BMWデザインの秘密とは? ドイツ本社で唯一の日本人デザイナーに聞く

森口将之のカーデザイン解体新書 第8回

BMWデザインの秘密とは? ドイツ本社で唯一の日本人デザイナーに聞く

2018.11.16

「Z4」と「8シリーズ」に共通するキドニーグリルの革新

オマージュと新たな意匠が溶け合う新型「3シリーズ」

スポーツカーよりも制約が厳しい実用車のデザイン

日本でも根強い人気を持つ外国車ブランドのBMW。魅力のひとつがスポーティーなデザインにあることは確実だろう。では、BMWのデザインはどのように生まれるのだろうか。ドイツ本社のデザイン部門で30年にわたり活躍する日本人デザイナーが、最近登場した3車種を題材にプロセスを語った。

BMWのスポーティーなデザインはどのように生まれるのか(画像は「8シリーズ クーペ」)

ドイツ本社で活躍する唯一の日本人デザイナーが来日

BMWのデザインについて話を聞くのに、もっともふさわしいと思える方が日本にやってきた。ドイツBMWのデザイン部門でエクステリア・クリエイティブ・ディレクターを務める永島譲二氏だ。

永島氏(画像)は米国ミシガン州ウェイン州立大学大学院でデザイン修士課程を修了すると、ドイツのオペルでキャリアをスタート。フランスのルノーを経て1988年にBMWに入った

永島氏のBMWにおける経歴を見ると、1996年発表の「Z3」(現在の「Z4」の前身)、同年発表の4代目「5シリーズ」(現行型は7代目)、2005年発表の5代目「3シリーズ」(現行型は6代目)をはじめ、多くの市販車・コンセプトカーのデザインに関わっている。今回は、同氏がコンセプトカーに携わった「Z4」と「8シリーズ」、そして、多くのクルマ好きが気になっているであろう次期「3シリーズ」について話を聞くことができた。

ヘッドランプの並びを変えた新型「Z4」

まずは、BMWとトヨタが共同開発を行った車種としても知られる新型「Z4」についてだ。3代目となる新型Z4は、今年8月に米国で発表となった。永島氏はコンセプトカーのデザインに携わっている。

永島氏がデザインに携わった「Z4」のコンセプトカー(画像)は、2017年の東京モーターショーに登場した

新型Z4とコンセプトカーを比べると、ディテールには違いが見受けられるものの、基本的なフォルムはほぼ同じだ。デザインの進行過程でコンセプトカーを披露し、評判をリサーチしたのではないかと予想できる。自動車業界ではしばしば見られる手法だ。

新型「Z4」(画像提供:BMW Group)

一方、旧型との違いとしては、電動開閉式ハードトップが廃止となり、初代と同じソフトトップに戻っている点が目立つ。ディテールの新しさは、永島氏の説明で理解できた。

「ヘッドランプはこれまで、ほかのBMWと同じように横に並べていましたが、新型では縦に並べました。丸型にはこだわらず、同じ形を2つ並べる考え方にしたのも変更点です。もうひとつ、キドニーグリル外側の尖ったポイントが下に移動していることも特徴といえます。これは、後で説明する8シリーズにも共通するのですが、スポーツカーについては、こういう造形でいこうと決まりました」

新型「Z4」のフロントマスク。従来のBMWでは、グリルの左右両端の頂点(横に張り出しているカド)が中央より上に位置していたのだが、「Z4」と後述の「A8」では、その頂点が下に移動している(画像提供:BMW Group)

躍動的なボディサイドにも注目

ボディサイドでは、ドアの前の「エアブリーザー」と呼ばれるスリットが目を引く。近年登場した他のBMWにも見られるこのデザインには、クルマの横の面を強調するという役割もあるが、ここから空気を抜くことで、空力特性を高めるという機能的な目的もあるそうだ。躍動的な印象を与えるボディサイドの造形については、永島氏の言葉を引くことにする。

「旧型ではフロントからリアに向けて下がっていくラインを用いていましたが、新型では逆に上がっています。今回説明する3台に共通することですが、このラインの動きは、駆動輪である後輪を強調するためのものです。ラインに接する面をねじることで、ハイライトがリアに向けて強くなっていくようにもしています。こうした面の使い方は、現在のトレンドでもあります」

新型「Z4」のボディサイド。ラインがクルマの後部にかけて上がっていっていることが確認できる(画像提供:BMW Group)

リアを見てみると、リアコンビランプは薄くなって高い位置に付き、「L」字型を描いている。これは3次元造形を取り入れたデザインだが、似たような処理はSUVの新型「X4」(日本では2018年9月に発売)にも見られる。

新型「Z4」のリアコンビランプは「L」字型を形成する(画像提供:BMW Group)

「6シリーズ」を継ぐも方向性は異なる「8シリーズ」

続いては、先日発表されたばかりの「8シリーズ」だ。このクルマは「6シリーズ」の後継車だが、方向性はやや異なり、グランドツアラーから本格スポーツカーへとシフトしている。日本で発売となったのは2ドアクーペのみだが、ドイツではカブリオレが発表済みで、今後は4ドアのグランクーペも登場予定だという。ラインアップは6シリーズと同じになるわけだ。

「6シリーズ」の後継車だが、よりスポーティーなデザインをまとう「8シリーズ」(画像提供:BMW Group)

8シリーズのスポーティーな性格はプロポーションからも伝わってくる。全長を短く、全幅を広く、全高を低くしたボディは、水平に近かったルーフラインが前席を頂点としたスロープとなり、リアウインドーからトランクリッドまでが一直線につながった。

「Z4でも説明しましたが、フロントマスクはキドニーグリルの頂点が下に移動しています。ボディサイドはエアブリーザーから後ろをえぐることで重量感を減らしながら、リアフェンダーに向けて力強いショルダーを描いていて、カッコよさと安定感を表現できていると思っています。台形だったリアウインドーは下部を絞り込み、張り出しを強調しました。リアコンビランプはブレードを連想させる3次元造形のL字型で、点灯すると『L』が強調されるようになっています」

「8シリーズ クーペ」のボディサイドからは、リアフェンダーを強調したいというBMWの意思が伝わってくる(画像提供:BMW Group)

新型「3シリーズ」には懐かしい表現も

最後は、BMWの主力車種であり、2018年10月のパリモーターショーでデビューした新型「3シリーズ」だ。

BMWの主力車種「3シリーズ」の新型(画像提供:BMW Group)

新型3シリーズを語る上で、最初に永島氏が言及したのは、このクルマをデザインすることの難しさだった。BMWの主力車種ということで注目度が高い上、売れることが宿命づけられたクルマでもあるからだ。しかし、そんな中でも、新型には新しい造形をいくつも取り込んでいる。

「ヘッドランプの下側にボディカラーが食い込んでいるのが分かるでしょうか。実は、4代目の3シリーズをイメージしたのです。また、初代3シリーズやその前身の『02シリーズ』のように、左右のキドニーグリルの枠がつながっており、横から見ると上が突き出した『シャークノーズ』と呼ばれる形状にしてあります。グリルをつなげたのは、内部に安全装備のセンサーを取り付ける場所が必要という理由もありましたが、3シリーズは新型で7代目と代を重ねているので、オマージュ的な表現を入れてみました」

オマージュと新たな意匠が混じりあう新型「3シリーズ」のデザイン(画像提供:BMW Group)

ボディサイドには、リアドアガラス後端のラインが下りきる直前で曲がり、前に向かっていく「ホフマイスターエッケ」と呼ばれる処理が施してある。「ホフマイスター」は昔のチーフデザイナーの名前、「エッケ」はコーナーの意味で、やはり02シリーズあたりから使っているBMWの伝統だ。

ここの曲率は構造的に小さくできないので、世代が変わってもほぼ一定なのだそう。しかし、新型3シリーズではこの部分を鋭くしたいと考え、ピラー側に黒いガーニッシュを追加した。さらに後ろに行くと、リアパネルを矢尻型にサイドに回り込ませている。こちらは、車体寸法が大きくなる中で、クルマをコンパクトに見せるための技術だそうだ。

クルマをコンパクトに見せるためのデザインも取り入れている新型「3シリーズ」(画像提供:BMW Group)

これまで、ドアハンドルの高さにあったキャラクターラインは、より高い位置に移動させるとともに、ドア下方のラインをリアに向けてせり上げてある。ただし、Z4や8シリーズのような面を使った表現は控えめだ。永島氏によれば、実用車はスポーツカーと違い、車体寸法の制約が大きいことがその理由だという。3シリーズでいえば、日本のガレージやパーキングのサイズも考慮しているそうだ。

ちなみに、新型3シリーズの空気抵抗係数(Cd値)は0.24と8シリーズの0.33を上回る。実用車では燃費の要求も厳しいためだ。

実用車にはスポーツカーよりも多くの制約があり、それらがデザインにも影響を及ぼす(画像は新型「3シリーズ」、提供:BMW Group)

デザイナーとしては面を強調したいところだが、3シリーズのような車種ではなかなか難しいと話していた永島氏。その点、SUVであればカテゴリーの歴史が浅く、まだ決定的な形というものも存在しないので、冒険できる可能性は残されているというのが同氏の見解だ。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu