勝負は「0.013秒」 クリエイティブで第一印象をコントロールせよ

恋するSNSマーケティング講座 第3回

勝負は「0.013秒」 クリエイティブで第一印象をコントロールせよ

2018.11.28

Facebook社員に「マーケティングのイロハ」を聞く新連載!

第3回は、広告効果に大きな影響を与える「クリエイティブ」について

広告の第一印象は13ミリ秒で決まる?

フェイスブック ジャパンのFacebook/Instagram広告運用コンサルタントに「SNSマーケティング」について聞く連載。初心者~中級者に知ってほしい「マーケティングの考え方」について、全5回にわたって説明します。

キーワードは「恋愛」。とっつきづらいマーケティングも、恋愛に喩えて考えてみると、意外とわかりやすいようです。

本連載ではこれまで、恋愛においてもマーケティングにおいても、「多くの人にリーチすること」「ターゲットとタイミングを考えてアプローチすること」で、“より質の良い出会い”を増やすことができるということを聞いてきた。

しかし、まだそれらに加えて考えるべき重要な要素があるという。それは相手に自分の何をアピールするのか、さらにはそれをどうやってアピールするのか、ということ。情報を相手に届けるための手段が写真なのか、動画なのか、はたまた文字なのか。それらを組み合わせて、どんな内容に仕上げていくのか。

ということで、今回は広告効果を上げるためのクリエイティブ」についての話を聞いてきた。

今回も、フェイスブック ジャパンのクライアントソリューションズマネージャ リード 丸山祐子さんに話を聞きます

物事の判断は「0.013秒」で行われる

丸山さんによると、「どのようなクリエイティブがリーチしたいオーディエンスに刺さるのか」というのは「プラットフォームの特性」によるところが大きいのだという。

たとえば、テレビCMは非常に多くの人に届けることができる反面、細かくユーザーをセグメンテーションすることは難しい。駅張りのポスターであれば「その駅を利用する人」に向けてピンポイントで情報を伝えることができるが、何百万人という人数に向けて大規模な告知をするのは難しいだろう。

つまり、プラットフォームの特性をしっかりと理解して、そこに合ったクリエイティブを作る必要があるというわけだ。

丸山さんによると、FacebookやInstagramは“ビジュアルコミュニケーションプラットフォーム”であり、テキストよりも画像や動画で情報を伝えることに適しているのだという。

「社内調査で、人は13ミリ秒(0.013秒)で見ているものの情報処理を行っているということがわかりました。かつては人の情報処理速度はもっとスローでしたが、スマートフォンが普及したことで、今は画面をスクロールしながら、高速で情報を処理できるようになってきています」(丸山)

確かに、たとえば旅行などで情報を集めるとき、これまでは検索エンジンを使うのが一般的だったが、現在はInstagramを検索して情報収集するという人も増えている。テキストを読み込むよりも画像の方が一瞬で判断できるため、高速で情報を処理する今という時代に即しているからだろう。ITの進化に合わせて、いつの間にか人も進化しているのだ。

商品の「売り出したい点」と相手に「響く点」を見極めよ

FacebookやInstagramなどのSNS広告には画像や動画が適していることはわかった。そうなると次に考えるべきは、「どのようなクリエイティブを作るべきか」ということだ。もう一度、これらのプラットフォームの特性を考えてみよう。

Facebookにはグローバルで22億人、日本で約2900万人の利用者、Instagramではグローバルで10億人、日本で2000万人のアクティブアカウントがあるため、どちらも幅広い層にリーチできるプラットフォームと言える。加えて、どちらも細かくセグメンテーションして広告を出すことができるため、大勢の中から広告を届けたい相手を絞って広告を出すことが可能だ。

続けて丸山さんは「テレビやラジオなどの広告とは異なり、広告を届けたい相手によってクリエイティブを変える、どういったクリエイティブが最適であるかをテストできる、といった点がSNS広告の強みです」と説明する。

例えば、缶コーヒーの広告を出すにしても、「こだわりの豆を使っている」といった商品のメリットを出すパターンもあれば、「寒い朝に温かいドリンクで安らぎを」といった、ブランドの訴求をするパターンもある。デジタル広告の場合には、これらの広告を複数用意・掲載することによって、“どのセグメントに、どのクリエイティブが刺さるのか”ということをテストすることができる。

「相手が求めるものに合わせて、どの部分をアピールするか変えるのが効果的というのは、恋愛でも同じですよね。でも相手が何を求めているのかわからない場合には、自分の中にあるいくつかの要素(『仕事が好き』とか『料理が好き』など)を出してみて、反応をテストするのがいいかなと思います(笑)」(丸山)

複数のクリエイティブで広告効果を向上させる

広告を届けたい相手に合わせてクリエイティブを細かく分けて成功したFacebook広告の例として、日産自動車の『セレナ』が挙げられるという。

セレナには「狭い場所でも開くデュアルバックドア」、「足をかざすとドアが開くハンズフリーオートスライドドア」、「暗い場所でも足元を照らすロングステップ」といった様々な特徴があるが、日産はこれら一つひとつについてクリエイティブを用意し、ターゲットの年齢性別や興味関心といった属性に合わせて表示する広告を変えた。

ペットを飼っている人に向けた「ロングステップ」の訴求、駐車場スペースが限られている人に向けた「チュアルパックドア」の訴求など、異なるターゲットに刺さるクリエイティブを複数用意(facebook business 日産の事例より)

さらに、同じアピール内容でも、属性によって使用する写真やシチュエーションを変えるなど徹底。この施策により、広告効果は大幅に向上したという。

なお、日産は本稿で紹介した以上にクリエイティブを用意している。詳しくは、facebook business の日産の成功事例より確認できる。

プラットフォームに則ったクリエイティブで広告効果UP

また、広告を出す先によってクリエイティブの見られ方が異なることにも注意しなければならない。

「テレビのような大画面で動画を見るのと、モバイルで同じものを見るのとでは利用者の受け取り方も変わります。例えば、テレビの映像は横長なのでモバイル広告用にそのまま転用すると小さくなってしまいます。そこで、モバイルに最適化することが重要になってくるんです」(丸山)

たとえばInstagramでは、横長だけではなく、1:1などの画面占有率の高いクリエイティブの掲載が可能であり、かつストーリーズ広告では縦長フルスクリーンのフォーマットを活かしたクリエイティブの作成ができる。

ここで広告を出すとなると、横長のテレビ素材を応用するだけでは、上下にムダな余白が生じてしまい、縦長で没入間のあるフォーマットを活かしきれないことが多い。「モバイルで見られること」を念頭に置き、クリエイティブのフォーマットを変更する必要がある。

「ストーリーズ」の形に合わせたクリエイティブを作成し、スマホの画面いっぱいを利用した動画を流すことで広告効果の向上に成功(Instagram businessより)

丸山さんは、このストーリーズ広告で成果を出した一例として、化粧品ブランドのSK-IIを紹介した。

もともとInstagramとFacebookのフィード広告で高い効果を上げていたが、ストーリーズ広告の併用でさらに広告想起率を大幅に高めたのだという。

「これまでInstagramは若年女性層向けのブランディングメディアというイメージがありましたが、今はユーザーが拡大しており男性も4割に上ります。そのおかげでECや金融、旅行、人材などダイレクトレスポンス系の広告も増えており、成果を上げている状況です」(丸山)

なおSK-IIの事例は、Instagram business SK-IIの成功事例より確認できる。

広告も恋愛も結局、“第一印象”が重要

ターゲットごとに異なるクリエイティブ、フォーマット、また配置先やABテストを重ね、目的に沿ったクリエイティブを作成する有用性はわかった。では、SNS向けのクリエイティブでそれ以外に意識すべき点はあるのだろうか。

「スマホユーザーが広告に興味関心を持ってくれるかは、最初の1秒で決まります。恋愛も第一印象である程度判断しますよね。恋愛も広告も第一印象が大事、というわけです」(丸山)

***

連載第3回にして、ターゲティング、クリエイティブと、マーケティングを考える上での基礎知識は抑えることができた。

これまでの話で、SNSマーケティングは「マスとセグメント」両方の良いところどりができる、ということがわかったが、だからといって他の広告が必要なくなるわけではない。

次回は、「テレビとSNS広告の相乗効果」というテーマで話を聞く。丸山さんによると「テレビ広告とSNSと組み合わせることによって、広告効果を大幅に上げられる」とのことだが、その方法、および考え方ははどういったものなのだろうか。

第4回「恋するSNSマーケティング講座」はコチラ

連載バックナンバーはコチラ

関連記事
有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

岡安学の「eスポーツ観戦記」 第3回

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

2019.04.23

よしもと∞ホールで開催された「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」

リーグが進むにつれて増えていったチームや選手の固定ファン

有料チケットにも関わらずリーグでは会場がほぼ満席状態

4月13日、よしもと∞ホールにて、『League of Legends(LoL)』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」の王者を決めるプレイオフ決勝、「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」が行われた。

対戦カードは2019年春季シーズンのリーグ戦を20勝1敗の圧倒的な強さで勝ち上がった「DetonatioN FocusMe」と、プレイオフのセミファイナルにてリーグ2位の「Crest Gaming」を3連勝で下し、リーグ3位からファイナルに勝ち上がった「Unsold Stuff Gaming」だ。Unsold Stuff Gamingのリーグ成績は12勝9敗と、DetonatioN FocusMeと比べると見劣りするが、チーム状態は上り調子なので、成績差以上の拮抗した試合が期待できそうだ。

20勝1敗の好成績で1位抜けしたDetonatioN FocusMe
リーグ戦3位からセミファイナルを勝ち抜き、ファイナルに進出したUnsold Stuff Gaming

観戦が前提のeスポーツリーグとして成功を収めたLJL

ファイナルの形式は「BO5方式(5戦3勝勝ち抜け)」だ。Unsold Stuff GamingがDetonatioN FocusMeをあと一歩まで追い詰めるシーンがあったものの、結局はDetonatioN FocusMeがリーグ戦の強さをそのままに、3連勝で優勝を果たした。

LJLで優勝したことで、DetonatioN FocusMeは、5月1日から19日にかけて、ベトナムと台湾で行われるMSI(Mid-Season Invitational)に日本代表として出場することが決まった。DetonatioN FocusMeは、昨年のWorldsでプレイインステージで初勝利をあげ、強豪C9をあと一歩のところまで追い詰めるなど、大活躍しただけに、MSIでもそれ以上の成績を期待したいところだ。

決勝に相応しい熱戦を繰り広げたが、結果は3-0でDetonatioN FocusMeで優勝した

今回の「LJL SPRING SPLIT 2019」は、よしもとクリエイティブエージェンシーが運営に加わったこともあり、会場もよしもと∞ホール。観客席が常設されている劇場を使用することにより、観客が観戦することを前提に行われたリーグ戦となった。試合はすべて有料(2500~3500円)で、日本のeスポーツイベントとしては画期的なリーグ戦と言える。

しかも、多くの試合でほぼ満席状態。もっとも少ない日でも6割以上の席は埋まるそうだ。開幕戦と今回のファイナルに限れば、立ち見席まで埋まるほどの人気ぶり。“観るeスポーツ”の先駆けとして、大きな成功を収めたのではないだろうか。

ファイナルは立ち見が出るほどの人気。チケットもあっという間に完売した

徐々に増えていったチーム/選手の固定ファン

観客についても、最初のうちは『LoL』のプレイヤーがプロの試合を観に来るという印象だったが、終盤になるにつれ、選手を応援するファンが増え始め、まさにスポーツ観戦やライブ観戦に近い状態になっていた。観客席を見回すと、誰がどこのチーム、どの選手のファンかひと目でわかるほど、応援が本格的になっていた。

DetonatioN Gamingのユニフォームを着て応援する観客もちらほら。Ceros選手やEvi選手を応援する手作り応援グッズを携えた人も

リーグ戦では、試合終了後にロビーでファンとチームの「ファンミーティング」が行われる。これは昨年も行われていたが、ファンにとっては選手と近づける貴重な場になっていた。

今回のファイナルでも、試合の終了後にフォトセッションやファンミーティングが行われた。死力を尽くした試合後に1時間以上立ちっぱなしでファンに対応するのは、選手にとって決して楽なことではない。しかし、それでもファンを楽しませるのが「プロ」である。

ただ、今後、さらに観客が増え、会場が大きくなった場合は、アイドルの握手会のように、1人あたりの時間を設定する、「はがし」と呼ばれる係員を配置するなど、多少の対策は必要になってくるかもしれない。

試合終了後、ロビーでファンミーティングを行うUnsold Stuff Gaming

今回のSPRING SPLITは、全試合をよしもと∞ホールで行っていたが、今後セミファイナルとファイナルは、もう少し大きな会場で実施してもよさそうだ。

今回は初めてリーグを通して有料チケットでの開催だったこともあり、どれだけの人が訪れるか未知数な状態で席数を増やすのは難しかったかもしれないが、SPRING SPLITを通じて運営の見通しもある程度できたはずだ。2年前のSUMMER SPRITのファイナルは、幕張メッセの幕張イベントホールで開催しており、その席数は固定席だけで3888席。このときもほぼ満席となっていたので、さらに大きな会場での開催も見込めそうである。

日本のeスポーツのなかでは、もっとも観客を集められるプロリーグの1つであるLJL。SPRING SPLITをさらなる飛躍のステップとして、SUMMER SPRITの成功も願いたいところだ。LJLがほかのeスポーツタイトルへも大きく影響することは間違いなく、日本のeスポーツの発展のきっかけとなるのは言うまでもないだろう。

関連記事
Gmailで署名や不在通知を設定する方法

Gmailで署名や不在通知を設定する方法

2019.04.23

Gmailでメールの最後に入れる署名を設定するには?

長期間返信が滞りそうな場合は不在通知を設定しよう

ビジネスメールでは、文末に会社の住所や電話番号といった署名を入れるのが一般的だ。Gmailでは、メール作成の際に署名を自動入力するよう設定できる。

署名を作成する

署名を作成するには、まずGmailの右上にある「歯車(設定)」ボタンをクリック。出てきたメニューから「設定」を選択しよう。全般タブをそのまま下へスクロールすると「署名」が出てくるので、そこに会社の住所や電話番号、自分の所属部署など、必要な情報を記入する。

内容が決まったら「変更を保存」を押して設定を終了する。次回の新規作成メールから署名がメールの下部に記載されるようになる。

署名を作成するには右上の「歯車(設定)」ボタンをクリック。全般タブの下にある「署名」で内容を入力する
次回のメールから作った署名が表示されるようになる

不在通知を作成する

Gmailには、出張や旅行などでメールに返信ができない場合の「不在通知」機能が搭載されている。Gmailの設定を開き、全般タブの一番下にある「不在通知」から設定可能だ。

不在通知のオン・オフの切り替えや、開始日、終了日を指定することができる。不在通知として送るメールの件名と内容を入力したら「変更を保存」ボタンを押して準備は完了だ。設定期間中に届いたメールに対して、自動的に設定した内容でメールを返信するようになる。

「設定」の全般タブにある「不在通知」で必要事項を設定する

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事