もうすぐ新型が登場! トヨタの「スープラ」とはどんなクルマなのか

もうすぐ新型が登場! トヨタの「スープラ」とはどんなクルマなのか

2018.12.12

トヨタが新型「スープラ」プロトタイプの試乗会を開催

「セリカXX」が原点、新型「スープラ」は5世代目

伝統の直列6気筒・後輪駆動を継承

トヨタ自動車の高性能スポーツカー「スープラ」が、実に16年ぶりに復活する。来年1月の北米でのデビューを前に、トヨタがプロトタイプの報道向け試乗会を開催したので参加してきた。気になるデザイン、スペック、走りを紹介する前に、スープラとはどんなクルマなのかについて、歴代の系譜を紹介しながらつづっていこう。

トヨタの新型「スープラ」プロトタイプ試乗会に参加した

日米で車名が違っていた理由

来年デビューする新型スープラは、グローバルでは通算5代目、日本では3代目になる。ここではグローバル基準で書いていくことにするが、なぜ日米で世代が異なるかというと、日本では初代と2代目が別の名前で呼ばれていたからだ。

もともとスープラは、トヨタのコンパクトなスポーツクーペ「セリカ」の上級車種として1978年に生まれた。そのためもあり、日本では「セリカXX」という名前だったのだ。

セリカにはトランク付きのクーペとリアゲートを持つリフトバックの2種類のボディがあったが、XXのベースとなったのはリフトバックだ。1.6~2Lの直列4気筒エンジンを積んでいたセリカに対し、XXは2~2.6Lの直列6気筒を搭載。5ナンバー枠内でホイールベースと全長を伸ばし、顔つきも変えていた。

当時、北米では日産自動車のスポーツカー「フェアレディZ」が人気で、Zの対抗馬として、同じ直列6気筒エンジンを積むクーペをトヨタが開発したのだった。ボディサイズは全長4,600mm、全幅1,650mm、全高1,310mmで、ホイールベースは2,630mmだった。

初代「セリカXX」から数えてグローバルでは5代目となる新型「スープラ」(画像)

もともと4気筒を積んでいたクルマのノーズを伸ばし、6気筒を積むことで高性能車に仕立てるという手法は、当時はプリンスというメーカーが販売していた「スカイライン」が1964年に実践するなど、いくつかの車種が行なっていた。

では、これがなぜ北米ではスープラという車名になったのかというと、当時のアメリカでは「X」の列記が映画の成人指定度合いを示していたため。トヨタはラテン語で「超えて」を意味する「スープラ」という車名をセリカXXに与えた。ちなみに、トヨタはラテン語を車名に起用することが多く、現行車種では「プリウス」「アクア」などが該当する。

2年後にはマイナーチェンジを行い、形式名が「A40型」から「A50型」に切り替わる。この形式名は4気筒のセリカと共通だ。最大の特徴は2.6Lエンジンから2.8Lへと排気量が増えたことと、リアサスペンションがリジッドアクスルから独立懸架になって、乗り心地とハンドリングがレベルアップしたことだった。

新型「スープラ」プロトタイプに書かれた「A90」の文字は、このクルマの型式名を表している

あの「ロータス」が開発に絡んだことも

このA50型をトヨタが販売していたのはわずか1年間で、続く1981年には4気筒セリカともどもモデルチェンジし、「A60型」となる。

セリカ・リフトバックをベースにノーズを伸ばし、直列6気筒エンジンを積むという成り立ちは初代と同一だったが、直線基調のスタイリングにリトラクタブル式ヘッドランプを組み合わせたこともあって、A60型はかなりスポーティな雰囲気になっていた。ボディサイズはやや大型化したが、まだ5ナンバー枠内だった。

2代目のニュースとしては、英国のスポーツカーブランド「ロータス」にサスペンションのチューニングを依頼したことが挙げられるだろう。そのことをアピールすべく、CMにはロータスの創始者コーリン・チャップマン氏を起用していた。

このコラボが契機となり、トヨタとロータスは翌年に資本提携を締結。ロータスが得意とするFRP(繊維強化プラスティック)技術をトヨタがSUVの車体に投入したり、トヨタのパーツを当時のロータスが使用したりという関係が生まれた。

エンジンが2Lと2.8Lであることは初代と同じだったものの、2.8LはDOHC(ダブル・オーバーヘッド・カムシャフト)となり、「GT」を名乗ることになる。2Lには途中でターボとDOHCが追加されている。5ナンバー枠が存在しない海外向けには、オーバーフェンダーを備えたグレードも存在していた。

3代目「スープラ」は高性能スポーツカーを志向

日本でもスープラと名乗るようになったのは、1986年に発表された3代目からだ。その理由としては、セリカが前年のモデルチェンジで、後輪駆動から前輪駆動に切り替わっていたことが大きかった。セリカの形式名は当時の前輪駆動セダン「コロナ」「カリーナ」(現在の「プレミオ」「アリオン」の前身)と同じ「T160型」となり、「A70型」はスープラが受け継ぐことになった。

3代目「スープラ」。この名前を日本でも名乗り始めたクルマだ

3代目スープラのプラットフォームは、同じ年にモデルチェンジしたラグジュアリークーペ「ソアラ」と共通になっていた。サスペンションはスポーツカーやレーシングカーの定番と言える「四輪ダブルウィッシュボーン」に変わった。初代は“セリカの6気筒版”という位置づけだったスープラだが、3代目からは高性能スポーツカーへスイッチしようとする意気込みがうかがえた。

エンジンは2L、2Lツインターボ、3Lターボというラインアップ。キャッチコピーの「トヨタ3000GT」は、1960年代の名車「2000GT」を思わせるものだった。レースやラリーへの参戦も始め、アフリカで開催された世界ラリー選手権のひとつ「サファリラリー」では総合3位に入ったこともある。

しかし、3Lターボエンジンの基本設計は1960年代に行われたものであり、旧態化が目立ち始めていたこともあって、1990年には新世代の2.5Lツインターボに切り替わった。排気量が500cc小さくなったにもかかわらず、最高出力は当時の日本車の自主規制値だった280psに達した。

リトラクタブル式ヘッドランプを受け継いだスタイリングは、2代目より落ち着いたものとなった。サイズは全長とホイールベースがやや短く、全幅はやや広くなった上に、3Lは日本仕様もフェンダーがワイドになり、3ナンバー幅になった。このワイドフェンダー仕様は後に、2Lツインターボでも選べるようになる。

スポーツ性を高めるべくダウンサイジング

4代目「A80型」は1993年に発表となった。ボディは全幅1,810mmという北米市場を重視したサイズになり、それに合わせてエンジンは自然吸気、ターボともに新世代の3Lのみになった。マニュアルトランスミッション(MT)がこれまでの5速から6速にバージョンアップしていたことも特徴だ。

さらに特筆すべきは、ホイールベースが2,550mm、全長が4,520mmと短くなっていたこと。どちらも歴代で最短だった。リトラクタブル式ヘッドランプを廃し、前後のフェンダーを豊かに盛り上げたグラマラスなスタイリングは、ほぼルーフの高さまでそびえるリアウイングがアイキャッチになっていた。

4代目「スープラ」はグラマラスなスタイリングに

そのキャラクターを証明するように、4代目スープラはレースへの参戦も多かった。国内の「スーパーGT」ではGT500クラスにエントリーして何度もチャンピオンに輝き、「ル・マン24時間」や「ニュルブルクリンク24時間」にも挑戦。北海道で開催された「十勝24時間レース」では、ハイブリッド仕様に改造されたマシンが総合優勝した。トヨタのハイブリッドカーとして、初めてレースに勝ったのが4代目スープラだったのだ。

こうした系譜を受け継ぐ5代目(新型)スープラについては、現時点ではまだ多くの情報が不明だが、直列6気筒の後輪駆動車という伝統を継承するため、トヨタはBMWとの共同開発という道を選んだ。ホイールベースはさらに短くなり、リアシートのない2人乗りになる。

トヨタとBMWが共同開発した5代目「スープラ」のプロトタイプ。2019年1月のデトロイトモーターショーで世界初公開となる

新型がどんなデザインでどんな乗り味だったかは次回、あらためて報告するけれど、歴代でもっとも走りに振ったモデルであることは間違いない。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu