全然“OK”ではなかった「Googleのセクハラ問題」

カレー沢薫の時流漂流 第17回

全然“OK”ではなかった「Googleのセクハラ問題」

2018.11.26

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第17回は、国内外で波紋を呼んだ「Googleのセクハラ問題」について

近年、日本でもやっと「セクハラ」が問題として大きくとりあげられるようになった。

言わずと知れたIT企業と「Gの法則」

それ以前は「セクハラ」という言葉はあったものの、セクハラを訴える女は「冗談の通じない奴」であり「笑顔で受け流すのがデキる女」という風潮ですらあった。

それが今では、セクハラがニュースとして扱われたり、セクハラによる左遷や降格処分が行われたりする。まだまだ十分ではないが、セクハラは笑って済ませられる問題ではないと周知されるようになってきた。

それに対し「そんなことを言われたら何も話せない」という反論も良く見るが、そもそも職場で仕事以外の話をする必要はないのだ。そこに性的な話が必要というのは、「株式会社TENGA」とか以外ではありえないだろう。

しかし、これでも日本はまだ遅れており、欧米などはもっとセクハラに厳しいだろうし、そもそもセクハラや職場における性差別自体が少ないのでは思っていた。だが、「そんなことはなかったぜ」ということがわかるニュースが飛び込んできた。

日本では「OK Google」より「ググれカス」でおなじみのあの「Google」が、この2年でシニアマネージャー以上の役職につく13人を含む48人を、セクハラを理由として解雇していると発表したそうだ。これだけ聞くと、セクハラに対し毅然な態度を取り、「セクハラ野郎は役職付きでも絶対許さないマン」としてふるまっているように見える。

当のGoogleも「ますます基準を厳格化」していくと宣言しているのだが、よくよく考えると「解雇規模のセクハラをする人間が50人近くいたとか、どんなソドムの市だよ」という話だ。学校で言えば1クラスの人数より多いし、その4分の1が役職付きというのは完全に「ヤバい会社」である。

それに、何事も表沙汰になるのは「氷山の一角」に過ぎなかったりするので、G(昆虫名)の法則でいくと、実際にはその30倍、Googleではセクハラが横行していたかもしれない、ということだ。

無間地獄のようで「まだマシ」な現在

世界を代表するIT企業の内情が一部の人間にとっての酒池肉林であったことには驚きを隠せないし、私も生粋のアソドロイドユーザーとして残念である。だが、それ以前にもアソドロイドユーザーを落胆させアイフォーンのカタログを手に取らせる事態が起こっていたのだ。

アソドロイドの父と呼ばれているアンディ・ルービン氏も、実はセクハラ問題が原因で2014年にGoogleを退職している(本人は否定)。その際、Googleは氏に対し9000万ドルの退職金を払っていたという報道がされたのである。

9000万ドルと言われてもピンとこないだろうが「約100億円」である。ますますワケがわからなくなってしまったが、とにかく途方もない金額だ。これでは解雇されようがノーダメージも良いところだし、罰どころか「女王様のビンタ」級の「ご褒美」と言っても過言ではない。

誰だって100億あげると言われたら「セクハラしてない」とツッぱるよりその場で辞めるだろう。Googleはセクハラした者を全く罰する気はなく、「処した処した」というポーズを取りたかっただけ、と思われても仕方がない。

それに対して、Googleは「セクハラによる解雇者に退職金を払ったことはない」と言っているが、アンディ氏は「セクハラが問題で退職した」と言われているだけで解雇者の中には含まれていない。そして、本人はセクハラの事実自体否定している。

つまり、セクハラの解雇者には退職金を払っていないが、「アンディ氏に100億円払ってない」とは言っていないのである。そもそもセクハラを理由に48人解雇したという話も、アンディ氏の問題が報道されてから「でもうちはセクハラ野郎を48人も解雇してるんすよ」と言い出したことである。

Appleの社員でさえ「これはクロやろ」と同情を禁じ得ない事態に、当のGoogle社員は「俺たちが頑張って稼いだ金がセクハラ野郎の懐に入っているのか」と、自分がホストに貢いだ金が本カノの顔に打つヒアルロン酸代に消えたと知った太客の如く激怒、1000人以上の従業員が世界各地で抗議行動を行った

そのプラカードには決め台詞の「OK Google」を揶揄して「NOT OK GOOGLE」という文字も見られたそうだ。それが上手いのかどうかはわからないが、とにかくGoogleが全然OKじゃなかったのは確かなようだ。

日本では上記のセクハラ問題が原因でこの抗議活動が起こったという報道がされているが、もともとシリコンバレーのIT企業では男女の待遇差がエグく、それにこのセクハラ騒動が合わせ技となり大きな抗議活動になったという。どうやら欧米では、職場での男女格差が日本より少ないというのもただの思い込みだったようだ。

このように、セクハラを含むハラスメント問題は世界的に大きな問題と言えるが、最近では「何でもハラスメントだと騒ぐハラスメント」という「ハラスメント・ハラスメント(ハラ・ハラ)」というのもあるらしい。

まさに地獄が「紹介します『地獄』です」と新しい地獄を連れて来た、という状態だが、ハラスメントに対する一番の下策は「黙って我慢する」なので、まず「それはハラスメントだ」と声をあげることが大事であり、言われた方もそれ自体がハラスメントだと感じたら「それはハラ・ハラ」だと声をあげればよいだろう。

無間地獄のようにも見えるが、黙って地獄を我慢しなければいけない世の中よりはまだマシかもしれない。

関連記事
有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

岡安学の「eスポーツ観戦記」 第3回

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

2019.04.23

よしもと∞ホールで開催された「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」

リーグが進むにつれて増えていったチームや選手の固定ファン

有料チケットにも関わらずリーグでは会場がほぼ満席状態

4月13日、よしもと∞ホールにて、『League of Legends(LoL)』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」の王者を決めるプレイオフ決勝、「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」が行われた。

対戦カードは2019年春季シーズンのリーグ戦を20勝1敗の圧倒的な強さで勝ち上がった「DetonatioN FocusMe」と、プレイオフのセミファイナルにてリーグ2位の「Crest Gaming」を3連勝で下し、リーグ3位からファイナルに勝ち上がった「Unsold Stuff Gaming」だ。Unsold Stuff Gamingのリーグ成績は12勝9敗と、DetonatioN FocusMeと比べると見劣りするが、チーム状態は上り調子なので、成績差以上の拮抗した試合が期待できそうだ。

20勝1敗の好成績で1位抜けしたDetonatioN FocusMe
リーグ戦3位からセミファイナルを勝ち抜き、ファイナルに進出したUnsold Stuff Gaming

観戦が前提のeスポーツリーグとして成功を収めたLJL

ファイナルの形式は「BO5方式(5戦3勝勝ち抜け)」だ。Unsold Stuff GamingがDetonatioN FocusMeをあと一歩まで追い詰めるシーンがあったものの、結局はDetonatioN FocusMeがリーグ戦の強さをそのままに、3連勝で優勝を果たした。

LJLで優勝したことで、DetonatioN FocusMeは、5月1日から19日にかけて、ベトナムと台湾で行われるMSI(Mid-Season Invitational)に日本代表として出場することが決まった。DetonatioN FocusMeは、昨年のWorldsでプレイインステージで初勝利をあげ、強豪C9をあと一歩のところまで追い詰めるなど、大活躍しただけに、MSIでもそれ以上の成績を期待したいところだ。

決勝に相応しい熱戦を繰り広げたが、結果は3-0でDetonatioN FocusMeで優勝した

今回の「LJL SPRING SPLIT 2019」は、よしもとクリエイティブエージェンシーが運営に加わったこともあり、会場もよしもと∞ホール。観客席が常設されている劇場を使用することにより、観客が観戦することを前提に行われたリーグ戦となった。試合はすべて有料(2500~3500円)で、日本のeスポーツイベントとしては画期的なリーグ戦と言える。

しかも、多くの試合でほぼ満席状態。もっとも少ない日でも6割以上の席は埋まるそうだ。開幕戦と今回のファイナルに限れば、立ち見席まで埋まるほどの人気ぶり。“観るeスポーツ”の先駆けとして、大きな成功を収めたのではないだろうか。

ファイナルは立ち見が出るほどの人気。チケットもあっという間に完売した

徐々に増えていったチーム/選手の固定ファン

観客についても、最初のうちは『LoL』のプレイヤーがプロの試合を観に来るという印象だったが、終盤になるにつれ、選手を応援するファンが増え始め、まさにスポーツ観戦やライブ観戦に近い状態になっていた。観客席を見回すと、誰がどこのチーム、どの選手のファンかひと目でわかるほど、応援が本格的になっていた。

DetonatioN Gamingのユニフォームを着て応援する観客もちらほら。Ceros選手やEvi選手を応援する手作り応援グッズを携えた人も

リーグ戦では、試合終了後にロビーでファンとチームの「ファンミーティング」が行われる。これは昨年も行われていたが、ファンにとっては選手と近づける貴重な場になっていた。

今回のファイナルでも、試合の終了後にフォトセッションやファンミーティングが行われた。死力を尽くした試合後に1時間以上立ちっぱなしでファンに対応するのは、選手にとって決して楽なことではない。しかし、それでもファンを楽しませるのが「プロ」である。

ただ、今後、さらに観客が増え、会場が大きくなった場合は、アイドルの握手会のように、1人あたりの時間を設定する、「はがし」と呼ばれる係員を配置するなど、多少の対策は必要になってくるかもしれない。

試合終了後、ロビーでファンミーティングを行うUnsold Stuff Gaming

今回のSPRING SPLITは、全試合をよしもと∞ホールで行っていたが、今後セミファイナルとファイナルは、もう少し大きな会場で実施してもよさそうだ。

今回は初めてリーグを通して有料チケットでの開催だったこともあり、どれだけの人が訪れるか未知数な状態で席数を増やすのは難しかったかもしれないが、SPRING SPLITを通じて運営の見通しもある程度できたはずだ。2年前のSUMMER SPRITのファイナルは、幕張メッセの幕張イベントホールで開催しており、その席数は固定席だけで3888席。このときもほぼ満席となっていたので、さらに大きな会場での開催も見込めそうである。

日本のeスポーツのなかでは、もっとも観客を集められるプロリーグの1つであるLJL。SPRING SPLITをさらなる飛躍のステップとして、SUMMER SPRITの成功も願いたいところだ。LJLがほかのeスポーツタイトルへも大きく影響することは間違いなく、日本のeスポーツの発展のきっかけとなるのは言うまでもないだろう。

関連記事
Gmailで署名や不在通知を設定する方法

Gmailで署名や不在通知を設定する方法

2019.04.23

Gmailでメールの最後に入れる署名を設定するには?

長期間返信が滞りそうな場合は不在通知を設定しよう

ビジネスメールでは、文末に会社の住所や電話番号といった署名を入れるのが一般的だ。Gmailでは、メール作成の際に署名を自動入力するよう設定できる。

署名を作成する

署名を作成するには、まずGmailの右上にある「歯車(設定)」ボタンをクリック。出てきたメニューから「設定」を選択しよう。全般タブをそのまま下へスクロールすると「署名」が出てくるので、そこに会社の住所や電話番号、自分の所属部署など、必要な情報を記入する。

内容が決まったら「変更を保存」を押して設定を終了する。次回の新規作成メールから署名がメールの下部に記載されるようになる。

署名を作成するには右上の「歯車(設定)」ボタンをクリック。全般タブの下にある「署名」で内容を入力する
次回のメールから作った署名が表示されるようになる

不在通知を作成する

Gmailには、出張や旅行などでメールに返信ができない場合の「不在通知」機能が搭載されている。Gmailの設定を開き、全般タブの一番下にある「不在通知」から設定可能だ。

不在通知のオン・オフの切り替えや、開始日、終了日を指定することができる。不在通知として送るメールの件名と内容を入力したら「変更を保存」ボタンを押して準備は完了だ。設定期間中に届いたメールに対して、自動的に設定した内容でメールを返信するようになる。

「設定」の全般タブにある「不在通知」で必要事項を設定する

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事