「クラロワリーグ 世界一決定戦」- Nova Esportsが選手層の厚さを見せつける

「クラロワリーグ 世界一決定戦」- Nova Esportsが選手層の厚さを見せつける

2018.12.07

幕張メッセで「クラロワリーグ 世界一決定戦 2018」が開催

日本からは開催国枠でPONOS Sportsが出場

会場での演出や配信視聴者向けの演出など見どころも満載

12月1日、幕張メッセにて「クラロワリーグ 世界一決定戦 2018」が開催された。優勝したのは中国代表のNova Esportsだ。決勝でラテンアメリカ代表のVivo Keydを破り、世界一の称号を獲得した。

クラロワリーグ初となる世界大会が、12月1日に幕張メッセにて開催された

クラロワリーグは、Supercellが開発、運営するスマートフォンゲームアプリ『クラッシュ・ロワイヤル』を使ったプロリーグ戦。アジア、中国、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパの5つの地域でリーグが開催され、各リーグの優勝チームが「クラロワリーグ 世界一決定戦 2018」で世界一の座を争う。

日本のチームはアジアリーグに所属しており、「クラロワリーグ アジア」では圧倒的な強さで日本のPONOS Sportsが優勝したが、世界一決定戦への出場をかけたプレイオフで惜しくも敗退し、「開催国枠」での出場となった。

会場だけでなく、配信映像でも趣向を凝らした演出が見られた

会場の幕張メッセには、今回の大会のために特設アリーナが設営されており、その豪華さは「1日で取り壊すにはもったいない」と思うほどだった。天井からは円筒状の巨大スクリーンが吊り下げられており、選手がプレイする中央ステージには、プロジェクションマッピングによってゲームのステージに即したステージが出現。『クラロワ』の対戦チームカラーの赤と青で分けられた客席も、まるで常設会場のようなしっかりとした作りだった。

ステージの上には円筒状のスクリーンが吊り下げられており、どの席からでも、プレイの様子とゲームの内容が確認できるようになっていた
観客席は階段状に設置されており、前の席に人がいても視界良好。椅子はベンチシートではなく個別のシートで、長時間でも疲れずに観られた
日本開催をイメージする和太鼓の演出なども行われた

また、今回は会場での演出のみならず、配信映像にクラロワのキャラクターが登場するなど、動画の視聴者向けの演出にも力が入っていた。準決勝開始直前には、映像上で「P.E.K.K.A」というキャラクターがステージに登場。剣を地面に突き立てると、ステージが「水辺」から溶岩の流れる「P.E.K.K.Aシアター」に変わるというファンにとってうれしい演出が行われた。

準決勝1回戦目の準備中に行われたステージ変更演出。ステージ上にP.E.K.K.Aが現れ、溶岩が流れるP.E.K.K.Aシアターに切り替えた

世界一を決める白熱した戦いが繰り広げられる

世界一決定戦は、シングルエリミネーションのワンデイトーナメントで行われる。6チームが出場するトーナメントなので、2チームが2回戦からのシード枠。開催前日までに各チームの代表者による総当たりリーグ戦が行われ、成績上位2チームにシード権が与えられる。

今回、シード権を獲得したのは、Nova EsportsとVivo Keyd。どちらも決勝まで残った2チームだ。そういう意味では実力通りの結果だったと言えるだろう。

当日の初戦、日本代表のPONOS Sportsは、北米代表のImmortalsと対戦。セット1は、PONOS Sportsのお家芸である2v2での対戦で、その実力を遺憾なく発揮して勝利を収めた。続くセット2は1v1での対戦。PONOS Sportsは、ここ1番に強いライキジョーンズ選手を投入するも、Immortalsのエース・Royal選手が得意とするゴーレムを抑えきれず、敗退してしまう。

迎えたセット3は、King of Hill(KOH)と銘打たれた3対3の勝ち抜き戦だ。PONOS Sportsは、フチ選手が初戦を落とすも、中堅のライキジョーンズ選手が連勝して勝利カウントを優位に。続くRoyal選手との再戦では、残念ながら雪辱を果たすことができなかったが、大将のみかん坊や選手が相手チームの予想を超えた「エアバルーン」による攻撃で一気に勝負を決めた。エアバルーンはみかん坊や選手が得意とするカードであるものの、リーグ戦ではほぼ使用されなかった。世界大会の大一番で使用し、決めてくるところは、さすがのひと言だ。

2v2を戦うみかん坊や選手(写真左)と天GOD選手(写真右)
1v1に出場したライキジョーンズ選手
KOHの先鋒で出場したフチ選手。今大会2人しかいない前大会の経験者だ
ImmortalsのエースRoyal選手とPONOS Sportsのエースみかん坊や選手との対決

2戦目はアジア代表のKING-ZONE DragonXとヨーロッパ代表のTeam Quesoの対戦だ。多くのチームが大会前日の記者会見で対戦したいチームとして挙げていたTeam Quesoだが、KING-ZONE DragonXのエースX-boe Masterの活躍により初戦敗退となった。

準決勝1戦目はPONOS Sportsとラテンアメリカ代表のVivo Keydの対戦。ビザの申請に手間取ったことで、Vivo Keydは選手1人とコーチが来日できず、3人での出場となった。しかし、圧倒的不利な状況ながら、エースJavi14選手の八面六臂の活躍でPONOS Sportsを圧倒。特にPONOS Sportsが得意であった2v2での敗北が大きく響き、KOHに入ることなくストレート負けを喫してしまった。Javi14選手は、シード枠を決める総当たり戦からその強さを発揮しており、ほぼ負けなしで勝ち続けている大会屈指の選手だ。

準決勝の1v1でJavi14選手と対戦したRolaporon選手。PONOS Sportsでは、もっとも1v1で好成績を残した選手である

準決勝2戦目は中国代表のNova Esportsとアジア代表のKING-ZONE DragonX。Nova Esportsは、昨年行われた個人戦のクラロワ世界一決定戦で優勝したセルジオラモス選手が所属するチームだ。

しかしながら、今回、セルジオラモス選手はレギュラー登録されておらず、その事実から選手層の厚さがうかがえた。実際、Nova Esportsは選手全員がエース級と呼べるほどの実力を持っており、クラロワリーグ アジアのプレイオフで圧倒的な強さを見せたKING-ZONE DragonXのX-boe Master選手すら及ばず、Nova Esportsが決勝へとコマを進めた。

決勝戦は、中国代表のNova Esportsとラテンアメリカ代表のVivo Keydの対戦だ。決勝は3勝で勝ち抜けのBO3方式。2v2のあと、1v1を3戦行い、そこでも決着が付かない場合、KOHへとなだれ込む。

Vivo Keydは2v2の選手が来日できなかったため、ほぼ経験のない選手が出場することになったが、みごと初戦を勝ち取ることに成功した。

セット2はVivo KeydがエースJavi14選手を投入するも、敗北。セット3も落とし、後がなくなったVivo Keydは再びエースJavi14選手を投入して勝負にかけた。しかし、ここでも白星を挙げることができず、セットカウント3-1でNova Esportsが優勝を決めた。Nova Esportsの選手層の厚さと、対策立案から実践までを短期間で行えるチーム力の高さは、出場6チームの中では群を抜いており、文句なしの優勝と言えるだろう。

総合力の高さで優勝を勝ち取ったNova Esports

エリアごとにリーグを行い、代表チームを選出するといった本格的なeスポーツ世界大会の日本開催は、この大会が初めてとも言える。その現場に居合わせたのはeスポーツに携わる者として幸せだ。その気持ちは会場に訪れた1000人の観客も感じていただろう。

日本でのストリーミング配信も同時視聴者数が4万人を超え、少しずつながらもeスポーツの魅力が浸透してきたように感じる。そのなかでも、世界的な大会である今回の「世界一決定戦」は、1つのターニングポイントとなるのではないだろうか。クラロワリーグ史としても、日本のeスポーツ史としても、記録と記憶に残るに違いない。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu