24時間365日 Apple Watchを身に着ける私が「Series 4」を買う理由

24時間365日 Apple Watchを身に着ける私が「Series 4」を買う理由

2018.10.05

Apple Watch Series 4を絶賛し、即購入してしまった理由

思い描いていた機能や性能が、Series 4でやっとカタチに

Apple Watchの基本形ができた今、本当の進化が期待できる

腕時計をはめなくなって十数年から一転、毎日ほぼ24時間Apple Watchを身に着けるようになって約2年。今やApple WatchがあるからiPhoneを使い続けているような状態の筆者にとって、Apple Watch Series 4は"神"を付けたくなるようなアップデートになった。その理由とは……。

不満だった初代から、Series 4を即決するに至るまで

Apple Watchは初代から買い続けて「Series 4」で4台目だ。今年は、Nikeとのコラボレーションモデル「Apple Watch Nike+」(10月5日発売) の40ミリを購入した。

9月21日の「Apple Watch Series 4」発売に続いて、10月5日に登場する「Apple Watch Nike+」。新しいNikeスポーツループには光があたった時に反射する糸が用いられている

かく言う私も、無条件でApple Watchを買い続けてきたわけではない。ファッション性と通知機能を訴求点としていた初代モデルには満足できず、同じ路線のままだったらSeries 2には手を出さなかった。しかし、Series 2でAppleがアクティビティ/フィットネスの強化に乗り出したことで、がぜん面白くなってきてコンプリートが継続している。

そう言うと、アクティビティ/フィットネス「だけ」がApple Watchを買う理由だと思うかもしれないが、そうではない。私が思うApple Watchの最大の長所は「常に身に着けていられること」だ。私はアクティビティ/フィットネスが入口だったが、その長所は全ての人に当てはまると思う。

Apple Watchを手にするまでは、アクティビティバンドをランニングの距離/ペースの記録やレース前の調整に使っていた。でも、毎日の歩数とか、カロリー消費量といったアクティビティは記録していなかった。アクティビティバンドを常時身に着けていなかったからだ。軽くて着けやすいアクティビティバンドでは機能が限られ、逆に十分なセンサーを備えている製品はサイズが大きく、多くはアクティビティ向けのデザインで服によっては悪目立ちしてしまう。

Apple Watchは、シリコンのスポーツバンドやカラフルなスポーツループを付けたらアクティブなデバイスになり、ミラネーゼループを合わせたら高級感を漂わせる。バンド交換が面倒でも、自分の服装を考えてバンドを選べば、1つのバンドで幅広いファッションに対応してくれる。そして、他の多機能時計や高機能スマートウォッチが大ぶりなデザインのものばかりであるのに対して、Apple Watchは様々なセンサーを備えながら本体サイズはコンパクトだ。ずっと装着し続けても苦にならない。

アクティビティ向けのバンドでも色を選べばカジュアルになりすぎない。バッテリー持続時間は約1日。就寝時に充電する人が多いが、AutoSleepを使った睡眠トラッキング、スマートホーム機器の操作、振動による無音目覚ましなど、ベッドでも活用している筆者は2台使いでほぼ24時間身に着けている

常に身に着けるからこそ、価値がある

なぜ、それが大事なのかというと、ウェアラブルは身に着けてこそ価値があるからだ。重くて身に着けるのが苦になったり、服装によって外すようなデバイスでは得られるデータが限られる。逆に言うとユーザーが常に身に着けているデバイスであることで、スマートウォッチで「できること」が大きく広がる。

Series 2が発表された後、アクティビティ/フィットネスはスマートウォッチの機能の1つでしかなく、そこに力を注ぐのをリスクと見なす声が当時はあった。だが、それはきっかけに過ぎない。スマートウォッチに関心を持ってもらう最初の市場としてアクティビティ/フィットネスが適していただけで、本当の狙いは、多くのセンサーを備えたスマートウォッチを常に身に付けてもらうことだ。

それによって新たな可能性が広がる。例えば、ウェアラブルを運動の記録にしか使っていなかった人が生活全体の活動データを取るようになることで、体の変調のアラートといったヘルス分野に活用が広げられる。今年の2月に起こった飲酒運転による事故で、乳児と共に被害に遭った女性がApple WatchのSOS機能によって自ら救急車を呼ぶことができた。いつ事故に遭うかなんて予測することはできない。SOS機能も、ユーザーが常に身に着けるデバイスであってこそ有用性が増す。

Series 4の要が「ヘルス機能」という話は誇張ではない

前振りが長くなってしまったが、小さなバッテリーしか積めない限られたサイズの中で、性能と効率性を向上させながら、Series 2でGPS機能と水泳にも使える耐水性能、Series 3でセルラー機能を実装するなど、ユーザーが常に身に着けていられるデバイスとしてApple Watchは着実に進化してきた。その上で、次のステップに進むのがSeries 4である。

私がSeries 4を買った最も大きな理由はヘルス向け機能だ。通常よりも高い心拍数に加えて低い心拍数を検知する機能やECG (心電図、米国のみで年内に提供開始)など、心拍計に関する機能が強化された。スマートウォッチの一般的なセールスポイントとして、心拍計強化は弱いと思う。「カメラ搭載」とかの方が話題になるだろう。だが、すでにApple Watchを常に着けて生活している私のようなユーザーにとって、ヘルス機能の強化は大きなプラスである。

心拍数を知るのはスポーツのリカバリーなどで役立つが、普段の生活においてもストレスがかかっている時に無理をせず、休んだり、気分転換で体を動かすといったブレーキをかける指針になる。心拍数を測るデバイスを使っていない人がこの感覚をイメージするのは難しいと思う。例えるなら、携帯電話を持ち始める前と後だ。以前は携帯なしで外出しても気にならなかったのが、携帯を持ち歩くようになると携帯なしの外出が考えられなくなる。同じように、心拍について知るようになると、体の声を聞かずに生活するのが無鉄砲なことに思えてくる。

心拍を測るようにしておくと、調子が出ない時、ストレスを感じる時などに休むべき状態であるのが見えてくる。緊張対策、呼吸法などの効果の目安にもなる

個人的には、転倒検知も購入を後押しする機能になった。転んだ時にアラートを表示し、ユーザーからの反応がなかったら転倒を緊急連絡先に発信する。65歳以上を除いてデフォルトでオフになっているため高齢者向け機能と見なされるが、私はオンにするつもりだ。というのも、この3年で2回も転倒して負傷しているからだ。一度はトレイルランでスリップして肘をケガ、次は遊歩道をジョギングしていた時にコントロールできなくなった自転車に正面から突っ込まれてしばらく満足に膝を曲げられなくなった。どちらも緊急連絡は不要だったが「転ばぬ先の杖」である。

落下、つまづき、スリップなど、転倒のパターンを学習させて転倒検知を実現

2012年ごろから北カリフォルニア地域で自転車の事故が増加している。最初は原油価格の上昇で通勤・通学や日々の移動に自転車を使う人が増え始めたのが理由だったが、ここ数年は自転車や電動スクーターのシェアリングサービスの台頭も原因の1つになっている。サンノゼやサンフランシスコでよく見かけるようになった自転車やスクーターのシェアリング利用者の中には、危なっかしい人が少なくない (特に電動スクーター)。自転車の事故で最も多いのは自動車との衝突である。自転車の専用レーンがあいまいなまま、マイクロライド・シェアリングが台頭しているのだから事故の増加は避けられない。私自身、シェアリングの自転車を使うことが増えている。だから、転倒検知とSOS機能の恩恵を受けるのは高齢者だけではないと思うのだ。

米国の主要都市で電動スクーターや自転車のシェアリングが増加、操作に慣れない人も多く事故が増加

進化の段階は例えればiPhone 4、大きな発展はここから

Series 4の新デザインは、画面が大きくなったのが個人的にはプラスになっている。これまでステンレスモデル、アルミニウムモデル、42ミリ、38ミリと全てを実際に使ってきて、最終的には毎日常に身に着けるものだから「より軽く」を優先して、38ミリのアルミニウムを選んでいた。でも、画面が小さすぎるというトレードオフがあった。それが40ミリに大型化して"改善"され、さらに大きな画面のSeries 4向けに情報の視認性が高い新しいUIが用意されて"解消"した。ただ、42ミリや38ミリが「ちょうど良かった」という人も少なくないので、これは個人差のあるポイントだ。

グラフやアイコン、文字をバランスよく盛り込んで、小さな画面で豊富な情報を伝える。インフォグラフィック的な新しい文字盤

デザインほどではないが、性能アップも大きい。文字盤の切り替えやスクロール、タッチの反応がなめらかで、なによりSiriのレスポンスが良くなっているのがうれしい。メッセージの音声入力など、音声を使ったインタラクションをスムーズに行える。

Series 4は、より機能的でパワフル、そしてよりモダンで、より面白い。ただ、そう思うのは私が初代からSeries 3までのユーザーだからであって、Apple Watchはまだ基本的な機能や性能が形になり始めた段階に過ぎない。iPhoneに例えるなら、Retinaディスプレイを搭載しデザインが刷新された「iPhone 4」ぐらいだろう。「iPhone 5s」や「iPhone 6」シリーズに比べたら、iPhone 4は足りないものばかりの発展途上だった。だが、スマートフォンの進化を実感でき、使っていてワクワクした時期だった。

順風満帆に見えるApple Watchだが、不安点もある。サードパーティのアプリ開発環境である。Overcastの開発者であるMarco Arment氏は、次のようにツィートしている。

「Apple Watch向けの開発はひたすら時間がかかって、フラストレーションがたまり、やる気が失せ、腹立たしい。理由は明白で、デプロイメントとデバッグの基本ツールが機能しないから。それがWatchアプリが少なく、良いものが出てこない大きな理由である」

ユーザーが常に身に着けるデバイスというのは、アプリ開発者にとっても大きな魅力であり、それを活かしたアプリやサービスの普及がスマートウォッチの進化を後押しするのは明らかである。でも、サードパーティのアプリの多くはiPhone用アプリのおまけのような存在でしかなく、Apple Watchのために作られ、Apple Watchで役立つアプリは少ない。その問題をクリアできたら、iPhoneにおける「iPhone 5s」~「iPhone 6」の爆発的な販売の再現が現実味を帯びてくる。

関連記事
総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

総務省施策が追い風に? 携帯分離の「歴史的チャンス」狙うファーウェイ

2019.03.20

モバイル業界を変える「携帯値下げ議論」が過熱

ファーウェイは日本を取り巻く環境を「歴史的チャンス」と発言

コスパ高いミッドレンジ端末でシェア拡大を目指す

20日、NTTドコモが特定の端末の購入を条件に通信料金を割り引く「docomo with」、購入する端末に応じて通信料金を割り引く「月々サポート」を終了する方針を固めたという報道が話題となっている。

国内のモバイル業界では携帯電話料金見直しが進んでおり、3月5日には総務省が中心に進めてきた端末代金と通信料金の分離が閣議決定された。NTTドコモは分離プランを軸とした新料金プランを4月に発表する見込みだ。

日本のモバイル市場を大きく変えるこの動きを「歴史的チャンス」と見ているのがファーウェイだ。2018年末から米中対立が加速する中、ファーウェイが打ち出すメッセージも語気を強めている。果たして日本市場でシェアを拡大できるのだろうか。

逆風吹けども、依然として業績は好調

今年に入り、ファーウェイの周辺が騒がしい。3月7日には、ファーウェイは米国政府を相手取って訴訟を起こした

さらにその内容をFacebookでライブ配信するなど、米国以外の世界市場に向けたメッセージにもしており、そのメッセージをまとめたウェブサイト「Huawei Facts」は、わざわざ日本語版も用意している。

2018年末から続く米中対立を巡る報道は、ファーウェイの業績にどのような影響を与えたのか。MWC19でインタビューに応じたファーウェイ・ジャパンの呉波氏は、「一部の消費者は影響を受けたが、2019年に入ってから売上は大幅に伸びている」と語った。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデントの呉波(ゴ・ハ)氏

話題の「折りたたみスマホ」でもファーウェイは先行する。

ファーウェイに先立って折り畳みスマホを発表したサムスンだが、こちらはMWCではガラスケース内での「展示」のみにとどまったのに対し、ファーウェイは「Mate X」の実機を用いて報道関係者に折り曲げを試させるなど、製品化で一歩先を行っていることをアピールした。

ファーウェイの折りたたみスマホ「Mate X」。報道陣には手に取って折り曲げてみる機会も用意された

Mate Xは次世代移動通信の「5G」にも対応しており、日本では5Gサービスの開始を待って投入時期を見極める方針だという。

ちなみに3月26日に発表予定のフラグシップ機「HUAWEI P30」シリーズは、例年通りのタイミングで日本市場に投入するようだ。SIMフリーでの発売だけでなく、ドコモが採用した「HUAWEI P20 Pro」のように大手キャリアによる採用があるかどうかも注目したい。

分離プランを「歴史的チャンス」と捉えるワケ

一方、2019年の国内モバイル市場で話題となっているのが携帯料金における「分離プラン」の導入だ。KDDIとソフトバンクはすでに導入済みだが、NTTドコモは4月に発表する新料金プランから本格導入するとみられている。

分離プランの特徴は、NTTドコモの「月々サポート」のように回線契約と紐付けた端末の割引が禁止される点だ。端末の割引自体が禁止されるわけではないというものの、大幅な割引は難しくなる。その結果、10万円を超えるようなハイエンド機ではなく、3〜4万円で一括購入しやすいミッドレンジ機の需要が高まるとの見方が有力だ。

この動きをファーウェイはどう見ているのか。

呉氏は「非常に重要視している。スマホが登場したときや、SIMフリー市場が始まったときのインパクトに引けを取らない、歴史的な瞬間になる」と興奮気味に語る。

日本のSIMフリー市場でベストセラーとなった「HUAWEI P20 lite」を始め、ファーウェイのミッドレンジ機のラインアップは厚い。モデルによってはフラグシップと同じCPUでミッドハイの価格を実現するなど、コスパの高さも特徴だ。大手キャリア向けにさまざまな提案ができる体制といえる。

フラグシップと同じ「Kirin 980」搭載でミッドハイ価格の「HONOR View 20」

また、5G対応も順調だ。

モバイルWi-Fiルーターに強みを持つファーウェイは、MWC19でも5G対応ルーターを多く出展していた。日本ではまだ周波数の割り当てが終わっていないものの、国内大手キャリアは2019年内にもプレサービスを始める動きがある。5Gスマホが普及するまでの間、5Gルーターの需要は高まる可能性がある。

5G対応のモバイルWi-Fiルーターも出展していた

ミッドレンジ市場の拡大を狙って、今年はシャープやサムスン以外にも、ソニーモバイルの参入も予想されている。

この価格帯が激戦区になることは間違いないが、ファーウェイはその中で高コスパの製品ラインアップや、国内での地道な販促活動やブランドメッセージの打ち出しによって対抗していく構えだ。

ヨドバシカメラ梅田店での販促イベントの様子
関連記事
Googleがゲーム本格参入の衝撃、2019年中にゲーム基盤「STADIA」を投入

Googleがゲーム本格参入の衝撃、2019年中にゲーム基盤「STADIA」を投入

2019.03.20

Googleが新しいゲームプラットフォームを発表

配信方式でゲーム機不要、「ゲーム機」の時代の終焉?

2019年内にローンチ、性能はプレステやXbox以上か

3月19日、米国で開催中のゲーム開発者会議「GDC 2019」の会場で、Googleがクラウドベースのゲーミングプラットフォーム「STADIA」を発表した。特定のゲーム機に縛られず、ネットに接続したスマホやパソコン、テレビを通してストリーミング(配信)形式でゲームをプレイできる。

この事業を担当するバイスプレジデントとして、STADIAを発表するフィル・ハリソン(Phil Harrison)氏。そもそも彼からして、元はソニーのプレイステーション立ち上げの主要メンバーで、その後Microsoftに移りXboxを担当したという経歴の持ち主

かねてより、MicrosoftのXbox事業のトップマネージャーを引き抜いた、ソニーでPlayStationのハード開発にかかわったエンジニアが転職したといった噂が頻繁に流れており、「Googleがゲーム市場に本格参入する」という憶測は強まっていた。実際に2018年には、Googleは「Project Stream」と呼ばれるストリーミング形式のゲーム基盤の計画を発表し、米国内でベータテスターを募って技術テストを行っていた。

STADIAは、Project Streamの延長線上にあるサービスと見られる。ユーザーは特定のゲーム機を持っている必要がなく、従来のゲーム機の役割をするのはGoogleの設置するデータセンターだ。簡単に言えばクラウドサービスのように、実際にゲームタイトルが動作しているのはデータセンター側で、ユーザーはインターネットを介してゲームを遠隔でプレイする。

STADIAのデータセンターから配信されたゲームをパソコンでプレイしている様子
パソコンで遊んでいたのと同じゲームを、タブレットやテレビでも同じように遊ぶことができる

このプラットフォームの特徴によって、例えばYouTubeで新作ゲームのトレーラー動画を見ていて気に入ったときには、そのページ内の「プレイする」ボタンを押すだけで、インストールすら不要で、動画を再生するかのようにそのゲームをプレイできるようになる。

そして、STADIAのデータセンターが持つゲーム機としてスペックは、サービス開始時のものとして、GPUの演算性能は10.7テラFlopsに達するといい、これはPlayStation 4 Proの4.2テラFlopsや、Xbox One Xの6.0テラFlopsを大きく上回る。映像品質も4K/60fpsのストリーミングに対応し、将来は8K/120fps対応も予定しているという。

STADIA用の「STADIAコントローラー」も販売する。SNSアップ用のボタンや、Googleアシスタントボタンが備わっている

Googleは2019年中にSTADIAをローンチする予定で、まずは米国、カナダ、欧州でサービスを開始すると説明している。発表を受けた翌20日の東京株式市場では、任天堂とソニーの株価が揃って大きく下落した。投資家たちが、GoogleのSTADIAによって、Nintendo SwitchやPlayStationのビジネスが脅かされると考えたからだ。

関連記事