レクサス「UX」の開発責任者に聞く「ミレニアル世代とクルマ」

レクサス「UX」の開発責任者に聞く「ミレニアル世代とクルマ」

2018.11.29

レクサスが小型SUVの新型車「UX」を日本で発売

若者とレクサスの「新たな接点」に? 「UX」の使命とは

加古チーフエンジニアに聞いたクルマのこと、レクサスのこと

レクサスが新型車「UX」を日本で発売した。人気の小型SUV(レクサスではコンパクトクロスオーバーと分類)であり、同社の中では手頃な価格設定でもある「UX」について、レクサスインターナショナルの澤良宏プレジデントは、若者や女性といった幅広い顧客とレクサスの「新たな接点」になると期待を寄せる。

ドイツ勢も含め、自動車業界のラグジュアリーブランドにとって顧客層の若返りは共通の課題だが、レクサスは「UX」で若者たちと出会うことができるのだろうか。このクルマのチーフエンジニア(CE)を務めた加古慈(かこ・ちか)さんにも話を聞いたので、あわせてお伝えする。

レクサスの新型車「UX」。左が澤プレジデント、右が加古CE

「UX」が豊かなライフスタイルの「きっかけ」に?

全長4,495mm、全幅1,840mm、全高1,540mmのUXは、都市部でも乗りやすそうなサイズ感の小型SUVだ。税込み価格は2.0Lガソリンエンジンを積む「UX200」が390万円~474万円、ハイブリッドの「UX250h」は425万円~535万円。どんな乗り味のクルマなのかは、モータージャーナリストの清水和夫さんから届いた国際試乗会レポートを以前掲載しているので、そちらを参考にしていただきたい。

加古CEが掲げるUXのコンセプトは「Creative Urban Explorer」(CUE)。このクルマが「生活の変化を期待する人の背中を押し、豊かなライフスタイルを送る『きっかけ』(英語でいうとcue)になってほしい」との思いを込めたという。

80カ国で発売予定の「UX」。日本では月間販売目標の約6倍となる5,500件の事前受注を獲得済みだ

UXの開発当初、ラグジュアリーブランドのクルマを所有する「ミレニアル世代」に話を聞いて参考にしたという加古CE。幅広い年齢層の顧客をターゲットとするUXだが、若者がレクサスと出会う玄関口になるという重要な役割も担っている。加古CEはミレニアル世代について何を感じていて、若い人たちにレクサスブランドをどう訴求していくべきだと考えているのか。

「UX」の開発責任者を務めた加古CEは、レクサスインターナショナルのExective Vice Presidentでもある

ステータス性でクルマを選ばない世代が登場?

まず、ミレニアル世代とはどんな考え方を持っていて、どんなものを欲しがる人たちなのだろうか。加古CEは、UXの開発にあたり話を聞いた米国在住の夫婦を例に取り、以下のように分析する。

「『tech savvy』(テックサビー、現代のテクノロジーに精通した人)とも呼ばれるミレニアル世代は、小さい頃からパソコンをおもちゃにして遊んでいて、情報収集能力に長け、自分にとって重要な情報を吸収、分析、咀嚼して、次につなげる人たちです。物を選ぶにしても、背後にあることをよく理解して、自分に合ったものを選んでいます」

レクサスは「UX」発売日の夜、東京ミッドタウン日比谷で「LifegenicTable by LEXUS UX」というイベントを開催。アーティストの小林健太さんやDJ/エディターのLicaxxxさんらがゲストとして登壇し、「共創社会における自分らしさ」などのテーマでトークを行った。ゲストや来場者の雰囲気から、個人的には「これがミレニアル世代というものなのか!」といった印象を受けた(画像はイベントの様子)

こういう人たちは、ラグジュアリーブランドのクルマを選ぶにしても、おそらく「ステータス性」には重きを置かないはずだ。ブランドの背後にあるもの、例えば歴史や価値観、思想などに共鳴したとき、その食指は動くのだろう。競合車に比べ速いとか、燃費がいいとか、高度なメカを搭載しているといった売り文句のほかに、語るべきストーリーを持っているブランドは有利だ。

「まさに、レクサスはそういうブランドを目指しています。クルマだけではなく、レクサスというブランドとともにあることで、知りえなかったことを知ることができたとか、経験するチャンスがなかったことに初めて出会えたとか。今日のイベント(「LifegenicTable by LEXUS UX」のこと)で生まれたネットワークもそうなんですけど、レクサスを通じて新しい出会いがあって、そこからクリエーションが始まるといったような『きっかけ』をいろいろと提供していけたらと思います」

レクサスは顧客に「きっかけ」を提供したいと考えていて、それを「UX」が体現している、ということだろうか

レクサスと比較されがちな「ジャーマンスリー」(メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ)には、少なくとも語るべき歴史=ストーリーがある。レクサスには追いつけないポイントだ。それでは、「まだまだ若いブランド」であり、「独自の世界観」を構築する途上にあることを自認する同社は、いったい何を語るのか。

「やはり、『チャレンジ』なのではないかと思います。日本にある老舗にも、ジャーマンスリーにも共通することなのですが、常にチャレンジして、新しく変わっていくことで伝統を守っている部分があります。その意味でレクサスは、彼らより“とんだ”ことに挑戦しても、許される部分があると思うんです。常に新しいことを追い求めて、新たな価値を発信していくことが、これから最も重要になります」

歴史の長短でいけば、レクサスは逆立ちしてもジャーマンスリーにかなわない。しかし、チャレンジ精神であれば今後、勝つチャンスはいくらでもある。そういうことなのかもしれない。

すでに多くの競合車が存在する小型SUV市場に、ほぼ最後発で乗り込んだこともチャレンジといえばチャレンジだ(画像は「UX」)

では、実際問題として、若者にクルマを買ってもらうには、何が大事なのだろうか。少なくとも、これまでと同じやり方では、振り向かせるのが難しい世代に見える。

「同じではいけないでしょうね。例えば、若い人たちに(一見すると入りづらそうな)レクサスの店舗に足を運んでもらうことですら、すでに無理があるような気もしています。レクサスがどんなブランドで、どんなことを考えていて、どんな背景がある商品を取り扱っているのかをネットで発信していくこともひとつの方法ですし、こういった開かれたスペース(取材は東京ミッドタウン日比谷1階の『LEXUS MEETS...』 (レクサスミーツ)で実施)で、ブランドを知ってもらうきっかけを提供することも大事です」

そもそも、どうやって若い人たちに存在を知ってもらうかは、自動車メーカーがこれから取り組むべき大きな課題だ(画像は「UX」)

「UX」はレクサスブランドの伝道者になれるか

人気の小型SUVではあるし、レクサス車としては価格も低めなUXは、ラグジュアリーブランドのクルマを初めて買う人にとって、魅力的な選択肢の1つとなるかもしれない。うまくいけば、多くの人の目に触れるクルマになるだろう。レクサスにとってUXは、自身のブランドイメージ、世界観を伝道させるのにうってつけの存在だといえそうだ。

日本におけるUXの事前受注が5,500件に達しているのは前述の通りだが、発表前に注文が入っていることから考えると、その中身はレクサスオーナーか、少なくともレクサスあるいはクルマに詳しい人たちである可能性が高い。今後、UXの販売台数が伸びるかどうかは、若者も含めた新規顧客をどれだけ取り込めるかにかかっている。UXをひと目見てレクサスの世界観を感じるかどうかは受け手次第だが、送り手にとってみれば、接点が多いに越したことはないはずだ。

関連記事
NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu