新しい時代の象徴

「タイポス」は、その名前も既存のものとは一線を画していた。

「それまでの書体名は、岩田母型の明朝体だから『岩田明朝』、モトヤの楷書体だから『モトヤ楷書』……というように、どこそこのメーカーの書体という呼びかたをしていました。書体に固有名詞をつけたのも、『タイポス』が先駆けだったのではないでしょうか。この名前はグループ名に由来しており、グループ・タイポの書体だから『タイポス』。以降、書体に凝った名前がつけられるようになっていきます」

デザインも名前も設計思想も新しかったタイポスは、ほどなくして、新しい時代の象徴として、華々しい舞台に登場した。女性誌『anan』(平凡出版/現・マガジンハウス発行)の誌面である。

『anan』創刊号 表紙(平凡出版/現・マガジンハウス/1970年3月)
『anan』創刊号 タイポスを本文に使った誌面(平凡出版/現・マガジンハウス/1970年3月)

『anan』は1970年(昭和45)3月、オールグラビアの画期的な女性誌として創刊された。当時はまだ、雑誌では活版印刷が中心だった。『anan』のオールグラビア印刷は、印刷会社の千代田グラビヤが輪転機を輸入したことによって実現したものだった。

『anan』編集者だった赤木洋一氏著『「アンアン」1970』(平凡社新書、2007)には、当時を振り返ってこんなことが書かれている。

〈エディトリアルデザインといえば、アンアンが創刊されてからの一、二年は新書体のオンパレードといったあんばいで写真植字の書体が増えた。それまでの雑誌は活字だから書体はそれなりに完成されていたのだが、オールグラビア雑誌では写植(写真植字)を使うから、新デザインの変形文字が次々に開発されたのだ。堀内さんが面白がってアンアン誌面でどんどん使ってみるから、書体を開発するメーカーも張り切ってデザイン文字を作る。〉P.82

「堀内さん」とはアートディレクターの堀内誠一氏(*1)のこと。彼がおもしろがって使った最初の新書体は「タイポス」で、創刊号のあちこちに、それも見出しだけではなく、ときに本文書体として用いられた。オーソドックスな明朝体、ゴシック体とともにタイポスが使われた誌面は、鮮烈な印象を残した。1971年(昭和46)に創刊された女性誌『non-no』(集英社発行)の誌面でもタイポスが用いられて、さらに注目を集めた。

ベストセラー書籍の本文にも登場

タイポスは1970年代前半に爆発的な人気を得て、雑誌誌面のほか、広告やレコードジャケットなどあちこちで用いられた。その後、さまざまな新書体が登場するのにともない、タイポスの登場頻度は落ち着いていくが、1981年(昭和56)には大きな話題作に使われている。黒柳徹子著『窓ぎわのトットちゃん』(*2)の本文に使われたのだ。

黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん』(講談社/1981年)

『窓ぎわのトットちゃん』はタレントの黒柳徹子氏による自伝的物語で、単行本・文庫本をあわせ累計800万部を超えるベストセラーとなっている。1981年(昭和56)3月に刊行されたオリジナル単行本は、四六判の上製本で、本文のかなはゴシック系の「タイポス66」で組まれている。

黒柳徹子『窓ぎわのトットちゃん』(講談社/1981年)タイポスで組まれた本文

「タイポスが『窓ぎわのトットちゃん』に使われたときは、驚きましたね。書籍の本文に全面的に使われるとは思っていませんでした」

ふところが広く、明るい表情で、コロンとしたタイポスのかなは、幼少期の物語をつづる同書に、絵本のようなかわいらしくのどかな印象をあたえている。

「タイポスはさまざまな媒体に使われましたが、35、37、44など細いウエイトのものは、アート紙、コート紙のような光沢のある誌面で用いられると、印刷が飛び気味になってしまい、目がチカチカして読みづらくなることもありました。組版や紙質がぴったりのところに使うと、シャープでモダンな印象となり、とてもよかったのですが、人気書体だからとよくばって『こっちにも使ってやろう』とよく考えずに使うと、せっかくの書体をうまく活かせないことになる。書体というのは、万能ではないんです。なにかひとつの書体が流行になったとき、つい右にならえで猫も杓子も使うということが起こりがちなのですが、本当にその媒体に適しているのか見極めるということ、それがやはりいちばんむずかしいところですね」

「書体そのものについて語るのであれば、どれもみんな『よい書体』です。ただ、使う媒体によって、活かされるかどうかが異なるということ。我々書体設計士は、書体の批判はしません。いろいろな書体がありますが、それ自体はそれとして完成された良い書体なのですから」(つづく)

(注)
*1:堀内誠一(ほりうち・せいいち/1932-1987):アートディレクター、グラフィックデザイナー、絵本作家。1948年、伊勢丹宣伝部に入社。1955年アドセンターの創立に参加し、広告とエディトリアルデザインを担当。1959年より平凡出版(現・マガジンハウス)『週刊平凡・ウィークリーファッション』のアートディレクションを担当し、以降、『anan』『POPEYE』『BRUTUS』発刊に参加してアートディレクションとロゴデザインを手がける。『ぐるんぱのようちえん』『ふらいぱんじいさん』など、絵本作品も多数。

*2:『窓ぎわのトットちゃん』は「戦後最大のベストセラー」ともいわれている。(講談社BOOK倶楽部)

話し手 プロフィール

橋本和夫(はしもと・かずお)
書体設計士。イワタ顧問。1935年2月、大阪生まれ。1954年6月、活字製造販売会社・モトヤに入社。太佐源三氏のもと、ベントン彫刻機用の原字制作にたずさわる。1959年5月、写真植字機の大手メーカー・写研に入社。創業者・石井茂吉氏監修のもと、石井宋朝体の原字を制作。1963年に石井氏が亡くなった後は同社文字部のチーフとして、1990年代まで写研で制作発売されたほとんどすべての書体の監修にあたる。1995年8月、写研を退職。フリーランス期間を経て、1998年頃よりフォントメーカー・イワタにおいてデジタルフォントの書体監修・デザインにたずさわるようになり、同社顧問に。現在に至る。

著者 プロフィール

雪 朱里(ゆき・あかり)
ライター、編集者。1971年生まれ。写植からDTPへの移行期に印刷会社に在籍後、ビジネス系専門誌の編集長を経て、2000年よりフリーランス。文字、デザイン、印刷、手仕事などの分野で取材執筆活動をおこなう。著書に『描き文字のデザイン』『もじ部 書体デザイナーに聞くデザインの背景・フォント選びと使い方のコツ』(グラフィック社)、『文字をつくる 9人の書体デザイナー』(誠文堂新光社)、『活字地金彫刻師 清水金之助』(清水金之助の本をつくる会)、編集担当書籍に『ぼくのつくった書体の話 活字と写植、そして小塚書体のデザイン』(小塚昌彦著、グラフィック社)ほか多数。『デザインのひきだし』誌(グラフィック社)レギュラー編集者もつとめる。

■本連載は隔週掲載です。

これまでの記事一覧ページはこちら

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

岡安学の「eスポーツ観戦記」 第3回

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

2019.04.23

よしもと∞ホールで開催された「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」

リーグが進むにつれて増えていったチームや選手の固定ファン

有料チケットにも関わらずリーグでは会場がほぼ満席状態

4月13日、よしもと∞ホールにて、『League of Legends(LoL)』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」の王者を決めるプレイオフ決勝、「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」が行われた。

対戦カードは2019年春季シーズンのリーグ戦を20勝1敗の圧倒的な強さで勝ち上がった「DetonatioN FocusMe」と、プレイオフのセミファイナルにてリーグ2位の「Crest Gaming」を3連勝で下し、リーグ3位からファイナルに勝ち上がった「Unsold Stuff Gaming」だ。Unsold Stuff Gamingのリーグ成績は12勝9敗と、DetonatioN FocusMeと比べると見劣りするが、チーム状態は上り調子なので、成績差以上の拮抗した試合が期待できそうだ。

20勝1敗の好成績で1位抜けしたDetonatioN FocusMe
リーグ戦3位からセミファイナルを勝ち抜き、ファイナルに進出したUnsold Stuff Gaming

観戦が前提のeスポーツリーグとして成功を収めたLJL

ファイナルの形式は「BO5方式(5戦3勝勝ち抜け)」だ。Unsold Stuff GamingがDetonatioN FocusMeをあと一歩まで追い詰めるシーンがあったものの、結局はDetonatioN FocusMeがリーグ戦の強さをそのままに、3連勝で優勝を果たした。

LJLで優勝したことで、DetonatioN FocusMeは、5月1日から19日にかけて、ベトナムと台湾で行われるMSI(Mid-Season Invitational)に日本代表として出場することが決まった。DetonatioN FocusMeは、昨年のWorldsでプレイインステージで初勝利をあげ、強豪C9をあと一歩のところまで追い詰めるなど、大活躍しただけに、MSIでもそれ以上の成績を期待したいところだ。

決勝に相応しい熱戦を繰り広げたが、結果は3-0でDetonatioN FocusMeで優勝した

今回の「LJL SPRING SPLIT 2019」は、よしもとクリエイティブエージェンシーが運営に加わったこともあり、会場もよしもと∞ホール。観客席が常設されている劇場を使用することにより、観客が観戦することを前提に行われたリーグ戦となった。試合はすべて有料(2500~3500円)で、日本のeスポーツイベントとしては画期的なリーグ戦と言える。

しかも、多くの試合でほぼ満席状態。もっとも少ない日でも6割以上の席は埋まるそうだ。開幕戦と今回のファイナルに限れば、立ち見席まで埋まるほどの人気ぶり。“観るeスポーツ”の先駆けとして、大きな成功を収めたのではないだろうか。

ファイナルは立ち見が出るほどの人気。チケットもあっという間に完売した

徐々に増えていったチーム/選手の固定ファン

観客についても、最初のうちは『LoL』のプレイヤーがプロの試合を観に来るという印象だったが、終盤になるにつれ、選手を応援するファンが増え始め、まさにスポーツ観戦やライブ観戦に近い状態になっていた。観客席を見回すと、誰がどこのチーム、どの選手のファンかひと目でわかるほど、応援が本格的になっていた。

DetonatioN Gamingのユニフォームを着て応援する観客もちらほら。Ceros選手やEvi選手を応援する手作り応援グッズを携えた人も

リーグ戦では、試合終了後にロビーでファンとチームの「ファンミーティング」が行われる。これは昨年も行われていたが、ファンにとっては選手と近づける貴重な場になっていた。

今回のファイナルでも、試合の終了後にフォトセッションやファンミーティングが行われた。死力を尽くした試合後に1時間以上立ちっぱなしでファンに対応するのは、選手にとって決して楽なことではない。しかし、それでもファンを楽しませるのが「プロ」である。

ただ、今後、さらに観客が増え、会場が大きくなった場合は、アイドルの握手会のように、1人あたりの時間を設定する、「はがし」と呼ばれる係員を配置するなど、多少の対策は必要になってくるかもしれない。

試合終了後、ロビーでファンミーティングを行うUnsold Stuff Gaming

今回のSPRING SPLITは、全試合をよしもと∞ホールで行っていたが、今後セミファイナルとファイナルは、もう少し大きな会場で実施してもよさそうだ。

今回は初めてリーグを通して有料チケットでの開催だったこともあり、どれだけの人が訪れるか未知数な状態で席数を増やすのは難しかったかもしれないが、SPRING SPLITを通じて運営の見通しもある程度できたはずだ。2年前のSUMMER SPRITのファイナルは、幕張メッセの幕張イベントホールで開催しており、その席数は固定席だけで3888席。このときもほぼ満席となっていたので、さらに大きな会場での開催も見込めそうである。

日本のeスポーツのなかでは、もっとも観客を集められるプロリーグの1つであるLJL。SPRING SPLITをさらなる飛躍のステップとして、SUMMER SPRITの成功も願いたいところだ。LJLがほかのeスポーツタイトルへも大きく影響することは間違いなく、日本のeスポーツの発展のきっかけとなるのは言うまでもないだろう。

関連記事
Gmailで署名や不在通知を設定する方法

Gmailで署名や不在通知を設定する方法

2019.04.23

Gmailでメールの最後に入れる署名を設定するには?

長期間返信が滞りそうな場合は不在通知を設定しよう

ビジネスメールでは、文末に会社の住所や電話番号といった署名を入れるのが一般的だ。Gmailでは、メール作成の際に署名を自動入力するよう設定できる。

署名を作成する

署名を作成するには、まずGmailの右上にある「歯車(設定)」ボタンをクリック。出てきたメニューから「設定」を選択しよう。全般タブをそのまま下へスクロールすると「署名」が出てくるので、そこに会社の住所や電話番号、自分の所属部署など、必要な情報を記入する。

内容が決まったら「変更を保存」を押して設定を終了する。次回の新規作成メールから署名がメールの下部に記載されるようになる。

署名を作成するには右上の「歯車(設定)」ボタンをクリック。全般タブの下にある「署名」で内容を入力する
次回のメールから作った署名が表示されるようになる

不在通知を作成する

Gmailには、出張や旅行などでメールに返信ができない場合の「不在通知」機能が搭載されている。Gmailの設定を開き、全般タブの一番下にある「不在通知」から設定可能だ。

不在通知のオン・オフの切り替えや、開始日、終了日を指定することができる。不在通知として送るメールの件名と内容を入力したら「変更を保存」ボタンを押して準備は完了だ。設定期間中に届いたメールに対して、自動的に設定した内容でメールを返信するようになる。

「設定」の全般タブにある「不在通知」で必要事項を設定する

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事