サントリー公式VTuber 燦鳥ノムさんがもたらす“ファンとのつながり”

サントリー公式VTuber 燦鳥ノムさんがもたらす“ファンとのつながり”

2019.01.10

サントリーが採用した公式VTuberは119歳の女性

企業公式だが、ゲーム実況や歌ってみた動画などマルチな活躍を見せる

話を聞いているなかで「ノムさんが愛される理由」が見えてきた

人類が知らない未開の文明は存在するのか?

その問いに対する筆者の答えはYES。なぜならば、「存在しない」ということを証明できないからだ。深海や地底、宇宙も含めれば、まだ人類が調査できていない場所は多い。というか、実際、先日「水の国」からやってきたというお嬢さんとお話してきたのだから、やはり、答えはYESである。非常に麗しい、119歳のお嬢さんだった。

119歳、水の国出身のバーチャル淑女

「冷蔵庫からこんにちは。水のように清らかに、太陽のようにみんなを照らす。サントリー公式バーチャルYouTuber(VTuber)の燦鳥ノムと申します。『燦々と輝く太陽』の『燦』に、お空を飛ぶ『鳥』で、さんとりと読みます♪」

サントリーまでもが手を出した。そう、今や6000人以上が鎬を削るVTuberだ。ノムさんは、サントリー公式VTuberとして活動する1899年生まれ、119歳のお姉さんである。

サントリー公式VTuberの燦鳥ノムさん。マンガ『夜桜四重奏 〜ヨザクラカルテット〜』や、ライトノベル『デュラララ!!』のイラストを手がけたヤスダスズヒト氏が、キャラクターデザインを担当した

還暦ダブルスコア目前のノムさんだが、外見はなんともエレガント。丁寧な言葉遣いやおっとりした性格も好感が持てるし、年齢を感じさせない不思議な魅力があるではないか。その愛らしさはいったいどこから来るのだろう。

以前、ロート製薬の根羽清ココロさんに話を伺ったときは、初めてのVTuber取材に面食らった部分もあるが、同じ轍を踏む筆者ではない。もう驚かないぞ。よし、じゃあ早速、サントリー公式VTuberになった経緯など、ノムさんにいろいろと聞いちゃおう。

「私が公式VTuberになったきっかけはスカウトですね。いろいろな飲み物について知りたくて、探しに出たところ、こちらの世界で最初に着いたのがサントリーという会社だったんです。そこで出会ったサントリーの人にスカウトされまして、公式のVTuberをさせていただくことになりました」

なるほど、採用のきっかけはスカウト。たしかに、山奥で湧き出る水のごとく澄んだルックスのノムさんは、“水と生きるサントリー”をブランドメッセージに掲げている同社にぴったりだ。さすが、サントリー。目の付けどころが違う。

しかし「こちらの世界」ということは、ノムさんはどんな「こちらではない世界」からやってきたのだろうか。

「私の出身地である『水の国』です。お水がとっても豊かで、綺麗なところなんですよ」

水の国……。あ~、知ってる。知ってる。超知ってる。ベネチアだ。……違う? 山梨県の南アルプス市とか、そのへん? ……あ、どちらも違う。では、水の国とは……?

「水の国は、とっても大好きな故郷なのですが……、飲み物がお水以外ないんですよね~。だから、初めてこちらの世界にきたときは、本当にいろいろな飲み物があることに驚かされました。わぁいいなぁ、贅沢だなぁ~と。ワァラ」

ワ? え? 何? ワァラ? water(すごくいい発音で)? え? ……あ、w←これ? これのこと? いわゆる、「ワラ」ってことか。水の国では「ワァラ」と発音するわけだ。そういえば、根羽清ココロさんも「ねばー」という口癖があった。なんというか、皆さんとても個性的である。

結局、水の国がどこなのかは不明だったが、まぁいいとしよう。

ノムさんのw(ウォァルァ)動画。本場の発音はこの動画からどうぞ。ちなみに、こちらの世界で使われる「www(草生える)」は、水の国で「水湧く」と表現するらしい。大草原は大瀑布? 大噴水?

「ほかのVTuberの皆さんも個性的ですよ。動物みたいなお耳が生えている方や、動物そのまま? の方もいらっしゃるんです。日々、驚きの連続ですね!」

たしかに、狐だったり猫だったり、馬にゴリラに、6000人いる“しゃべる個性”のなかで自分の立ち位置を確立することは、そう簡単なことではないのだろう。そのあたりでも、きっとさまざまな工夫や苦労をしているに違いない。

積極的にコラボにも挑戦! 意識するのは視聴者の満足

2018年8月のデビューから約半年、ノムさんのYouTube公式チャンネルでは、チャンネル登録者数が6万人を突破し、動画数はすでに40近い。次はこれらの動画について聞いてみよう。

「毎回いろんな企画を考えて動画を作っています。自分で自分のCMを作ってみたり、新しいキャラクターを開拓したり……。それに、『ゲーム実況』や『歌ってみた』にも、どんどんチャレンジしています!」

サントリー公式VTuberだからといって、サントリーのPRだけをしているわけではない。観る人が楽しめるように、さまざまな動画に挑戦しているのだ。ただし、動画の途中にサントリーの飲料をノムノムして(ノムさんは飲み物を飲むことをこう言う)、その魅力を伝えることは怠らない。

幅広いジャンルの動画を公開しているノムさんだが、特にお気に入りなどはあるのだろうか。

「最初に歌わせていただいたEveさんの『ドラマツルギー』はとても印象深いですね。初めて聴いたときに、いい意味でグサッと心に刺さりました。また、ときのそらさん、富士葵さんと一緒に歌った『檄!帝国華撃団』も心に残っており、自分でもついつい聴き返してしまいますw(ワァラ)」

ノムさんのお気に入り動画「ドラマツルギー」
VTuber3人がコラボした「檄!帝国華撃団」

お気に入りの「ドラマツルギー by 燦鳥ノム【歌ってみた】」は、82万回再生を記録するほどの人気コンテンツだ。たしかに、天然水のごとくクリアな歌声に、ノムさんの踊りで彩る映像美は、一見の価値がある。実際、圧倒的クオリティの動画に対する賞賛のコメントが相次いだ。

また、『檄!帝国華撃団』のように、ノムさんはほかのVTuberと共演するケースも多い。親しみを感じやすい性格だからか、きっとノムさんの周りには人が集まってくるのだろう。

「お友だちはたくさんできましたね。企画で共演したほかのVTuberの方と仲良くなれただけでなく、動画を観てくださる方のコメントが本当にうれしくて。勝手に皆さんのことをお友だちのように感じています」

動画に対するコメントは毎回数百件にものぼり、Twitterのリプライなどを含めると、数えきれないほどのメッセージがノムさんのところへ届く。

「コメントを読むと『頑張らなくっちゃ!』と燃えますね。なかには『こんな企画が見てみたい』といったコメントをいただくことも多くて、なるべく取り入れるようサントリーの人と相談しています」

取材中、楽しそうに話すノムさん

常に読者の要望に応え、楽しませようと努力するノムさん。まさに、YouTuberの鑑のような存在である。

「どの動画も、観た方が楽しい気持ちになれるものだといいなと思っています。わたくし自身どの企画も楽しんでやっているので、それが伝わっていれば嬉しいですね」

ノムさんは視聴者のために動画を作る。たとえ、それが命をかける動画であっても、きっと一歩も引かないだろう。それが帝国華撃団なのだから。

生放送を経験したノムさんが次に目指すものは?

最近では、初の生放送を経験したノムさん。サントリー「クラフトボス ホット」のTV CMに出演している、ゆりやんレトリィバァさんとの共演を果たした。生放送では、ゆりやんレトリィバァさんがバーチャル世界に入り込み、VTuberとしてノムさんと「女子会」を実施。視聴者の恋愛相談や大喜利などを行った。

生放送中のワンシーン

「生放送はすっごく楽しかったです!! リアルタイムで皆さんとやりとりをするのが初めてだったので、最初は焦っちゃいましたが、とても刺激的でした。ゆりやんレトリィバァさんもステキな方で……。ぜひまた一緒に生放送やりたいです!」

ノムさんは生放送を経て、また1つベテランVTuberへと近づいたといえよう。

次々に新しいことにチャレンジしているのが印象的だが、今後の目標などはあるのだろうか。

「目下の野望は、CM出演です! まだ予定はないみたいなんですけど、サントリーの人にお願いしてますw(ワァラ)」

ノムさんは動画で自作CMを考えるほど、CM出演を切望しているようだ。熱烈アピールむなしく、まだ実現できていないようなので、この記事を読んだサントリーの担当者は、ぜひもう一度ノムさんのCM出演を前向きに検討してほしい。

ノムさん、一首詠みます

ところで、そもそもノムさんは、さまざまな飲み物について知りたくて水の国を飛び出してきたはずだ。動画でいくつかサントリーの商品をノムノムするなかで、忘れられない飲み物との出会いなどはあったのだろうか。

「最初にノムノムしたのが『伊右衛門』だったので、思い出に強く残っています。わたくし短歌が趣味なんですが、伊右衛門を飲むと一首詠みたくなりますね~」

なるほど。では、せっかくなので、「今後の決意表明」をテーマに一首詠んでいただいた。


あたたかな 言葉くださる 皆さまの 太陽そして オアシスであれ ――

すでに活躍しているVTuberと企業がコラボするケースは増えてきたが、その場合、一時的な盛り上がりはあれど、継続性はそこまで高くない。公式VTuberを起用して新たなファンを確立すれば、企業との長期的な接点を生み出すことができるだろう。実際、動画に寄せられたコメントのなかには、「ノムさんがきっかけで最近はなんとなくサントリー商品を選んでしまう」といった内容も見受けられた。

しかも、119歳に水の国出身と、ステータスのインパクトも抜群。一度見たらなかなか忘れることはできない。さらにノムさんは、動画のクオリティやビジュアル、声、性格など、さまざまな理由で愛されている。筆者も今回ノムさんの話を聞いて、多くのファンから愛されていることに納得した。穏やかな性格に物腰の柔らかさ、それでいて視聴者を楽しませようとするサービス精神も持ち合わせている。まさに“心のオアシス”のような存在なのだ。

そんなノムさんであれば、目下の野望である「CM出演」も不可能ではないだろう。地上波でもノムさんの活躍を見てみたいところだ。

関連記事
NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu