日本代表として出場することが決まった。DetonatioN FocusMeは、昨年のWorldsでプレイインステージで初勝利をあげ、強豪C9をあと一歩のところまで追い詰めるなど、大活躍しただけに、MSIでもそれ以上の成績を期待したいところだ。

決勝に相応しい熱戦を繰り広げたが、結果は3-0でDetonatioN FocusMeで優勝した

今回の「LJL SPRING SPLIT 2019」は、よしもとクリエイティブエージェンシーが運営に加わったこともあり、会場もよしもと∞ホール。観客席が常設されている劇場を使用することにより、観客が観戦することを前提に行われたリーグ戦となった。試合はすべて有料(2500~3500円)で、日本のeスポーツイベントとしては画期的なリーグ戦と言える。

しかも、多くの試合でほぼ満席状態。もっとも少ない日でも6割以上の席は埋まるそうだ。開幕戦と今回のファイナルに限れば、立ち見席まで埋まるほどの人気ぶり。“観るeスポーツ”の先駆けとして、大きな成功を収めたのではないだろうか。

ファイナルは立ち見が出るほどの人気。チケットもあっという間に完売した

徐々に増えていったチーム/選手の固定ファン

観客についても、最初のうちは『LoL』のプレイヤーがプロの試合を観に来るという印象だったが、終盤になるにつれ、選手を応援するファンが増え始め、まさにスポーツ観戦やライブ観戦に近い状態になっていた。観客席を見回すと、誰がどこのチーム、どの選手のファンかひと目でわかるほど、応援が本格的になっていた。

DetonatioN Gamingのユニフォームを着て応援する観客もちらほら。Ceros選手やEvi選手を応援する手作り応援グッズを携えた人も

リーグ戦では、試合終了後にロビーでファンとチームの「ファンミーティング」が行われる。これは昨年も行われていたが、ファンにとっては選手と近づける貴重な場になっていた。

今回のファイナルでも、試合の終了後にフォトセッションやファンミーティングが行われた。死力を尽くした試合後に1時間以上立ちっぱなしでファンに対応するのは、選手にとって決して楽なことではない。しかし、それでもファンを楽しませるのが「プロ」である。

ただ、今後、さらに観客が増え、会場が大きくなった場合は、アイドルの握手会のように、1人あたりの時間を設定する、「はがし」と呼ばれる係員を配置するなど、多少の対策は必要になってくるかもしれない。

試合終了後、ロビーでファンミーティングを行うUnsold Stuff Gaming

今回のSPRING SPLITは、全試合をよしもと∞ホールで行っていたが、今後セミファイナルとファイナルは、もう少し大きな会場で実施してもよさそうだ。

今回は初めてリーグを通して有料チケットでの開催だったこともあり、どれだけの人が訪れるか未知数な状態で席数を増やすのは難しかったかもしれないが、SPRING SPLITを通じて運営の見通しもある程度できたはずだ。2年前のSUMMER SPRITのファイナルは、幕張メッセの幕張イベントホールで開催しており、その席数は固定席だけで3888席。このときもほぼ満席となっていたので、さらに大きな会場での開催も見込めそうである。

日本のeスポーツのなかでは、もっとも観客を集められるプロリーグの1つであるLJL。SPRING SPLITをさらなる飛躍のステップとして、SUMMER SPRITの成功も願いたいところだ。LJLがほかのeスポーツタイトルへも大きく影響することは間違いなく、日本のeスポーツの発展のきっかけとなるのは言うまでもないだろう。

関連記事
Gmailで署名や不在通知を設定する方法

Gmailで署名や不在通知を設定する方法

2019.04.23

Gmailでメールの最後に入れる署名を設定するには?

長期間返信が滞りそうな場合は不在通知を設定しよう

ビジネスメールでは、文末に会社の住所や電話番号といった署名を入れるのが一般的だ。Gmailでは、メール作成の際に署名を自動入力するよう設定できる。

署名を作成する

署名を作成するには、まずGmailの右上にある「歯車(設定)」ボタンをクリック。出てきたメニューから「設定」を選択しよう。全般タブをそのまま下へスクロールすると「署名」が出てくるので、そこに会社の住所や電話番号、自分の所属部署など、必要な情報を記入する。

内容が決まったら「変更を保存」を押して設定を終了する。次回の新規作成メールから署名がメールの下部に記載されるようになる。

署名を作成するには右上の「歯車(設定)」ボタンをクリック。全般タブの下にある「署名」で内容を入力する
次回のメールから作った署名が表示されるようになる

不在通知を作成する

Gmailには、出張や旅行などでメールに返信ができない場合の「不在通知」機能が搭載されている。Gmailの設定を開き、全般タブの一番下にある「不在通知」から設定可能だ。

不在通知のオン・オフの切り替えや、開始日、終了日を指定することができる。不在通知として送るメールの件名と内容を入力したら「変更を保存」ボタンを押して準備は完了だ。設定期間中に届いたメールに対して、自動的に設定した内容でメールを返信するようになる。

「設定」の全般タブにある「不在通知」で必要事項を設定する

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事