「Home Hub」を使って実感、AI時代のGoogleのキラーサービス

山下洋一のfilm@11 第2回

「Home Hub」を使って実感、AI時代のGoogleのキラーサービス

2018.12.05

Googleの2018年のスマートスピーカー新製品「Google Home Hub」

スマート家電コントロールとフォトフレームに絞り込んだ設計

「Googleフォト」+「Googleアシスタント」の抗しがたい便利さ

Googleが米国で発売したHomeシリーズの最新製品「Google Home Hub」。ディスプレイ付きでありながら、149ドルに価格を抑えたスマートスピーカーだ。製品の発表会で同社がアピールしていたスマート家電のコントロール機能に惹かれて、ダイニングキッチンで家族が家電を操作するデバイスとして購入したのだが、使ってみて「価値あり」と思ったのはデジタルフォトフレーム機能の方だった。

日本でもAI処理を活用した「Pixel 3」シリーズの撮影機能が話題だが、Google Home Hubもまた、AIとGoogleのサービス (Googleフォト)との組み合わせで相乗効果を発揮するハードウェアになっている。この数週間Google Home HubとPixel 3を使ってみて、15年前のWeb成長期における「Gmail」と同じように、AI時代においてGoogleが「Googleフォト」をキラーサービスにしようとしているのを実感している。

Google Home Hubは何ができるの?

Google Home Hubは、いわゆるスマートスピーカーだが、スマートディスプレイと呼ばれることもある。7インチのタッチ対応の液晶ディスプレイを搭載し、スクリーンによって音声だけでなく目でも情報を捉えられるGoogleアシスタント・デバイスだ。OSはAndroidではなく、Linuxベースでもない。セキュリティが問われるIoTを視野にGoogleが新開発している「Fuchsia」の技術が用いられているという報道もあり、実際Fuchsiaを思わせるユーザーインターフェイス (UI)が採用されていて動作は軽快だ。

7インチというとスマートフォンに近いサイズだが、テーブルの上で小さすぎるということはない。Google Home Hubの操作は現時点で日本語非対応だが、日本語コンテンツの表示は可能だ

特徴の一つが機能を絞り込んでいること。カメラ非搭載で、ディスプレイがあるのにビデオ通話ができない。オーディオ機能もシングルの小さなスピーカーのみだ。何でもできるハイエンドデバイスではなく、スマート家電コントロールとフォトフレームに追加機能を集中させたスマートスピーカーであり、代わりに価格が149ドルと求めやすい。米国のスマートスピーカー市場は「一家に一台」から「一部屋に一台」時代に突入しており、Google Home Hubはダイニングキッチンやベッドルームをターゲットにした価格・設計と言える。

ディスプレイを上からスワイプダウンするとスマート家電のコントローラ画面が現れ、Homeアプリで管理しているスマート家電を、ビジュアルを駆使した分かりやすいUIで操作できる。便利ではあるのだが、ウチの場合は大して広くない家にすでにスマートスピーカーが何台かあるので、どこに居ても音声で操作できる。Amazon Echo Plusのようにスマートホームハブを内蔵していたらうれしかったが、残念ながらGoogle Home Hubという名前なのにハブ機能は備えていない。

Homeアプリで管理するスマート家電を一箇所で操作、スワイプダウンで素早くアクセス可能

AIの価値を実感、フォトフレーム機能の出来栄え

一方フォトフレーム機能は、PixelシリーズのスマートフォンとGoogleフォトの組み合わせで使うと「目から鱗が落ちる」快適さだ。モバイル優先からAI優先にシフトしたGoogleがアピールする「AI+ソフトウェア+ハードウェア」の価値を実感できる。

Googleは今年、度々「AI+ソフトウェア+ハードウェアのシナジーで最高の体験を作り出す」とアピールしていた

Google Home Hubは、標準設定では常時画面オン状態で写真のスライドショーまたは時計を表示し続ける。前面上部に環境光センサーを用いたAmbient EQという機能を備え、周囲に応じて画面の明るさや色合いを変化させる。暗い部屋ではぼんやりと光る程度だからベッド横に置いても睡眠の妨げにならないし、どのような状況でもフォトフレームの写真がキレイに表示される。

フォトフレーム機能はGoogleフォトを写真のソースとしており、すでにGoogleフォトを使っているのであれば、特に追加で何かやる必要はない。スマートフォンで撮影した写真が自動的にクラウドに送られ、家族や友達との写真がGoogle Home Hubに表示される。

今さらではあるが、デジタルフォトフレームがあると、撮った写真をカメラやスマートフォン、クラウドの中に埋もれさせずに楽しむ機会がグッと増える。Googleフォトの場合、ユーザーが写真を分類しなくても投げ込んでおくだけで自動的に写真を分析して、写っている人やもの、場所などをタグ付けしてくれるので、Googleアシスタントを使って「先月に撮影した写真を見せて」とか、「ポートランドで撮った写真を見せて」というように音声で簡単に取り出せる。音声検索でもきびきびと反応してくれるので、過去の写真を見るのも楽しい。

撮った写真を見る機会が増えると、さらに写真を撮ろうという意欲が湧いてくる。Google Home Hubはディスプレイが常時オンなので、キッチンでのレシピの表示などにも便利だ

スマートスピーカーはAIを身近にしたか?

今年の米国のブラックフライデーセールではスマートスピーカーの値引きが目立ったが、昨年に比べると消費者側の購買熱は明らかに冷めている。買ってはみたけど、照明のオン/オフ、天気やニュース、道路情報の確認にしか使っていないという人も多い。市場は、スマートスピーカーに対して盛り上がった期待感がひとまず落ち着き、一周回って新たな需要を喚起できるかどうかという分岐点にある。

スマートスピーカーのコア機能であるデジタルアシスタントは、ネット大手のAI戦略に密接に結びつく。一般の人達にAIをどのように活用してもらうか? Googleは、その効果を最も分かりやすく人々に実感してもらえる方法として写真を選んだのだろう。

Pixel 3の撮影機能はデュアルカメラのような表現力をシングルカメラで実現し、暗いシーンでも明るい写真に仕上げる夜間モード「Night Sight」はAI時代のコンピュテーショナルフォトグラフィの大きな可能性を示している。Pixelシリーズで撮影した写真や動画はオリジナルのまま、容量制限なしでGoogleフォトにアップロードできる。Google Home Hubを持っていたら、クラウドにある大量の写真をインテリジェントに楽しめる。一つ一つは小さな快適だが、それらが組み合わさった「AI+ソフトウェア+ハードウェア」の効果は大きい。

Night Sightモードを使いPixel 3で撮影した写真

Googleフォトに関しては、家族や友達との関係、日常行動などを読み取れる写真をGoogleに渡すことにプライバシー問題を不安視する声が根強い。しかし、新しい撮影機能はこれまで撮れなかったような写真を実現し、Pixelユーザーは制限なしにオンラインストレージを使え、Google Home HubのAIによる補助で撮った写真を存分に楽しめる便利さは大きな魅力だ。

GoogleフォトはAI時代にGmailの夢を見る

この便利さと懸念のせめぎ合いの状況は、2004年にGmailが登場した時に似ている。Gmailは、Web 2.0の頃のWeb企業の競争においてGoogleが抜け出せたキラーサービスになった。Webメールの容量が数十MBだった時代に、1GBの大容量スペースを無料提供。ビジネスモデルの維持が不安視されたが、Gmailによってクラウドサービスに対する人々の理解が深まり、Googleアカウントを持つ人が飛躍的に増加した。広告のためにメールをGoogleにスキャンさせることにプライバシー問題の懸念が広がったものの、Gmailの成長をとどめるものにはならなかった。

これまでGoogleフォトを使っていなくても「Night Sight」に興味を持ってPixelシリーズのスマートフォンを購入して使い始める人がいれば、Google Home Hubにもっとたくさんの写真を表示させたくてGoogleフォトに写真を入れ始める人もいるだろう。そしてGoogleアシスタントのできる仕事ぶりを実感したら、Googleフォトから離れ難くなる。Googleフォトで管理する写真を増やし、PixelユーザーがGoogle Home Hubを購入したり、その逆も起こり得る。そして、さらにGoogleアシスタントが便利になるという蟻地獄のようなプラス循環にはまってしまう。

背面上部のボタンは、マイクをオフにするプライバシー保護機能

山下洋一のfilm@11」は、シリコンバレーを中心にテクノロジー企業の勃興を追い続けてきた筆者が、独自の視点で米国の”今のリアル”を切り取る連載コラムです。

関連記事
NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu