総務省「中古スマホ普及」方針は通信業界に打撃? 5G普及を阻害する恐れも

総務省「中古スマホ普及」方針は通信業界に打撃? 5G普及を阻害する恐れも

2019.01.25

総務省が中古スマホを推進? 端末代金引き下げの一環か

キャリア関係者は「調査を受けているのは事実」とコメント

中古スマホ推進は諸刃の剣、日本の5Gスマホ普及に影響も

総務省と公正取引委員会が、携帯電話大手3社が下取りした中古スマートフォンの流通実態調査に着手したという報道があった。キャリア関係者に確認したところ「調査を受けているのは事実」とのことだ。

これまで各携帯電話会社は、iPhoneの新機種が発売された際には積極的にユーザーが利用しているスマホを下取りする施策を展開してきた。中古端末を買い取ることで、新機種買い替えに対しての負担を軽減するという狙いだ。

一方で、下取りしたiPhoneは国内ではなく、海外に転売されているという噂が絶えなかった。総務省では「国内で新機種のiPhoneが売れなくなる恐れがあるため、アップルの言いなりになって、キャリアは下取りしたiPhoneを海外に転売しているのではないか」と見ていたようだ。

中古の流通増でスマホを買いやすくする狙いか

日本では今後、「完全分離プラン」の導入により、端末代金に対する割引がなくなろうとしている。新機種が高価で買いにくくなる中、中古スマホの流通を増やすことで、国民がスマホを買いやすい状況を作りたいというのが、総務省の考えとしてあるようだ。

しかし、実際のところ、キャリアは国内で中古スマホが流通するのを嫌がって、あえて海外に転売しているものなのか。かつて、キャリア関係者に話を聞いたところ「海外に転売した方が高く売れるからに過ぎない。単純な話だ」と語っていた。

その後、キャリアから下取りスマホを買取り、海外に転売している仲介業者にも話を聞いたことがあったが、彼らによれば「海外の業者は、日本の下取り端末を大量に高い値段で買い取ってくれる。とにかく、まとめて大量に買ってくれるという点が大きい。日本国内では、MVNOであっても、買い取れる端末台数は限られており、商売にならない」と事情を明かす。

中国やアジア諸国からすれば、日本で下取りされたスマホは、本体カバーをつけた状態で使われていたものが多く、使用状況も良いため、中古市場でも高値で取引されやすいという。また、(契約縛りに起因する)2年前など、比較的、新しい機種が下取りとして回収されているため、転売しやすいという事情もあるようだ。

キャリアが下取りした端末を海外ではなく日本で流通させるには、日本の中古業者やMVNOが、高値で下取り端末を購入できるだけの調達力が必要だということのようだ。

日本は本当に中古スマホの普及を目指すべきなのか

中古スマホの流通量が増えれば、国民にとってみれば選択肢が増え、安価にスマホを入手できる環境が整うのは間違いないだろう。しかし、一方で、中古スマホの普及による「デメリット」も十分に理解しておく必要もある。

スマホにはiOSもしくはAndroidというOSが搭載されており、毎年のように新バージョンが登場している。もちろん、大きなバージョンアップだけでなく、マイナーなアップデートも頻繁に行われている。これらのアップデートは単に新機能を追加するだけでなく、セキュリティ面での強化という意味合いもある。

iPhoneは最新のiOS12でも、かなり古い機種であってもバージョンアップの対象となっているが、Androidの場合は、バージョンアップがあまりされない機種などが散見される。中古Androidスマホを購入したものの、バージョンアップが受けられないとなると、それだけで、ウィルスや個人情報漏洩などのリスクにさらされる危険がある。

iPhoneには「リファービッシュ品(整備済み品)」があるが…

また、バッテリーは、どちらかといえば「消耗品」といえる存在だ。最近のスマホはバッテリーが内蔵されてしまっているため、自分では交換ができない。しかし、バッテリーは2年以上使っていれば寿命が来てしまうため、「中古スマホを買ったが、バッテリーがヘタっていて、すぐに電池切れになってしまう」ということもあり得る。

iPhoneには、中古品を回収し、一度分解した後に、電池などを新品に交換して製品として復元して販売する「リファービッシュ品(整備済み品)」というものが存在する。

総務省が本当に中古スマホを推奨したいのであれば、単なる中古品ではなく、リファービッシュ品のような「整備済みの安心して使える中古品」の存在をアピールする必要があるだろう。

最大の懸念は5G普及への影響

日本では2020年から新しいサービスとして5Gが始まる。本来であれば、5Gの普及に向けて、5G対応スマホをバラまくぐらいの施策が必要だが、昨今の「完全分離プラン」の導入により、5G対応スマホの早期普及は見込めなくなってしまった。

日本が5G後進国に?

さらに、仮にこのまま中古端末を盛り上げるとなれば、5G対応スマホに手を伸ばす人は激減することだろう。中古スマホの普及促進は、国民をウィルスの脅威に晒すだけでなく、5G推進に向けて動き出す日本の通信業界の足を引っ張ることになりそうだ。

関連記事
有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

岡安学の「eスポーツ観戦記」 第3回

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

2019.04.23

よしもと∞ホールで開催された「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」

リーグが進むにつれて増えていったチームや選手の固定ファン

有料チケットにも関わらずリーグでは会場がほぼ満席状態

4月13日、よしもと∞ホールにて、『League of Legends(LoL)』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」の王者を決めるプレイオフ決勝、「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」が行われた。

対戦カードは2019年春季シーズンのリーグ戦を20勝1敗の圧倒的な強さで勝ち上がった「DetonatioN FocusMe」と、プレイオフのセミファイナルにてリーグ2位の「Crest Gaming」を3連勝で下し、リーグ3位からファイナルに勝ち上がった「Unsold Stuff Gaming」だ。Unsold Stuff Gamingのリーグ成績は12勝9敗と、DetonatioN FocusMeと比べると見劣りするが、チーム状態は上り調子なので、成績差以上の拮抗した試合が期待できそうだ。

20勝1敗の好成績で1位抜けしたDetonatioN FocusMe
リーグ戦3位からセミファイナルを勝ち抜き、ファイナルに進出したUnsold Stuff Gaming

観戦が前提のeスポーツリーグとして成功を収めたLJL

ファイナルの形式は「BO5方式(5戦3勝勝ち抜け)」だ。Unsold Stuff GamingがDetonatioN FocusMeをあと一歩まで追い詰めるシーンがあったものの、結局はDetonatioN FocusMeがリーグ戦の強さをそのままに、3連勝で優勝を果たした。

LJLで優勝したことで、DetonatioN FocusMeは、5月1日から19日にかけて、ベトナムと台湾で行われるMSI(Mid-Season Invitational)に日本代表として出場することが決まった。DetonatioN FocusMeは、昨年のWorldsでプレイインステージで初勝利をあげ、強豪C9をあと一歩のところまで追い詰めるなど、大活躍しただけに、MSIでもそれ以上の成績を期待したいところだ。

決勝に相応しい熱戦を繰り広げたが、結果は3-0でDetonatioN FocusMeで優勝した

今回の「LJL SPRING SPLIT 2019」は、よしもとクリエイティブエージェンシーが運営に加わったこともあり、会場もよしもと∞ホール。観客席が常設されている劇場を使用することにより、観客が観戦することを前提に行われたリーグ戦となった。試合はすべて有料(2500~3500円)で、日本のeスポーツイベントとしては画期的なリーグ戦と言える。

しかも、多くの試合でほぼ満席状態。もっとも少ない日でも6割以上の席は埋まるそうだ。開幕戦と今回のファイナルに限れば、立ち見席まで埋まるほどの人気ぶり。“観るeスポーツ”の先駆けとして、大きな成功を収めたのではないだろうか。

ファイナルは立ち見が出るほどの人気。チケットもあっという間に完売した

徐々に増えていったチーム/選手の固定ファン

観客についても、最初のうちは『LoL』のプレイヤーがプロの試合を観に来るという印象だったが、終盤になるにつれ、選手を応援するファンが増え始め、まさにスポーツ観戦やライブ観戦に近い状態になっていた。観客席を見回すと、誰がどこのチーム、どの選手のファンかひと目でわかるほど、応援が本格的になっていた。

DetonatioN Gamingのユニフォームを着て応援する観客もちらほら。Ceros選手やEvi選手を応援する手作り応援グッズを携えた人も

リーグ戦では、試合終了後にロビーでファンとチームの「ファンミーティング」が行われる。これは昨年も行われていたが、ファンにとっては選手と近づける貴重な場になっていた。

今回のファイナルでも、試合の終了後にフォトセッションやファンミーティングが行われた。死力を尽くした試合後に1時間以上立ちっぱなしでファンに対応するのは、選手にとって決して楽なことではない。しかし、それでもファンを楽しませるのが「プロ」である。

ただ、今後、さらに観客が増え、会場が大きくなった場合は、アイドルの握手会のように、1人あたりの時間を設定する、「はがし」と呼ばれる係員を配置するなど、多少の対策は必要になってくるかもしれない。

試合終了後、ロビーでファンミーティングを行うUnsold Stuff Gaming

今回のSPRING SPLITは、全試合をよしもと∞ホールで行っていたが、今後セミファイナルとファイナルは、もう少し大きな会場で実施してもよさそうだ。

今回は初めてリーグを通して有料チケットでの開催だったこともあり、どれだけの人が訪れるか未知数な状態で席数を増やすのは難しかったかもしれないが、SPRING SPLITを通じて運営の見通しもある程度できたはずだ。2年前のSUMMER SPRITのファイナルは、幕張メッセの幕張イベントホールで開催しており、その席数は固定席だけで3888席。このときもほぼ満席となっていたので、さらに大きな会場での開催も見込めそうである。

日本のeスポーツのなかでは、もっとも観客を集められるプロリーグの1つであるLJL。SPRING SPLITをさらなる飛躍のステップとして、SUMMER SPRITの成功も願いたいところだ。LJLがほかのeスポーツタイトルへも大きく影響することは間違いなく、日本のeスポーツの発展のきっかけとなるのは言うまでもないだろう。

関連記事
Gmailで署名や不在通知を設定する方法

Gmailで署名や不在通知を設定する方法

2019.04.23

Gmailでメールの最後に入れる署名を設定するには?

長期間返信が滞りそうな場合は不在通知を設定しよう

ビジネスメールでは、文末に会社の住所や電話番号といった署名を入れるのが一般的だ。Gmailでは、メール作成の際に署名を自動入力するよう設定できる。

署名を作成する

署名を作成するには、まずGmailの右上にある「歯車(設定)」ボタンをクリック。出てきたメニューから「設定」を選択しよう。全般タブをそのまま下へスクロールすると「署名」が出てくるので、そこに会社の住所や電話番号、自分の所属部署など、必要な情報を記入する。

内容が決まったら「変更を保存」を押して設定を終了する。次回の新規作成メールから署名がメールの下部に記載されるようになる。

署名を作成するには右上の「歯車(設定)」ボタンをクリック。全般タブの下にある「署名」で内容を入力する
次回のメールから作った署名が表示されるようになる

不在通知を作成する

Gmailには、出張や旅行などでメールに返信ができない場合の「不在通知」機能が搭載されている。Gmailの設定を開き、全般タブの一番下にある「不在通知」から設定可能だ。

不在通知のオン・オフの切り替えや、開始日、終了日を指定することができる。不在通知として送るメールの件名と内容を入力したら「変更を保存」ボタンを押して準備は完了だ。設定期間中に届いたメールに対して、自動的に設定した内容でメールを返信するようになる。

「設定」の全般タブにある「不在通知」で必要事項を設定する

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事