新型の先行情報が解禁! BMW「3シリーズ」の来歴とモデルチェンジの中身

新型の先行情報が解禁! BMW「3シリーズ」の来歴とモデルチェンジの中身

2019.01.25

注目度は「Cクラス」以上? 「3シリーズ」の新型は2019年に登場

小型化と低価格化でプレミアムセダンの寵児に

横幅が1,800mm超え? 気になるモデルチェンジの内容

今年、7代目となるBMWの新型「3シリーズ」が登場する。このクルマのフルモデルチェンジはいつの時代も話題を呼び、注目度は最大のライバルであるメルセデス・ベンツ「Cクラス」をしのぐほどだが、それは3シリーズに長い歴史があり、このサイズのクルマを作る自動車会社にとってお手本となるクルマだからだ。先日、7代目3シリーズの情報の一部が解禁となったので、このクルマの来歴と合わせてお伝えしたい。

2019年登場の新型「3シリーズ」(画像)について、一部情報が先行公開となった。2019年3月9日に世界同時発売の予定だ

起源は1966年、セダンの小型化が「3シリーズ」の原点

3シリーズが登場したのは1975年のことだが、このクルマの起源となる「02シリーズ」は1966年に誕生している。一方のCクラスはデビューが1993年で、その起源となった「190シリーズ」までさかのぼっても、生まれは1982年だ。3シリーズとCクラスには、歴史の長さで16年の差があるのだ。いわゆるD、Cセグメントセダンでの経験は、3シリーズの方がずっと長く、その存在は重要視されている。これが、3シリーズのフルモデルチェンジに注目が集まる理由だ。

02シリーズで最も有名なのは、「1602」「1802」を経て誕生した「2002」というクルマだろう。「1602」は1,600cc(正確には1,673ccなので、現代流なら1,700ccとなる)の2ドアモデル、「1802」は1,800ccの2ドアで、2002は2,000ccの2ドアだった。

「3シリーズ」の起源となる「02シリーズ」の中でも有名な「2002」(画像は「2002ターボ」)

「2ドアなのにセダン?」と思った人もいるかも知れないが、これらは「2ドアセダン」というカテゴリーに分類されたクルマだった。リヤシートにも人を乗せることを前提としていながら、コストダウンやボディのダウンサイジングのため、2ドアというスタイルをとっていたのだ。「1602」以前のBMWは4ドアのセダンが主流だったが、それらのクルマはボディが大きく、現在の「5シリーズ」につながる系譜であった。その大きなクルマを思い切って小型化したことこそ、3シリーズの始まりであり、BMW成功のきっかけだったのだ。

ダウンサイジングと低価格化という戦略は、北米での販売拡大にも結びついた。人気を博した02シリーズはその後、徐々にスポーティーなモデルを追加していく。圧縮比をアップしてツインキャブとした「2002ti」、そして、キャブレターではなくインジェクションを採用した「2002tii」などが登場した後、1973年にはBMWが航空機で得た技術を応用した「2002ターボ」も追加となり、大きな話題を呼んだ。

バブルで人気爆発、あだ名は「六本木のカローラ」

1975年に02シリーズは、初代3シリーズである「E21型」に取って代わられる。E21型は1982年までのモデルだ。

日本では、「バルコムオートトレイディング」という輸入代理店がE21の正規輸入車を取り扱っていた。BMWジャパンが設立されたのは1981年のことだ。ちなみに、BMWジャパンは日本では初の自動車メーカー直轄のインポーターである。従来の輸入車は、ヤナセに代表されるような日本の輸入商社が扱っていたのだ。E21の全幅は1,610mmで、2リットル以下のエンジンを積むモデルを日本では5ナンバーの小型車として販売していた。

「3シリーズ」の初代となった「E21型」(画像)

1982年には2代目3シリーズの「E30」が登場する。E30は1994年までのモデルだ。日本経済がバブル期へと突入していくタイミングだったことも影響し、この3シリーズは爆発的なヒットを遂げる。多くの人が高い所得を得るようになったことが販売に拍車をかけた。このクルマに付いたあだ名は「六本木のカローラ」。つまり、六本木に行くと、まるでトヨタ自動車の「カローラ」のようによく見かけるという意味だ。こんな表現が生まれたこと自体、当時はまだ、輸入車が特殊な存在だったことを表している。

3代目の3シリーズは、バブル末期の1990年に日本に登場する。この3代目まで、基本ボディサイズが5ナンバーだった。バブル景気ははじけていたが、物品税の廃止や為替レートの関係もあり、輸入車の販売台数に大きな落ち込みはなく、3代目もヒット作となった。

ヒットの継続は、3シリーズがCセグメントのベンチマークとなる流れにもつながる。続く4代目から6代目までも、その販売の勢いが衰えることはなかった。ドイツのBMW AGも、日本のマーケットをどんどん重要視するようになっていく。6代目モデルでは全幅を1,800mmに抑えるため、日本仕様専用のドアハンドルまで開発・採用したほどだ。

「3シリーズ」は累計1,500万台の販売実績を誇るBMWの大定番だ(手前の赤いクルマが6代目。奥は右端の初代から世代順に並んでいる)

新型「3シリーズ」の日本専用モデルは希少価値あり?

もうすぐ登場する7代目3シリーズは、全幅が1,800mmを超える。従来、横幅を1,800mm以内に抑えてきたのは、マンションなどの駐車場に1,800mmを上限とする場所が多かったためだ。しかし、次の3シリーズは、ドイツ仕様で全幅1,827mmとなっているので、日本での登録時は1,830mmということになるだろう。BMWジャパンは綿密な調査の結果、日本では駐車場のサイズが拡大傾向にあり、1,800mmにこだわらなくてもいいという結論に達したそうだ。

カモフラージュを施された7代目「3シリーズ」

日本で販売される3シリーズの中で、最も人気があるのは「320i」というモデルだ。つまり、3シリーズの2リットルモデルということである。500cc刻みで自動車税が決まる日本の税制では、2リットルという排気量は微妙なお得感がある。それでいて、1.6リットルとは明らかに違う性能、そしてヒエラルキーを感じられる排気量なのだ。ところが、次の新型3シリーズは、初期モデルに320iが存在せず、「330i」からの販売になるという。

これでは、日本市場で3シリーズを売るBMWジャパンは困ってしまう。そこで同社は、330iをベースとするデチューン版を320iとして導入することにした。デチューンとは、あえて商品の性能を下げること。欧州仕様車のスペックを見比べてみると、例えば「330i」の最高出力が190kWであるのに対し、「320i」は同135kWとなっている。この販売戦略、「名を捨てて実を取る」という言葉とは真逆の方向性だ。

日本では「330i」のデチューン版を「320i」として販売するそうだ

BMWジャパンとしては、320iの生産が始まればが320iを日本に導入するのだろうが、それまでは、330iベースの320iという日本専用モデルを販売するらしい。このモデルは希少モデルとなるに違いない。

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

岡安学の「eスポーツ観戦記」 第3回

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

2019.04.23

よしもと∞ホールで開催された「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」

リーグが進むにつれて増えていったチームや選手の固定ファン

有料チケットにも関わらずリーグでは会場がほぼ満席状態

4月13日、よしもと∞ホールにて、『League of Legends(LoL)』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」の王者を決めるプレイオフ決勝、「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」が行われた。

対戦カードは2019年春季シーズンのリーグ戦を20勝1敗の圧倒的な強さで勝ち上がった「DetonatioN FocusMe」と、プレイオフのセミファイナルにてリーグ2位の「Crest Gaming」を3連勝で下し、リーグ3位からファイナルに勝ち上がった「Unsold Stuff Gaming」だ。Unsold Stuff Gamingのリーグ成績は12勝9敗と、DetonatioN FocusMeと比べると見劣りするが、チーム状態は上り調子なので、成績差以上の拮抗した試合が期待できそうだ。

20勝1敗の好成績で1位抜けしたDetonatioN FocusMe
リーグ戦3位からセミファイナルを勝ち抜き、ファイナルに進出したUnsold Stuff Gaming

観戦が前提のeスポーツリーグとして成功を収めたLJL

ファイナルの形式は「BO5方式(5戦3勝勝ち抜け)」だ。Unsold Stuff GamingがDetonatioN FocusMeをあと一歩まで追い詰めるシーンがあったものの、結局はDetonatioN FocusMeがリーグ戦の強さをそのままに、3連勝で優勝を果たした。

LJLで優勝したことで、DetonatioN FocusMeは、5月1日から19日にかけて、ベトナムと台湾で行われるMSI(Mid-Season Invitational)に日本代表として出場することが決まった。DetonatioN FocusMeは、昨年のWorldsでプレイインステージで初勝利をあげ、強豪C9をあと一歩のところまで追い詰めるなど、大活躍しただけに、MSIでもそれ以上の成績を期待したいところだ。

決勝に相応しい熱戦を繰り広げたが、結果は3-0でDetonatioN FocusMeで優勝した

今回の「LJL SPRING SPLIT 2019」は、よしもとクリエイティブエージェンシーが運営に加わったこともあり、会場もよしもと∞ホール。観客席が常設されている劇場を使用することにより、観客が観戦することを前提に行われたリーグ戦となった。試合はすべて有料(2500~3500円)で、日本のeスポーツイベントとしては画期的なリーグ戦と言える。

しかも、多くの試合でほぼ満席状態。もっとも少ない日でも6割以上の席は埋まるそうだ。開幕戦と今回のファイナルに限れば、立ち見席まで埋まるほどの人気ぶり。“観るeスポーツ”の先駆けとして、大きな成功を収めたのではないだろうか。

ファイナルは立ち見が出るほどの人気。チケットもあっという間に完売した

徐々に増えていったチーム/選手の固定ファン

観客についても、最初のうちは『LoL』のプレイヤーがプロの試合を観に来るという印象だったが、終盤になるにつれ、選手を応援するファンが増え始め、まさにスポーツ観戦やライブ観戦に近い状態になっていた。観客席を見回すと、誰がどこのチーム、どの選手のファンかひと目でわかるほど、応援が本格的になっていた。

DetonatioN Gamingのユニフォームを着て応援する観客もちらほら。Ceros選手やEvi選手を応援する手作り応援グッズを携えた人も

リーグ戦では、試合終了後にロビーでファンとチームの「ファンミーティング」が行われる。これは昨年も行われていたが、ファンにとっては選手と近づける貴重な場になっていた。

今回のファイナルでも、試合の終了後にフォトセッションやファンミーティングが行われた。死力を尽くした試合後に1時間以上立ちっぱなしでファンに対応するのは、選手にとって決して楽なことではない。しかし、それでもファンを楽しませるのが「プロ」である。

ただ、今後、さらに観客が増え、会場が大きくなった場合は、アイドルの握手会のように、1人あたりの時間を設定する、「はがし」と呼ばれる係員を配置するなど、多少の対策は必要になってくるかもしれない。

試合終了後、ロビーでファンミーティングを行うUnsold Stuff Gaming

今回のSPRING SPLITは、全試合をよしもと∞ホールで行っていたが、今後セミファイナルとファイナルは、もう少し大きな会場で実施してもよさそうだ。

今回は初めてリーグを通して有料チケットでの開催だったこともあり、どれだけの人が訪れるか未知数な状態で席数を増やすのは難しかったかもしれないが、SPRING SPLITを通じて運営の見通しもある程度できたはずだ。2年前のSUMMER SPRITのファイナルは、幕張メッセの幕張イベントホールで開催しており、その席数は固定席だけで3888席。このときもほぼ満席となっていたので、さらに大きな会場での開催も見込めそうである。

日本のeスポーツのなかでは、もっとも観客を集められるプロリーグの1つであるLJL。SPRING SPLITをさらなる飛躍のステップとして、SUMMER SPRITの成功も願いたいところだ。LJLがほかのeスポーツタイトルへも大きく影響することは間違いなく、日本のeスポーツの発展のきっかけとなるのは言うまでもないだろう。

関連記事
Gmailで署名や不在通知を設定する方法

Gmailで署名や不在通知を設定する方法

2019.04.23

Gmailでメールの最後に入れる署名を設定するには?

長期間返信が滞りそうな場合は不在通知を設定しよう

ビジネスメールでは、文末に会社の住所や電話番号といった署名を入れるのが一般的だ。Gmailでは、メール作成の際に署名を自動入力するよう設定できる。

署名を作成する

署名を作成するには、まずGmailの右上にある「歯車(設定)」ボタンをクリック。出てきたメニューから「設定」を選択しよう。全般タブをそのまま下へスクロールすると「署名」が出てくるので、そこに会社の住所や電話番号、自分の所属部署など、必要な情報を記入する。

内容が決まったら「変更を保存」を押して設定を終了する。次回の新規作成メールから署名がメールの下部に記載されるようになる。

署名を作成するには右上の「歯車(設定)」ボタンをクリック。全般タブの下にある「署名」で内容を入力する
次回のメールから作った署名が表示されるようになる

不在通知を作成する

Gmailには、出張や旅行などでメールに返信ができない場合の「不在通知」機能が搭載されている。Gmailの設定を開き、全般タブの一番下にある「不在通知」から設定可能だ。

不在通知のオン・オフの切り替えや、開始日、終了日を指定することができる。不在通知として送るメールの件名と内容を入力したら「変更を保存」ボタンを押して準備は完了だ。設定期間中に届いたメールに対して、自動的に設定した内容でメールを返信するようになる。

「設定」の全般タブにある「不在通知」で必要事項を設定する

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事