日本の未来を漠然と描いた「創造社会」に思うこと

カレー沢薫の時流漂流 第18回

日本の未来を漠然と描いた「創造社会」に思うこと

2018.12.03

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第18回は、経団連が発表した「創造社会」行動計画について

何かデカいことを成し遂げたい「第5の社会」

経団連は、日本の社会が目指すあるべき姿を「創造社会」と名付け、その実現に向けた行動計画をまとめたそうだ。(編集注:経団連発表の資料内13Pに「創造社会」の記載あり

まず「創造社会」というネーミングから新しい臭いがまったくしないとゲンナリするかもしれないが、これを「そうぞうしゃかい」と読んだ奴はセンスがない。これは「創造社会」と書いて「Society5.0」と読むのだ。まさに人名ですら字面通り読めなくなっている現代日本にふさわしい方針である。

ではわが日本が目指す「創造社会(Society5.0)」とは何かと言うと、私が前に連載していたコラムで1回取り上げたことがあるのだが、もちろん忘れているので今一度読み返してみたところ「Society5.0のことをまったく理解できないまま書いたんだろうな」ということだけはわかった。

私の理解力が低いこともあるが、Society5.0というのは概要を見ても「イマイチ何をするのか良く分からない」のである。いろいろやろうとしているのはわかるが、具体的に何をするかわからない。総じて「何かデカいことをやろうとしている大学生」感がある。

まずSociety5.0の名前の由来だが、今まで日本は狩猟、農耕、工業、情報と4段階の社会の変遷を経験してきた。これらに続く5番目の社会が「創造社会」というわけである。

狩猟や農耕に比べて創造というのはあまりにも漠然としているので、その内容がうすらぼんやりしているのも致し方なし、と言ったところであり、実際具体的に何をするかは「今後発表」だそうだ。

何をするか決まってから発表した方が良かったのではないかとも思うが、同人誌だって「新刊出します」と発表することで後に引けなくなって新刊が出たりするのだから、「まずデカいことを言う」のは大事なことである。

ともかく「AI」とか「IoT」とかデジタル技術は大きく革新しているので、それをどう生かしていくかという人々の「創造力」が、いま日本にある課題を解決する鍵になるということらしい。

だが、そこに出てくる具体的な例が「3Dプリンター」など、「若干情報が古い」もしくは「既出」なため、この創造社会に対し世間は「期待薄」という反応のようだ。

カレー沢薫、創造の前に「想像」する

このように、創造社会それ自体が「これから創造します」という感じなので、こちらもあやふやなコメントしかできないのだが、人様が考えたことについて「そんなのフォトショップで描いた餅ですよ」と文句をつけるのは、意識の高い小学5年生でもできる。

貴様の住んでいる日本のことなのだから、ダメ出しするだけではなく、お前も「創造しろよ」という話だろう。そういうわけで、今後日本のために個人として何ができるか、創造の前に想像してみることにした。

今の日本が抱えているのは、何をおいても「少子高齢化による労働力不足」である。それに対する解決策として「AI」や「ロボット」には大きな期待が寄せられ、実用化もされているようだが、ロボットなど未だに「二足歩行で拍手喝采」の域なので、これから需要がさらに増えるであろう「介護」などをAIやロボットが完全に行うのはまだ先だろう。

また介護ロボットが実現化しても、何せロボットなので、ご老人の顔に機械的にウエットティッシュを押し付け続けているという事故も起りかねない。つまり人の手は必ず必要なのだ。

その「人の力」が最小限で済むようにAIの活用が肝になるのは確かだが、AI技術の開発に自分が何か役に立てるかというと、AIの基盤組み立て工場で働く以上は無理な気がするし、それすら今はAIがやっているのかもしれない。ともかく、技術開発はできる人に任せておくのが無難だろう。

また、ロボットやAIが進化するまでの間、人間の労働力は必要になるが、人はすぐに増えない。今の日本は出産・育児が大変であり、「増やしやすい環境」とは言えないので、少子化もすぐに解決するとはとても思えない。よって「外国人労働力」はすでに不可欠なものとなっている。

そこでまず、「英語を勉強する」というのはどうだろうか。バカバカしいことを言っているかもしれないが、日本語が不自由な店員に「日本語が喋れないなら日本に来るな」と罵倒する日本人もいるという。しかし、今の日本は外国人に来てもらわないと社会が回らなくなりつつあるのだから、逆にこっちが一番使用頻度が高いであろう英語を覚えるぐらいの姿勢を取った方がいいのではないだろうか。全世界で通じる言語を網羅したいという人は、「ボディランゲージの精度をキレキレにする」というのもある。

外国人労働力の受け入れに関しては、文化の違いなどによるトラブルや治安の悪化が懸念されているが、意志の疎通さえできれば、それも減るはずである。

しかし、私は今ひきこもりで人とまったく喋らないので日本語すら忘れつつあるし、それでなくても生活に精一杯でそんな余裕はない、という人も多いだろう。

もっと、金も頭も時間もないボンクラでも、日本のためにできることはないだろうか。それが一つだけある。「不便を許す」ことだ。

今の日本は、コンビニが24時間開いていて、amazonでポチった商品が次の日に届く便利な世の中である。その便利さを維持する労働力がもうないと言うなら、それに対して何もできない人間は「不便を受け入れる」しかない。

「コンビニは20時に閉めます」と言われても文句を言うのではなく、「よしわかった仕方ない」と言うのが、無力な自分にできる唯一の日本への貢献だ。

関連記事
有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

岡安学の「eスポーツ観戦記」 第3回

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

2019.04.23

よしもと∞ホールで開催された「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」

リーグが進むにつれて増えていったチームや選手の固定ファン

有料チケットにも関わらずリーグでは会場がほぼ満席状態

4月13日、よしもと∞ホールにて、『League of Legends(LoL)』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」の王者を決めるプレイオフ決勝、「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」が行われた。

対戦カードは2019年春季シーズンのリーグ戦を20勝1敗の圧倒的な強さで勝ち上がった「DetonatioN FocusMe」と、プレイオフのセミファイナルにてリーグ2位の「Crest Gaming」を3連勝で下し、リーグ3位からファイナルに勝ち上がった「Unsold Stuff Gaming」だ。Unsold Stuff Gamingのリーグ成績は12勝9敗と、DetonatioN FocusMeと比べると見劣りするが、チーム状態は上り調子なので、成績差以上の拮抗した試合が期待できそうだ。

20勝1敗の好成績で1位抜けしたDetonatioN FocusMe
リーグ戦3位からセミファイナルを勝ち抜き、ファイナルに進出したUnsold Stuff Gaming

観戦が前提のeスポーツリーグとして成功を収めたLJL

ファイナルの形式は「BO5方式(5戦3勝勝ち抜け)」だ。Unsold Stuff GamingがDetonatioN FocusMeをあと一歩まで追い詰めるシーンがあったものの、結局はDetonatioN FocusMeがリーグ戦の強さをそのままに、3連勝で優勝を果たした。

LJLで優勝したことで、DetonatioN FocusMeは、5月1日から19日にかけて、ベトナムと台湾で行われるMSI(Mid-Season Invitational)に日本代表として出場することが決まった。DetonatioN FocusMeは、昨年のWorldsでプレイインステージで初勝利をあげ、強豪C9をあと一歩のところまで追い詰めるなど、大活躍しただけに、MSIでもそれ以上の成績を期待したいところだ。

決勝に相応しい熱戦を繰り広げたが、結果は3-0でDetonatioN FocusMeで優勝した

今回の「LJL SPRING SPLIT 2019」は、よしもとクリエイティブエージェンシーが運営に加わったこともあり、会場もよしもと∞ホール。観客席が常設されている劇場を使用することにより、観客が観戦することを前提に行われたリーグ戦となった。試合はすべて有料(2500~3500円)で、日本のeスポーツイベントとしては画期的なリーグ戦と言える。

しかも、多くの試合でほぼ満席状態。もっとも少ない日でも6割以上の席は埋まるそうだ。開幕戦と今回のファイナルに限れば、立ち見席まで埋まるほどの人気ぶり。“観るeスポーツ”の先駆けとして、大きな成功を収めたのではないだろうか。

ファイナルは立ち見が出るほどの人気。チケットもあっという間に完売した

徐々に増えていったチーム/選手の固定ファン

観客についても、最初のうちは『LoL』のプレイヤーがプロの試合を観に来るという印象だったが、終盤になるにつれ、選手を応援するファンが増え始め、まさにスポーツ観戦やライブ観戦に近い状態になっていた。観客席を見回すと、誰がどこのチーム、どの選手のファンかひと目でわかるほど、応援が本格的になっていた。

DetonatioN Gamingのユニフォームを着て応援する観客もちらほら。Ceros選手やEvi選手を応援する手作り応援グッズを携えた人も

リーグ戦では、試合終了後にロビーでファンとチームの「ファンミーティング」が行われる。これは昨年も行われていたが、ファンにとっては選手と近づける貴重な場になっていた。

今回のファイナルでも、試合の終了後にフォトセッションやファンミーティングが行われた。死力を尽くした試合後に1時間以上立ちっぱなしでファンに対応するのは、選手にとって決して楽なことではない。しかし、それでもファンを楽しませるのが「プロ」である。

ただ、今後、さらに観客が増え、会場が大きくなった場合は、アイドルの握手会のように、1人あたりの時間を設定する、「はがし」と呼ばれる係員を配置するなど、多少の対策は必要になってくるかもしれない。

試合終了後、ロビーでファンミーティングを行うUnsold Stuff Gaming

今回のSPRING SPLITは、全試合をよしもと∞ホールで行っていたが、今後セミファイナルとファイナルは、もう少し大きな会場で実施してもよさそうだ。

今回は初めてリーグを通して有料チケットでの開催だったこともあり、どれだけの人が訪れるか未知数な状態で席数を増やすのは難しかったかもしれないが、SPRING SPLITを通じて運営の見通しもある程度できたはずだ。2年前のSUMMER SPRITのファイナルは、幕張メッセの幕張イベントホールで開催しており、その席数は固定席だけで3888席。このときもほぼ満席となっていたので、さらに大きな会場での開催も見込めそうである。

日本のeスポーツのなかでは、もっとも観客を集められるプロリーグの1つであるLJL。SPRING SPLITをさらなる飛躍のステップとして、SUMMER SPRITの成功も願いたいところだ。LJLがほかのeスポーツタイトルへも大きく影響することは間違いなく、日本のeスポーツの発展のきっかけとなるのは言うまでもないだろう。

関連記事
Gmailで署名や不在通知を設定する方法

Gmailで署名や不在通知を設定する方法

2019.04.23

Gmailでメールの最後に入れる署名を設定するには?

長期間返信が滞りそうな場合は不在通知を設定しよう

ビジネスメールでは、文末に会社の住所や電話番号といった署名を入れるのが一般的だ。Gmailでは、メール作成の際に署名を自動入力するよう設定できる。

署名を作成する

署名を作成するには、まずGmailの右上にある「歯車(設定)」ボタンをクリック。出てきたメニューから「設定」を選択しよう。全般タブをそのまま下へスクロールすると「署名」が出てくるので、そこに会社の住所や電話番号、自分の所属部署など、必要な情報を記入する。

内容が決まったら「変更を保存」を押して設定を終了する。次回の新規作成メールから署名がメールの下部に記載されるようになる。

署名を作成するには右上の「歯車(設定)」ボタンをクリック。全般タブの下にある「署名」で内容を入力する
次回のメールから作った署名が表示されるようになる

不在通知を作成する

Gmailには、出張や旅行などでメールに返信ができない場合の「不在通知」機能が搭載されている。Gmailの設定を開き、全般タブの一番下にある「不在通知」から設定可能だ。

不在通知のオン・オフの切り替えや、開始日、終了日を指定することができる。不在通知として送るメールの件名と内容を入力したら「変更を保存」ボタンを押して準備は完了だ。設定期間中に届いたメールに対して、自動的に設定した内容でメールを返信するようになる。

「設定」の全般タブにある「不在通知」で必要事項を設定する

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事