実は土俵際だったパナソニック、フルサイズカメラ追撃の勝機と自信

実は土俵際だったパナソニック、フルサイズカメラ追撃の勝機と自信

2018.10.02

パナソニック初のフルサイズミラーレス「LUMIX Sシリーズ」

事業の撤退もありえた、土壇場で生まれた覚悟のカメラ

激戦の高級ミラーレス市場、後発参入も勝算は「動画」にあり

「どこを向いてもチャレンジ。我々に守るものはない」――。パナソニック アプライアンス社の本間哲朗社長は、フルサイズミラーレスカメラ市場への参入をこう表現した。

ドイツ・ケルンで開催された世界最大のカメラショーである「フォトキナ」において、パナソニックは、35mmフルサイズイメージセンサー搭載ミラーレスカメラ「LUMIX Sシリーズ」の開発発表を行った。本間社長は、「パナソニックには、テレビを中心とした画像処理技術が蓄積されている。カメラメーカーとは違う積み上げで勝負をする」と語る。

パナソニック初のフルサイズミラーレス「LUMIX Sシリーズ」

プロ向け前面、動画撮影とライカLマウントで強み

LUMIX Sシリーズは、パナソニックが新開発した35mmフルサイズイメージセンサーおよび画像処理エンジンを搭載。フルサイズミラーレス一眼カメラとしては、世界で初めて、4K60p動画撮影に対応する。さらに、世界初となる手ぶれ補正技術「Dual I.S.」の搭載で、暗所や望遠時といった三脚などが必要な場面でも手持ちでの撮影を可能にしている。

「プロフェッショナルな写真、映像撮影の道具を目指して開発した。基本となる操作性や堅牢性に加え、100年間の家電事業、10年間のミラーレス開発で蓄積してきた画像処理や信号処理などのデジタル技術、さらには光学技術や熱処理技術といった、すり合わせ技術などの総合力を結集させ、写真および動画撮影において新たな顧客価値を提供していく」(同社)

Sシリーズの名称は、「より高度な表現を求めるプロフェッショナルに向けて、特別な価値(=Specialized)を提供するという思いを込めて命名した」という。SpecializedのSが語源だ。

注目されるのは、ライカのLマウントを採用したことである。

これにより、発売直後から豊富なレンズ群の品揃えを実現した。パナソニックが発売する50mm/F1.4単焦点レンズ、24-105mm標準ズームレンズ、70-200mm望遠ズームレンズの3本のLマウント対応レンズだけでなく、ライカが発売する8本のレンズ、そして、今後、シグマが発売するLマウント規格の交換レンズも装着が可能だ。パナソニックは2020年末までにさらに10本以上のレンズを投入する予定で、今後も交換レンズの選択肢はひろがっていく。

パナソニックは、2008年に世界初のミラーレス一眼カメラ「LUMIX G1」を発売した。今年はちょうど10年の節目を迎える。

その節目に投入する「LUMIX S」シリーズは、「表現力の覚醒」をテーマに、写真、動画両面での表現力を徹底的に追求。ハイアマチュアの購入はあまり想定しておらず、むしろプロフェッショナルだけをターゲットにした製品だと言い切る。

「LUMIX S」シリーズ本体は、究極の表現力を求めるプロフェッショナル向けの「LUMIX S1R」と、ハイブリッドクリエイター向けとする「LUMIX S1」の2機種を用意。いずれも、来春の発売を予定している。

世界初のミラーレスから最後発のフルサイズへ

パナソニック アプライアンス社 本間哲朗社長

パナソニックが今回のフルサイズミラーレスを製品化できたのは、いくつもの高いハードルを乗り越えてきた結果だった。

パナソニックがデジカメを発売したのは2001年。デジカメメーカーとしては最後発だった。だが、薄型化や光学高倍率、手ぶれ補正といった独自の特徴を持った製品の投入により、デジカメ市場において一定のポジションを獲得。コンパクトデジカメ市場でも存在感を発揮していた。

だが、スマホのカメラ性能の向上の影響を受けて、コンパクトデジカメの市場は縮小。「ビジネスとしてのバランスを失った時期があった」と、本間社長は振り返る。

パナソニックのデジカメ事業が、失ったバランスをもう一度取り戻すことができたのは、同社が取り組んできた独自のミラーレス技術に負うところが大きかった。

ミラーレスカメラの発売からここまでに、手ぶれ補正の強化や、4K動画対応をはじめとする数々の世界初の機能を搭載し、特徴を持った新たな世界を形成することに成功した。HDR規格をデジカメに持ち込んだのもパナソニックが最初だった。

そうした取り組みの集大成が、2017年に発売したハイエンドミラーレスカメラの「LUMIX GH5」であった。

GH5は、約40人体制で立ち上げた社内プロジェクト、「ゴッホプロジェクト」によって開発された。

ゴッホとは、「GO」に、型番の「GH」を組み合わせて、「GOGH(ゴッホ)」としたところから命名された。このプロジェクトによって、パナソニックは、プロフェッショナルユースを強く意識したミラーレスカメラの開発に初めて挑むことになった。

LUMIX GH5は、主要デバイスを一新し、LUMIX史上最高となる写真画質をうたう一方、圧倒的な動画性能を実現した映像表現を革新する「ハイエンド・ハイブリッドミラーレスカメラ」と位置づけて投入。パナソニックが得意とする動画性能が評価され、GH5はハリウッドでも動画撮影のツールとして活用されるようになった。

「ノンリニア編集を行う企業などと話をすると、あのGH5を作っているメーカーなのかと、相手の態度ががらっと変わる。プロフェショナルの動画撮影を支えるカメラとして、ハリウッドでは高い認知度がある」と、パナソニック アプライアンス社イメージングネットワーク事業部総括担当の森勉氏は胸を張る。

さらに、世界初のCinema4K/60p動画記録を可能とし、動画性能をさらに進化させた「LUMIX GH5S」、20.3M画素 Live MOSセンサーを搭載し、高速・高性能AF、高速連写といった静止画撮影を進化させた「LUMIX G9」を相次ぎ投入した。LUMIXが持つ高い機動性とともに、動画画質や写真画質に対する評価が高まっていった。

実は、GH5では、約7割のユーザーが動画用途で導入しているという結果が出ている。

前出の森氏は、「動画性能の高さがプロフェッショナルに受け、使ってみると静止画でも性能が高い。静止画に『寄った』GH9を、画像に強いGH5、GH5sに続いて発売しても好評だったのは、GH5での静止画に対する高い評価が影響している」とする。

GH5が失敗すればデジカメ事業から撤退の土俵際

パナソニック アプライアンス社の本間社長は、「GH5が市場に受けなければ、フルサイズミラーレスのプロジェクトは中止すると決めていた」と明かす。

つまり、GH5の成功なしには、今回のLUMIX Sシリーズの製品化はなかったのだ。

そして、本間社長はこうも語る。

「カメラ業界の流れは、フルサイズミラーレスに一気に振れるということは想定していた。そして、伸びる領域はここしかないと見ていた。伸びるマーケットに投資をしないということは、そのままデジカメ事業をやめることにつながるのは明らかだ」

つまり、GH5が成功せず、フルサイズミラーレスの製品化につながらなければ、パナソニックはデジカメ事業の形を変えるか、あるいは撤退する……と、本気で検討する事態に陥っていたともいえる。まさに土俵際から生まれた製品だったといえるだろう。

裏を返せば、フルサイズミラーレスを投入したということは、パナソニックがデジカメ事業において、明確に生き残ることを宣言したともいえる。

パナの勝算は高い?「動画」は最大の武器に

フルサイズミラーレスカメラ「LUMIX Sシリーズ」に勝算はあるのだろうか。

本間社長は、「どこを向いてもチャレンジ。我々に守るものはない」と、この市場において攻めの姿勢をみせる。

だが、牙城を崩す切り口となるのは、やはり「動画」ということになろう。まずはこれが勝算につながるポイントだ。

激戦の高級ミラーレス市場は、「動画」が決め手に?

静止画だけで戦うのは、先行するニコン、キヤノンに比べても歩が悪い。多くのレンズ資産や顧客資産、運用資産をひっくり返すには、ハードルが高い。

しかし、動画となると話は別だ。ここは、まだまだ手つかずともいえる領域であり、ソニーもこの領域からデジカメ事業の拡大を図ろうとしている。

プロフェショナルの市場において、動画のニーズは拡大している。ハリウッドでGH5が受け入れられているのはその最たる例だ。また、静止画でビジネスをしているフォトグラファーが、動画撮影を行うビデオグラファーとして新たなビジネスに乗り出すといったケースが世界的に増えている。パナソニックのビジネス領域は、着実に生まれてくるはずだ。

また、オリンピックの公式放送機器として、最新技術を活用した映像システムを提供してきた実績は、パナソニックの動画の強みを裏づけるには十分すぎるものになる。

冒頭に触れたように、本間社長が、「パナソニックには、テレビを中心とした画像処理技術が蓄積されている。カメラメーカーとは違う積み上げで勝負をする」と語る理由もそこにある。

次いでポイントとなるのが、欧米市場でどれだけ認知を得られるかだ。

パナソニックも日本の企業であるが、それでも日本のカメラ市場という点でみれば、ニコン、キヤノンとのブランド力の差は歴然だ。だが、件のGH5の評価もあり、欧米では動画が得意なデジカメとして認知をすでに得ている。

本間社長も、「主戦場は米国、欧州になる。だからこそ、開発発表の場も、ドイツのフォトキナを選んだ」とする。

実はGH5も、ドイツのフォトキナで開発発表を行い、米国のCESで製品発表を行い、欧米でヒットしたという経緯がある。今回のSシリーズも、同じ流れを踏襲しているといえそうだ。

そうした意味では、欧米での評価が、その後の日本での展開に大きく影響することになるだろう。

そして、最後のポイントはサポート体制だ。プロフェッショナル向けにしっかりしたサポートを構築できるかどうかは重要なポイントになる。

ニコンやキヤノンは、全世界でプロフェッショナルをサポートする拠点を開設しており、オリンピックなどの大規模イベントでは、必ずといっていいほどプロフェッショナルカメラマンをサポートするエリアを設置している。そうした長年の取り組みが、プロフェッショナルカメラマンからの信頼につながっている。

本間社長は、「パナソニックは、40年以上、動画の世界で、世界中のプロフェッショナルをサポートしている。そうした実績をもとにしたサポートが可能になる」と自信をみせる。

だが、ビデオカメラのビジネスは、現在、コネクティッドソリューションズ社が行っており、デジカメのアプライアンス社とは別のカンパニーだ。これに対して、本間社長は、「すでに、国によっては、業務用映像装置と民生向けイメージング機器の部門が一緒になっているケースもある。また、アプライアンス社が放送機器もサポートしている国もある。連携体制によって、プロフェッショナルをサポートできる」と説明する。

技術、製品、サポートという点でも、映像分野での蓄積を活用することで、パナソニックは、新たなプロフェッショナル向けのデジカメを創出しようとしている。

これらがパナソニックのデジカメ戦略の軸になってくるといえそうだ。

パナソニックが、フルサイズミラーレスカメラ市場において、明確に強みを発揮できる領域は「動画」である。そして、それを切り口に静止画技術の高さも訴求していくという一手を打つことになる。

むしろ、これからは業界全体で「動画」が注目を集めることになるだろう。「動画」という強い武器を持つパナソニックのフルサイズミラーレスカメラは、我々が想像する以上に勝算が高いかもしれない。

Googleマップが突然の劣化、ゼンリン地図から自社地図に変更か?

Googleマップが突然の劣化、ゼンリン地図から自社地図に変更か?

2019.03.22

Googleマップが壊れた? 3月21日以降、表示がおかしい

地図のダウンロード機能でゼンリンと決裂したか?

新しい地図は機械学習で地図データ生成という指摘も

Googleマップの表示がおかしい。3月21日頃から、Googleマップの不具合を訴える声が各所で相次いでいる。道路の表示や建物の位置が正確でなかったり、地形すら間違っている場所もある。Googleマップにいったい何が起こったのか。

地図データの提供元がゼンリンではない?

Googleマップの日本地図データはこれまで、地図データで国内大手のゼンリンから提供を受けていた。両社の契約状況は公開されていないが、少なくとも不具合が発生している現在のGoogleマップ上からは、以前までは記載されていたゼンリン社の権利表記が消え、「地図データ (C)2019 Google」へと変更されている。

Googleマップからゼンリン社の権利表記が消えた

Google社は今月のはじめ、今後「数週間以内」に、日本のGoogleマップをアップデートすると予告していた。このアップデートでは、特にダウンロード可能なオフラインマップを追加することに注目が集まっていた。オフライン環境でもダウンロード済みの地図を利用できる便利な機能だが、地図データの契約上の課題があり、日本のGoogleマップでは制限されていた機能だからだ。結局、両社は契約の課題を解決できず、ゼンリンが地図データ提供から降りてしまったことが、今回の不具合の原因と見られる。

新しい地図は使い物になるのか?

現在のGoogleマップは、Googleが新規開発した自社製の地図データを利用しているようだが、いまだに不具合が報告され続けている状態状態であり、混乱が収束する目途は見えていない。

なお、この新しい地図は、航空写真で山脈の陰部分が湖になっていたり、並木の多い道路が公園になっていたりする間違いや、ほかにも交差点に面したコンビニエンスストアの駐車場が道路と語認識されていたりすることから、航空写真をもとにした機械学習や、スマホ位置情報の移動軌跡から地図データを生成しているのではないかと指摘されている。

航空写真では山の陰になっている部分が、川と湖になってしまっている
地図では鎌倉街道から大栗橋公園を抜ける道があるが、実態はただの公園広場だ。スマホ位置情報の移動実績をもとに道と認識したか?

新しい地図の仕組みや改善の見込みについては、Google側のアナウンスを待つほかないわけだが、GoogleマップはAndroidの標準地図として利用されており、影響を受けるユーザーがあまりにも多い。他の地図サービスを駆逐して大きな影響力を持っているのだから、責任も伴うはずだ。

関連記事
ペットボトルコーヒーに対抗? キリンが目指す「午後の紅茶」

ペットボトルコーヒーに対抗? キリンが目指す「午後の紅茶」"仕事のお供"戦略

2019.03.22

「午後の紅茶」に微糖のミルクティーが登場

新CMでは無糖・微糖を中心に新しい飲用シーンを訴求

ペットボトルコーヒーに対抗? 今後の戦略は

昨年まで、ビジネスマンの仕事のお供として「ペットボトルコーヒー」に注目が集まっていたが、今年は「紅茶」が主戦場になるかもしれない。

3月26日より発売されるキリンの「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」は、これまでの“ペットボトルのミルクティーは甘い”というイメージに反して、缶コーヒーでいちカテゴリを築いている「微糖」が特徴。また、同社が長らくカテゴリ内最大シェアを誇る「午後の紅茶 おいしい無糖」についても、あらたな消費イメージを打ち出す方針だ。

今春から「午後の紅茶」新CMに出演する新木優子さん、深田恭子さん、リリー・フランキーさん

ペットボトル紅茶飲料のトップブランドと言える「午後の紅茶」。この春から公開する新CMには、既存の紅茶飲料のイメージを覆す狙いが透けて見えた。

2つの軸で「紅茶」のイメージを変える

紅茶飲料のイメージと言えば、「午後の紅茶」の名前の由来となっている「アフタヌーンティー」(英国発祥の喫茶習慣)に象徴されるように、「女性の飲み物」であり、「時間的・金銭的余裕がある人の趣味」というところだろうか。それも紅茶という商品のひとつの側面だが、近年の消費者層のメインストリームではなくなっている。

今回、キリンが「午後の紅茶」新CMで打ち出したのは、大きく分けてふたつの飲用イメージだ。深田恭子さんが仕事で車を走らせ、駐車して一服するのに選んだのは微糖のミルクティー。一方、アーティスト然としたリリー・フランキーさんが飲んでいるのは無糖の紅茶。2本ともに「仕事のお供」としての訴求が挙げられる。

車を止め、「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」をひとくち飲む
絵を描く合間にのどを潤すのは「午後の紅茶 おいしい無糖」

もうひとつは、おなじくリリー・フランキーさんがカレーと紅茶飲料を一緒に味わうというCM。過去には同社の無糖紅茶が「おにぎりに合う」と訴求したこともあるが、あらためて食事中の飲料として「フードペアリング」を提案する。

カレーのような香りの強い食べ物とも合わせられる点を訴求
最年少の新木優子さんは、無糖紅茶を飲むようになった自分を「大人になった」と評するCMに出演。若者への無糖紅茶訴求を担う

紅茶を、コーヒーや緑茶と並ぶカテゴリに

カフェなどでは食後の飲み物をコーヒーか紅茶から選ぶのが定番だが、ペットボトル飲料市場では状況が異なる。コーヒーに次ぐ大規模市場は緑茶飲料で、紅茶はそこから比べるとかなり小規模だ。日本全体の清涼飲料市場で見れば、そのシェアは5%以下。仕事中の飲料としてメジャーなコーヒーが14.5%、緑茶飲料が13.3%という数字を見ると、半分以下という状況となっている。

清涼飲料市場において、紅茶はコーヒー、緑茶と比べて市場が小さい

こうした市場背景を確認した上で、今後「紅茶を、コーヒーや緑茶などの無糖茶と並ぶカテゴリに成長させたい」と意欲を示したのは、午後の紅茶を担当するキリンビバレッジ マーケティング部 商品担当 部長代理の加藤麻里子氏。世界での紅茶飲料と茶葉生産量の伸び、国内紅茶市場の回復傾向を論拠に、RTD紅茶のトップブランドとして、新しい紅茶文化を創っていきたいと語った。

「午後の紅茶」ブランド全体としては、既存の定番3種は甘さを求める若年層に対して継続投資を実施。甘さから離れる20代~30代の働く女性に向け、紅茶飲料としては珍しい「微糖」の新製品「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」を投入する。

午後の紅茶ブランドにおける年代別の主要商品マッピング

また、30代後半意以降の年代を健康意識や嗜好の変化から「糖離れ・無糖飲用層」と位置づけ、すでに市場で受け入れられている「午後の紅茶 おいしい無糖」の訴求強化を行っていく。

狙うはペットボトルコーヒーへの「対抗」ではなく…?

「2年前までコーヒーのCMをやっていたのにどのツラ下げて…というのはありますが」と茶化しながらも、自分のような「おじさん」にこそ紅茶は飲みやすいとコメントしたリリー・フランキーさん

製品ごとに異なる年齢層を狙って投入される新CM。「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」「キリン 午後の紅茶 ザ・マイスターズミルクティー」のCMでは、商品をことさらには誇張しない画面作りやキャスティング、出演者の自然体な演技とは裏腹に、「コーヒーから寝返っちゃおうかな」(リリー・フランキー出演「寝返り」編)、「ラテよりこっちかな」(深田恭子出演・「裏切られた」編)など、“コーヒー飲料からの転向”を示唆するようなセリフが目立つ。

働く大人がコーヒーから紅茶に「乗り換え」することを示唆するCMは、ここ2年でワーカー向けのペットボトル飲料の拡大を牽引し、ちょうど先日同ブランドから紅茶飲料を発売したサントリーの「クラフトボス」をはじめ、昨今増えているワーカー向けのコーヒーペット飲料に対する宣戦布告にも読める。だが、加藤氏にペットボトルコーヒー飲料のヒットに紅茶で対抗する構えかどうか尋ねると、決してそうではないという。

「今やひとつのカテゴリとなっているペットボトルコーヒー飲料も、複数社から新商品を展開し、協力して棚の広さを獲得した経緯があります。現状、紅茶飲料の棚は一段程度ですが、これを各社協力して2段へと増やしていきたいです」 

オフィス需要に対して、企業とコラボレーションし飲用機会を設ける試みも

また、「仕事のお供」需要を喚起する施策として、三菱地所に対して仕事中の飲料として「キリン 午後の紅茶 おいしい無糖」を提供。働き方改革推進企業とコラボレーションし、オフィスでの休息機会に手に取る飲料として配布する。今後、他の企業からオファーがあればそちらにも対応するとのこと。想定シーンに対して直接サンプリングすることで、需要の広がりを見込んでいる。

「午後の紅茶」は、日本国内の紅茶飲料としてはNo.1ブランドの地位を獲得しているだけに、紅茶飲用の文化を牽引して、先述の通りコーヒー・緑茶に並ぶ市場規模への拡大を狙っている。

昨今はスターバックスの「TEAVANA」、タリーズコーヒーの紅茶業態などが定着しており、タピオカミルクティーブームも依然続くなど、カフェ業界でも紅茶に追い風が吹いている。今後、午後の紅茶が「コーヒー党」や「緑茶党」をどれだけ引き込めるか、注目したい。

関連記事