魅力的なVTuberの世界観とは - シロさん×ばあちゃるさん、VRインタビュー

魅力的なVTuberの世界観とは - シロさん×ばあちゃるさん、VRインタビュー

2018.10.10

TGS2018で電脳少女シロさんとばあちゃるさんのインタビューを実施

念願のE3生中継を達成したシロさんの次なる目標は?

魅力的なVTuberの世界観について、ばあちゃるさんが考えを述べる

日経ビジネス 副編集長の山中浩之氏は、おもむろにヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着し、バーチャルリアリティ(VR)空間へダイブする。

そこで待っていたのは、バーチャルYouTuber(VTuber)の電脳少女シロさんと、ばあちゃるさん。今まさに、VR空間でVTuberに対する公開インタビューが行われようとしているところだった。

山中氏「うわあぁぁぁぁぁぁぁ! すげぇ!」

叫ぶ山中氏。取材が行われた実際の会場には山中氏の目に映っている光景がまだ届いていないため、いったい何が起こっているのか分からなかったが、おそらく初めて足を踏み入れたVR空間に対して感動しているのだろう。

山中氏「これはすごい! 映像はまだつながりませんか? はやくこの様子をみなさんにお届けしたいですね」

とにかく興奮する山中氏。遊園地に来た子どものようなはしゃぎっぷりだ。

映し出された映像がこちら。左下のHMDを装着している男性が山中氏だ。右下が山中氏の視点である。ちなみにVR空間では、山中氏は藍色の髪の女性の姿でインタビューに臨んだ。Vtuber支援サービス「Vカツ」を使って、山中氏が自らアバターを作成したという

なお、インタビューは東京ゲームショウ2018(TGS2018)の「VTuberが切り開く新たな『XR』の可能性とは?」というセッション内で行われた。同テーマについて、直接VTuberに聞いてみようというわけだ。

グローバルなVTuberを目指すシロさん

山中氏「いやぁぁ、かわいいですねぇぇ~~。早速ですがシロさん、普段の活動内容を教えていただけますでしょうか」

まだまだ興奮気味の山中氏ではあるが、VTuber2人へのインタビューが始まった。

シロさん「はい、アイドルを目指すべく、踊ってみた動画やゲーム実況の動画を配信したり、テレビやイベントのMCをしたり、いろんなことに挑戦しています」

ばあちゃるさん「そうなんですよ、ハイハイハイハイ~」

質問に答えるシロさん

ちなみに、「VTuberって何?」という読者のために説明しておくが、VTuberとはさまざまな動画をYouTubeにアップするバーチャル上のキャラクターのことだ。最近は動画制作だけでなく、企業の宣伝を行ったり、テレビ番組に出演したりと、さまざまな取り組みを行っている。「それだけ聞いてもわからん」という人のために、動画のリンクを1つ貼っておこう。

VTuber・輝夜月のゲーム実況動画。ほかにも、声真似や絵描き歌など、さまざまな動画があるのでぜひ観てほしい。何なら、チャンネル登録してみてほしい

山中氏「シロさんは多方面で活躍されているようですね。デビューしてから大変だったことは何でしょうか」

シロさん「そうですねぇ、シロはデビューしてから1年経ったのですが、VTuberブームが来る前はあまりファンの方もいなくて大変でした。『誰か観て!』って感じでしたね」

ばあちゃるさん「ハイハイハイハイ~」

今では5000人を超えるVTuberが活躍しており、ファンの数も1400万人以上いるというが、ここまで市場が拡大したのはつい最近の出来事。2017年末ごろにブームが到来し、そこから多くのVTuberが登場したのだ。その話題性や影響力の高さから、最近では大手企業がプロモーションの一環として活用することもあるほど。弊誌でも、以前ロート製薬に取材を申し込んだ際、対応してくれたのがVTuberの根羽清ココロさんだった

山中氏「これから目指したいことはありますか?」

シロさん「海外のFPSやTPSのシューティングゲームがとっても好きで、先日海外のゲームイベントE3で日本語と英語を使った現地レポートを生配信しました。実はそれがやりたいことでもあったので、今は次の夢を1つずつ増やしていっているところですね。海外方面でも活躍できたらなぁって思ってます」

今回のインタビューが行われたのは2018年9月21日。約2週間後の10月5日には、その宣言通りに「Siro reported from Anime Expo 2018! - World Premiere of SSSS.GRIDMAN」という英語の動画がアップされていた。バーチャルとリアル、そして日本と海外を股にかけ、八面六臂の大活躍といえよう。

海外で行われた「Anime Expo 2018」の紹介動画。すべて英語で紹介されている

山中氏「ばあちゃるさん、さっきから何か言いたそうな様子ですよね」

ばあちゃるさん「そんなことないですよ~。これからたくさん質問くるかなぁ~と思って、準備運動してたんですよハイハイハイハイ~」

山中氏「そういえば、シロさん1歳の生誕祭では、バーチャル空間でカラオケ大会を開催したそうですね」

ばあちゃるさん「よく知ってますねぇ~。イヤイヤイヤ~。業界を盛り上げるべく、ほかのVTuberさんも呼んで定期的に大型のイベントを開いてましてね~ハイ。バーチャルカラオケのときも非常に盛り上がったんですよハイハイハイ」

シロ「ほかのVTuberさんと一緒に、バーチャル空間で人間みたいに遊ぶことができて、新時代の幕開けだ~って思いました」

ばあちゃるさん

リアルイベントでもバーチャル空間から参加できるVTuber

山中氏「確かに、だんだんTGS2018の会場にいることを忘れて、シロさんとばあちゃるさんと3人で話しているような感覚になってきますね。ところで、ビジネスっぽいお話も聞きたいのですが」

ばあちゃるさん「いいですよぉ~、山中さん! 何でも聞いてくださいねぇ~、ハイハイハイ」

山中氏「元々シロさんがゲームのキャラクターだったと聞いたことがあるのですが、事実ですか?」

ばあちゃるさん「えぇ~……。超答えづらいヤツきましたね。……えっと。まぁ、確かにですねぇ、運営会社が作っているゲームの主人公にすごく似ているという噂があるんですけど、なにも明かされないので、これはですねぇ、ご想像にお任せします! 山中さんブッ込んできましたねぇハイハイハイ~」

上記のやり取りについて説明すると、シロさんの運営を行うアップランドが発表したスマホ向けソーシャルゲーム『少女兵器大戦』に登場する主人公「兵姫シロ」が、シロさんの“元ネタ”なのではないかと、一部では噂になっていたのだ。ちなみに、ゲーム自体、発表はあったもののリリースされているわけではなく、開発がどこまで進んでいるのかはわからない状況である。

山中氏「ゲームを作ろうと考えていたとすると、シロさんが人気者になったところでゲームが出るのではないかと思えるのですが、そのあたりはいかがでしょう。いずれシロさんが登場するゲームが出ることもありそうですね」

ばあちゃるさん「ばあちゃるくん的に、もしそのようなゲームが出たらやってみたいと思うのですが、運営会社はVR関連に“お熱”なので、完全にゲームを放置してVRばかり作っているのではないかなと思います。そのうち、ゲームにもやる気出すかもしれないですけどハイハイ」

山中氏「なるほどそうですか。シロさんは多方面で活躍されていますが、VTuberに向いている仕事はあるのでしょうか」

ばあちゃるさん「今回もそうですが、我々は現地にいるわけではなく、電脳世界からつながっています。シロちゃんも過去にアメリカのイベントにお呼ばれしたことがあるのですが、実際にアメリカに行くことなく電脳世界から中継を配信することができましたハイ。世界中のリアルイベントに参加できることは、VTuberの大きなメリットだと言えるのではないでしょうか」

山中氏「逆にデメリットは?」

ばあちゃるさん「デメリットとしては、まだまだイベント運営の知見がないところだと思いますねハイハイハイ。ただですねぇ、その点手前味噌ですが、シロちゃんはVTuber業界で一番と言っていいくらいリアルイベントをこなしています。コンサルティングまでやってくれたりくれなかったりしますよハイハイハイ~。山中さん仲良くしましょうね~」

個性と設定が魅力的なVTuberを作る

山中氏「では、プロデューサーとしてのばあちゃるさんにお聞きしたいのですが、VTuberの世界観はどういう点を大事にしていけばいいと思いますか?」

取材をする山中氏。VR空間では美少女だ

ばあちゃるさん「なかなかシビアなところをついた質問ですねぇ。あくまで、ばあちゃるくんの所感ですよハイ。個人の場合は、え~、なんといえばいいんですかねぇ。VTuberさんを構成する魂の部分とでも言いましょうか、その体験などに依存されます。企業さんの場合は魂の方々がそこまで影響しないので……、設定とかをですねぇ…しっかり考えることが多いわけですハイ。個人的にはハイブリッド型がいいと思っているので、そこを目指したいですね。魂の輝きにも依存しながら活動していくのことが、みなさんが楽しめる世界観の共有になるのではないかなと思います。言葉を選んでいるので、ちょっと伝わりづらいかもしれませんがハイハイハイ~」

ばあちゃるさんは口ごもりながら話していたが、要するに個人でVTuberを運営している場合は“中の人”の経験などが個性を生み出し、企業が制作している場合はしっかり“キャラ設定”を行う傾向が強く、理想的なのは「キャラ設定と“中の人”の魅力が掛け合わされること」という理解でいいだろう。

山中氏「これから先、シロさんのようなバーチャルタレントが増えていくと思いますか。ゆくゆくは実際のタレントさんの仕事を、VTuberが置き換えるようなことも起きるのではないでしょうか」

ばあちゃるさん「こちらも個人的な所感ですが、直近では置き換わることはないと思います。でも、5年後とかはわかりませんよハイハイ。ガラケーを使っているときにスマホがここまで普及するなんて思わなかったのと同じで、未来のことはわかりません。今タレントさんがやっている仕事をVTuberが行うようになるかもしれませんし、今のタレントさんがバーチャルでも活動するようになるかもしれませんね。可能性としてはゼロではないでしょうハイハイハイ」

山中氏「もしそうなったら、シロさんはどのような活動をしたいと思いますか?」

シロさん「シロはいつも、応援してくれるファンの人をいろいろな場所に連れて行ってくという気持ちで活動しています。これからもファンの方と一緒に、VTuberの文化を作っていければいいなって思います。そのためにもいろいろなことに挑戦していきたいですね」

山中氏「なるほど、わかりました。いやぁ、実際にやってみて驚きましたが、普通に話すことができますね。本日はどうもありがとうございました!」

最後は3人並んで記念撮影。操作のおぼつかない山中氏はうまく直立することができなかった

加熱していくVTuber業界。ゲーム実況や歌ってみた動画などの配信が活動の中心ではあるが、なかには新型iPhoneの発表会に登場したり、株主総会の事業報告をしたりと、多方面で活躍するVTuberを目にする機会が日に日に増えている印象を受ける。VTuberのポテンシャルの大きさに驚かされるばかりだ。シロさんも話していたように、VTuberが新時代を切り拓いていく可能性は高いのではないだろうか。

NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu