eスポーツ発展に不可欠な動画サービス「Twitch」の日本戦略を問う

eスポーツ発展に不可欠な動画サービス「Twitch」の日本戦略を問う

2018.10.01

TGS2018に合わせてTwitchのシニア・ヴァイス・プレジデントが来日

世界トップ3に入る日本の動画視聴者数

Twitchが大切にする「クリエイターファースト」とは

eスポーツの急速な拡大に寄与しているものの1つに、動画配信サービスがある。世界各国のeスポーツ大会のライブ配信や、ストリーマーとして活動する選手の動画などを視聴できることから、手軽にeスポーツと触れられるツールだといえよう。配信動画がきっかけで、eスポーツに興味を持つようになった人も多いのではないだろうか。

その中で、いち早くゲーム専用の動画配信サービスとして立ち上がったのがTwitchだ。現在ではゲーム以外の配信もしているが、ゲームの動画配信サービスとして、トップランナーの1つであることは間違いない。

東京ゲームショウ2018では、Twitchブースの出展に合わせて同社 シニア・ヴァイス・プレジデントのマイケル・アラゴン氏が来日。インタビューの機会を得たので、日本での実績や今後の展開などを聞いた。

東京ゲームショウ2018のブース出展に合わせて来日したTwitchの面々

――Twitchでは、現在の日本市場をどのようにとらえているのでしょうか。

マイケル・アラゴン(以下マイケル)「視聴者数、視聴時間のどちらも伸びています。一度動画を視聴し始めると、長時間観る人が多いのが特徴ですね。だいたい100分くらいは観ていると思います。日本は視聴者数、視聴時間ともに世界のトップ3に入っており、高い水準を誇っています」

シニア・ヴァイス・プレジデントのマイケル・アラゴン氏

――日本におけるTwitch急成長の要因はなんでしょうか。

マイケル「Twitchは誰でも簡単に配信することができます。そして優れたストリーマーは、パートナーとしてアフィリエイトなどで収入を得ることができます。以前200人だったパートナーも現在では2000人。多くの優れたクリエイターがTwitchで良質なコンテンツを配信していることで、視聴者が増えているのではないでしょうか」

――日本での今後の展開はどのようにお考えでしょうか。

マイケル「Twitchはゲームコンテンツを大事にしており、今後も力を入れていきます。ただ、それ以外のコンテンツも充実していく予定です。雑談であったり、散歩している様子であったり、料理をしているところであったり。例えば、先日アメリカ・ラスベガスでおこなわれた対戦格闘ゲームの一大イベントであるEVO 2018では、プロゲーマーのウメハラが個人で配信を行っていました。試合の様子だけを配信するのではなく、大会自体の様子、参加している選手の様子などを、多くの人に見せることができたと思います。このように、音楽やゲームを題材にしてトークする動画を増やしていきたい。コンテンツ自体にタグを付けられるので、それを使って観たい種類の動画を検索できるようになるでしょう」

日本ADセールス ディレクターのジョン・アンダーソン氏

――ゲームのストリーミング配信でeスポーツは外せませんが、人気のゲームカテゴリーは世界と日本で違いがあると思います。世界に配信するうえで、その点はどうお考えでしょうか。

マイケル「日本で人気の対戦格闘ゲームは、世界的に見ると人気のカテゴリーではないですが、世界に向けて対戦格闘ゲームを知ってもらうような施策も考えています。また、eスポーツ大会では、カプコンやバンダイナムコエンターテインメントに協力してもらっており、英語での配信も行っています。その結果、アメリカやヨーロッパで観られています」

――ストリーマーが配信をするときに言葉の壁が出てきますが、この点についてはいかがでしょうか。

マイケル「ミラー配信や日本語のコンテンツをクロスストリーミングするなど、日本のコンテンツを世界に発信できるようにしています。また、日本好きの海外視聴者が、自ら翻訳して配信していることもあります。ただ、日本のストリーマーがもっと手軽に海外へ発信できるシステムは考えていきたいですね」

――日本のコンテンツは海外で求められているのでしょうか。

マイケル「現状では、対戦格闘ゲームの人気はあまり高くありませんが、日本のプロゲーマーに憧れを抱いている人は多くいます。また、『鉄拳7』の大会はTwitchが開催しており、日本のコンテンツを世界にアピールしています」

――昨年、日本にTwitchの拠点ができましたが、そこで注力していることは何でしょうか。

マイケル「日本のTwitchのパートナーチームは、パートナーがより快適に配信できるように支援しています。また、日本のゲームメーカーに、動画配信をする場合はTwitchを使ってもらえるように働きかけています。先ほども言いましたがパートナーをはじめとするストリーマー、クリエイターを支援し、収入を増やすことで、良質なコンテンツを提供するのが目的。いずれは、日本のストリーマーを海外に連れて行くことも考えています」

グローバル コンテンツ デベロップメント ゼネラルマネージャーのケンドラ・ジョンソン氏

――Twitchには、オーディエンスが直接ストリーマーを支援する手段としてビッツ(いわゆる投げ銭)がありますが、これについてはいかがでしょうか。

マイケル「日本では珍しい文化だと思いますが、使っている日本ユーザーは増えています。ストリーマーの収入源の1つとなっており、その割合も小さくない。ビッツを提供するとストリーマーが直接お礼を言ってくれることもあるので、ユーザーとしてもうれしいのではないでしょうか。今後は、例えば、ビッツを払ったら何かしらの演出が起こるなど、よりビッツを得られるような施策も考えています。現在だと、そのストリーマーに払ったビッツの金額のトップ3などが表示されるようになっていますよ。また、ストリーマーには、よりビッツを獲得するためのノウハウをクリエイターズキャンプで指南しています」

――動画配信サービスとしては後発のTwitchですが、他のサービスに対してのストロングポイントやアドバンテージは何でしょうか。

マイケル「Twitchは、現在Amazon系列の会社なのですが、Amazonと同様にカスタマーを大事にしています。『クリエイターファースト』で、とにかくパートナーが多くの収入を得られるように考えています。サブスクリプションや広告、ビッツなどがそれですね。Twitchはグローバル企業なので、海外への発信ができるのも利点です。人気クリエイターがいて、おもしろいコンテンツがTwitchにはある。それによって、オーディエンスはTwitchを選んでくれるわけです。また、Twitchはライブ、インタラクティブが魅力。ライブでは相応しくない言葉をチャットやコメントに入れると表示できないようにしたり、Banしたりするように設計しており、オーディエンスが快適に視聴できるようにしています」

――クリエイター、ストリーマーにとって、動画配信を行うためのハードルは低いのですが、高度な配信を行おうとしたり、パートナーになろうとしたりする場合、いきなり難易度が上がってしまうと感じています。もう少し緩やかに段階を上がれるようにはならないのでしょうか。

マイケル「おっしゃる通り、初期段階を超えると次の段階はかなりハードルが上がっています。PS4ではシェアボタン1つで配信できますが、配信画面のカスタマイズはほとんどできず、機能も多くありません。画面をカスタマイズする場合などは、PCを使う必要があります。今後は、PCがなくてもカスタマイズできるように、コンソール向けにも機能を増やしていこうと考えています。また、それらを支援するためのクリエイターズキャンプもあります。加えてパートナーについてですが、確かにストリーマーからパートナーになるには、高いハードルがあるでしょう。ただ、これについては現状のままでいく予定。パートナーになることが難しいがゆえに、パートナーになったときの喜びが生まれてきます。それが重要だと思っているので」

 

動画配信サービスはコンテンツが重要であり、それを作るクリエイターやパートナーを大切にする「クリエイターファースト」の理念が、Twitchのベースにあることがわかった。

クリエイターが快適に活動するための収入を増やす施策は、配信者に信頼と安心を提供できるのではないだろうか。また、日本のeスポーツの中心カテゴリーである対戦格闘ゲームを世界に発信することについても考えてくれているようで、期待が持てる。ゲームメーカーや大会運営、選手、オーディエンスをつなげるゲーム系の動画配信サービスは、今後もeスポーツの発展に大きく寄与していきそうだ。

関連記事
NewsInsight 更新終了のお知らせ

NewsInsight 更新終了のお知らせ

2019.06.17

NewsInsightは、諸般の事情により記事更新を終了いたします。

ご愛顧いただいた読者の皆様、また関係者の皆様に、編集部一同、誠に感謝いたします。

なお、NewsInsightに掲載中の記事につきましては、引き続きマイナビニュース(https://news.mynavi.jp)へと掲載場所を移管いたします。

掲載中の連載記事につきましても同様に、マイナビニュースへ移管いたします。各連載記事の新しい掲載URLにつきましては、以下となります。

○安東弘樹のクルマ向上委員会!
https://news.mynavi.jp/series/andy

○森口将之のカーデザイン解体新書
https://news.mynavi.jp/series/cardesign

○清水和夫の自動運転ソシオロジー
https://news.mynavi.jp/series/autonomous_car

○ゲームとともに振り返る“平成”という時代
https://news.mynavi.jp/series/game_heisei

○岡安学の「eスポーツ観戦記」
https://news.mynavi.jp/series/e-Sports_review

○企業戦士に贈る「こむぎのことば」
https://news.mynavi.jp/series/komuginokotoba

○藤田朋宏の必殺仕分け人
https://news.mynavi.jp/series/shiwakenin

○「食べる」をつくる科学と心理
https://news.mynavi.jp/series/food_science

○阿久津良和のITビジネス超前線
https://news.mynavi.jp/series/itbiz

○山下洋一のfilm@11
https://news.mynavi.jp/series/filmat11

○モノのデザイン
https://news.mynavi.jp/series/designofthings

○知って納得、ケータイ業界の"なぜ"
https://news.mynavi.jp/series/mobile_business

○文具ソムリエール・菅未里の「新しいコンパス」
https://news.mynavi.jp/series/bungu

○活字・写植・フォントのデザインの歴史 - 書体設計士・橋本和夫に聞く
https://news.mynavi.jp/series/font-history

○カレー沢薫の時流漂流
https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu

最後になりますが、改めて皆様に感謝いたしますとともに、引き続き、マイナビニュースにてご愛顧いただけましたら幸いです。

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

カレー沢薫の時流漂流 第47回

放置されていた不寛容? 国会まで届いた「パンプス強要」騒動

2019.06.17

最近女性の間で「#MeToo」ならぬ「#KuToo」運動がにわかに盛り上がっている。

「#KuToo」とは「靴」と「苦痛」をかけており、職場や就職活動で、足を痛めるパンプスやヒール靴の強要をやめようという運動である。

そもそもそんなの誰も強要してねえよ、と思われるかもしれない。確かに規定として靴の形状やかかとの高さまで定めている会社はレアだろう。しかし、私の元いた会社でも、規則があるわけでも、誰に言われたでもなく、みな一様に黒のパンプスを履いていた。それが「暗黙のルール」であり、それ以外は「非常識」と見られる風潮は確かにあるのである。

これが就職活動になると、パンプスを履いていないだけで「こいつは常識がない」と見なされ不採用になってしまうかもしれない、ということだ。そうなると女子学生は足を負傷してでもパンプスを履かざるを得なくなってしまう。

正直、パンプスは苦痛

パンプスがそんなに苦痛か、というと、靴の中では殺傷能力が高い方である。これは他人への、という意味ではなく自分へのだ。他人を殺傷したいならカウボーイが履いている、かかとにピザカッターがついている奴を履いた方が良い。

狭いつま先に足の指が密集されるため、私もよく爪で隣の指を切って足を血だらけにしていたし、伸縮性にかける素材のため、あわないパンプスだと試着の時点で靴擦れが出来るレベルなのだ。

世の中には素肌に荒縄で亀甲縛りを施し、その上に上等なスーツを羽織って出社している人も多いと思う。とても痛いだろうが、それは強制されたわけではなく、その人が好きで楽しいからやっているのだ。

つまり、好きでもない上にとても痛いパンプスを強制で履かなければいけないというのは、上等なスーツの下が亀甲縛りなことよりも「異常」なことというわけだ。

この運動はすぐに広まり、いきなり国会でも議論されたという。これにより「厚労相がハイヒール強要を容認」という見出しのニュースまで踊り出ることになった。

完全に自由と言われても困るのでは?

「厚生省に、女がハイヒールを履かないと死ぬ病の人が!?」と驚いたが、記事をよく見ると見出しほどのことはなく、厚労相の発言は「これは社会通念に照らして業務上、必要かつ相等な範囲かと、この辺なんだろうと思います」というかなりボンヤリしたものであり、どっちでも良い事を聞かれた私のリアクションに似ている。

しかし「ハイヒールが履けない女は何やってもダメ」などと強い事を言っているわけではないが、「業務上必要ならパンプス履くべきだろ」という「容認」に聞こえなくもない。すぐさま「業務上ハイヒールが必要な仕事って何だよ」という疑問が挙がり、「SMの女王様」「(ハイヒールでキレッキレに踊る)perfume以外ありえない」などの声が相次いだ。

この社会問題がすぐ大喜利になってしまうのは良くも悪くも「ザ・ツイッター」という感じだ。

確かに「業務上必要」となると、まだかかとにピザカッターがついている靴の方が「ピザを食う時」必要な気がする。

ただ、靴や服装を完全に自由化し、何でもOKにすれば良いかというと、それはそれで問題が起きると思う。ファッションに疎くコーディネートが苦手な人間からすれば、職場に何を着ていいのか全く「指針」がないというのは迷子になるし、接する側としても、車を買いにいってディーラーが、イモ―タンジョ―の完コスで出てきたら「キャデラックしか買うことを許されないのか」と委縮してしまう。就活マナー本に「俺の考えた最強の就活ファッションで挑みましょう」とだけ書かれていても逆に困るだろう

着る側としても、それに接する側としても、社会において服装にある程度規定や模範があるというのはメリットでもあるのだ。

そもそも規定や常識というのは、秩序を作ることにより問題を減らすためにあるものなのだ。しかしそれが元で「足を負傷する」という「問題」が起こっているなら本末転倒なので、やはり解消はすべきなのだろう。

極論に流れない寛容さが足りない

おそらく「#KuToo」を提唱している人も「ドラゴン柄のコンバースで就活したい」と言っているわけではないのだ。最近は「パンプスに見えるスニーカー」なども存在するし、パンプスでなくても地味な靴はいくらでもある。そのような靴を履いていても「パンプスじゃないから非常識」と見るのをやめてほしいという話だろう。

ちなみに私が会社員時代履いていたパンプスだが、黒の革靴ではあったが、つま先は限りなく丸く、ヒールはなきに等しい、今思えばあれはパンプスだったのか、70過ぎのババアが旅行に行くときに履くヤツなんじゃないか、という代物であったが、特に何も言われなかった。

「#KuToo」が求めるのも、そのぐらいの「寛容さ」なのではないだろうか。

【お知らせ】
連載「カレー沢薫の時流漂流」の掲載場所を変更します。
→ 新しい掲載場所はこちら https://news.mynavi.jp/series/jiryu_hyoryu