ミレニアル世代が求める“空間”とは? テクノロジーが生み出す新しい快適性

ミレニアル世代が求める“空間”とは? テクノロジーが生み出す新しい快適性

2018.12.07

“快適”とは何か……ミレニアル世代が求める空間

三者三様の提案による未来型の快適空間とは?

快適空間が求められる根底にはテクノロジーの進化

住宅やホテル、オフィス空間の設計・デザイン・施工を事業にしている三井デザインテックが、都内でセミナーを開催し、ミレニアル世代に向けた“空間のあり方”について説明した。

セミナーの会場となったのは「綱町三井倶楽部」。基本的には会員制で、会員企業の管理職以上の役職者および役員OBが利用対象となる。ただし、結婚式や別館での会食などは、会員以外の人でも利用可能だ。

まさに宮廷ともいえる三井グループのシンボル的建築物「綱町三井倶楽部」。2018年12月に本館の竣工から100周年となる

ちなみに三井デザインテックは昨年の12月初旬にもセミナーを開催し、海外で広まってきている先進のオフィススペース事情についてメディアに紹介していた。だが、今年はさらに踏み込んで、「ミレニアル世代の生活様式に求められる空間の姿」を切り口にセミナーを開催した。

第2次世界大戦以降、出生率が上昇した“ベビーブーマー”と呼ばれる現象が起こったが、ミレニアル世代はそのベビーブーマーの子世代にあたる。米国を中心にミレニアル世代は人口の多くを占め、親世代とは思考や価値観、消費行動が大きく異なっているといわれている。それだけに、企業はミレニアル世代を分析・理解し、効果的なマーケティングにつなげたいと考えている。

今回のセミナーは、三井デザインテック デザインマネジメント部 部長兼デザインラボラトリー所長 見月伸一氏がファシリテーター役をつとめ、パネリストに、ソニー クリエティブ スタジオ1 チーフアートディレクター 田幸宏隆氏、ハースト婦人画報社 エル・デコ編集部 ブランド ディレクター 木田隆子氏を迎えた。

左からソニー 田幸宏崇氏、ハースト婦人画報社 木田隆子氏、三井デザインテック 見月伸一氏

まず見月氏は、ミレニアル世代を「社会意識が高い」「共創志向が強い」、そして「テクノロジー主導型」だという分析を示した。彼らが持つ価値観により、社会や生活が大きく変化していくことは間違いないとも付け加えた。

ミレニアル世代に当てはまる3つのキーワード

そうしたミレニアル世代の特徴を踏まえながら、見月氏はいくつかのキーワードを挙げた。「ノンヒエラルキー」「エクスペリエンスフォーカス」「ワークライフミックス」の3点だ。ノンヒエラルキーは、ミレニアル世代が階層構造に縛られていないことを示す。特に消費行動にそれが表れており、一昔前は本毛革のファーが重宝されていたが、ミレニアル世代は数百円の「フェイクファー」「エコファー」で十分と考える。ラグジュアリーという価値観が薄まり、カジュアルへと志向が傾いているのだ。

エクスペリエンスフォーカスは、ある意味ノンヒエラルキーの延長ともいえる。たとえば美術館で価値の高いクリエイティブに長時間見入るよりも、そうした作品を造る“体験”に興味を持つ人がミレニアル世代に増えているそうだ。スイーツなども有名パティシエの一品を味わうのではなく、自ら調理するという傾向が強まっている。そして、その調理過程や完成品をインスタグラムなどで公開したいという欲求が、自分で調理することへの原動力となる。昔からよくいわれていることだが「モノからコトへ」、つまり「物品購入から体験へ」のシフトそのものといえるだろう。

ワークライフミックスは、“ミレニアル世代に向けた空間のあり方”という今回のテーマに最も直結しているだろう。働き方改革を進めるうえで、「ワークライフバランス」は重要なキーワードになっているが、これは“オン”と“オフ”の時間をキッチリ分断し、仕事効率の向上とプライベートの充実を図るという考え方だ。だが“ミックス”という言葉になると、仕事とプライベートを取り混ぜるイメージとなり、働き方改革に逆行している印象になる。しかし“取り混ぜる”というのは正解だが、“働き方改革に逆行”というのは間違い。むしろ、自分の意欲が高いときに働き、リラックスしたいときには休息する。オンとオフを細かく調整することで、よりクリエイティブな成果につながる。海外のミレニアル世代は、すでにこうした価値観で生活している人が増えているそうだ。

こうした細かいオン・オフの切り替えを促すためにも、快適な空間が必要になってくる。今回、セミナーに参加した三井デザインテックの見月氏も、ソニーの田幸氏も、エル・デコ編集部の木田氏も、全員が空間のスペシャリストだ。それぞれの立場から、オン・オフの細かい切り替えが可能な空間の提示があった。

ミレニアル世代にどんな空間を提供するか三者三様の提案

三井デザインテックの見月氏は、同社が所属するグループ、三井不動産が運営する「ワークスタイリング」について紹介した。この施設は、コワーキングスペースとラウンジを用意したワークスペース。ミレニアル世代はベンチャーとして起業することが多いが、そうした人々は事務所をかまえて仕事をするよりも、取引先や協業する企業に近いところを一時拠点にし、ビジネスを進めることが多い。ワークスタイリングは、全国に30カ所以上の拠点をかまえ、10分300円から利用できる。そして、ワークを行うデスクと、そのすぐ数歩先にベッドをかまえ、オン・オフの細かい切り替えを可能にするワークスタイリングステイもある。

汐留に開設された「ワークスタイリングステイ汐留イタリア街」。右の写真は2段式のルームで、デスクワーク用の机とベッドで構成される(5月撮影)

田幸氏は、テクノロジーに寄り添ってきたソニーならではの提案を行った。とはいえ、インテリジェントホームやIoTで管理されたガチガチのデジタル空間ということではない。たとえば花瓶。花瓶を棚に置くと、テクノロジーで生み出された蝶のシルエットがその花瓶の周りを飛び交う。ほかにも窓を開けていなくても、木漏れ日が壁に映り込むような演出が行われ、まるで日だまりでまどろんでいるような感覚に包まれる。

もう、こうなると、オン・オフの細かい切り替えという概念すら無用に思えてくる。ワークしている次の瞬間、目を花瓶に向けたら、蝶のシルエットが飛び込んでくるのだ。田幸氏は、オフィスとホームという切り分けではなく、“すべてが生活を取り巻く空間”と考えることで、こうしたアイデアにたどり着いたのだろう(以下の写真はすべて4月に開催された「Sony Design Exhibition at Milan Design Week 2018」で示されたもの)。

人の動きを検知して灯りが揺らぐライト(写真:Sony Design/Hidden Senses)
ウォールライトは人の動きに反応し、さまざな色やカタチを映し出す(写真:Sony Design/Hidden Senses)
花は実物だが、蝶のシルエットはデジタルで生み出されたもの。花を取ると蝶も消える(写真:Sony Design/Hidden Senses)
壁に掛かった絵画にほんのりかかる木漏れ日。窓は開いておらず、デジタルで生成された光だ(写真:Sony Design/Hidden Senses)

木田氏は、インテリアにこだわるエル・デコならではの視点を披露した。特に印象的だったのは、自然に近づいたインテリアがトレンドになっていること。たとえば、庭に置くイスは木製がよいとか、自然石を使った廊下を家庭に採り入れたいとかだ。木田氏は「どんなにテクノロジーが進化しても、人間は常に自然に寄り添いたいという欲求が根底にある」と指摘し、「デジタルデトックス」が可能となる空間を常に求めていると話す。

そして三者ともに共通して言にするのは、こうした快適な空間が求められるようになったのは、テクノロジーの進化がもたらしたものだということ。テクノロジーが進化すれば、コワーキングといったスタイルは定着するし、テクノロジーを使った“癒やしの演出”も可能になる。そして、テクノロジーが進化してこそ、より自然に近い住環境の価値は増す。ミレニアル世代は、「デジタルネイティブ」といってもよい存在だ。その彼らが今までにない価値観を空間に求めるのは、テクノロジーの進化が根底にあるからかもしれない。

セミナーでは、「モノからコトへ」という意味をよく耳にしたが、筆者は「モノからコトへ、そしてトキへ」という印象を受けた。これは、何かの雑誌かテレビだかの受け売りだが、物品から体験へ、そして時間をいかに有意義に消化するかということ。ミレニアル世代は、すでにその段階に進んでいるのだろう。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu