地域課題解決の秘策は企業研修? 北海道・美瑛町の挑戦

地域課題解決の秘策は企業研修? 北海道・美瑛町の挑戦

2018.11.22

地位課題解決プロジェクトをとおしての研修とは?

美瑛町が大手企業を組んで地位課題解決プロジェクト推進

社員研修を兼ねることで企業が地域活動に参加しやすくなる?

北海道・美瑛町。北海道の中心近くにあるこの町は、観光資源が豊富で道内でも屈指の人気スポットでもある。その美瑛町で、自治体が賛同企業と共同で取り組んだ「地域課題解決プロジェクト」の最終報告会が催された。

このプロジェクトは、企業の若手社員がチーム・ビルディングを行い、美瑛町が抱える課題を洗い出し、そしてその解決策を提示する。美瑛町にとっては町が抱える課題解決のヒントになるし、参加企業にとってはリーダー候補や若手の“研修”の場としての意味を持つ。ちなみに今回参加した企業は、ヤフー、パーソルホールディングス、マクロミル、ヤマトホールディングス、パナソニックなど。

なお、この取り組みの主幹企業はヤフーで、5年前から美瑛町の課題解決に協力している。ヤフーのピープル・デベロップメント統括本部 採用・育成部部長 菱沼恒毅氏は、「ヤフーがこの取り組みに参加している理由は大きく2つあります。ひとつは、こうしたプレゼンに参加することで、ダイバシティ・リーダーシップを社員に持ってもらいたいということ。そしてもうひとつが、課題解決力を磨くことです。つまり、地域振興をとおして人材育成のための“研修”とし取り組んでいます。地域振興にこだわるのは『課題解決エンジン』のミッションを掲げることで、情報技術で日本中の課題を解決し、実現したい世界を表すビジョン『UPDATE JAPAN』を実践するためです」と話す。

参加企業のマクロミルの担当者にも話をうかがった。同社は、ネットリサーチなどの手法で、多くの企業に消費者の声やデータを届け、マーケティングの意思決定をサポートする企業で、今回が2回目の参加となる。同社もやはり人材育成を重要視している。リーダー候補や若手をプロジェクトに参加させることで、同社の社員研修の一環としたい考えだという。

美瑛町の課題解決策の数々、具体化に期待

最終報告会の様子に触れよう。報告会は美瑛町町長・浜田哲氏の挨拶から始まった。まず、浜田町長は「多くの企業と連携して新しい事業に取り組めるのは非常に光栄」と切り出した。そして地域課題解決プロジェクトの今回のテーマは「国際化時代」に焦点を定めたという。もともと美瑛町は、インバウンドの来訪が多いところである。ところが今年は震度7を記録した「北海道胆振東部地震」や台風24号の影響で、外国人観光客の足が遠のいた。そのため町長は、国際化時代をテーマにした今回のプレゼンが、来客の復調のヒントになるのではないかと期待を寄せた。

最終報告会が行われ地域人材育成研修交流センター
最終報告に先立ち挨拶をする浜田哲 美瑛町長

プレゼンはA~Fチームまで、計6チームにより行われた。ちなみに各チームは参加企業による混成チームだ。筆者が気になったプレゼンの一部を抜粋してみよう。

「“丘”yelliプロジェクト」は、観光客収入は高い美瑛町だが、その観光客誘客の源泉となる農地=農家への所得連動につながっていない。その解決をどうするのかという提案。広大な農場という景観を観光推進に活用し、得た資金を農家に還元することはできないか模索する。「VRガイド付きサイクリングツアー」は、激増する外国人観光客に対し、美瑛町の対応は進んでいないことを指摘。多言語に対応するVRを活用することで、人手に頼らないガイドツアーを実現するというものだ。

VRガイド付きサイクリングツアーのプレゼンをするチーム

「BAC(Biei de Asobinagara Comunication)ジュニア」は、数多くの外国人観光客が訪れる美瑛町だが、町民に彼らとコミュニケーションをとるスキルは乏しい。語学力を磨くとともに、異文化に対する興味を喚起する体験活動を行う、いわば“教育”だ。「KUアプリの開発(CODE for BIEIの実現)」は、健康づくりを目的とした美瑛町の取り組み普及のためにアプリを導入し、利用者の健康に対する意識を改革する。つまり“健康”だ。教育と健康は、生活の根幹をなすもの。これらが充実してこそ、町の発展につながるのだと思う。

KUアプリ開発のプレゼンで、美瑛町の健康課題について問題提起

有望そうなプレゼンが多かったが、取り組み自体に課題もある。それは、こうした問題提起や解決策が提示されても、それがまだ具体的な施策として実施されていないこと。どれも、独創的で効果が期待できそうだが、今後は、具体的な施策として始動することが必要だろう。

美瑛町ならではの大自然を堪能、あの名車の姿に感動

さて、せっかく美瑛町に取材に来たのだから、豊かな自然を満喫しなくてはもったいない。地域課題解決プロジェクト開催の翌日には、仕事の合間を縫って、美瑛町の観光スポットに向かった。

まず足を向けたのは「青い池」。JR北海道美瑛駅から、バスで20~30分ほどのところにある。観光スポットとして有名なため、多くの観光客でにぎわっていた。浜田町長はインバウンドの来訪が減っているとおっしゃっていたが、そんな雰囲気はまったく感じなかった。中国人や韓国人を中心に、インバウンド客でまだまだ賑わっている様子を見かけることができた。

美瑛町でも人気の青い池。エメラルドグリーンの水と立ち枯れた木の組み合わせが美しい

「ケンとメリーの木」へも向かった。これは美瑛町の丘に立つ1本のポプラだが、なぜ観光スポットになったのだろうか。往年のクルマ好きならピンときただろう。そう「ケンとメリーのスカイライン」、いわゆる「ケンメリ」のCMの撮影現場に使われた場所だ。この木の至近にあるカフェに寄ったところ、なんとガレージにケンメリが! 小学生ぐらいの時によくみたあの名車と対面できるとは思わなかった。カフェによると、現役で走れるそうだが、保存状態を考えてガレージに入れてあるそうだ。あの名車に会いたければ、カフェをたずねてみるといい。

広々とした丘に1本立つ「ケンとメリーの木」
ケンとメリーの木の至近にあるカフェのガレージ。昔懐かしい4灯丸型テールランプが……

さて、北海道・美瑛町を巡ってみて、いちいちスケールが大きいことに驚いた。まっすぐと伸びた道、その両脇にある少しうねった広大な畑(たぶんジャガイモ畑?)、正面にみえる冠雪した十勝岳連峰、そのすべてが、札幌や函館といった場所と趣を異にしていた。

いかにも北海道という風情が感じられる広大な畑

畑のハナシが出てきたので、浜田町長が懸念していることをひとつ。浜田町長は地域課題解決プロジェクトの挨拶であることを強調していた。それは、観光客が畑に立ち入ってしまうこと。外国人観光客が増えるにしたがって、畑に立ち入る例が多くなったそうだ。もし、北海道・美瑛町を訪れることがあれば、決して畑には踏み込まないでいただきたい。

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

岡安学の「eスポーツ観戦記」 第3回

有料チケットで成功したLJL、日本eスポーツイベントのお手本になれるか?

2019.04.23

よしもと∞ホールで開催された「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」

リーグが進むにつれて増えていったチームや選手の固定ファン

有料チケットにも関わらずリーグでは会場がほぼ満席状態

4月13日、よしもと∞ホールにて、『League of Legends(LoL)』の国内プロリーグ「League of Legends Japan League(LJL)」の王者を決めるプレイオフ決勝、「LJL SPRING SPLIT 2019 Final」が行われた。

対戦カードは2019年春季シーズンのリーグ戦を20勝1敗の圧倒的な強さで勝ち上がった「DetonatioN FocusMe」と、プレイオフのセミファイナルにてリーグ2位の「Crest Gaming」を3連勝で下し、リーグ3位からファイナルに勝ち上がった「Unsold Stuff Gaming」だ。Unsold Stuff Gamingのリーグ成績は12勝9敗と、DetonatioN FocusMeと比べると見劣りするが、チーム状態は上り調子なので、成績差以上の拮抗した試合が期待できそうだ。

20勝1敗の好成績で1位抜けしたDetonatioN FocusMe
リーグ戦3位からセミファイナルを勝ち抜き、ファイナルに進出したUnsold Stuff Gaming

観戦が前提のeスポーツリーグとして成功を収めたLJL

ファイナルの形式は「BO5方式(5戦3勝勝ち抜け)」だ。Unsold Stuff GamingがDetonatioN FocusMeをあと一歩まで追い詰めるシーンがあったものの、結局はDetonatioN FocusMeがリーグ戦の強さをそのままに、3連勝で優勝を果たした。

LJLで優勝したことで、DetonatioN FocusMeは、5月1日から19日にかけて、ベトナムと台湾で行われるMSI(Mid-Season Invitational)に日本代表として出場することが決まった。DetonatioN FocusMeは、昨年のWorldsでプレイインステージで初勝利をあげ、強豪C9をあと一歩のところまで追い詰めるなど、大活躍しただけに、MSIでもそれ以上の成績を期待したいところだ。

決勝に相応しい熱戦を繰り広げたが、結果は3-0でDetonatioN FocusMeで優勝した

今回の「LJL SPRING SPLIT 2019」は、よしもとクリエイティブエージェンシーが運営に加わったこともあり、会場もよしもと∞ホール。観客席が常設されている劇場を使用することにより、観客が観戦することを前提に行われたリーグ戦となった。試合はすべて有料(2500~3500円)で、日本のeスポーツイベントとしては画期的なリーグ戦と言える。

しかも、多くの試合でほぼ満席状態。もっとも少ない日でも6割以上の席は埋まるそうだ。開幕戦と今回のファイナルに限れば、立ち見席まで埋まるほどの人気ぶり。“観るeスポーツ”の先駆けとして、大きな成功を収めたのではないだろうか。

ファイナルは立ち見が出るほどの人気。チケットもあっという間に完売した

徐々に増えていったチーム/選手の固定ファン

観客についても、最初のうちは『LoL』のプレイヤーがプロの試合を観に来るという印象だったが、終盤になるにつれ、選手を応援するファンが増え始め、まさにスポーツ観戦やライブ観戦に近い状態になっていた。観客席を見回すと、誰がどこのチーム、どの選手のファンかひと目でわかるほど、応援が本格的になっていた。

DetonatioN Gamingのユニフォームを着て応援する観客もちらほら。Ceros選手やEvi選手を応援する手作り応援グッズを携えた人も

リーグ戦では、試合終了後にロビーでファンとチームの「ファンミーティング」が行われる。これは昨年も行われていたが、ファンにとっては選手と近づける貴重な場になっていた。

今回のファイナルでも、試合の終了後にフォトセッションやファンミーティングが行われた。死力を尽くした試合後に1時間以上立ちっぱなしでファンに対応するのは、選手にとって決して楽なことではない。しかし、それでもファンを楽しませるのが「プロ」である。

ただ、今後、さらに観客が増え、会場が大きくなった場合は、アイドルの握手会のように、1人あたりの時間を設定する、「はがし」と呼ばれる係員を配置するなど、多少の対策は必要になってくるかもしれない。

試合終了後、ロビーでファンミーティングを行うUnsold Stuff Gaming

今回のSPRING SPLITは、全試合をよしもと∞ホールで行っていたが、今後セミファイナルとファイナルは、もう少し大きな会場で実施してもよさそうだ。

今回は初めてリーグを通して有料チケットでの開催だったこともあり、どれだけの人が訪れるか未知数な状態で席数を増やすのは難しかったかもしれないが、SPRING SPLITを通じて運営の見通しもある程度できたはずだ。2年前のSUMMER SPRITのファイナルは、幕張メッセの幕張イベントホールで開催しており、その席数は固定席だけで3888席。このときもほぼ満席となっていたので、さらに大きな会場での開催も見込めそうである。

日本のeスポーツのなかでは、もっとも観客を集められるプロリーグの1つであるLJL。SPRING SPLITをさらなる飛躍のステップとして、SUMMER SPRITの成功も願いたいところだ。LJLがほかのeスポーツタイトルへも大きく影響することは間違いなく、日本のeスポーツの発展のきっかけとなるのは言うまでもないだろう。

関連記事
Gmailで署名や不在通知を設定する方法

Gmailで署名や不在通知を設定する方法

2019.04.23

Gmailでメールの最後に入れる署名を設定するには?

長期間返信が滞りそうな場合は不在通知を設定しよう

ビジネスメールでは、文末に会社の住所や電話番号といった署名を入れるのが一般的だ。Gmailでは、メール作成の際に署名を自動入力するよう設定できる。

署名を作成する

署名を作成するには、まずGmailの右上にある「歯車(設定)」ボタンをクリック。出てきたメニューから「設定」を選択しよう。全般タブをそのまま下へスクロールすると「署名」が出てくるので、そこに会社の住所や電話番号、自分の所属部署など、必要な情報を記入する。

内容が決まったら「変更を保存」を押して設定を終了する。次回の新規作成メールから署名がメールの下部に記載されるようになる。

署名を作成するには右上の「歯車(設定)」ボタンをクリック。全般タブの下にある「署名」で内容を入力する
次回のメールから作った署名が表示されるようになる

不在通知を作成する

Gmailには、出張や旅行などでメールに返信ができない場合の「不在通知」機能が搭載されている。Gmailの設定を開き、全般タブの一番下にある「不在通知」から設定可能だ。

不在通知のオン・オフの切り替えや、開始日、終了日を指定することができる。不在通知として送るメールの件名と内容を入力したら「変更を保存」ボタンを押して準備は完了だ。設定期間中に届いたメールに対して、自動的に設定した内容でメールを返信するようになる。

「設定」の全般タブにある「不在通知」で必要事項を設定する

「Googleサービス使いこなしガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/googleservice

関連記事