スタートアップW杯が開幕! 150社の中から日本代表に選ばれた企業は?

スタートアップW杯が開幕! 150社の中から日本代表に選ばれた企業は?

2018.10.18

スタートアップW杯の日本予選が開催された

150社以上の応募の中から選ばれたファイナリスト10社が集結

各社プレゼンによって日本代表の1社が決定する

日本にシリコンバレーのような街はまだない。それでも、最新テクノロジーを駆使したサービスや、思いもよらない斬新なアイデアで、会社を立ち上げる人がいる。

多種多様なスタートアップが生まれる中で、最もすばらしいイノベーションを起こす企業はどこだろう――。

企業規模だけでは勝負できない時代になったことで、ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家に加えて、競争力を手に入れたい大企業も、そんなことを考えているのではないだろうか。

「魅力的なスタートアップはどこか」という問いに、1つの答えを提示してくれるのが、2017年から開催されている「スタートアップワールドカップ」だ。この大会は、世界40カ国以上のスタートアップから最も優れた1社を決めるという、Fenox Venture Capital主催のグローバルビジネスコンテスト。2018年10月5日に、2019年にサンフランシスコで行われる世界大会の日本予選が行われた。

予選では、応募のあった150社以上のスタートアップのうち、書類選考を通過した10社の精鋭たちがステージ上でプレゼンテーションを実施。事業化の経緯やビジネスプラン、プレゼンテーションの出来などに加え、SNSによる一般ユーザーからの投稿によって点数を導き出し、最も高かった1社が世界大会への切符を手にする。今回は、世界大会に進む日本代表を決めるだけでなく、スポンサーのサントリー、セガサミーホールディングスからそれぞれの企業賞も贈られた。

まずは、日本予選のファイナルに進出した10社を簡単に紹介しよう。以下、セリフは各社プレゼンテーターのものである。

ツールや言語の壁を超えたコミュニケーションを実現する「Kotozna Chat」

トップバッターを務めたのは、Kotoznaだ。同社が提供している「Kotozna Chat」は、QRコードを読み取ることで多言語のコミュニケーションを促進するチャット翻訳サービス。LINEとWeChatなど、異なるSNSのやり取りでもリアルタイムの翻訳が可能だ。

プレゼンテーションでは「国際コミュニケーションで最も大きな問題は言葉の壁。また、近年メッセージングのプラットフォームが存在しますが、個々のシステムが孤立していることも問題です」とグローバルなコミュニケーションにおける課題を提示し、自社のサービスを紹介した。

独自の技術で古着から質の高いポリエステルを生み出す

続いて登場したのは日本環境設計(JEPLAN)。古着からポリエステルを生成する技術でサービスを提供している。一般的な熱によって溶かすリサイクル方法とは異なり、ポリエステルを分子レベルまで分解してから不純物を取り除くことで、質の高いポリエステル繊維を生み出すことができるという。

「私たちが日々着ている洋服は、ポリエステルからできています。そのため、服を捨てることは、石油の廃棄と同義。エネルギーになるはずのものが、何万トンというゴミになっているのです。繊維業界の市場は大きいのですが、リサイクル技術は発達していません。そこで我々は、衣服から衣服を生み出す技術を開発しました」と、ビジネスの意義をプレゼンテーションで述べた。

ブライダルSNSのリファラル集客で、粗利重視から品質重視の挙式へ

結婚情報ソーシャルニュースアプリを提供するオリジナルライフ。国民生活センターには、「見積りから100万円以上も高い結婚式費用がかかった」「挙式プランの条件が人によって大きく異なる」といった結婚式に関するクレームが年間で1600件以上届くといわれており、同社はそのトラブルを回避できるよう、挙式の準備状況に合わせてパーソナライズ化された情報が届くサービスを開始した。

発表の中では「我々は、先輩花嫁が後輩花嫁に結婚式場を紹介する“リファラル集客”のプラットフォームを提供しています。従来、広告で顧客獲得を行っていた式場は高い粗利を求めていましたが、リファラルで集客するようになれば、多くの推薦を得るために良い結婚式を実現するようになるでしょう」と、同社のビジネスによってもたらされる効果をアピールした。

農業フランチャイズ「LEAP」を進めるアグリベンチャー

seakは農業プラットフォーム「LEAP」を運営しているスタートアップだ。同プラットフォームでは、農地の開拓から施設の構築、栽培技術の提供、販路の確保、資金の斡旋までをパッケージで提供。フランチャイズモデルで、契約者(フランチャイジー)はパッケージに対する原価と15%の手数料を支払う仕組みだ。

プレゼンテーションでは「LEAPでは土を袋に入れて苗を植える『袋栽培』という独自の栽培体系を用いており、従来の2.4倍の収穫が可能です。また、我々の持っている調達プロセスで、一般的な見積りと比べて約45%のコストカットにも成功しました。すでに収益性は確認できており、高島屋などのデパートも私たちの野菜を取り扱ってくださっています」と、袋栽培のサンプルを提示しながら、効果や実績などを説明した。

ディズニーのコラボとエンタメ性で学ぶ体験を高める

中高生向けの教育プログラムを開発・運営しているLife is Techは、ウォルト・ディズニー・ジャパンと協力して「テクノロジア魔法学校」というプログラミング学習教材を開発。用意された100時間以上のカリキュラムについて、4カ国語で学習することができる。

プレゼンテーションでは「コーディングのエデュケーションに関してはさまざまな問題があります。収入レベルの差や地域の差を埋めるためにはオンラインの教育が不可欠ですが、現状は効果があまり高くありません。そこで、テクノロジア魔法学校では、スクウェア・エニックスの元CTOに開発ディレクターを担当してもらいました。エンターテインメントは学ぶという体験を高めるうえで非常に重要です」と、教材の学習率を高める工夫を紹介した。

スペースエージェントが提供する“投資の成功体験”

続いて登場したのが、民泊運営物件ポータルサイト「民泊物件.com」や、不動産投資アプリ「収益物件.com」を運営しているスペースエージェントだ。

「日本では現在820万件の空き家があります。その原因は、人口減少と利益重視の不動産業界の体質、そしてアセットマネジメントの教育が日本で行われていないことにあるのではないでしょうか」と空き家が多く存在する理由を分析し、「私たちは物件情報を提供するだけでなく、スコアリングシステムを提供することで不動産投資の成功体験を提供できます」と、自社の強みを語った。

海外から優秀な人材を集めるAI-OCRベンチャー

識字認証AIサービスによって日本からムダな業務を排除しようと試みるCinnamonは、AI-OCRソリューション「Flax Scanner」を提供している。請求書のように、取引先ごとでレイアウトの異なる非定型帳票でも、学習によって自動で読み取ることができるサービスだ。

「我々の強みは人的資源。すでに経験豊富なAIのプロフェッショナルであるメンバーが集まっているだけでなく、ベトナムや台湾といった海外からも優秀な人材を積極的に採用しています」と、会社のストロングポイントを述べるとともに、「日本には紙の資料が多く残っていることもあり、ポテンシャルは非常に大きいと感じています」と、ビジネスの可能性を示した。

これからは空気を選ぶ時代。エアロシールドで無菌の空間を

エネフォレストは、紫外線殺菌装置「エアロシールド」を提供している。同製品はティッシュボックスほどの大きさの装置で、紫外線によって空気中のウイルスを殺菌することが可能だ。クライアントは人が集まる場所すべてが対象。デパートや鉄道インフラ、学校やオフィスなども含まれる。

プレゼンテーションでは「風邪とは200種類以上のウイルスなどの総称。そう考えれば、みなさんも何らかの形で感染症にかかったことがあるのではないでしょうか。感染症は同じ空間を共有しただけで、空気感染を引き起こしてしまう可能性があります。それを防ぐために我々は『エアロシールド』を開発しました。これからは空気を選ぶ時代になるでしょう」と開発の背景や製品の効果を述べた。

ソニーとZMPのジョイントベンチャーがドローン事業に参入

ドローン(UAV)を使った空撮測量を実施するAerosenseは、ソニーとZMPのジョイントベンチャー。ソニーのセンシングロボティクス技術と、ZMPの自動運転技術を活用して、企業向けのソリューションを提供している。ドローンの飛行からデータ処理まですべて自動で行うので、オペレーションは簡単。システムソリューションとして提供することもできるという。

プレゼンテーションでは「例えば、除染土壌のカバーシート点検などは手間がかかるだけでなく、健康の被害を受ける可能性がありますが、ドローンを使うことでそのリスクを回避することができます。また、もともと6週間かかっていた90haの測量を、わずか1週間で完了するという効率化にも成功しました」と事例を交えながら、メリットを訴求した。

セキュリティでコネクテッドカーを守る「Trillium Secure」

最後はTrillium Secureの発表だ。コネクテッドカーやIoT接続機器をハッキングから守るセキュリティサービスを提供している。

プレゼンテーションでは「古い車はすべてハッキングされる可能性があります。しかし、新しいからといって安全だとは思わないでください。多層的なセキュリティプラットフォームを実現することが大事です。Trilliumは車両や航空機などの運輸システムをセキュアにすると同時に、サイバー攻撃からネットワークを守ります」と、自動車の安全性の大事さを強調した。

世界大会への切符を手にしたスタートアップは?

10社のプレゼンは非常に緊張感ある中で行われた。世界大会であるため、もちろん発表はすべて英語。プレゼンテーションも質疑応答も時間にはシビアで、話し中だろうが質問中だろうが、時間になったら強制終了という印象だった。

審査員を務めたメンバー。写真左の左側から順に、Plug and Play Japan Managing Partnerのフィリップ 誠慈 ヴィンセント氏、We Work Japan CEO クリス ヒル氏、内閣府 科学技術・イノベーション担当の石井芳明氏、アステリア 代表取締役社長/CEOの平野洋一郎氏、日本マイクロソフト 業務執行役員 マイクロソフトテクノロジーセンター センター長 サイバークライムセンター 日本サテライト責任者の澤円氏、ZUU 代表取締役の冨田和成氏、ボードウォーク・キャピタル 代表取締役社長の那珂通雅氏、デロイトトーマツベンチャーサポート 事業統括本部長の斎藤祐馬氏

そんな雰囲気の中、いよいよ受賞者発表の瞬間が訪れた。

まずはサントリー賞だ。受賞企業には、サントリーと事業提携のための面談機会が提供されるという。

みごとサントリーのハートをつかんだのは、Kotozna。サントリーとチャットサービスの連携と言われてもピンとこないが、サポートセンターや問い合わせの窓口を多言語化するといった連携があるかもしれない。広報にバーチャルYouTuberを起用したり、ブロガー向け工場見学を実施したりと、何かと新しいことにチャレンジするサントリー。おもしろい化学反応が起きることに期待したい。

次に発表されたのが、セガサミーグループ賞。特別投資賞金5000万円を勝ち取ったのは、Life is Techだ。セガサミーグループといえば、エンタメの企業。スタートアップへの投資は、将来のエンタメの種を見つけるために行っているという。プログラミング学習教材の開発ディレクターにゲームメーカー出身者を採用するなど、Life is Techの「学習×エンタメ」という考え方に共感したのだろうか。

ちなみに、大崎にできたセガサミーの新しいオフィスでは、コワーキングスペースを設けるなど、イノベーションの創出にも力を入れている。2018年10月16日には、今回スタートアップワールドカップを開催しているFenox VCと約22億円のファンドを締結した。世界規模でのイノベーションが活発になりそうだ。

そして、スタートアップ日本代表の発表である。

150社以上の中から、みごと日本一の座に輝いたのは、古着からポリエステルを生成する日本環境設計(JEPLAN)だ。2019年5月にサンフランシスコで開催される決勝大会への切符を手にした。

並みいる強豪を抑え、日本代表のスタートアップとなった日本環境設計。だが、もちろんこれで終わりではない。決勝大会では世界40以上の国と地域の精鋭スタートアップたちが待ち構えている。まさに、「彼らの本当の戦いはこれから」だろう。

関連記事
バズりを狙いスベって炎上、「リアルガチでやばい」年金ツイート問題

カレー沢薫の時流漂流 第33回

バズりを狙いスベって炎上、「リアルガチでやばい」年金ツイート問題

2019.03.25

漫画家・コラムニスト カレー沢薫さんの社会派連載!

第33回は、リアルガチでやばい「日本年金機構のツイート炎上」について

日本年金機構のツイッター広告が炎上し、即ツイ消しおよび謝罪する事態になったという。その炎上したツイートというのがこちらの文言だ。

「ガチヤバイ!? リアルガチでやばいかも!? 新社会人のみなさまへ 受け取る年金少なくなってない!? ねんきんネットで確認だ!」

これは非常によくある「ウケると思ってスベッた上に大炎上」パターンであり、「炎上ガチャ」でこれが出て来たら確実に低レアなので「即売却」といった感じだ。

問題のツイートでは何かを差別、あるいは蔑視しているワケでもなく、火力としてはチャッカマン程度であり、そんなに怒らなくてもとさえ思えるが、やはり怒る方にも理由はある。

日本年金機構はこれまでに大きな不祥事を起こしてきている。2007年にはオンライン化した年金データに不備や誤りが多いことが発覚した「消えた年金問題」というのがあった。

ちゃんと年金を納めていてもそれが記録されていないため、将来の年金額が減ってしまうかもしれない、という非常に重大な事件である。国民から取るだけ取っておいて、その管理がずさん、という、メロスでなくても激怒して走り出す案件であった。また、2015年には215万人の個人情報を流出させるという情報漏えい事件も起こしている。

こんな信用残機ゼロの状態では「ちょっとしたおふざけ」でも「ガチでやばいのはお前らのせいだろ」「何故こっちを煽る? まずそっちがちゃんとしろ」「こんなことに俺たちの年金を使いやがって」という鬼のマジレスが来てしまうのは当然である。

広告にユーモアは大事だが、「年金」クラスの笑いごとじゃないテーマになると「真面目かよ!」と言われるぐらい真面目にしておいたほうが良い、という好例だ。

炎上広告が出ると必ず「おかしいと思う奴はいなかったのか」「誰か止めろよ」という声が出るが、「SNSでバズること」を目的にすると、人間の視野は2度ぐらいになってしまう。そのため、過度な悪ふざけになっているとか、弩級の差別表現が入っているということにマジで気づかなかったりするのだ。

また、社内に「これはおかしい」と思う人間が5億人いたとしても、トップが「これはウケる」と思ってしまっていたら、下っ端にそれを止めることはできない。個人がやるとどうしても考えが偏るので、企業はさまざまな性別年代の人間に意見を聞いた上で、広告を打った方が良いと思う。

だが意見を幅広く聞いた上で、一番上がそれを「考えすぎだって」と一蹴して断行したりするので、組織の炎上というのは根深い問題である。

今回の炎上を「明日は我が身」と思う理由

だが今回の年金機構の炎上は、個人的感情として「一概に責められぬ」感がある。

今回の広告はその表現を「他人事かよ」と大いに責められたわけだが、年金機構的にはそんなつもりはなく、どうやったら若者に年金に関心を持ってもらえるか、真面目に考えた結果「ああなってしまった」のではないだろうか。

二十代前半ばかりの職場でただ1人アラフォーの自分が、無理して若者言葉を使い盛大にスベッた挙句、給湯室でメチャクチャ悪口言われてた、みたいな図を想像すると、「身に覚えがある」もしくは「明日は我が身」なので、あまり責められないのだ。

実際、年金機構は年金に対し捨て鉢になっているわけではなく、何とか国民に年金に関心を持ってもらい、適切に払ってもらいたいと思っていることだけは確かなのである。

ところで、私は去年無職になったことにより、厚生年金から国民年金になってしまった。当然国民年金だと厚生年金より将来もらえる額は少ない。将来の不安を感じた私は、「国民年金基金」の資料を取り寄せた。

国民年金基金とは、自営業や私のような無職が国民年金とは別途で年金料を収め、将来もらえる年金額を増やせるという制度である。支払った金額は確定申告の控除対象にもなるので節税にもなるのだ。

年金は当てにならないから他で老後資金を作ろうという声も大きいが、それでも年金ほど確実でリスクが少ないものは今のところない、という意見も多く見られる。

だが、資料を申し込んだ時は熱かった気持ちが、届いた時冷めているというのはよくあることで、取り寄せるだけ取り寄せてしばらく放置していた。

すると国民年金基金から電話がかかってきたのである。私は電話が苦手で、取ると青紫色の粉瘤が出来るので取らなかったのだが、こんなテーマで書くことになるなら粉瘤の一つや二つ覚悟で取れば良かった。おそらくだが「国民年金基金どうでしょう?」という内容だったのではないだろうか。端的に言えば「営業電話」である。

その後、電話は数回かかってきて、驚くべきことに、日曜日でもかかってきた。国の機関が日曜に動くとは思っていなかったので驚愕である。

「必死かよ」と思ったが、事実必死なのだろう。それぐらい年金はひっ迫しているのだ。もしかしたらノルマ的なものすらあるのかもしれない。

年金をもらうのは我々である。企業の炎上なら「不買運動」ができるが、年金の場合「不払運動」になり、後々受取額が減って困るのは国民の方である。

今回の炎上で国民が年金に対しますます拒否感を持ってしまったのは、年金機構というより我々にとっての悲劇なのだ。広告自体には反感を持ったかもしれないが、年金に関心を持ち、自身の年金状態を確認するのは大事なことである。

私も次に電話がかかってきたら、粉瘤上等で取ってみようと思う。

関連記事
LINEをやめるには? アカウント削除の方法

LINEをやめるには? アカウント削除の方法

2019.03.25

LINEの利用をやめる時はアカウントの削除が必要

機種変更などで使う「引き継ぎ」とは違うので注意

LINEアカウントの削除には、注意が必要だ。機種変更やスマートフォンの故障、アプリの不調といった理由で削除を考えているとしたら、それは間違っている。その場合に必要なのは「引き継ぎ」という処理だ。

アカウント削除はLINE利用そのものをやめる時に行う作業だ。新しく別のアカウントを作り直してもいいが、これまで繋がりのあった人々との縁は切れてしまう。もし連絡を取り続けたいのならば、あらためて友だち登録をしてもらわなければならない。

最近はLINEの連絡先しか知らないという関係も珍しくないから、中には交流が途切れてしまう相手もいるだろう。そういったことを理解した上で、削除作業を進めてほしい。

LINEアカウントを削除する

メイン画面で右上にある歯車マークをタップし、設定画面を開いたら「アカウント」を選択しよう。次に一番下にある「アカウント削除」をタップすると、警告画面が表示されるはずだ。アカウントにログインできなくなるというのは、もう同じアカウントが利用できないことを意味する。問題なければ「次へ」をタップしよう。

設定で「アカウント」を選択
一番下にある「アカウント削除」をタップ
警告画面の中身を読んだ上で「次へ」をタップ

次の画面では、アカウントを本当に削除するのかが確認される。これまで獲得したポイントやアイテム、購入したコイン等も全てなくなるということが「保有アイテム」のところで示されているはずだ。

今回説明に利用しているアカウントは、LINEをほとんど利用していない状態なので、多くの項目が「0」になっているが、ある程度利用していればスタンプをたくさん購入してきていたり、購入のためにコインを保有していたりといったこともあるだろう。それらは新しく作ったアカウントに引き渡すようなことはできない。全て失って問題ないということであれば、下にある「すべてのアイテムが削除されることを理解しました。」という欄にチェックを入れよう。

コイン、ポイント、スタンプ、着せかえの全てが削除されることを理解したらチェックを入れる

下へスクロールすると、連携アプリについても確認される。LINEアカウントを利用してログインしていたアプリや、LINEコインで何かが購入できていた連携アプリがあれば、その連携も解除される。問題がなければ、確認項目にチェックを入れてさらに下へ進もう。

連携アプリがある場合はそちらの利用についても確認したい

最後に友だちリストやトーク履歴を含む全てが利用できなくなることが再確認される。ここにもチェックを入れると「アカウント削除」ボタンが有効になるはずだ。本当に問題がなければ「アカウント削除」ボタンを押して完了させよう。

全ての確認用チェックボタンにチェックを入れれば削除処理が有効になる。「アカウント削除」ボタンが有効になったらタップして完了だ

「LINE(ライン)基本の使い方ガイド」バックナンバーはこちら
https://biz.news.mynavi.jp/category/line

関連記事